八月二十七日

あつい

 ちょっと思った。

 アサシンというのは職業ではないと思う。
 勤務形態が存在しており、給与を貰うという形ではなく、どちらかといえばフリーランスで依頼を受けて、戦うといった感じなので、別にアサシンで冒険者というのはアリであろう。

 剣士も騎士も、封を与えられなければ言わば浪人であり、それで冒険者というのもアリであろう。

 マジシャンやウィザードというのは、その特殊な技能を持った人間を指し示す言葉であり、職業ではないであろう。
 魔法を使って給料を貰っておるわけではないのだから、魔法使いで冒険者というのもアリであろう。

 アーチャーやハンターも別に、軍に組み込まれておるワケでもなく、ハンターなんぞ、一歩間違えば狩猟採集生活の野人である。
 だから、アーチャ・ハンタで冒険者というのもアリである。

 商人は難しいラインだが、連中はほとんどが個人商店であり、珍品仕入れのために旅に出るような冒険者であるというのも、またアリであろう。

 だが・・・

 だが!だ。

 聖職者はどうなのであろう。
 もちろん、洗礼を受けるのは当然のこととして、俗世に未練を捨てて、教会という組織に入るのである。

 言うなれば、プリーストというのは、それ自体がれっきとした職なのである。
 んな、毎日毎日冒険にいけるような呑気な職ではない。

 私もよく、執務がたてこんでおって礼拝を行えぬ日があるように、聖職者の仕事というのはそれこそ、一般の労働者をはるかに上回るのである。

 日が昇る前におきて、祈り、日が昇れば朝の労働、食事、勉強、労働、ひたすら労働、勉強、祈り、夕食、入浴、勉強、勉強、また勉強、深夜に就寝・・・。

 といったような生活が当然なのであり、また、それこそが聖職者なのである。

 聖職者になったからには、配属先の教区の協会において、この生活を守りながら生活すべきであり、余暇とか、独断での魔物退治などというのは、最低でも司教とか大司教の余裕の出てくる位にならねば、できたものではないのである。

 で、フリーランスの個人なのではないかと言うかもしれぬが。

 フリーランスで個人でやってる宗教は異端である。

 あたりまえである。我々の教会組織から逸脱した存在を、異端というのであるから、間違いなく異端である。

 と、いうわけで、今日気付いたのだ。
 プリーストの連中の中には、金欲に溺れて、毎日ハンタとかウィザードと組んで、二人で金銀財宝を手に入れるために虐殺へと赴き、もはや魔族の浄化ということすら忘れ、ただ金を求めるマシーンとなって狩る連中がおる。

 さらに言うならば、転職の時きたっきりで、教会なんぞそれ以来行かぬなどという連中までおる始末で、これはもう、お前等は異端であるな!と言っても良いのである。

 つまり、異端審問だ。

 クックックックック。
 もっと聖職者らしくせねばならんのだ。

 南無〜!とか、もうね。
 私も昔言っておったのだが、さやさや師の力で目を醒まされて、頑張って今にいたっておるのだ。

 聖職者として、私は大司狂という立場になった。
 これからは暴れるだけではなく、後続の哀れな聖職者を導いてやるのだ!

 ほれ、ご指導ご鞭撻を・・・とか言うであろう。
 装備したいのである。貴様らに御鞭撻したる!ケツださんかーーーー!
 
キェエエエエエエエエエエエ!

「レイホウ様の近所の電気工です。
この度、このような日記をレイホウ様が立てるに至ったことは、
電気工として、大変残念な事であり、このたびの
甚大な事件の結果が出てきていることの証明でもあり、そろそろ
最終的な決断を下す必要があるようです。

みなさんお聞きになったことがあるかもしれませんが、
夏場のクーラーの破損は、PCを二台起動している状態では
とんでもない室温になる可能性があります。しかし、だからといって、これ以上、
クーラーを放置することは、レイホウ様の脳を傷つけたり、
逆にレイホウ様自身の将来にとって、必ずしも良いことではありません。

そこで、私は、レイホウ様の両親、クーラーメーカーなどとも相談して、
クーラーをただちに、修理することにしました。

クーラーにとっては、まだまだ休みたいのかもしれませんが、私も、
電気工の資格ををかけて、クーラーを徹底して叩き直すことに致しました。
日本の家電は殴打により直ります。

どうかみなさん!クーラーが直ってきましたら、このような人を悲しませる
日記ではなく、みんなに感動をと神への悟りを届ける人間になると思いますので、

暖かく、でも部屋は涼しく、迎えてやってください。」

八月二十六日

 明日あたり、メインページのログ落ち日であるな。
 面倒くさい。今日でも良い容量なのだが、面倒くさい。

 さて、人間には誰しも憧れをもっているものがある。
 かつて、熱望しながらも叶わなかった憧れを・・・今日、街中で見かけて、再び情熱に火がついたのである。
 幼き日、たとえジャングルジムからライダーキックをかましても、幸か不幸か、その願いは叶わず、今日までかなえられずに至っている、その憧れ・・・。

 私の甘美なる夢・・・

 永遠の憧憬・・・。

 

 それは・・・
 骨折。

 さらに言えば、松葉杖&腕を骨折した時の固定の三角巾。

 アレが、あこがれなのである。
 ケガはその人々の人生を物語る。激しく生きてきたその生き様、戦いを物語るのだ。

 この傷は、レイドリックとの一騎打ちで負った傷。
 この傷は、バフォメットを殺した時に受けた傷。

 この傷は・・・飼い猫に引っかかれた傷。

 と、いった具合に、傷跡で歴史を語るということが可能であるが、それは自発的に語らねばならず、いわゆる、自発ではなく、自動的に主張して、自己顕示欲を満足させてくれるという点で頭防具のように、松葉杖やら、あの三角巾は偉大なのである。

 ちょっとやそっとじゃ、足や腕は骨折できぬのだ。指とかとはワケが違う。

 そんな、激しい生き様を、松葉杖達は語ってくれるのだ。

 それをだ・・・街中で見かけて、久々に燃え上がったのだが!
 が!しかしだ。

 今は時代が違うのである!
 我々はミドガズ王国で暮らしておるのだが・・・システムに限って言えば、ROは限りなくクソゲーに近いとも言えなくもないのだ。

 これが何を意味するか!

 例え骨折でも!

 クソゲーでは骨折といえども、バカにできぬのである!

 「ボキッ!!!なんて かたいのだ。わたしの うでが おれたしまった!!あとは だまってうえじにするのを まつだけだ・・・。
 ざんねん!!
わたしのぼうけんは これで おわって しまった!!

 ということも、充分にありえるのである。

 骨折とはいえバカにできぬのだ。

 ダンジョンで骨折したらもう、飢え死にを待つだけらしい。
 憧れにとどめておこうと思った・・・。

 天の神様
 世の中、恐ろしいゲームがあります。恐くて前へ進めない勇者をどうかお救いください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

八月二十五日

不味い店

 さて、紀伊国屋書店本店で、廃墟漂流という廃墟の写真集(三千五百円也)を買って来たのだが、廃墟というものの素晴らしさにどっぷりはまっている。
 人工物にして、人工物にあらず。
 自然に奪い返されている人工物の美がそこにあった・・・。

 でだ、その後、仲間と合流してだな、臨公で・・・

 監獄へいってきた。

 新宿の監獄居酒屋なのであるが・・・とりあえず、色々と趣向を凝らした店は良く、面白いのであるのだ・・・・が!

 が!しかし!

 そんなものをヌキにして、よくないことがある。
 監獄とはいえ、そんなこと再現しなくてかまわぬぞ!というようなコトなのだが・・・

 つまり・・・その、なんだ・・・

 メシのランクを言うとすれば、
 ブタ箱級・・・つまり

 臭いメシレベルの味なのである。

 オーダーを今日だけで三度もすっぽかすし、もう最低。
 私が承太郎であったならば、間違いなく

 料金以下のマズいメシを出す店。

 ということで、金は払わなかったトコであるぞ。私でよかったな。

 まず、料理自体はギリギリ食えるものなのであるが・・・ドリンク、とくに酒が最悪なのである。
 カクテルが不味いのは解る。
 薄い薄いカクテルで、どこがサケなのだかわからず、やたらケミカルな臭いのするカクテルはまさに、その臭いからして、クサいメシならぬクサい酒なのだが・・・!

 百歩ゆずって、ああいったチープな居酒屋でカクテルを頼むのが悪いとしよう。
 だがな、日本酒が不味いってのはどういうことだ?

 最初、一口飲んだ時は、スッキリとしたクセの無い味だなぁ・・・とか思ったのであるが、
 クセが無いどころか、味が無い。
 味わいが無く、甘口でも辛口でもなく、香りもない。

 金魚酒かと思ったぞ。
 本当に、薄めてないか?というレベルで不味い酒であった。

 しかしまぁ、店員が・・・ラバーのミニスカートのポリス服を着た小娘だったり、囚人服を着た男や小娘だったり・・・なんともまぁ・・・・な、店なのである。
 ネタとしては良い店なのであるが・・・面白みが無い。

 帰りの電車の中で思ったのだが、
 あの店の入っておるビルが廃墟になったら、あの店が、とてもとても良い味を出すのではなかろうか。
 鉄格子、安っぽいつくりの監房・・・それらが風雨にさらされ、時の流れに押し込まれ、自然にその身を食いちぎられた時、至上の美が見れるのではあるまいか。

 天の神様
 新宿のあの監獄居酒屋を、是非!廃墟にして下さいまし・・・
 とても美しいと思うのです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

八月二十四日

日刊マサヤ開始。上を参照。

 城攻めの日がまたやってきた。

 そういえば、ギルドダンジョンというのは何かナゾな存在なのである。
 とりでの公設設備であり、砦の所有者がウマーする為の場所なのであるのだが、これはどう言うコトなのだ!

 我々の駆逐すべき敵であるモンスターどもが飼いならされておるのである。

 その上、どういうわけか、ボスモンスターの劣化コピー版やら、通常モンスターのパワーアップ版などが存在しておるというのは、おかしなわけで、そんなもん放置しておいて良いわけがない。

 ザクを鹵獲して、研究改良してハイザックを作るのとはワケが違うのである。

 モンスターをつかまえて、育てるというのはロクな結果を招かぬというのは、サンタナが証明済みなのであって、おそらく、ギルドダンジョンに押し込んでいい気になっておると、反撃を開始しはじめるのである。

 だ              が!

 一つ仮説があるのである。
 かつて、太平洋戦争終戦時、日本国内の軍部は、社会主義者と資本主義者の対立であったという。
 その、アカの急先鋒が関東軍であり、それが終戦後に日本に帰ってきて、国の再建にあたって社会主義勢力が台頭したりしたら大変であるということで、シベリア抑留などが発生したなどといわれておる。

 これはどういうことか!

 つまりだ、関東軍は当時、日本軍最強の兵力であり、それゆえに恐れられたワケである。

 現在、ミドガヅ王国にて砦を所有しているのは、間違いなく、最強格の部隊なのであり、国王としてはそれにデカい顔されてはならんということである。

 そこで、力によって城を奪い取らせ、それを封として与えることによって、主従関係を結び、また元来凶悪なモンスターを城の地下に潜ませることによって、万が一の場合に速やかに連中を始末できるようになっているのだ。

 トリスタン三世は恐ろしい切れ者である。
 実際、ギルドダンジョンのモンスターが暴れだそうと、城の駐留ギルドが全滅しようと、トリスタン三世は、まったく痛くも痒くもない。

 冒険者達によって、ポーションをはじめとする産業は潤い、税収もUP。
 その上、我々は冒険者としてカテゴライズされるため、言わば浮浪者であり、貴様らも日々感じているように、国からの福祉、社会保障などというものは、一切うけてはおらぬのである。

 その上、各種工業製品の材料となるモンスターの落とす収集品を、恐らくものすごい値段で買い叩かれておるのである。

 国も潤い、国民に金はかからず、危険な組織のそばに破壊のための機構をおく、というまさに完璧な支配構造がしかれており、トリスタン三世にとって、現状はまさに天国そのものなのである。

 天の神様

 トリスタンは恐ろしい切れ者です。どうか我々に害が及ばぬよう
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月二十三日

川井

 明日は元気に10時から!アルベルタのテーブルの上で礼拝である!

