九月三十日

後家殺し

 さて、ふと思ったのだが、私は割とキャラを作り直すことが多いタイプである。
 そこで、いままで作ったキャラを一度まとめてみようと思う。

 とりあえず職業選択の自由が無いに等しかったαは除いて、β・・・日本語β二日目からの話をしよう。

 

 マジシャン
 フロストダイバなんてどこ吹く風、レベル調節の出来ないライトニングボルトを必要以上に上げすぎた挙句、SPRが後回し。それでもかなり長く遊んだが、28レベルあたりで終了。

 マジシャン
 ソウルストライクの存在を知り、SSマジシャンを作る。当時、低レベルでダンジョンにもぐれるマジシャンのタイプは、SSか火壁だけだった。それ以外では、ちょっとアクティブモンスターに対抗できない。
 当時のマジシャン育成の王道は、INTを71くらいまで上げて、あとはAGIが60くらいになるまで砂漠監禁。だいたい60レベルくらいでフェイヨンダンジョンに行けるようになる。だった。

 シーフ
 マジシャンに飽きて作ったシーフ。とりあえず、当時の育成の王道である、STRは10。AGIとDEXを2:1で上げつづけ、レベルが上がったら弓を主装備にする・・・というタイプにして30台後半まで育つ。
 ダマスカスに憧れて蜂の巣に篭るが、一度MVPでエルニュム原石を手に入れただけ。

 商人
 斧の威力に憧れて作ったものの現実は甘くない。
 結局、フェイヨンあたりで「あびばび屋」という、やたら威勢良く声を上げてアイテムを売りまくる露天をやる。今だったら赤エモ級。

 マジシャン
 
しばらくシーフでくすぶっていたが、うさみみバブルに乗っかってマイトスタッフを入手。殴りマジシャンとして頑張る。
 ここにいたるまでの他キャラより最も高レベルな52レベルまで至る。
 途中、チートで四日くらい巻き戻ったり、ASPDパッチによって、杖のASPDが落ちたりという事が発生した。

 -ロキサーバ誕生-

 ロキサーバ誕生とともに移住。

 アーチャー
 初のアーチャーだったが、普通にやる気は皆無だった。
 とりあえず、短剣や素手でDSが可能だった当時、STRアーチャーを作り30台後半まで頑張るものの、パッチで短剣DSが不可能になる。

 初代reihou誕生。
 殴りマジ・・・殴りアーチャー。キワモノな育成に疲れ果てていたところに、私は当時最も低レベルでフェイヨンダンジョンに潜れるという評判だったアコライトを作成。
 当時、パーティメンバーだった仲間の高INTの4ケタヒールにも憧れ、VIT50でINTも50、STRも30程度あるという、4ケタヒールと鉄壁防御、割とそれなりの打撃力というものを実現したかなり実践的なアコライトとして育つ。
 強い。かなり強い。
 60レベルくらいまで育った気がする。

 -β2突入-

 reihouプリーストへ。
 何を血迷ったのか、INT型へと転向しMEプリを志すが、あえなく敗北。
 INT型という自分の苦手なものを認識する。
 当時あった、他人のアカウントにサーバ負荷のせいで入れてしまうバグで、残っていたステータスポイントをSTRに振られる

 -レイホウ暗黒時代-

 ハンター
 最強キャラに憧れてハンター育成。友人の力を借りて、驚異的なスピードで転職。
 一週間ほどでスキルロスト。失意に押しつぶされる。

 斧クルセまち剣士
 頑張って戦っていたが、なけなしの金をはたいて買ったハリケーンツーハンドアックスを当時流行っていた、他人のアカウントにサーバ負荷のせいで入れてしまうバグで失う。失意のどん底に叩き落される。

 ハンター
 失った金を稼ぎ返すべく、再び友人の力を借りて、プロジェクトチームを結成。この頃から、我々の仲間内では一次職は三日間という謎っぽい暗黙の掟が生まれる。
 超DEXタイプで、アンクルスネアを活用して激闘していた・・・・が。