 アド街ック天国の奥多摩一位が川井キャンプ場であった。

 今日は良いネタを思いついておったのだが、予定を繰り上げて報道特別番組でお送りすることにした。

 川井キャンプ場といえば、かれこれ3・4年前であるかな。
 友人4人とキャンプへ行ったのである。
 当時、あのキャンプ場で空き巣や窃盗が多発しておったのだが、キャンプ場は気をつけてねという、張り紙一枚で済ませておった。

 あれは・・・宴たけなわ、夜中の一時ごろであろうか。

 我々の宿泊しておった、キャンプ場に入って右側のほうにある、25番バンガローの前で火をたいて飲み食いしておったときだ。

 連中がきた。

 いきなり、刃物で脅されてだな、当時まだ神への熱狂に目覚めておらんかった私はそのまま、バンガローの中へと押し込められて、金品を強奪されたわけである。

 今でも覚えておるぞ。
 グレーのTシャツを着た、当時スキンヘッドの、青梅署でまたアイツか、とまで言われた札付きのワルである、「マサヤ君(実名)」である。

 彼らの犯行は実に迅速で手際が良かったのだが、いかんせん、ちょっとばかし・・・お脳が足りなかったのである。
 仲間が「おい、マサヤ」
 と、我々を脅迫している主犯格の男の名前を呼んでしまったために、余裕で御用となったのである。

 そのうえ、対して金の入っておらぬ財布を前部奪っていって、デジカメ3個とノートPCに目もくれなかったのである。

 田舎者パワー炸裂である。

 まったく、キャンプ場には警備員がおったのだが、12時くらいで帰っておったのである。
 まさに狩り放題だったらしく、

 川井キャンプ場における持凶器連続強盗事件捜査本部

 っていう看板立てて、青梅署に捜査本部まで立っておったし、昼くらいのニュースでちんまりと流れたりもしたのだ。
 ちなみに、当時、事情聴取で青梅署まではるばる呼ばれて、昼飯代が自腹だった腹いせに、デジカメで捜査本部内やら警察署のなかをパチパチ撮って来た盗撮写真があったのだが、データがどっかいってしまってわからぬ。

 そんなわけで、川井キャンプ場は思い出の地なのである。
 得意に25番バンガロー。

 今、マサヤは何をやっておるであろうか・・・。
 あのまま道を踏み外してしまってはおらぬであろうか。
 聖職者として心配である。 

 天の神様

 マサヤがどうか、人として生きていけるようにお救いください。
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月二十二日

優良な不良

 校内暴力が減少しているらしい。

 思うのだが、コレが良い傾向なのか悪い傾向なのか、私は判断しかねるのである。
 よく言われる言葉で、最近のガキは喧嘩のしかた一つも知らない、などというのがある。ヤバい殴り方、そうでない殴り方がわからんのである。

 ある程度、場数を踏んでおるヤツならば、これはヤバいとか・・・この程度ならば平気だとか、そういう力加減がわかるので、喧嘩として成り立つのであるが、最近よくあるのとしては、殺すつもりはなかったのだが、暴行を加えておったら死んでしまったというヤツである。

 コレは明らかに、殴り方などを心得ていない証拠である。

 喧嘩=悪ではない。
 喧嘩というのは、個人と個人との対立における、最も原始的にして単純な解決方法であり、手段=悪としてしまうのは間違いである。

 喧嘩から学び取れるものというのは計り知れず、それこそタイマン勝負のあとに、夕焼けの土手で寝転がって笑いあう・・・とまではいかぬが、そういうものなのだ。

 昔は、子供同士の喧嘩に大人が手を出すものじゃないとか、よく言ったものである。

 ジャングルジムの上からライダーキックをしたらどうなるか、身をもって体験することもあったであろう。
 ん?私はしてないぞ!私はそんな体験してないのだ!してないですのだ!(錯乱
 復唱しろ。私はそんな体験はしていない。

 で、気を取り直して・・・

 例えば、暴力的なヤツであったとしても、喧嘩を通していろいろと学んで、荒いながらも人間としてできておるヤツはいる。

 「この空条承太郎は……いわゆる不良のレッテルをはられている…
ケンカの相手を必要以上にブチのめし、いまだ病院から出てこれねえヤツもいる・・・イバルだけで能なしなんで気合を入れてやった教師はもう二度と学校へ来ねえ
料金以下のマズイめしを食わせるレストランには代金を払わねーってのはしょっちゅうよ
だがこんなおれにも吐き気のする「悪」はわかる!!「悪」とはてめー自身のためだけに弱者を利用しふみつけるやつのことだ!! 」

 などと、たいそうご立派な事まで言ってくれるようにはなるのである。
 それが、力と力のぶつかり合いである派手な喧嘩を、悪であるとして、無理やりおさえに行く傾向によって、現在は勝てる相手を力で支配して使役する・・・いわゆるイジメという状況が増えておる。

 つまり、てめー自身のためだけに弱者を利用しふみつけるやつのことだ!!

 という感じである。

 そう・・・なんというか、浪漫が足りぬと思うのである。
 ヒョロいからだつきの男が不良だなんて・・・そんなの私は許さんのだ。

 そういうのはやられ役でよい。

 こう・・・裏地に、代々の番長の名前の刺繍のなされた、やたら詰襟の高い長ランというのは、私の中での理想の不良の必須アイテムである。

 コレを装備せずして、何が不良じゃ!

 さらに、最近の呼び方も気に食わぬ。ヤンキーだと?
 私をおちょくっておるのか?ヤンキーといったら、あの腐れた毛頭の事ではないか。
 不良という文字、番長という漢字、そしてなんといっても大和魂が重要なのだ。それをヤンキーなどと外来語を使用しておる時点でアウトである。

 で、私の理想とするのを見せてやろう。

 

 こんな感じである。
 長ランの下は赤いTシャツで決まりである。
 この微妙なダサさこそが、美学なのだ!

 天の神様

 番長です番長!美学のある人間を生まれさせてください!
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

----微妙に後から追加----

2-2次職番長

 番長は既存の初期職業、ノービスにおいてベースレベル60を達成することによって転職できる、新職業です。
 近接戦闘に圧倒的に長けており、特に素手での攻撃性能はモンクをも凌駕する威力を誇っています。

■ 転職手順
番長の転職クエストは質問-アイテム収集-戦闘試験の3部分に分れる。

■ 試験手順
番長に転職するにはプロンテラ城にいる漢道指導員に話し掛けてください。
まずは、学生帽を持ってくるように言われます。

その後、非常に難しいスタイルと美学に関する哲学的な質問に答えます。失敗すると二度と受験できません。

■ 戦闘試験
戦闘試験では、一切の武器の使用が禁じられている状態で、敵と戦うことになります。
ゴブリン〜レクイエムの間でランダムで選ばれる人型モンスターとタイマン勝負を挑むことになります。
勝利すれば、歴代の名前入り長ランを与えられ、番長に転職できます。
歴代の名前入り長ランは転職すると装備から外せなくなります。

■ スキル(一部抜粋

パッシブスキル:漢道 10レベル
素手における攻撃力をスキルレベル*4上昇させる。
ただし、真の漢を目指すために、弱いものイジメは厳禁であり、自分よりレベルが30以上低いモンスターを攻撃できなくなる。(含アクティブ

パッシブスキル:押忍の精神 10レベル
自分のHPのスキルレベル%以下のダメージに対してのノックバックを全てキャンセルすることができる。

アクティブスキル:爆弾パチキ 10レベル
火属性の強烈な打撃を加える攻撃。残りHPが少ないほど大ダメージ。

パッシブスキル:根性焼き耐性 10レベル
タバコを一つもっていないと、上げることができない。
根性焼きによって高い精神力を手に入れ、防御力を上昇させる。

八月二十一日

マスコンバッRO(マスコンバッロと読む)

 近所の学校の野球部がランニングしておったのだが、凄く苦しそうな顔で走っておるヤツがおった。
 すれ違いざまに効いてしまったソイツの呼吸「ヒーヒーフー。ヒーヒーフー。」

 ・・・・その呼吸を露骨に使用するほどの苦痛なのであろうか。

 ところで、傭兵システムってドコいったの????

 という素朴な疑問を感じたのである。
 確か、金で傭兵を雇って戦うことができるから楽しみにしててね♪って、言っておったろう・・・。傭兵のグラフィックまで公開して、昔はコトあるごとに傭兵の情報を出しておった気がするのだが、今は触れようともしない。

 どうしたのだ?

 で、マスコンバット風RO戦争画像を作った。
 こういう戦争したい。

 ちなみに、青いのは指揮範囲である。この中にいる傭兵に能力補正が・・・。
 同じ顔のは前部NPCな傭兵である。傭兵のドット絵探したのだが無いのである。ひょっとして、闇に葬られようとしているのではなかろうか。

 で、青い範囲がないのが、敵側である。

 ちなみに、上にあるのモラルゲージである。
 モラルゲージは隊列のみだれなどの進軍による結果に影響されて出てくる。
 後退や隊列の修復、前列交替などによって大幅に回復し、突撃号令時にも大幅回復する・・・。

 マスコンバット!

 ロマサガのマスコンバットは敵陣を突破するとボーナスがつくというか・・・敵陣突破こそが目的なのだが、いったいソコに何があるというのだ。

 別に、全て防衛戦というわけでもなく、遭遇戦とかもあるのである。
 それなのに、ミカエルを突破することを敵は目的としてくるし、こちらも突破が目的であり、そこから敵陣の背後になにか重要なものがあると考えるのは自然な流れである。

 それとも、アビスゲートの驚異に立ち向かわねばならない世界で、戦争によって無駄な犠牲を出すわけにはいかん!とか、国家間で話し合って、マスコンバット条約とかを結んだのではあるまいか。

 つまり、敵陣を突破するとボーナスポイントが入り、多く敵陣を突破したほうが勝ち。
 もちろん、殺害は禁止。

 とか、そういうのではなかろうか。
 ミカエルが負傷しても別になにごともなくストーリーは進む。
 モンスターとの戦いで死ぬならばまだしも、戦場で殺されたらもう、どうにもならんと思う。

 落馬して、コケたら足にふみつけられてそのまま圧死であろうし・・・やはり、普通に一本とられて退場しておると考えるべきなのだ。

 多分、あの戦争は既にゲーム化しており、勝敗を決する手段にすぎぬのだ・・・

 だが・・・。

 だからこそ、最後のアビスゲート陽動作戦マスコンバットは敵陣突破ではなく、その場にとどまって時間を稼ぐのが目的なのである。
 敵陣を突破しても、ムダなのである。

 四魔貴族はそんな条約を守ってはくれぬ。

 なんだか、捏造画像を作っておったら、無駄なことを思いついてしまった・・・。

 天の神様

 ああいった、戦争らしい戦争もしてみたいものですが、別ゲーで我慢します。どうか、楽しくありますように・・・
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月二十日

アンパンリターンズ

 いままで、さんざんアンパンマンの話をしてきた。

 だが、今日・・・ふとしたことで、アンパンマンの根幹を揺るがす、絶大な事実に気付いてしまったのである。

 なんで、アンパンがバイキン殺すのだ?
 わたしの記憶が確かならば、確か、アンパンに殺菌効果はなく、バイキンにアンパンをかざしても、この気候だと、数日もたたぬうちに、白いふわふわの中に黒い斑点のある物体になるはずである。

 私が思うに、アンパンマンはだな・・・。
 カレーパンマンと共に、ジャぱんの代表選手なのであるから、各国のパン魔人をゲチョゲチョに破壊するストーリーであるべきなのだ。

 例えば、真っ黒にこげた顔で、性犯罪を繰り返すアメリカ軍沖縄駐屯部隊パンとか・・・
 化学調味料や大量の防腐剤、科学力の粋を尽くして作られた独逸パンとか・・・

 そういったものを、我らがジャぱんであるアンパンマンが破壊していくのが妥当なストーリーであり、健全な愛国心の育成にも繋がるという素晴らしさである。

 ところで、ジャぱんではない食パンマンの立場だが、彼は最後の黒幕となるのである。
 悪の親玉みたいなパン魔人を倒したところで、食パンマンが微妙にキザったれた、あの感じで

 「ふん。彼も思ったより役には立ちませんでしたね。」

 とかいって、瀕死の悪いパン魔人を踏み殺そうとして、アンパンマンが
 「やめろ!もう勝負はついているのに!なにをするんだ!」

 とかいって、悪のパンを救い、微妙に協力して食パンマンを倒すわけである。

 そういうストーリーのほうがよろしい。

 それともなんだ?
 アンパンがバイキンに打ち勝つというのは、大量の防腐剤やらなんやらを使っている、現状のパン会社を激しく揶揄しているのであろうか。

 ひょっとしてそういう風刺なのか!?

 という、邪推をしてしまったのだ・・・。

 天の神様

 最近、いろんなものが風刺に見えてきます。素直な心を返してください!
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月十九日

てっかい

 気象庁が梅雨明け宣言を撤回したいらしい。

 というか、撤回を視野に入れておるらしい。
 これは由々しき事態であり、絶対に許してはならぬと思うのだ。

 人間と言うのは心の弱い生物であるから、このように一つ見逃してしまうと、そこからズルズルと色々なところに、その精神が飛び火してしまうものである。

 つまり、梅雨明けって言ったけど実はまだだったのだ!

 と、言わせてしまうと。

 朝、天気予報とか出してだな。
 昼ぐらいになって、今朝の晴れのち曇りの予報は撤回して、本日は快晴となるでしょう。お出かけの際は帽子や日傘を忘れずに。

 とか言ったかと思うと、夕立がふりだしてから。昼の予報は撤回させていただきまして本日の予報は、晴ときどき、ところによっては夕立になるでしょう。

 とかいう、もはや予報じゃなくて情報連絡になってしまうのである!

 DIOも言っておる。
 それで?と聞いたのはお前のことだよ。ホル・ホース。情報連絡員なら誰にでもできる。

 私としては、気象庁じゃないのだが、テレビの週間予報とかも許せぬのである。
 週の途中で変わったりするではないか。アレはダメである。

 週間予報は、毎週担当者の名前を明確にして、
 週末に今週の週間予報の勝率は○勝○敗で、現在気象予報士の〜さんの勝率は○割○分○厘となっています。〜さんは統計的に、長期的なおおまかな予測が得意であり、一週間を通してコンスタントな勝率を誇っていますが、日にち単位での正確さに欠けています。

 来週の担当は××で、週初めの三日目までの鉄壁の勝率を誇っております。

 とか、やると面白そうである。

 また、一定期間で、平成○○年度の上半期の気象予報士の勝率では、
 〜テレビの〜が勝率○割を記録して、二期連続の優勝を飾りました。

 と、いった具合に各局間でも予報の勝負をするのである。
 これで、あの局の予報は正確だ・・・とかが良いのである。

 さらに、サッカーくじのように公営ギャンブル化することによって、国民が予測をするようになる。
 他人任せは性に合わないなどと言って、自分で天気図を見て、週間予報をたてて、それに一番近い予測をしている気象予報士に賭けるなど、ギャンブルのくせに、国民の教養に貢献することができるという素晴らしいものである。

 馬体重とか、どこのサッカー選手がどうとか・・・そんなの覚えるよりも、気圧の谷がここにあるから云々とかのほうが良いであろう。

 そんな感じで、熾烈な争いの週間予報レースとかあったら面白そうである。

 天の神様

 なんだか、夏が来ません。私の夏を返して!アイスクリームが売れません!
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月十八日

 すごいグロい夢を見た。

 登場人物は、私と友人の女の子。
 場面は大地震で崩落した建物である。瓦礫で押しつぶされて、瀕死の重傷を負ったそやつを、私が多少怪我をしつつも、なんとか背負い上げて、救急車のところまでかついでいくワケだが、

 確か、壊れかけた階段の途中で、ぐったりと私の背中に乗っている彼女から、血液が肩をつたって私の腕に流れ落ちてくるのだが、その後、なんだかヌルヌルとした黄色っぽい体液も出てくるのである。

 その生暖かい感じが、夢としては異例なほどリアルに感じられた。
 重さも、体温も、苦しみの息遣いも、普段私は夢など精密には覚えておれぬのだが、なんか今日だけは物凄く事細かに覚えており、脳裏に刻み込まれている。

 そして、焦りながら、転んだりしつつもなんとか、建物の外まで出ると死屍累々で、救急車も数が足りておらんのである。
 救急車の前で私は半分泣きながら、早くしないと死んでしまう!と叫んでおった。

 そして、救急車を探しつつ道を歩いていると、突如背中で「おえーおえー」という、吐き気をもよおしているようなうめき声がして、いったん地面に下ろして背中を撫でてやっておったのだが、
 その時に、大量の血を吐き出すんじゃないかとか、またグロい体液とか内臓のようなものを嘔吐するのではないかという、心配しながらも、次に出てくるであろう光景を予想して、自分が恐怖心を抱いておったことまでよく覚えておる。
 ちなみに、このとき彼女を道路と歩道の間の縁石の排水溝らへんに下ろしておったのも、鮮明に覚えておるし、なおかつ、結局何も吐き出さずに、激しくむせこんで、なんだか唾液だか体液だかで薄まった、半透明な血液が飛沫のように少し飛び散って、私の手についたのまで、はっきり鮮明かつリアルに覚えておる。

 その後、なんとか救急車を見つけて送り出すと、よくわからん空港のターミナルみたいな、大きなガラス張りの建物に入ってひたすら祈っておった。

 そこで目が醒めたのである。

 なんちゅー夢であろうか・・・。
 ものすごく鮮明なのだ。

 起きたときの感想はなんというか・・・ぐったり疲れ果てておった。
 ダークフロイトとかいうインチキ臭い心理学者が主人公の漫画で、体験していないことを夢で見ることは不可能であり、なんらかの暗示だというようなことが書いてあった。

 だとすると、私が見た夢はなんなのであろうか。なんにしろ、体験したことしか見れないのならば、予知夢の心配は無いので安心してかまわぬぞ。

 しかし、こんな夢を見るなんて、私は自分の心の奥底に自分自身で気付けないような根の深い病理でも抱え込んでおるのではないかと不安になったのである。

 とりあえず、しばらくはあの黄色っぽいヌルヌルの液体が脳裏から離れそうに無い。

 天の神様

 怖い怖い夢を見ました。とても恐ろしいです。どうか現実にならぬように・・・
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月十七日

しろ

 城攻めしたのである城攻め。

 私のギルドは、Holy_Order_of_Reihouという名前の示すとおり、ホーリーオーダーなワケで・・・戦力は圧倒的に近接職に偏っておる。
 ナイト、剣士(クル待ち)がおって、合計人数で言うと4人。
 さらに、私を含めて殴りプリが3名という、凄い状況なのである。
 WIZは二人で、ハンタはおらん。

 途中、協力して一緒に攻めておった、まいにちあゆみbeyond90が城をとったのだが、アサシンばっかりなせいもあって、あえなく敗退。その後、砦を手に入れたギルドはすかさずエンペリウム部屋をモンスターで閉ざして攻撃を凌いだのである。ミストルティンおったし・・・。

 しかしまぁ、我がギルドはアンタのとこ、対人戦する気あるの?と、言わんばかりの戦力比である。
 騎士団なのだからしゃーないのである。

 極論すれば、WIZとプリとハンタ以外は城攻めるにも城守るにも、さほど肝要ではないと言える。
 ナイトはさばける人数に上限があるが、大魔法は何人来ようと大魔法であり、一気に殲滅可能である。

 アンクルスネアも道を封鎖するのには完璧である。

 ありゃやっぱ、戦争じゃなくて、たんなる暴動である。
 城めがけて暴動を起こす民衆とそれを鎮圧しようとする王政の戦いが実に良く現れておると考えられる。やっぱり、王国はそういう時期にさしかかっておるのだと思う。

 何かと言うと、市民革命の時期なのである。

 と、いうわけで、少々ラグフェス4にむけての企画を考えておるのである。
 ちょっと、ROの物語を書いてみようと思っておるというか、書き始めておるのだが、新書製本とか高いのでCDRで販売である。もちろん、レイホウ写真もいっぱい入れるのである。

 で、それと市民革命がどういうつながりがあるかというと・・・。

 市民革命期のルーンミドガヅ王国を描こうかな・・・というコトである。
 世間の民主化、近代化の流れの中でとりのこされていく、冒険者達の悲哀みたいなものを・・・・。

 っという感じである。

 なんだか、今日のギルド暴動を見ておったらそう思ったのである。
 うむ、暴動だありゃぁ。市民革命への秒読みみたいである。

 二時間ぶっ通しで戦って疲れたので寝るのである・・・。

 天の神様

 ラグフェス4にむけて、そろそろ活動開始です。お導きください。
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月十六日

イタタタタ

 二週立て続けですまんのだが、明日はちょっと午前中に予定が入ってしまったので、礼拝はナシである。
 まあ、O-Vonということにしておけ。

 昔から素朴な疑問がある。
 なんでジョニーは起き攻めにダストを使う事があるのであろうか。
 ギルギアにはキャラは沢山おるが、起き攻めにダストを使ってくるというのが、個人的な趣味とかじゃなくて普通に多いのはジョニーだけである。
 なぜ????

 と、いまさら人に聞けない疑問を感じておったのだが、割といまさら人に聞けないコトというのは存在しておるものであり、なまじ上級者になってしまうとどうにもならないコトがあるのだ。

 聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥とは言うものの、その一時の恥すら回避せねばならないようになってしまうと大変なのである。

 逆に、それなりの立場になってしまうと間違いを指摘できなくなってしまって、相手が気付けぬ状況と言うのも存在しておるのだ。

 私の知り合いでも、ちょっと私からは忠告できない立場の方が・・・
 釣果(ちょうか)をツリカ!ツリカ!と間違えて連呼しておって非常にみっともないのである。

 昨日のツリカがさ・・・とか言われても困ってしまう。

 そんな感じで質問できぬコトとして、ジョニーのダストが存在しておったのである。

 人に忠告したり質問したりというのは難しいものであるな。

 今日はちょっと、ふくろはぎが痛くて集中できぬのだ。
 ふくろはぎが痛くてな。というわけで、今日はココまでである。 

 天の神様

 なんかしりませんが、ふくろはぎが痛いのです!お救いください。
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月十五日

城攻め

 一年以上も毎日更新しておると、流石に今まで話したネタを忘れるのである。

 だとすると、安全なのはROの現在の話である。
 というわけで、不評なROの話をすることにした

 でだ、城攻めに関することなのだが・・・
 ギルドレベル2の必要上納は2M
 3で4M
 4で8M
 5で14M
 6で22M

 という、適当にどんぶり勘定したような、キャラのEXPテーブルをはるかに凌駕するすごさになっておるのだが、ギルドスキルが少ないので仕方ない気がせぬでもない。

 そこで、もっと城攻めとかが熱くなるような、ギルドスキルがあったらよいような気がするのである。
 もっともっと、ギルドレベルを上がり易いようにして、なおかつギルドスキルを増やしまくるのである。
 例えば、アクティブギルドスキル。

 本陣設営:5レベル
 城攻め可能時間帯に限り、毎週一回だけ使用可能。
 砦のあるマップ内に9*9のセルを指定、その場所に城攻め用の本陣を設営する。GvGモードで死亡したギルドメンバーは、この本陣に復活する。復活時、スキルレベル*10%分のHP・SPが回復する。

 死守命令:5レベル(前進防御レベル3必須)
 2時間の間に一回だけ使用可能、もう一度選択すると命令解除。
 ギルドメンバ全員はマップ上で敵とすれ違うことが不可能になる。つまり、横に並べば廊下を封鎖可能。
 ASPD激減、移動速度はクァグマイヤにかかったくらいになる。回避率及び乗算DEFにボーナス。
 ジョブレベルに応じて性能が向上する。

 後退攻撃:3レベル
 移動速度低下。命令発動中に限りCTRLクリックで攻撃ロック可能。
 攻撃をしながら、敵に背を向けずに、後方へ移動可能。レベルによって速さを調節可能。

 前進攻撃:3レベル(後退攻撃レベル3必須)
 移動速度低下。命令発動中に限りCTRLクリックで攻撃ロック可能。
 攻撃をしながら敵を押し込んで前進する。ノックバックとは少し違う。レベルによって速度が速くなる。

 攪乱作戦:3レベル(突撃命令レベル5必須)
 二時間中に2回だけ使用可能。
 一分間の間、敵の命令を遮断。

 突撃命令:5レベル
 5分間の間、ジョブレベル*10%のボーナスが色々なステータスに加算される。移動速度UP。
 五分間の間、命令変更不能。ギルドチャット使用不能。PTチャット使用不能。PTスキルが使用者のみの単独発動となる。

 前進防御:レベル3
 盾装備必須。
 盾を構えて前進する。その際、攻撃などは一切不可能で、他の人間とスレ違えなくなる。
 前進攻撃よりも早い速度で移動可能。

 やぐら:レベル5(破城槌製作必須
 ブラックスミスが3名以上ギルドに必要。
 車輪のついたやぐらを製作し、城の外壁から侵入が可能になる。スキルレベル1につき二人が利用可能。
 木屑(種類は何でも良い)100個消費。

 ギルドアナウンス:1(パッシブ 本陣設営レベル1必須
 GvGモード中、ギルドチャットをGMアナウンスのように、画面上部に目立つ形で配信。

 篭城作戦:レベル5(死守命令レベル2必須
 砦の城門(HP ジョブレベル*20万)を閉ざす。再使用で開門。

 破城槌製作:レベル1
 城門を破壊するための破城槌を製作する。
 (木屑百個+鋼鉄10個消費)一度製作すると、二時間ずっと、使用可能。

 破城槌:レベル3
 BSがギルドに三名必要。
 砦の城門に対して、ジョブレベル*5万のダメージを与える。
 GvG参加中のギルドメンバ五人が完成している破城槌をクリックすると使用可能、詠唱10秒。五人の合計STRによって詠唱速度は最速で3秒まで縮まる。

 と、これくらいはギルドスキルを用意して、さまざまな城攻めを可能にしてほしいものである。
 とか考えておった。

 で、これらは全部ギルドマスターが使うスキルにするのである。
 現状において、ギルドマスタの戦略的価値というのは皆無なのだ。

 つまり、ギルドマスタがいないと、命令による特殊な攻撃や防衛が不可能になるのならば、ギルドマスタを先に殺すなどの価値が出てくるではないか!