 二週間ほどでスキルロスト・・・もう、何もかもがイヤになる。

 ブラックスミス
 商人を頑張って育ててAGIブラックスミスになる。
 が!しかし、なんか肌に合わなかったのと、ついついメマーを使ってしまうという悪いクセで、行き詰まる。

 ハンター
 ブラックスミスで腐っていたが一念発起。三度プロジェクトチームを結成して、AGI/DEXというマトモっぽい構成で復活。頑張ってプレイしていたが、三度スキルロスト。最早、今後絶対ハンターは作らないと心に誓う

 -そして伝説へ-

 二代目reihou誕生。
 これが、昨日90レベルになった、殴りプリーストのレイホウとなる。
 当時、失意のどん底にあった私が、再びやる気を出して、殴りプリになりたいと言い出した私のために、さらにプロジェクトチームが結成される。
 プロジェクト結成が木曜日。「礼拝に間に合わせろ!」を合言葉に、驚異的な育成が行われプリになる。
 また、この二代目レイホウは生まれながらにして、ある命題を背負っていた。それは「殴りアコルネッサンス」復古主義的とも言えるスキル振りを行い、なんとβ時代の殴りアコの必要条件とも言えたディバインプロテクション10とデーモンベイン10を保有しているというプリにあるまじきスキルふり。さらに、シグナムクルシスも手に入れた。
 殴られたらヒールすれば良いという考え方により、STRを先行気味に育成し、現在ではSTR110を達成し、お陰でブラッディマーダー相手にクリティカルで1200ダメージをたたき出すようになった。

 アルケミスト
 VIT/INTという微妙ステータスで宝剣を振り回すも、ちょっと威力不足だったアルケミスト。
 装備は整っていたので、GvGでそれなりに活躍する。

 主だった戦果:
 ・イクラ爆弾を三つ召喚して、素手MBで同時点火。仲間の高レベル補助プリーストを一撃で塵にする
 ・莫大な経費と引き換えに、大量のアシッドボトルを入荷。投げまくるが、成功判定が出ないので、念のために一人十発ずつ投げる。間違って、同盟を組んでいない仲間をクリックしてしまったときに限り、一発で鎧を壊したりする。同盟のゴスリン鎧を一撃破壊して、わざわざホールグレンのところまで歩かせたりした。
 ・仲間が全員死んでいっても、その高VITとそれなりのDEFによって耐えつづけ、ポーションピッチャーで仲間が助けに来ると信じつつ、実はほぼ全員死に戻って、攻め目標変更が復活の集合地点で話し合われていたにもかかわらず、カートに満載していた白ポを使い果たすまでポーションピッチャーで孤軍奮闘する。
 ・ロキで当時幅を利かせていた某ギルドの防衛を手伝うことになる。あまりに命令がアレな感じで、極度に心象が悪いギルドだったため、万国労働者よ立ち上がれ!と、高級回復剤を大量に使うように扇動、実に1ギルドで4Mz(10人程度)という経費を計上する

 最強の浪費神としてその名を残すアルケミストとなった。

 

 INT補助プリ 現レイホウ19歳
 初の2バイト文字レイホウ。
 MEプリを消して、補助プリを作る!と言い出したのが始まりだが、このとき、過去例を見ない超大型プロジェクトチームが結成される。
 たぶん、この転職だけでプロジェクトXが作れそうな勢いの、大プロジェクトとなった。
 消費した青ポットの総額は4Mzに上り、序盤はひたすら青ポを使って監獄で仲間に守ってもらいながら戦いつづけた。
 後半は、丁度良いレベルのWIZと組み、おりしも配置変更直後だったため、過疎気味になっていた時計地下オークにて最後の追い込みが行われる。
 当時記録した最大自給は1M/700k
 三日で、ジョブ50転職という偉業がプロジェクトチームによって達成される。思えば、あのプロジェクトを指揮していたときが楽しかった。
 世間的には養殖とかさげすまれる可能性はあるが、実際にこのプロジェクトを行おうとすると、自分で戦うよりも大変なプロジェクトチームのマネジメントが必要となってくる。相手はEXPテーブルという無機物や、モンスターAIというプログラムでもなく、生身の人間なので、色々と気を使ってプロジェクトを進行させる。
 完全におんぶに抱っこになるのではなく、育成計画を自分で立案し、メンバーを決めて、自分も青ポを大量購入などの可能な限りの努力を行い、初めて実現可能となる。また、皆を飽きさせないように、終始トークするのも重要だった。
 とりあえず、この場を借りて再び、当時のプロジェクトチームには今一度感謝の意を表したい。