 ていうか、あんなのはPvPに敵味方の概念をハッキリとつけただけではないか。

 戦争としては不満なのである!戦争を!戦争をおおお!

 天の神様

 戦争というからには個人における戦法、PT単位における戦術、ギルド単位における戦略などがあったほうが良い気がするのであります!どうか、戦争らしい戦争を!

 よろしくおねがいします
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月十四日

曲のイメージ

 曲に変なイメージがつくことがある。

 例えば、炭鉱ダンジョンの相澤伊豆Dオンプレッシャ!とかいう部分とかであると、私の友人にかつて相澤という人間がおったので、炭鉱=相澤という謎のイメージが定着しておる。

 また、一青のもらいなきとかで、最初のところ
 ええいああ、君からもらいなき、ほろりほろり二人ぼっち。
 ええいああ、ボクにももらいなく、優しいのは誰です〜♪

 間奏〜〜〜〜

 の、間奏のところで  『中谷(なかたに)♪中谷♪』
 と、言っておるように聞こえるのである。

 私の友人に中谷という男がおるのだが、彼はかつてジェルで前髪をパリパリに固めておって、刺さるっていうか痛い、痛そうっていうか痛い!折れるよ!パキパキ言うぞ!というくらいに、前髪が針のようになっておって、得意技は早弁して昼休みを遊び尽すことであった。

 そんなわけで、もらい泣きのイメージは私の中では中谷になったのである。
 さらに言えば、もらい泣き=早弁である。

 優しいのは誰です〜♪(問いかけ
 間奏〜中谷♪中谷♪(回答

 という具合である。

 このように、歌と言うものには何か、そのとき聞しておった事とか、思いついたことのイメージが染み付いてしまうことが多々あり、B’zのLair!Lair!とかは、二次方程式のイメージがあるのである。

 確か、コレを聞いておったときに、二次方程式を劇的に理解したという過去があるのである。だから、コイツを聞くとどうしても二次方程式のイメージが出てくるのは仕方ない。

 こういうイメージが焼きついておる曲が多くて大変なのである。

 他にも、一青の、ありが十々とかなどは・・・
 エネルギー防御型の超重装キャタピラACのイメージ
があるのだ。
 AC3SLの旧中枢進入ミッションで、三体のACが出てくるところで、どうしてもグローバーナイトを倒すまで火力が持たなくて、いろいろ考えた挙句、エネルギー防御最優先型の超重量機体に、両肩追加弾装と左腕にエネルギーシールド、右手にカラサワ、シールドエクステンションという本当にガチガチの装備で挑んで勝った時に、コレを聞いておったので。

 ありがとうとう〜ありが〜とう♪
 「こちらグローバーナイト!援護する!」

 という感じのイメージなのである。

 であるからして・・・他の人間とイメージが会わないのである。
 色々と曲を聴いておっても持つ感慨が、他人と激しくズレてしまうのであるが、私は思う。

 だが、一つだけ、自信を持って、私とおまえたちが同じ感覚を共有していると断言したい音楽があるのだ。
 それは・・・

 

 サーバー接続がキャンセルされました。

 これだけは、同じ感覚を共有しておるはずである。
 あの、ログインゲームの悲劇を偲んで、このβ2開始・・・つまり、二次職実装から一周年という感慨にふけりながら、この曲を聴こうと思う。

 何日も延びたβ2オープン。
 2-2次職実装は年末>年明け>三月>今年中

 という凄い延びを見せておるが・・・大丈夫であろうか・・・。

 そんな思いにふけった一周年であった・・・。

 天の神様

 一周年です!なんと、一周年です!ガンホーが管理会社になってから今にいたるまでの経験は、このサイトが始まって今にいたるよりも浅いのです!つまり、私が先輩だ!

 よろしくおねがいします(謎
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月十三日

うぃるす

 重くてSPあてるのが面倒なのでルータのポートを閉じたレイホウである。

 諸君、元気であるか?
 MSのサイトが重すぎてイライラしてきたので、ポートを閉じることにしたのである。

 しかし・・・ウィンドウズユーザというのは、どうしてこれほどまでにゲイツが嫌いなのであろうか。
 私の友人など、デビル・ゲイツと呼んでおる。

 嫌いだ嫌いだと言いつつも、マックなど絶対使わないと思っておるのが面白いところであり、れなさんが言っておったのだが、マッキントッシュ(以下:マッキン)使いはまさに狂信的なまでにジョブス様マンセーなのである。

 確かに、私の友人のマッキン使いは異常なまでにマッキンを愛し、なおかつ私に、マッキンを薦めてくるのであるが、残念ながらマッキンを使う気はない。

 しかしだ、彼はマッキンが素晴らしいと思いつつも、やりたいゲームができないなどの不便さを感じてウィンドウズいいなぁ、とかも考えるわけであるが、そこでかれがとった方法はウィンドウズのエミュレートなのである。

 どうしてそこでウィンドウズマシンを買うor作るという選択肢に至らないのかがひたすら謎である。

 我々はそもそも、マイクロソフトに対して、憎悪ともいえる感情を抱いておる気がする。
 そりゃもう、X-BOXとか発売された時でも、結果的には正しかったが、マイクロソフトの製品の初期ロットは絶対買ってはならないと主張しておる人間が沢山おった。

 セキュリティホールが見つかるたびに、これだからゲイツは・・・とか毒づくのである。

 何かに似ておると思ったら、我々である。

 これだから癌呆は・・・とか、これだからグラヴィティは・・・とか・・・

 そういうのに似ておる気がしてきた。
 これはどういうことだ!

 ある、病的な人間の話がある。
 マッキンを愛して愛して愛してしまって・・・なんつーか、マッキンんが恋人という人間がおるらしい。
 無機物に対する愛。

 マッキンは実にスマートである。イヤなまでにスマートである。
 そしてCOOL。
 言わば物静かで万能な女の子であると言える。何もかもそつなくこなせて、面倒見が良い。
 当然、ユーザーはマッキンに甘えるわけで、愛もまた甘えるという形になるのだが、

 対してウィンドウズはどうかというと。

 救いようのないドジっ子であると言える。
 お茶をもってこいといえばこぼし、拭こうとしてすべって転び・・・そんなドジっ子がウィンドウズであると考えると、我々の愛と言うのはすなわち、懲罰とか、罰とか、いじめという形であらわれてくるのだ。

 だから、デビルゲイツ死ね!とか
 マイクロソフト死ね!とか

 そういうことを言うのである。偏った愛の形なのだ。

 そのドジっ子の中に、ROなども含まれるわけで、だからこそガンホー死ねみたいに言えるワケであると考えるのだが・・・
 ガンホーはある用件を満たしておらぬ気がするのだ。
 会社自体に魅力がないのである。

 別にRO作ってないし・・・

 サーバー落ちるし・・・・

 サポート劣悪だし・・・

 マイクロソフトは違う。
 ドジっ子とは言えども、必死で仕事しているのがわかるのである。今回の対策パッチとかそうであろう。
 自分のドジのせいで必死で頑張る羽目になるのが、愛されるゆえんである。

 だが・・・ガンホは・・・どじというより、ものぐさで何もしない。
 口ばかり一人前。

 だから、前に出したガン穂ちゃんでもって、媚びていく必要がある。
 アレで可愛く見せて生意気なドジっ子という方向でいけばあるいは・・・

 まぁ、頑張ってくれるのが一番なのだがな。

 天の神様

 ウィルスが横行しております。どうかみなをお守りください。
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月十二日

メロディックスピードメタルと国民性

 世の中、リカヴィネが売ってない売ってないって騒いでる人がいっぱいなのだが、ウチの近所のローソンにどっちゃり売っておるぞ?
 何が何でも買いたい!という人は、私にメールを送れば売っておるローソンの場所を教えてやらんでもない。ただし、東京都内なので、北海道とか沖縄とかの人が聞いて意味が無いぞ。

 さて、韓国版のGGXX#Rをスカロが送ってくれるというのだが、一通り韓国版のBGMは聞いたのだが、比較的親しみ易いマイルドなものになっておる。

 あれはあれで良いのだが、メロディックスピードメタルというジャンルに入るものではなくなっておるという点が特徴的である。

 恐らく、国民性の違いなのである。
 メロディックスピードメタルといえば独逸である。独逸と我が国日本には並々ならぬ関係があり、人種こそ違えど、我々は魂の同じ部分を共有しておるのだ。

 残念ながら、その点の認識において、韓国と日本には深い溝があるのではないかと私は考え、独自の仮説を打ち立てるに至ったのである。

 それはずばり、サムライ魂なのである。

 日本はもののふの国家である。武士の国家であるが、独逸はリッター、つまり騎士の国家である。思想や主義はまったく違えども、戦場に生きる・・・常に死を身近におく、武士、騎士は魂の奥底では兄弟であると言えるのだ。

 死を旨とする武士道と、生を旨とするる騎士道はまさに正反対であるが、禍福はあざなえる縄のごとしとか、表裏一体とかの言葉の示すとおり、裏と表、つまり正反対の存在と言うのは非常に近しいものなのである。

 そんな、魂の根幹の部分を共有しておるからこそ、音楽に対する感性も似通ってくるのは当然と言える。

 対して、韓国の歴史を紐解くと・・・この場合、朝鮮半島史というよりも、ハングル制定くらいを民族国家の樹立時期だと考えてみると、まさに儒教国家でありその思想は、独逸とも日本ともはるかに離れておる。

 かような歴史的事実からして、韓国にはメロディックスピードメタルは受け入れられぬという仮説を打ち立ててみた。

 韓国版のBGMをよくよく聞いてみると一ついえるのは、テンポの違いである。そもそもスピードメタルの部分に該当するような疾走感というものはほとんど感じられなくなっておる。
 それが悪いというワケではないが、ただ、それではカイ=キスクなどという象徴的名前に代表されるメロディックスピードメタル万歳主義が前面にでておるのを否定しておる気がするのである。

 武士とは、死ぬこととみたり。つまり、もののあはれである。諸行無常である。
 メロディックスピードメタルの、危うい高音と低音のバランス、地に足のつかぬ強烈な疾走感。まるで、鳥人間コンテストで着水寸前で必死にこいで上がったり下がったりしている、人力飛行機の如き感覚こそメロディックスピードメタルであり、て聞き終わったあとの、一戦交えた後のような喪失感は、まさにもののあはれである。

 また、荒々しいまでの低音のベース音などは、益荒男ぶりであると言っても過言ではないだろう。

 これが我々の心の奥底にある、武士の心を呼び覚ますのだ。

 対して、その武士の心のない韓国には、このメロディックスピードメタルは受け入れられないものなのではあるまいか。
 韓国版のBGMはどれも、どっしりとかまえたテンポであり、またジャーマンメタルに見られる古典的なクラッシックの技法なども入っておらぬ。 

 日本版のメロディックスピードメタルなBGMを益荒男であるとするなら、それはまるで手弱女の如き音楽であり、言うなれば美しい調和がとれておる。

 だが、あの掻き鳴らすような、魂を揺さぶるベース音が聞こえてこない・・・。
 これが残念でならぬのである。

 ただ、アレはアレでよい曲なので誤解をせぬようにな。 

 天の神様

 芹に上納したリカヴィネ。どうか気に入っていただけるようにお導きください。
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月十一日

おふれぽ

 さて、上からの圧力がかかって、オフレポを書くのだ!というコトなので、昨日のことについて詳細に書かねばなるまい。

 まず、参加しておったのは、
 一般人無双の芹香(以下:芹  せりかで変換できなくてめんどいのである。芹で充分だ。
 朗らかな笑顔の裏側に悪意と殺意の見え隠れする面白い人間である。
 
 
ぽたっこのゆーな。みんな間違えてゆなゆな言い過ぎである。yu-naである。間違えるでない。
 破綻したメンバーのなかにあって、最も常識的な、暴走パーティのブレーキ。

 プログラマなシェラ。黒いサングラスの下から不敵な笑みの浮かぶ、一歩間違うとヤクザな人。北海道から出入り・・・もとい、仕事の為に上京中である。

 どらたまのたま(みんなタマちゃんて呼ぶのだ・・・違う気がするノダ・・・。

 以上の四名である!

 何しに言ったかと言うと、温泉である温泉。日ごろの疲れを癒そうと、温泉にでも行こうと言う事になって、全員で温泉へ突撃をかけたのであるが・・・場所はと言うと。

 ポリン温泉?
 NO。そんな近場ですますほど生易しい疲れではないのである。

 伊豆海底浴場?
 NO。半漁人が怖いのでそんなところ行かぬのである。

 ピラミッド前温泉?
 NO。砂漠やエジプトは怖いとジョジョでさんざん学んだので行かんのである。

 正解は、箱根湯本である。
 小田急線沿線で町田の一つ手前の駅にあるア・ホールマン・エデュケーション
(a whole man education)を謳う学校へ通っておった友人が、寝過ごしてそのまま輸送されたという恐ろしい伝説まである、箱根湯本である。

 そんな魔の地へと我々は向かったのである。
 で・・・でだ。
 もちろん、車二台でいったわけで、一台はわざわざ一般人が遠くから乗ってきたプジョーである。別に
ニンジャーとか叫んだりする必要もなく走るし、長官といわなくても止まる。がっかりだ。

 とてもがっかりだ。
 ちなみにもう一台は、私のランエボ7.5である。7と8の間の限定生産モデルなのだ。
 せっかく、プジョーと私のランエボがおったのである。まさにTAXI2の対決構図がその場に完成しておったにも関わらず、芹のプジョーは腰抜けなので、ニンジャーといわなくても走るし、たかが空を飛ぶこともできぬ。

 あんなんプジョーじゃないのだ!

 さて、ちょっと興奮してしまった・・・。その芹だが・・・道を間違えまくるのである。ナビがついておるというのに、厚木でおり忘れて秦野中井で降りるハメになるわ、強羅の山を越えるのにナビの指示を無視して、二台が並んですれちがえないような酷い道に旧道に突入するわ・・・もう、やりたい放題である。

 やりたい放題という点においては私も、芹の車がプジョーらしいという点を認めんでもない。
(注:レイホウの脳内ではプジョー=TAXI=リュックベッソン=やりたい放題 という図式が定着している。)

 そのうえ、芦ノ湖側まで必死こいて山を越えたというのに、芦ノ湖から黒卵を食うために、1850円の往復キップでロープウェイにのって大湧谷まで上ったのである。

 ちなみに。大湧谷にある全ての黒玉子販売店では6個で500円という価格カルテルが締結されており、業界への新規参入を完全にブロックするという悪質な寡占商売が展開されておる

 全員で硫黄の臭気にかおを歪ませながら、玉子を食ったのである。大変美味しゅう御座いました。

 でも寡占商売はよろしくない。
 何時の日か公正取引委員会が動くと信じたいものだ。

 さて、帰りはシェラと私だけが日帰りなので、関東どころか北海道以外の道と言う道を一切知らぬシェラを、私がランエボでプロンテラまで運んだワケであるが、箱根の峠を走行中・・・後ろからやたら早いオープンカーが煽ってきた。

 わたしゃ、ハンドルを握ると温厚になる模範ドライバーなので挑発にのらんのであるが、しばらくすると寂しげに追い抜いていったのである。
 めっちゃ早かった・・・数分で逆方向から帰ってくるのにスレ違ったのだからな・・・。

 恐らく、見た目だけは派手に見えるデカいスポイラーつけた真っ赤なランエボを発見して、
 「お、こいつ攻めにきたな・・・よし、今日の勝負の相手はコイツだ!」

 とか思っておったら、私が安全運転なもんでションボリしてしまったのではなかろうか・・・。

 ちょっと悪い気がした・・・。

 そんなわけで、後は東名をかっ飛ばして帰ってきたのである。プロンテラへとな

 だがな・・・肝心なコトなのだが・・・
 いかに疲れを癒す温泉でも・・・3軒もハシゴしたら逆に疲れる・・・・。 

 天の神様

 芹に上納したリカヴィネ。どうか気に入っていただけるようにお導きください。
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月十日

おふ

 城攻めにいってきた。
 小田原城である、小田原城。

 なんか前庭に象とかおって、天守閣には記念メダル作成マシーンがあって拍子抜けである。
 あいにくだが、訪問した時間が午前十時くらいだったので、エンペリウムは出現しておらんかった

 ようは、城攻めへいってきたのだ。他にも、高速道路沿いには立派なお城がいくつかあったのだが、そこは時間や予定の都合上、攻略不能である。

 しかし、疲れた・・・疲労絶頂である。

 さて、OFFにきておった一般人無双の一般人の方に上納品を持っていったのであるが、私としては何が良いか考えた挙句、貰って一番困るものをプレゼントしようと考えて、リカヴィネを上納したのである。

 品薄とか言っておる割には、近所のコンビニに置いてあったので、しっかり購入して上納品として持っていったのである。

 日ごろ世話になっておるから、手ぶらで行くのも失礼であろう?

 だから、リカヴィネである。

 買うときはもう・・・・コンビニの中でしばし躊躇して、人間辞める覚悟を決めて、それだけをむんずと掴んでレジへもっていったのである。
 もういや・・・二度とあのコンビニには行かぬ。

 ていうか、書いてるそばからもう、今日は体力ないので寝るのである。
 詳細はまた明日〜〜〜 

 天の神様

 おやすみなさい
 いい夢みさせてくださいな。
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月九日

 明日はちょっと、OFFに行かねばならぬので、礼拝はオヤスミである。

 砦が本末転倒な気がすることは言ったのだが、あの砦の位置から察するに、トリスタン3世はバカかもしくは、ものすごく消極的な人間であると考えられる。

 なぜかというと、現状において砦は街のすぐそばに存在しており、これはどういうことかというと、あくまで守るための砦ということである。

 でだ、考えても見よ。

 砦周辺のモンスターなんて、ポリンやファーブルが八割以上である。

 トリスタン三世はそんなもんを恐れておるのだろうか。

 現在、人間の勢力範囲は非常に拡大しており、フィールドにおける危険地帯と言うのはそうそうない。
 砦を立てるとしたら普通、オーク森やコボルド森の近くに立てるべきであり、その両方から微妙にはずれちゃってるゲフェンの砦とかは最低である。

 考えうる敵の侵攻ルートにおける直線上にないのも問題である。
 普通、跳ね橋の両側ぐらいに防御施設を設けると思うし、何より前線意地のための防衛でなく万が一のための防衛みたいな場所、いわゆる後方に最強クラスの軍備を置いておくというのは愚計である。

 後方にある砦とギルドダンジョンで最強の軍備はぬくぬくと戦っており、貧弱な部隊が最前線で戦っておるという構図に、ダレも文句を言わんのか気になって仕方ないのである。

 どう考えても、ドラゴンマップくらいに堅牢な砦を築き上げて敵を監視、またフェイヨンなんざどうでも良いので、アルベルタの海岸線沿いに城と城壁を築いて上陸を阻止するようにすべきなのである。

 唯一合理性があるのといえば、プロンテラの砦であるが・・・でもやっぱ最強部隊を置いておくからには、トリスタンは何か考えておるのだろうか。

 考えた結果、多分クーデタ防止である。
 冒険者の育成に努めて、マトモな職業及び産業を投げ捨ててGDPをどん底まで叩き落しておるであろう国王に、避難があびせられないわけがないのである。

 さらに言えば、冒険者ばかりが目立って、軍部としては面白いわけが無いのである。
 軍といえるナイトも戦場の花形は他の職に奪われてしまっておるわけで、このままでは正規軍のメンツがたたぬのだ!とか言い出して、国王を軟禁、軍事政権を樹立とかも充分に考えられるわけである。

 あそこまで、立場を奪われておいて立ち上がらぬわけがない。

 もう、革命の狼煙はすぐそこで上がりかけておるのかもしれぬぞ?

 だから、国王はそれを事前に察して、最強の部隊を近衛兵として街の近くにおいておるのである。
 つまり、あの砦はモンスターと戦わなくて良いのだ。人間同士で争ってOKなのである。

 まさにトリスタンが己の身を守るために建造したのが砦であり、彼の中における敵とは自分に敵対する人間なのだ。

 天の神様
 明日はちょっと、OFFで礼拝はオヤスミであります。

 どうか、礼拝がなくとも、みなが安寧に過ごせますよう
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月八日

今年もやってきた!

 いくつかの誤解があったようなので、誤解をときつつも、我々の失敗である部分に関しては謝らねばなるまい。

 まず、最初に言わねばならないのは、当初の予定なのである。

 それ自体、大して誉められたことではないのだが、最初は困るような質問を朝姫にして、いままでちょっと悪戯というか騙りの過ぎた朝姫にお灸を据える程度に、びっくりさせる予定だったのである。

 質問に答えを求めず、適当にうやむやにして終わらせて、二次会でGHへ行って、守夜と朝姫を先頭歩かせて、守夜は死なないようにフル支援して、朝姫しにまくりで、リザレクションしまくりで

「守夜ちゃんが守ってやらなーあかんでー」

 と、冷やかしてちょっと苛めるのが当初の予定だったのである。

 だ・・・が。
 こちらの仲間の連絡に不手際があり、結果的に徹底的に糾弾するかのような形になり、あのような不本意な結末を迎えねばならなくなったことは、我々側に原因があるのは明白であり、誠に遺憾で御座いますとか官僚言葉は使わずに、すまんかった。というわけである。

 つまり、当初の予定云々をぬきにして

 あのような事態になってしまったのは、こちらの連絡不足、連携不足による不手際である。

 朝姫には本当に申し訳ないことをしたと思っておる。
 明らかにオーバーキルである。ごめん

 あと、巻き込まれてしまった参加者の皆々様へのゴメンネの意思を表すために、この修行不足の大司教は考え悩んで、懊悩し煩悶し、このような答えを導き出したのである。

 ミミがちっちゃすぎた・・・Σ!合成じゃないよ?

 無関係な人々よ、巻き込んでしまって申し訳ないのである。

 レイホウ19歳

-------------------------------------------------------

 ところで・・・去年の八月六日にも・・・なんか不祥事で丸坊主になっており、
 どうも私にとって八月上旬というのは厄の月のようであることが解ってきたのである。

 来年は是非、ふさふさの頭で八月を過ごしたいものである。

 八月と言う月は何か、人間を犯罪には知らせるような原因を孕んでおるのではなかろうかと考えたのであるが、調べてみた結果、

 ロベスピエールが処刑されたテルミドール反動クーデターは、革命月テルミドールなのであるが、
 これはグレゴリオ暦にすると7月19日〜8月17日であり、まさに八月は人間を狂気へと導く悪魔を、その身に抱きかかえておることが、ありありとうかがえるのである。

 で、八月にはなんだか、よろしくない霊のようなものがとりついておるのではないかと思って、八月に死んだ人間を調べてみたのであるが。

 阿南 惟幾陸軍大臣が
一死以て大罪を謝し奉る

神州不滅を確信しつつ」

 と、遺書を残して割腹自殺した月であり、何かといわくつきの月なのである。

 過去の偉人たちにならって、私も見事に不祥事を起こしておるあたりが、自分で自分が大好きである。
 平和な生活よりは百倍も千倍もよいのであるが・・・。まぁ、朝姫にしちゃぁ、ちっともよろしくなかろうが、一応、守夜も、私も、あゆみも、納得できる形での終局を見たわけである。

 久々にイヤな汗をかいたので今日はこれまでである。

 天の神様
 今晩はサマフェスです。
 ちょっと出かけるのでギリチョンでスタジオ入りすることうけあいですが、どうかお導きください。
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月七日