 

 アサシン:
 アルケミストを消して生まれた新キャラ。アルケミストとは逆にお金を稼いで欲しいと、そんな願いを込めてつけた名前は「タチアナ・ラザイエフ」ラザイエフ商会の跡取娘として、短剣で激闘する。
 が・・・2刀の4ケタダメージが見慣れてくると飽きてくる。

 モンク:
 タチアナを消して生まれたモンク。
 フル+7装備があるために、防御ステは無視して、INT・STR・DEXの指弾型として戦う。
 ある程度のところまでは頑張るものの、急にやる気がうせて消滅。

 クルセイダー:
 究極のこだわり、鈍器クルセとしてINT型でこの世に生まれたクルセイダー。
 GXで爽快な狩りを味わっていたが、一通りステータスが完成し、GXの快感も味わった今、最も消滅の危機に瀕しているキャラと言われている。
 私が、AGI/DEX神速殴りプリを作りたいとか、AGI/LUCクリプリを作りたいとか言い出すたびに、肝を冷やしているらしい。

 

-番外編-別アカウントである。現在不使用。時系列は他とは違うので注意。
 商人:
 主に、商売をするために活躍した。彼女が私の現在のフル+7装備や、+10Tハロウドチェインを支えている。自分で言うのもなんだが、割と良心的な商売をしていた・・・と、思う。アイテムをけなして買い叩くという行為はほとんどしないように心がけ、むしろ、誠心誠意こちらも慈善事業じゃなくて商売なんだよという事実を理解してもらうことに尽力した。
 彼女の主なポジションは一般的な転売商人ではなく、回転率重視で1Mあたり100k程度の利益が出れば良いというポリシーに基づいて販売。ある意味、中間転売商人だった。つまり、買い取って比較的休めで売る。売る相手、メインの客層は転売商人であろう。
 つまり、問屋的ポジションだった。

 

 ウィザード:
 単独で戦うことを前提に大魔法皆無で育ったウィザード。
 何故こんなキャラがいるかというと、基本的に私が昔やっていた「新キャラ育成をみんなで互助する会」みたいな仲間内で、自分も育成してもらうことも多いが、自分が牽引することもあり、その牽引の関係で生まれたウィザード。実は二代目で、このキャラスロットで、過去に二人ほどINTプリを育てたウィザードが生まれている。

 ウィザード:
 同様の理由で空きスロットに生まれた。

 

 と、いった感じである。
 今後、INTクルセがどうなるかが見所である。

 天の神様

 殴りプリで頑張っていけますように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月二十九日

後家殺し

 途中で興味すら失ったROニメがとうとう終わったらしい。

 そんなことはどうでもいい。有限と微小のパンのほうが、一億倍面白いので、ROニメなんてどうでもいい。
 と、いうわけで、すべてがFになるを読んだのが何ヶ月前だったか忘れてしまったが、とうとう有限と微小のパンまで辿り着いた。

 ところで、先日プロンテラ兵の話をしたのだが、プロンテラ兵は女の子ではないかと言われた。
 確かに!確かに・・・プロンテラ内のあの小便臭い小娘は女である

 だからといって、同じ服装のもの全員が女の子という可能性はどうなのだろうか。

 

 さて、全く違う話で、実は先日東京地裁に行って、軽く裁判を見てきたのであるが、いままで何度か見たが、検事は90%くらいの確率で女なのである。

 こりゃどういうことだ。

 弁護士は男のほうが多い。

 検事という職業は、女性のほうが向いておるのだろうか。思うに、男という生物を・・・ひとくくりにして言うのは気が引けるが、だいたいのイメージとして言えば「わかっちゃいるけど止められない」こそが、男の基本性質であり、そこから考慮すると、悪いことをしてもなんだか弾劾するのはかわいそうだなぁという、なぁなぁの精神があるのである。

 そこから!弁護士のがいい。悪いやつを救う。やっちまったもんは仕方ない、頑張ろう的な方向である。

 が!女のほうはどうかというと、割と・・・弾劾が得意である。
 そういえば、第二次大戦中・・・女性看守はかなりサディスティックな連中だったらしい。男の看守なんて目じゃないくらい。

 

 と、いうわけで、再び話は戻ってプロンテラ!