エセRO史2

 昨日の更新をネタに友人と話しておったのだが、時代の進むMMORPGがあっても面白いかもしれぬ。
 昨日書いた流れ見たいのが一週間単位で進んでいくのである。

 開始時点で、世界は中世をモチーフとしたファンタジー世界なのである。
 そこから一週間すると、大航海時代へ突入する。新たな大陸が発見され、マップが増え、さらに東西交流が盛んになって、新しい装備などが増えてくるのである。プレイヤは主に、未開部族などの敵NPCと戦いながら冒険することになる。
 また、騎馬民族の侵入などのイベントも満載で、コショウや金銀の派遣を求めて戦うこともある。

 さらに一週間すると、絶対王政に立ち向かう市民革命、そして蒸気機関の開発による産業革命の時代へと突入するのである。ブラックスミスたちは熟練工としての立場を徐々に失い、職人ギルドは数も減っていくことになる。

 また、王政妥当の市民革命が起こり、国王軍、他国の民主化を恐れる外国の軍隊などのNPCと戦うこととなる

 さらに一週間。
 帝国主義の時代へと世界は進んでいく。
 どの国も、植民地獲得にやっきになり、プレイヤも植民地政策に荷担して他国の軍隊や原住民との熾烈な戦いを繰り広げることとなる。

 そこから、さらに一週間後、
 昨日も書いた、プロンテラ皇太子夫妻の爆殺事件を皮切りに、三国同盟との関係が悪化、世界大戦へと進んでいく。
 企業の熟練工として働くようになったブラックスミスは機関銃や爆弾などの破壊兵器を開発するようになる。
 また、戦いはこう着状態となり、状態異常の塹壕足や赤痢などに悩まされ、苦戦を強いられることとなるのである。

 そんな感じで、世界はどんどんと近代化していくのだが、微妙なプレイヤ達の行動の変化によって世界は分岐し、果ては未来にまで行くこともあるのである。

 そしてだいたい、三ヶ月周期で終了して再び、キャラのステータスなどは、多少の補正が入るもののそのままに、再び中世からスタートである。

----------------公知
Lokiワールド22世紀修正のお知らせ 2003.08.07 20:05

現在、22世紀に突入しているLokiワールドにおける、いくつかの不具合を修正いたしました。

▼対象ワールド
Loki (13週間目 22世紀

▼該当事項
アルケミストの製作したサイボーグ、猫型ロボットがネコミミを装備できた不具合を修正いたしました。
---------------------

 とかいう公知が出てくるかも知れぬ。そして、世界がまた中世に戻るかどうかは
----------------公知
Lokiワールド22世紀ワールドエンドイベントのお知らせ

現在、22世紀に突入しているLokiワールドにおける、世界の存続を決めるワールドエンドイベントが31日の日曜日に行われます。

▼対象ワールド
Loki (13週間目 22世紀

▼内容
プロンテラ政府の国防総省内にある核ミサイルの発射装置を停止させられた場合、
ワールドエンドイベントは回避となり次週より23世紀に移行されます。
時間以内の停止が出来なかった場合、核戦争イベントが開始されます。
ロキワールドは次週から、中世よりリスタートとなります。
また、当該イベント中はイベントのために人数が集中することから、
全ての通常フィールドには出入りできません。
国防総省マップに全てのサーバーを使用してイベントを実行いたしますので、
通常のマップにいらっしゃるユーザー様は、
メンテナンス開始前に他のマップへ移動いただくか、
データ保護のため、ログアウトして頂けますようお願い申し上げます。
ログアウトした場合、国防総省前のカプラサービススタンドより開始になります。
また、メンテナンス中は該当マップへ移動することはできません。
ユーザーの皆様にはご不便をお掛けいたしますが、
ご理解、ご協力をお願いいたします。
---------------------

 こんな感じで、世界の存亡をかけたイベントにユーザー全員で立ち向かうとか出来て良さそうである。

 ちなみに、ワールドエンドイベントはプレイヤ間の格差をなくすために、複数のミラーマップを用意、PvPのようにレベル別にイベントを行い、成功したところが半分以上になれば成功とか、そういう感じが良い気がする。

 そんなことを考えておった・・・。

 天の神様

 明日はサマーフェスティバルです。
 どうか、喜びのうちに成功いたしますように、お導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月六日

エセRO史

 平和なプロンテラを考えた。

 冒険者たちによって、バフォメットやオシリス、タートルジェネラル、DOPなどのモンスター、そしてそれにつき従う魔物達を生み出し、また力を与えつづけていた闇のエンペリウムは破壊されて、世界に平和が戻った・・・とかである。

 まず、武器・防具はもはや美術品以上の価値はなくなり、所持に際しては許可制になり、ダンジョンなどは完全にモンスターがいなくなり、フィールドのモンスターたちもそれぞれ、ロッカは小さなバッタへ、ホーネットなども普通のハチになり、平和が訪れるわけである。

 その際、最も苦労するのは誰かというと、ずばり冒険者達である。
 戦いの時代は終わりをつげて、まさに資本主義による商業の時代が到来すると考えられる。
 これがどういう事かというと、力自慢、技自慢の冒険者達は使い道が無くなり、失業者として街に溢れ返ると言えるであろう。

 まず、我々プリースト。
 魔物に対抗するために、審査基準を甘くして増えすぎた聖職者などのリストラが進み、リストラされた聖職者が新たな異端宗派を結成して、我々が火消しに回るなど、新たな戦いが生み出されるのである。

 ナイト
 平和になったとはいえ、最低限の軍事力は保持せねばならないために、失職などはしないが、彼らも魔物に対抗するためにナイトに認定しまくった烏合の衆であるので、騎士としてのマナーなどを心得ておらず、宮廷に仕えるに当たっていろいろと不具合が発生し、クビにされたものなどが各地で野党化するなどの弊害も発生する。
 また、人間同士の軍隊での戦いにおける集団戦闘に慣れておらず、非常に弱い。

 ウィザード
 平和な世の中になり、攻撃的な魔法などこのまれぬ世の中にあって、恐怖の的ともいえる大魔法などを使える人間達は忌み嫌われ、人間としての扱いをしてもらえず、差別されて街を追い出されていく
 多くは、悲しみのうちに人里を離れて孤独に一生を終えることになるが、追い出されたものたちの中には人間を恨んで、復讐をしようとするもの達も出てくる。

 ハンター
 もはや、弓矢を使って狩るようなモンスターは居なくなり、その職を追われる事となるが、持ち前のDEXの高さ・・・つまり器用さによってマニファクチュアの中核を支える工場労働者となる。紡績業などに就職したものが多いが、過酷な労働条件と安い賃金で死んでいくものが多い。

 アサシン
 平和な世になり、乱世においてはその殺人術も正義の為に使われていたが、完全にイリーガルな存在となり、闇から闇へと暗殺を請け負って回る殺人者となり、都市の治安維持の頭を痛めさせている。

 ブラックスミス(not商人
 武器の需要が無くなり、中途半端な腕前のスミス達はその職を追われ、あるものは工場労働者になり、あるものはそのまま時代に適応できずに浮浪者となり・・・となっていった。
 一部の高い技術を持つBSや、名の売れたBS達は包丁などを作ったり、研いだりなどの熟練労働者として活躍している。また、蒸気機関による機械などもでてきて、その職場はどんどん狭まることとなる。

 商人
 まさに時代を担う者達である。その資本力によって会社を興し、職を失った冒険者達を破格の労働賃金と劣悪な労働環境で雇用して、己の冨をどんどんと増やしていく時代の寵児となる。
 また、株券なども発行してさらに商売の幅を伸ばしていくものも出てくることとなった。

 

 という感じの未来になると考えておったのである。

 ちなみに、ノービスは学校へ通って勉強をして、よりよい職を手に入れようとするようになり、
 機械工業の進出によって、熟練BSたちは職を失い、機械打ちこわし運動なども起こるのである。

 これがラグナロクオンラインEpisode15〜産業革命と資本主義のあけぼの〜

 である。

 この後、
 ラグナロクオンラインEpisode16〜市民革命とアンシャンレジューム〜
 資本主義社会の真の始りのための市民革命が始り、プロンテラの中央広場にギロチン台が設置され、多数のギルドマスターが公開処刑にされる。

 ラグナロクオンラインEpisode17〜社会主義勢力の台頭〜
 革命後の社会の方針を決めるに当たって、台頭してくる社会主義勢力との戦い

 ラグナロクオンラインEpisode18〜反動勢力の逆襲〜
 社会主義勢力との戦いによる疲弊のスキに逆襲を始める反動勢力との戦い。

 ラグナロクオンラインEpisode19〜プロンテラ革命とブリュメール18日クーデター〜
 プロンテラ市民革命のクライマックス。英雄に導かれて国土を拡張していく

 ラグナロクオンラインEpisode20〜帝国主義と植民地支配〜
 各国間での植民地獲得が活発化し、領土を求めて始まる戦争がメインになる。

 ラグナロクオンラインEpisode21〜大量殺戮と世界大戦〜
 プロンテラの皇太子夫妻の爆殺事件に、端を発した国家間の関係の悪化はついに、世界規模の未曾有の大戦争へと発展する。
 新システム、何ヶ月にもわたる極限の緊張状態と精神状態を再現した塹壕戦とノイローゼゲージ。新たな状態異常、塹壕足などの新要素満載。

 ラグナロクオンラインEpisode22〜大戦後の世界と社会主義革命〜
 世界大戦後、勝利をおさめ華やかさに磨きのかかったプロンテラと、社会主義革命の火種の生まれるシュバルツバルド共和国・・・新たな時代が始まる。

 ラグナロクオンラインEpisode23〜第二次世界大戦と太平洋戦争〜
 突如現れた独裁者に導かれ、狂気的な強さによって大陸を震撼させる第三帝国の驚異に立ち向かえ!
 新たに実装された沢山の大量殺戮を可能にする武器を使いこなせるかが勝利の決め手。

 ラグナロクオンラインEpisode24〜シュバルツバルド社会主義連邦共和国の樹立〜
 大戦中にシュバルツバルドにおいて社会主義革命が勃発。パルチザンとの熾烈な戦いが行われる。

 ラグナロクオンラインEpisode24〜戦後社会と民族主義の時代〜
 世界大戦後、多くの国家はその植民地経営から手を引くことなり、各地でナショナリズムが盛り上がり、民族自決を求めて、独立戦争が勃発する。
 ゲフェン、モロクなどは、フェイヨンやアルベルタなども独立国家として戦争を始める。

 

 という、未来になるとのである・・・。
 とか、まるで世界史の教科書のタイトルみたいなエピソードをつらねてみたのである。 

 天の神様

 平和な社会になると職を失うものが出てきます!
 どうか、そのものたちが悩まぬようにお救いください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月五日

ただいま

 つ・・・疲れた・・・。
 子供と言う生物は疲れを知らぬのか・・・。

 さて、その帰りのバスの中、ドラえもん〜のび太と雲の王国〜の、ビデオを見ておったのであるが、なかなかに感動的な作品であった気がするのである。

 人が一切死なぬあたりにはちょっと、物足りなさを感じずにはいられぬのであるが、ドラえもんが雷に打たれてシステムエラーを吐き出すようになって、ヘロヘロになっておるのをのび太君が一生懸命になりながら連れて行くシーンなどはもう、なんちゅーか、ボケちゃったおじいちゃんを介護する家族みたいで・・・涙を禁じえぬのである。

 しかし、この雲の王国、微妙に宗教的モチーフが出てくるのである。

 ノア計画とか
 ノアの箱舟とか

 単語で言えば、序盤において

 まるで聖書のノアの箱舟じゃないか・・・というセリフまで存在するのであり、言葉狩りで有名なドラえもんとしては、設定からして画期的なきがするのである。

 そんな、序盤の展開があったので中盤で出てきたセリフを誤解してしまったのである。
 何かというと、天上界の創生の話なのであるが・・・その昔、地上にあった楽園をおさめておった王様とかが出てくるのであるが、その王様、良い王とか悪い王がおって、それぞれ〜の王とか色の名前がついておるのであるが・・・

 楽園をおさめておった王の名がこうなのである。

 楽園を治めていた白い王は〜うんたらかんたら

 肌の色かと思った。

 どうやら、名称と服装の色だけのようである。
 これまで、聖書とかの微妙単語が出てきたので、肌の色であってもいいのでは・・・などという考えに至ってしまったのだ。

 そして、この作品に隠されたもうひとつのメッセージ・・・それは。

 核抑止力の恐ろしさである。
 ドラえもんが終盤で出してくる、天上界の大地である雲を根こそぎ破壊してしまうガスを有しているということを言って、天上界を脅し、交渉をセッティングしようとする実に恐ろしい場面が存在するのであるが、これこそまさに核抑止力である。

 この時点で、天上界は地上を破壊する術を持っておって、パワーバランスはドラえもん側と天上界側で均衡しておらず、交渉のテーブルにつくのは事実上不可能だったのである。

 だから、同じ大量破壊兵器を出してきて、それをドラえもん自身も本当に使うつもりは無く、脅しであると明言しておることからも、完全に核兵器と同じ抑止力としての使用を目的としておったことがうかがえるし、なんといっても、それを悪い人間に奪われて発射されてしまい、天上界が大幅に破壊されるのである。

 何から何まで核っぽい。

 ストレートな表現が使用できないぶん、暗示的なものを使用して痛烈な風刺を行っておるのではないかと邪推してしまったのである。

 天の神様

 ドラえもんをみて感動しました!
 どうか、のび太君がうっかり死なないようにお導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月四日

きゃんぷ

 なんというか・・・
 今日からでかけるのである。

 ガキどもをつれてキャンプなどにいかねばならぬ。
 昔ちょっとやっておった、ボランティアの端くれというか、もう・・・なに?末端の末端・・・である。
 だって、我々が楽しかったのである。仲間と色々企画したり・・・祭りやったり・・・ガキ相手に色々と遊びを考えて、企画して実に楽しかった。

 そう考えると、ボランティアは与えるより、与えられるものという聖・マザーテレサの言葉もわかるというものである。

 元来私はとっくに引退しておるのだが、B級戦争映画じゃないが、退役した私に対して、今の連中は腑抜けで頼りにならん、百戦錬磨の古強者たる君が必要なのだ!

 という手紙が来たのでシブシブいくことになったのである。
 この、ションベンガキどもの相手というのは、なかなかにしんどいのである。
 大司教たる私がやるような仕事ではないのだが、たまには下々の者たちと接するのも悪くあるまい。

 というわけで、買出しに言ってきたのである。

 ガキどもを寝かしつけた後、優雅に焚き火でも眺めながら・・・と思って、ブーリーチーズやら、スモークチーズやら、生サラミやら、ビーフジャーキーやら・・・ラフロイグ15年物やら・・・。あと、菊水の辛口。

 ん?何か文句のあるヤツは、歯ぁ食いしばって一歩前にでろぉ!
 不満を解消してやろう。

 二度と疑問や不満など抱けないようにしてやる。安心せよ。

 というわけで、4日になってまだ数分だがこれをアップするのである。
 帰ってくるのは明日の夕方だ。

 ヒマがあったら写真でもとってくるとしよう。
 うむ、大司教の夏休みである!では、いってまいる!

 天の神様
 どうか、よき旅となりますように、お導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月三日

敵と射撃と前衛と・・・

 ふと、思ったのだが、ROに足りぬのは合体攻撃である。

 たとえば、プリーストの聖体とかは補助が二人おらねば使えぬわけで、ネタ技化しておるが、もっともっと強力なスキルであったならば、この合体のタイミングとかが重要で面白かったのではないかと思う。

 そこで、いくつか合体攻撃を考えてみた。

 ラッシュアロー: ハンタ二人
 チャージアローを二人でお互いの方向に向かって打ち合う、ノックバックが終わった瞬間に当たるように、タイミングよく発射しなければ成功しない、成功するとダメージは、一発目のチャージアロー+二発目チャージアロー×2となる。

 トリニティラッシュアロー: ハンタ三人
 ラッシュアローに強化版。ノックバックに対して斜めの方向にチャージアローを当ててラッシュアローを行い、それに対して、また斜めにラッシュアローを三人目が行う事で成功。非常に難しい&広い場所でないと不可能。
 ダメージは倍倍になる。

 援護射撃:ハンタ一名&前衛(ハンタ以外)一名 要PT
 前衛で接近戦を行っている打撃職を、シフト+クリックすることで発動。
 自分の弓ダメージは、前衛の敵が戦っている相手に対して1/4ダメージが当たる。鷹は発動しなくなる。
 前衛で戦っている人間に、援護射撃をしている人間の回避と命中の25%が加算される。ハンタが二人以上になっても無意味。

 ギャラクシィ:ウィザード4名
 全員が同じ座標を詠唱の中心点として、LoV、メテオ、ストームガスト、ヘブンズドライブを、それぞれ誤差一秒以内に詠唱開始すると、全ての魔法がキャンセルされて詠唱が始まる。
 詠唱時間は全員のDEXの平均値に依存し、一人でも攻撃を食らうとキャンセルされる。DEX0時、25秒。
 詠唱完了すると、メテオストームのように惑星が降り注いでダメージを与える。ダメージは全員のMATK*全員のジョブレベル回数

 変わり身の術:アサシン+その他一名
 シフトボタンを押しながらバックステップを発動。
 バックステップの着地地点にいるキャラクタと座標を入れ替える。ターゲットなども全て入れ替わる。
 着地地点に敵がいる場合は、一度だけその敵に攻撃をさせることも可能。その後、変わり身使用者がターゲットされる。

 忍法爆炎微塵隠れ:アサシン+ウィザード
 アサシンの立っている座標にファイアピラーを設置、その後シフトを押しながらハイディングで発動。
 9*9の範囲にファイアピラーと同じダメージ計算の爆発ダメージ。

 神への熱狂:プリースト+クルセイダーorナイト 要PT
 ナイトに対して、シフトを押しながらアスペルシオを行う。
 ナイトはそれを受け入れる場合、オートカウンターを2秒以内に発動。
 神への熱狂モードが五分間発動する。使用者は、自分のHP及びSPが見えなくなり、被ダメージも見ることが出来なくなる。また同PTの仲間からもHPが見えなくなり、画面上の全ての敵がバフォメットに見えるようになるが、全能力値が飛躍的に向上する。

 こんな感じで合体攻撃とかあったら面白そうな気がせぬでもない気がするのである。 

 天の神様
 合体攻撃がしたいです!
 前衛に対する援護射撃はまさに浪漫であります!どうかどうか!

 お導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月二日

派閥・抵抗勢力・構造改革

 明日も礼拝は〜アルベルタでやるのだが〜。
 明日は歌いたい気分である。

 ふと、レイホウ板の書き込みと、それに対する自分のレスから、思いついたことがあるのである。

 ギルド砦のありかた・・・。
 あれは元来、モンスターからの防衛設備であり、もっとも防衛能力の高いと思われるギルドがあそこに居座るべきなのである。
 そしてモンスターの攻撃に備えるのであるが・・・

 与えられた利益が大きすぎたのである。

 極少人数で狩りのできるギルドダンジョン・・・・神器・・・

 人々は、甘い汁を吸おうと、砦を攻めようとし、手に入れた側は、既得権益を守ろうとして、対モンスターではなく、対人防御を固めるのだ。

 そして、一週間ごとに人間同士の欲望丸出しの醜い争いが始り、沢山の死傷者が出る。

 まったくもって、本末転倒である。
 確かに、組織の腐敗や怠惰になるのを防ぐためには、一定期間ごとに試験のようなことを行い、改選するのが正しい方法であると考えられるのだが、一週間と言うスパンはなんというかもう、完全に本末転倒なのであり、言うなれば総選挙を行ってすぐに衆議院解散とか、内閣結成してすぐに内閣総辞職とか・・・そういう展開に近いものを感じずにはいられぬ。

 というわけで、実は今の王国の現状と言うのは、まさに腐敗の進んだギリギリのところなのではあるまいかと、などと考えざるをえず、恐らく、今後ダレもモンスターから国家を守るなどとは考えず、甘い汁をすすりつづけることを最優先するようになるのである。

 つまり、どういうことかというと、高レベルギルド間でいくつかの派閥が生まれ、
 派閥の順送りで砦を手に入れたりするようになるのである。

 まさに、腐敗した政治構造の典型を再現した、素晴らしいモデルなのだ!

 何かの拍子でギルドがお陀仏さんとかになってしまうと、密室会議みたいな感じで、じゃあ次は〜君がこのポストにつくべきだね・・・などと決まられるようになれば、もはや完璧である。

 天の神様
 砦に見られる政治腐敗について考えてみました。
 派閥の順送りでポストにつくようなことになりませんよう

 お導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

八月一日

ゆゆで

 ゆゆデーらしいのである。

 ただ・・・黒い背景の中に、ゆゆの配色でテーブル組んだら、無茶苦茶目が痛かったので、微妙に改竄してゆゆデーである。

 あまりに違いすぎるので、他の部分をゆゆ化しておいた。
 我ながら律儀なもんである。

 
 さて、今日はゆゆが一周年らしい。
 ゆゆデーをしろ!しやがれ!しないと殺す!と、せがんできたので、ゆゆデーである。

 ところが!だ。
 ぷち〜デーをやるにあたって、私は内容もその人にあわせるのである。

 やえデーの時は、思想家として話したのである。

 だが!ゆゆデーにさし当たって、ゆゆっぽい話というのはなんなのであろうか。
 謎である。ひたすら謎なのである。

 でだ・・・ゆゆと言えば、ネコミミなのである。
 ゆゆ=ネコミミ

 ただ、ネコミミ=ゆゆ、では有りえないので気をつけるように。

 ネコミミに限らず、世の中の歪曲した嗜好の持ち主が多いわけである。
 つまり、動物の耳である。

 これは、どういうことかと考えてみた。
 つまりだ、動物=ペットである。

 ペットといえば、自分に従属する存在と言うワケで・・・
 〜耳が好きというのはすなわち、その耳をつけておる人間を従属させたいという欲求があるわけで、あるしゅサディスティックなものを含んでおると言える。

 だがっ!
 ゆゆの場合は自発的にネコミミを装着しておるわけで・・・
 つまり、誰かに従属したいというマゾヒスティックな欲求をあの耳はあらわしておるのではないかと・・・私は考えたのである。

 だが・・・彼女はこう言っていた。
 ネコミミ似あうでしょ?とか
 ネコミミカワイイでしょ?とか

 これはどういうことか・・・。

 つまり、自分に対して・・・ネコミミの自分が良いという嗜好を持っておるわけで、
 これは・・・自分に対する、支配と従属の両方の属性を持っているといえる。

 つまり、私がいちばん可愛いのだ!
 私の可愛さは私だけのものだ!

 という、非常にナルシスティックな精神構造があらわになったワケである。 

 ここらで、本日の講義はおしまいである。

 天の神様
 ゆゆデーです。ヤツも一年間、生きてきたようです。

 これからも、カンオケに片足突っ込むようなことはあっても、そうそう死なないようにお導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

七月三十一日

民衆を導く自由の女神

 昨日のバグ城攻めに、そこいらにおった人間をかき集めて行ってきたのである。

 面白い。
 城攻めには10倍の兵力が必要といわれるが・・・余裕で10倍なんて手に入るのである。
 つまり、複数ギルド複数PTはたまた、大量の個人が一斉攻撃が可能なので・・・なんというか、ギルド対ギルドというよりも、体制に反逆し革命を起こした市民たち・・・といった様相を呈していた。

 名も知らぬ者たちが、圧政から逃れるため(違)、城になだれ込み、見知らぬものにもヒールをしたり、加速したりしながら、なんていうかボス狩り状態でエンペリウムまで流れ込むのである。

 そして全員でタコ殴り。

 ホーリーライトをエンペリウムに向かって連射しておった夜姫は勉強しなおしてきたほうが良いと思うぞ・・・
 魔法攻撃無効である・・・。

 まぁ、そんな人間もおるなかで・・・一致団結して敵を倒す!

 なんていうか・・・多分、戦場を絵で表すとしたら、ドラクロワの名作、民衆を導く自由の女神・・・である。

 ほんともう、こんな感じでエンペリウムを破壊したのである。

 どこのギルドがドコを奪ったとかの放送や、旗で勢力を誇示するとかが、気に障るという人間をいくらか見かける。
 というか、私もあの放送は悔しい。

 だが、これらの力を誇示するシステムは、誇示する側の自己顕示欲を充足させる以外に実は、それを見せられる側にも効果があるような気がするのである。

 つまり反発。

 気に障るというか・・・あまり愉快ではない報告を重ねる、また旗によって日常的に見せる事によってだな・・・つまり、圧政に立ち向かう市民達・・・という形に近い心理状況に持ち込むことが可能なのである。

 実際には何の恨みも無く、面識すら無いギルドを、敵として意識させるのに最も有効な方法ではあるまいか。

 つまり、恨ませるシステムである。

 素晴らしい・・・まさに、闘争の永久機関代行殿とかが聞いたら喜びそうな単語であるな。闘争の永久機関。
 戦争を永遠に続かせるための措置である。

 さらに言えば、一度落城した砦は完全にフリーな状態だといっても良い。
 防衛設備は皆無。攻め落とした側も少なからず損害を受ける。
 これで防衛するのは大変である・・・

 と、思ったのだが!が!しかし!
 先ほど、ギルド戦をフランス革命に例えて言ったのだが・・・フランス革命といえば・・・勢力のめまぐるしい交替にある。

 ジャコバン独裁やジロンド派である。
 つまりだ・・・国王を失った国の奪い合いであるな。

 ギルド戦も敵勢力を駆逐してしまえば、あとはエンペリウムへのダメージ合戦・・・つまり奪い合いの状態である。
 この状態が、フランス革命で言う政権交代期に当たるワケである。

 さらに、エンペリウムを破壊して砦を手に入れた後も、防衛設備も整わぬうちに戦争である。
 フランス革命でもそうであった・・・革命は成功したものの、マリーアントワネットの故郷であるオーストリアが戦争を仕掛けてきたワケである。

 その際、ラ・マルセイエーズが生まれたり、サンキュロットが頑張ったとかは教科書で勉強せよ。

 何が言いたいかというと。
 ギルド戦は実はフランス革命をモデルとして、そのようにコトが運ぶように作られていたんだ!