 女性は、攻撃的なのかもしれない。
 ただ、社会的、道義的な施錠が常になされており、日常においてはこれが100%発揮されることは稀であるといえるが・・・軍隊として正式に認め、その力の行使を認めたならば・・・・。

 ひょっとしたら、強いのではなかろうか。

 だから、プロンテラ軍は全面的に女性兵士を採用している。

 さらに、確か第二次大戦だったと思うがロシアは劣勢を強いられていたが、そんな中でも強かった部隊が・・・戦争未亡人部隊である。けっこう活躍していたらしい。

 で、あるからして・・・。

 ルーンミドガズ王国の人工比率を考慮するに、男が少ないのは戦争に行って死んでしまったからであり、大量の未亡人が発生している可能性があるのである。

 いや、そうに違いない!

 ということは・・・プロンテラ兵の強さの源は・・・憎しみだったのだ。
 夫をモンスターに殺された恨みを胸に、たとえ孤立無援のタートルアイランドの中でも、恐ろしい迷いの森の中でも・・・彼女らは戦いつづけるのである。

 そう、プロンテラ軍とは憎しみというもっとも強い使命感を持った未亡人達を採用した、最強とも言える部隊だったのだ!
 (; ・`д・´) !? (`・д´・ (`・д´・ ; ナンダッテー!

 天の神様

 プロンテラ軍の実態がわかりました。どうか憎しみに押しつぶされませんよう。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月二十八日

まがたせんせい

 最近、ロマサガミックスな名曲を聞いた。

 とりあえず、ラジオ体操第一が秀逸だったので、本日は大聖堂のメンバーを集めて、ロマサガ風にラジオ体操などをしてみたのである。

 が!

 恐ろしい事態が発生した!

 いいかげん、ラヂオ体操などしておらんかったもので、参加メンバー中五人中四人が、ロマサガ風のこのラジオ体操のBGMを背景に、新しい体操を閃きよった

 つまり、謎の動きをした。

 太極拳っぽい動きをしてしまったヤツ・・・彼には、集気法の技名が与えられた。

 転んだヤツ・・・彼には、体落としの技名が与えられた。

 微妙に、動きがあってるのだが、ズレてきてしまって、丁度1テンポずつずれて動いていたA君とB君には・・・シャドウサーバントの名が与えられた。

 さすがロマサガである・・・閃く閃く。
 色々と技を閃いていった。

 特に、集気法を閃いたヤツに限っては、とうとうその集気法の動きをリズムに乗せて円滑に行う方法を体得し、極意を得た

 他にも、エキサイトして携帯電話がポケットから飛び出したりして・・・トマホークにされたり、謎の体操が完成したのである。

 恐ろしきはロマサガの魔力。

 さて、ロマサガがリメイクされるらしい。
 ポリゴンになって・・・。

 微妙だ。非常に微妙なのだ・・・が!

 一つ、やったら許さないぞ的なことがある。ロマサガ1を復刻するに当たって、あの絶望的なまでに複雑なステータス構成の簡略化などは行わないで欲しい。

 あと、術も簡略化したら殺す。

 メルビル壊滅させて光の術を逃すとか、そこらへんもしっかりしてもらわねば困る。
 確か・・・ロマサガ1の術系統は・・・

 火
 水
 風
 土
 幻
 気
 光
 魔
 闇

 だったかな・・・。なんか、足りないような気もするが・・・そんなところだろう。
 ついでにステータスに至っては、愛とか・・・魔力とか、法力とか、精神力とか、とにかく分類が凄い。

 だけど・・・漢字四倍角は味があって好きだけど要らない。

 だが、私が嬉しいのはアレである。アレ。

 ロマサガといえば!ガラハド!
 ガラハドのためにあるゲームである。

 今でも愛されつづける、アイスソード強奪イベント。たとえ、善良な人でも、三地点制覇のために、ガラハドを殺すヤツは多い。
 そのガラハドの殺害シーンが、ポリゴンになるのだ!

 フルポリゴンで描かれたガラハドの悲劇!
 ミリアムが酒場でくすぶってたりするのに、自分だけアイスソードなんて高級品を買った罰だ!と、言わんばかりの仕打ちである。

 アイスソードを持っている・・・というだけで、殺され、奪われる。
 RPG至上、最高のイベントと言っても過言ではないだろう。

 目的のために、何の罪も無い人間を殺せるかどうか・・・。
 殺せ!殺せ!殺せ!

 その、非人道的な強盗殺人のシーンを再現してくれることを祈ろうではないか。
 ガラハドの前に現れた冒険者達・・・不敵な笑みを浮かべながら自分を囲むように散開していく。

 「いい武器持ってんじゃねぇか。」

 「な なにをする きさまらー!」

 一瞬の油断の代償はガラハドにとってあまりにも高すぎた。自分の胸に深々と刺さったナイフと、目の前の男の顔を見比べる。さらさらの金髪が目に美しい、女性と見まごうばかりの高貴な顔立ちの青年が、ニヤニヤといやらしい笑みを浮かべながら自分の顔を見ているのが認識できた。

 「アルベ・・・ル・・t」

 彼の名を呼ぼうとしたとき、胸につきたてられたナイフが無慈悲な手によって、えぐり出される。

 開いた傷口から、堰を切ってほとばしる鮮血が、手を、体を真っ赤に汚していく。一瞬で、頭の中に水が入り込んできたかのような意識の混濁が発生し、全ての音も映像も海の底から見上げた空のように、歪んで・・・遠くなった。

 歪んだ視界に映し出されたアルベルトは、口許に飛び散った鮮血を、悪魔みたいに真っ赤な舌をデロリと出して舐めとって、哄笑している。あれほど美しく見えた青年の顔が、とてつもなく醜悪な地獄の底の異形のように不快に歪んでいた。

 グラリと、平衡がが失われて、もはや遠い遠い場所にいってしまった自分の体の神経が、地面に倒れこんだ衝撃を知らせてくれるが、意識はそれより遥か先に動いていってしまい、痛みはドップラー効果みたいに遥か後ろから狂ったタイミングでやってくる。

 海の底に・・・沈んでいく。

 光も音も・・・何もかもがヴェールに包まれて遮断されていく。

 そしてガラハドという自我は、深い海の底へと消えていった。

 

 そんなシーンを是非!是非再現してほしい!
 是非!イカれた主人公の表情を激しく希望である。

 ちなみに、上記のガラハド殺害シーンは、私の脳内でのアルベルト君仕様である。
 このあと、アイスソードを手にして「見ててよ姉さん。ボクはもう誰にも負けないんだ。二度と・・・二度とねぇええ!」とか、死んだ(と、思っている)ディアナに呼びかけるのだ。

 それくらいイカれちゃったアルベルトとか素敵である。 

 天の神様

 今日から、有限と微小のパンです。楽しく読み終えられますように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月二十七日

諏訪野

 そういえば、なんかメールマガジンにおいて、NPCの人気投票がされておった。
 一位はモロクのネコシンであるが・・・私はそうは思わない!

 私がもっとも尊敬するNPCとはつまり・・・プロンテラ兵である。

 何が凄いって、あいつらはプレイヤーを遥かに凌駕する強さを誇っている。
 まず、プロンテラ迷いの森の橋の前の番兵。

 ヤツらはあれだけ恐ろしい森の中でも平然と任務を遂行しつづけている。まさに軍人の鑑である。

 だが!
 それを凌ぐ凄さをもっているのが、タートルアイランドの連中である。

 仲間とはぐれつつも、実装からもう何ヶ月経ったかすらわからぬが、サヴァイヴしておる。カメを殺し、カメの肉を食い、仲間と再び合流して生きて太陽を見るために、彼らは過酷な生存競争を生き抜いているのである。

 遥か太古の昔から、その姿を変えず、防御という点において、地上でも最高、そして最硬を誇るカメと戦い、彼らは生き抜いているのだ。

 驚くほか無い。

 基本的に食べるものはカメだろう。他におらぬからな。カメを食いつつ、ヒートタートルを利用して調理を行うこともあるかもしれない。カメの甲羅を鍋代わりに使用するのだろう。

 あそこは、水は豊富なのでその点は安心である。

 ただ・・・一つ、彼らに同情すべき点があるならば・・・。

 カメなどという、精のつくものを毎日食べつつも、彼らは男ばかりである。
 男ばかりでもう何ヶ月も過ごしているのだろうか・・・。

 そこらへんを思うと、涙を禁じえないところである。可哀想に。

 そんな、肉体的にも精神的にも過酷な極限状態で頑張っているプロンテラ兵をもっと労うべきである。

 ちなみに、私としては番外編は・・・。GvG砦の執事。

 

 個人的に、GvG時間中にガーディアンのように戦闘に参加してくれたらモエモエである。

 「ヴァルキリーレルム3 西之園ギルド、執事。諏訪野(諏訪野さんがいいと思う。)。参る!若造ども、調子に乗るなよっ!」

 とかで、滅茶苦茶強いのである。
 無詠唱で残影を使って背後に回ってバックスタブ。ストームガストもなんのその。
 残りHPが少なくなるとボス級のFLEE上昇を行って、無詠唱阿修羅をかましてくる。

 そんな滅茶苦茶強い執事だったら、かっこいいのにとか思いつつも、GvGの攻め側はシャレにならんとか思った今日この頃である。

 天の神様

 もう、数奇にして模型もあとわずかで、次の巻が有限と微小のパンです・・・。こんな面白い本に出会えてありがとう御座います。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月二十六日

どういう日記だろう・・・

 GvG!GvG!

 ギルドの栄光のために、今日も血で血を洗う争いが始まる。

 既得の権益を守るために戦い、同盟はその甘い汁のおこぼれに預かるために戦い。そして、その利益を虎視眈々と狙う、無数の挑戦者達。

 人の幸福を入れる器というのは伸縮性なのかもしれない。彼らは永久に・・・満たされないだろう。

 戦いが始まると、こんなときだけ途端に賑やかになる、寂れた観光地の桟橋に腰掛けて、少し離れたところから聞こえてくる彼らの鬨の声を聞く。

 いつもは冷たい洞窟都市の空気は、週に一度煉獄かと思われるほどに、その熱気を増大させる。
 きっとこの熱気が、普段は冷たくなっている心を煮沸させて、熱膨張によってどんどんと気を大きくさせるのだろう。何せ、気というくらいだから、普段は体の中に液体として存在しているものだって蒸発して、気に合流するに違いない。

 「にぎやかだな。」

 横に腰掛けた騎士に問い掛ける。
 全く興味も無いといった様子で、水中を泳ぐ魚を目で追って、槍で狙いをつけては、槍を突き立てて水面寸前で止めて、今のは獲れたとか、逃したとか呟いている。

 こいつは、多分そんなものに興味など無いのだろう。仕方が無いので私は手の中で、毛糸の玉を転がしながら、ほつれた糸を指で弄ぶ。

 気が付けば、先ほどまで騒いでいた連中は、ワープポータルに乗ってどこかへと行ってしまった。
 いなくなったらいなくなったで静かなもので、この寂れた観光地の悲しさが、いっそう際立てられるだけだった。逆色対比ほど、その差を明確に浮き彫りにしてしまうものは無い。

 今日も、彼らは戦う。

 ギルドの威信、ギルドダンジョン、砦の宝物。その利益は莫大だ。
 だが、それらの利益は一生かかっても彼らの幸福の器を満たしてはくれないだろう。

 勝つために強さを追い求めつづけるという、終わりない競争から逃れることは出来ない。勝利によって一度手に入れてしまったプライドは、がん細胞のように自分の体にへばりついて、意思とは無関係に戦いへと駆り立てるだろう。

 「なぁ・・・レベルを上げて強くなるって・・・。不思議だな。」
 「ん?そうか?」

 傍らの騎士は水面から目をそらさずに答えた。もっとも、私だって彼のほうなんてちっとも見ていないのだから同罪だろう。それに、言葉でのやり取りに視覚情報は不要だ。

 「自ら、エントロピーの増大をさせていくんだ。」
 「ふん。随分と面白いことを言うな。」
 「あぁ。私はそう思う。レベルを上げるっていうのは、エントロピーの増大だろう。スキルが増えて、ステータスも増えて、それだけ複雑になっていく。だが・・・複雑になっていく側面とは反対側で、彼らは単純化を志向している。」

 いいかげん指で弄びすぎて、こんがらかった毛糸を元に戻す。

 「単純化か・・・。つまり、自らをカテゴライズしていくということか・・・。VIT槍、INT/DEXウィズ、二極ハンターに、スクリームダンサー、油セージ・・・そうだな。複雑化してエントロピーが増大していくレベルアップを行いつつも、単純化を志すか・・・。全く不思議な生物だよ。」

 そう言って、こいつはやっぱり興味なさそうに槍で魚を狙う。

 「複雑化ってのは、不安なんだろうよ?強くなるにつれてエントロピーは増大するが、エントロピーの増大は系の乱雑化だ。それほど不安なことはないだろう。だとしたら、せめてカテゴライズされることによって、自らを単純化するしかない。」

 私の言葉を聞いてか、聞かずか彼は大仰に頷いた。

 幾人かの死者がカプラの復活地点に現れる。
 死というエントロピーの増大しきった地点を迎え、彼らは再びここに復活する。

 砦の中の宝物は、それほどまでに魅惑的な輝きを放っているのだろうか。
 ちっぽけなプライドのために戦って、名前のために勝利を目指す。気持ちは解らなくも無いが、人は千年以上前からそうしてきたのだ。私にしてみればもう、そんなのはおなか一杯だ。

 「名だな・・・名という認識が・・・プライドを産む。」

 私は魚と呼ばれるソレを目でおった。この地域の魚は原色に輝いていて、お世辞にも美味そうには見えなかったが、こうして鑑賞する分には、それなりに目には美味いものだ。

 「名のために戦う・・・か。実体ではなく、名。」
 考えているのか考えていないのか、良く解らない口調で彼は魚を槍で追っている。

 「自分よりもギルドの名か・・・。これも、カテゴライズだな。強い部類にカテゴライズされようとするんだ。自分を愛することよりも、自分の所属する組織の名が強いという栄誉を得ることによって、自己肯定するんだ。」

 「ふん・・・構わんよ・・・彼らが何をしようともね。時に・・・俺たちのするべきことは、こんな思索じゃないだろう?」

 大量に復活ポイントに先ほどの連中が戻ってきた。どうも砦が陥落したようで、これからの事を語っている。
 今からあそこを奪い返すのは大変だとか、経験的に不可能だとか・・・あまり建設的ではない議論も聞こえた。

 昔の戦力なら勝てた・・・とか、確実に砦を取ることを考えるなら、どこに変更すべきだとか。

 愚か者は過去を語り、狂人は未来を語る。

 「ふぅ・・・こんな毛糸球・・・倉庫にぶちこむか。」
 「あぁ。いくら手に入らないからって、高いものでもないしな・・・次いくぞ次。次で取り返す。」
 「ふん・・・下らないが・・・下らなくない事よりは愉快だ。」

 私は毛糸をカプラ嬢に荒っぽく投げ渡すと、空間転送を頼むことにした。
 アオハコから出た毛糸だが、別に大事なものでもないだろう。

 「次で当たるといいな。いや、次で取り替えそう。」

 未来の皮算用をして、愉悦に浸る。

 どうやら、私たちは狂人のようだ。 

 天の神様

 なんとなく、久々に脳内に思いついたものを、ただひたすら書いてみました。
 最近思っているGvGに関することや、