 なんだってーーーー!?

 である。

 久々に、あること無いこと、口先三寸で絶好調である。

 天の神様
 昨日はありがとうございました。
 明日からは借金を返して、綺麗な状態に戻ったので、ますます頑張って教化を行ってまいります。

 お導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

七月三十日

枢機卿の言葉

 「レイホウ大司教・・・。まったく、君の悪運の強さには恐れ入るよ。アイスクリーム屋での労働を命じられた翌日にこんなことをしでかしてくれるとはね・・・。

 いやはや、まったく君は恐ろしい人間だ。

 

 結果論の話はどうでも良いと言ったが・・・撤回しよう。君は運に頼って結果オーライで生きていける人間だ。

 まったく・・・これだから大司教という連中は怖いのだ・・・」

 というわけで、数日間アイスクリーム売りとしてやっていくつもりだったのであるが・・・なんか、昨夜、ウィスパカードを出してしまったのである。

 仲間と役2Mずつで山分けして、そのうち1Mをあゆみに返済して、借金返済完了である。

 めでたしめでたし。

 さて、週末はギルドで城でも攻めにいくか〜という人も多いであろうから、私からひとつ、砦の防衛に関する話をしてみたいと思う。

 城攻めというのは、正攻法でいくと10倍の兵力が必要である・・・と、礼拝で話したのであるが、今日は守る側の話をしてみたいと思う。

 いや・・・多分、コノ間の放送を見る限り、そんな奇策はいらんようなギルドばかりなのであるが、貴様らが何かの拍子でうっかりゲットしてしまったときの守り方である。

 重要なことは、可能な限り少ない被害で敵を倒すことである。

 そこで、敵ギルドが侵入してきたら、すぐに全員総出で話かけて、なだめて!とりあえず戦闘を中断させるのである。
 ここが、この作戦のキモである。

 その後、ギルドマスタが出てきて話し掛けるのである。
 「これはこれはお客人。ようこそいらっしゃった。いやいや、みなまで申さずとも心得ております。砦を奪いに来たのでありましょう。そこで、提案があるのです。我々としても損害を最小限にとどめたいものでしてな、ここはひとつ、一騎打ちで決着をつけませぬか。ウチのギルドのナイト一人と、そちらのどなたでもかまわない、誰か一人選んだ人間で勝負して、もし、我々が負けたら城を明渡しましょう。」

 と、コノ提案をなんとか通すのである!

 そうしたら、一騎打ちをお膳立てする感じで交戦する場所を決めて、みなでそこを囲うように座るのである。

 この際、敵の部隊のアキレス腱をしっかりと見抜いておかねばならない。
 優先順位として、プリースト>ブラックスミス>ハンタ>ウィザード>アサシン>ナイト

 である。
 そして、さりげなくその危険順位の人間のそばに、一撃の威力のあるものたちが座るのである。

 そして・・・試合開始の合図とともに・・・

 総攻撃を開始せよ。

 勝てば官軍である。
 敵のプリーストさえ潰してしまえば、あとは持久戦に持ち込めれば勝てるのである。
 よって、ナニが何でも最初の奇襲一発目で敵のプリーストを殺害するのである。

 そして、観戦のために座っておって準備の出来ていない連中に一気に攻勢をかけるのだ。これである。

 この方法を使えば、弱いギルドで砦を入手してしまった際にも対応できる。
 ずるい、卑怯は敗者のたわごとであると、こち亀で両津勘吉も再三にわたって言っておる。

 さらに、上位の悟りの境地にたどり着くと。
 初代サムスピで・・・不知火幻庵が
 「卑怯?最高の誉め言葉だぎゃ」

 とか言っておったのである。

 有終の美という言葉もあるであろう。

 つまり、勝ちゃいいのである。

 天の神様
 昨日はありがとうございました。
 明日からは借金を返して、綺麗な状態に戻ったので、ますます頑張って教化を行ってまいります。

 お導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん

七月二十九日

あいす愛す

 というわけで、借金返済までアイスクリーム販売なのである!

 アイスはいかが〜〜〜〜。

 屈辱である・・・。が、今日から本当に、借金を完済するまでアイスクリーム売りなので、頑張るしかないのである。

 さて、本日はアイスクリームに使うはちみつを取りにいこうと思って、プロンテラ北北マップへといったのである。
 ここで取れるミストレスのハチミツは最高である!

 そして、ミストレスを発見した・・・つ・・・強い。
 べらぼうに強い。

 あれぞBOSSである。久々にグラヴィティを誉めてやりたくなったのである。
 なかなかにスキルの使い方が賢いのである。

 まず、ミストレスに物理攻撃を当てるのは不可能に近い。DEX90は最低ラインである・・・という時点でナイトとかは脱落・・・。
 当たるのはハンタかウィザードなのであるが・・・

 なんと、ミストレスはニューマを使って矢を無効化して、ルックスディヴィーナで魔法を無効化して、ユピテルサンダーで殺害してくる。お、恐ろしい!

 2時間ほど死ななかったのである。

 もはやボス狩りなどという単語は死語かもしれぬと感じた瞬間であった。
 かつて、ミストレスは30秒の命であった。
 出てきた瞬間、SSの雨で殺害されて・・・また一時間後・・・という、凄い場所であった。
 ダレにでもチャンスがありすぎたのだが・・・

 今のボスはダレにもチャンスを与えてくれない強さである。

 なんというかもう、文句のつけようがないのである。
 アレこそボスであるなぁ・・・。

 皆で一致団結してボスに挑むなどというのは実に久しぶりな気がしてならぬ。
 多分
コノ頃以来である。

 今までのBOSS狩りは競争であった。MVPというのが、最も価値ある働きをしたプレイヤという意味から離れておった気がする。

 最も価値ある働きというのは、全員がとりあえず倒したいという共通の目的を持って戦っている時において、はじめて存在するものであると思う。

 こうして、ちょっと強すぎるとはいえ・・・皆でひとつの目標に取り組むのは良いことである!

 私も頑張ってアイスクリーム販売である!

 つーわけで・・・早くROしたいのである。

 天の神様
 BOSS見物が激しく楽しいのであります!
 アイスクリームは今日は休業で見に行って参ります!

 父と子と聖霊の名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん

七月二十八日

労働のレイホウ

 「レイホウ大司教。今日の枢機卿会議で君の話が出たんだよ。そう、君の話だ。毎度毎度のことだが、キミのところはどうして、こんなに教化に経費を必要とするのだい?ん?金の話など薄汚いだって?何を言うのだね。確かに蓄財は悪行だが、世の中何かをするには先立つものは必要なんだ。解るだろう。

 キミはその限られたリソースを湯水の如く使っているんだ。

 だいたいだな、経費の範囲内のことなら許そうじゃないか。

 だがね、この今月の借金2Mっていうのはなんだい?
 聞けば、豪商まいにちあゆみから借りたそうじゃないか。返済はどうするのだ?

 え?レアが出てすでに半分かえした?どうしても必要だった?

 何を言っているのだね。私は結果を論じているのではないのだよ。
 たまたまレアが出たからいいものの、出なかったらどうするつもりだったのだと聞いているのだよ!

 こんな莫大な金を借りて、無責任にもほどがある。

 キミはお金の大切さを解っていないようだ。
 確かに、金に執着することはいけない。我々は金に対して欲望をもってはならん。

 そう、それはキミも解っているね。

 だがね、お金の意味を理解した上で欲望を断つのと、
 キミのように世俗の経済事情なんかに全くの無関心で、お金のなんたるかも理解せずに金欲を持たないのとは別なのだよ。

 そこでだね、これは勝手に借金をした懲罰だ。

 枢機卿会議で全会一致で決定したのだ。

 お金の大切さを学ぶために、キミのために夏の間のバイト先を見つけてきた。
 汗水たらして稼ぐお金の大切さを学んできなさい。

 さ、この服に着替えて。

 ん?何か不満があるのかい?
 さすがにプリーストの服装で商売をするわけにはいかんだろう。だから、商売に適したこの服を着るのだよ。

 さぁ、解ったらとっととバイトにいってこい!」

 

 

 

 

↓ 

 

 

 

 労働ってきもちーーー!

七月二十七日

転売

 ぬう・・・毎日あゆみに可愛そうなコトをしてしまったのである。
 礼拝での宣伝は・・・別に借金のカタではないのである。

 毎日あゆみが殴りプリを志す私に、レイホウ様の夢に出資します!と、金を貸してくれたので
 beyond90の人員集めが上手くいっておらんあゆみに、私もあゆみの夢の手助けをしてやろうというコトで、場所と時間を貸してやったのである。

 でもちょっと、辛らつなツッコミをしすぎて悪者にしてしまった。

 本当は、純情で・・・純真で・・・金欲に対して、とても素直な女の子なのである。

 さて、最近思うのだが、転売商人というのは、ともすれば恨まれがちである。
 βのころはもっと酷く、最近はだいぶ地位向上しておるとはいえ、やはり恨まれがちである。

 思うのだが、人にはそれぞれ持って生まれた天与の才というものがあり、商売の上手いヤツなどもおるわけである。
 蓄財を肯定するワケにはゆかぬのだが、転売商人の忘れてはならない意義として、市場の円滑化が考えられるのである。

 彼らが居るからこそ、レアを売りたい人と買いたい人をつなぐ事ができるのである。
 極端な話、普通のプレイヤは露店を出しておる間、メインの活動としての狩りができぬので、需要に対して供給を行っている時間というのは非常に短くなるが、転売商人はその商業活動こそがメインなのである。

 だから、常にレアを提供しつづけることが可能である。

 だが、安く買い叩いて、割と高い値で売るのが納得いかないと言う人間も一部いる。

 それは違うのである。
 時間の価値が違うのである。

 例えば、5日ほど前。つまりカードの変更が発表された頃、
 プパカードは最大800kz後半で取引されていた。もっとも、これは売れ残り価格で、実売は6〜700kである。

 私は、400〜450kでプパカードを仕入れていた。
 当時の私は転売に徹しておったので、狩りはせぬ。

 対して売る側は狩ってカードを出した人間である。

 私がこれを売ろうとする時、だいたい2〜3時間はかかってしまうわけで、最低拘束時間がコレである。
 つまり、プパカードを600k↑で売るとすると、それくらいの時間は狩りをできなくなるわけである。

 これを、経済学の用語で機会費用と呼ぶ。

 狩りをする人間が、狩りの時間を削ってプパを売るとすると、二時間の狩りが犠牲にされる。
 プパは低級カードなので、二時間狩りつづけて出る確立は割と高い。

 さらにEXPも手に入るのである。

 600ではなく400で売るのは狩りの時間を買っておるのである

 対して、転売側は、その資本力で他のものも買って転売を行うので、転売のほうが儲かるワケであるし、EXPなどどうでも良いのである。

 その、利害が一致しておることに気付けば、商人が重要であるとわかるというものだ。

 毎日あゆみは、その転売商人の中でも、最大手企業のひとつであると言って良いであろう。
 つまり、マーケットを円滑に動かしてくれているのである。

 商人とは、人と人をつなぐステキな職業なのである。

 と、毎日あゆみをフォローしようと思った。
 ちょっと、いぢめすぎたのである。

 レイホウ様あんまりです・・・と、ホロホロ泣いておった。
 HAHAHAHAHA。

 天の神様・・・
 毎日あゆみを苛めすぎました。
 あゆみの売上が悪いと、お兄ちゃんにあゆみは虐待されるそうです。どうか、彼女をお救いください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん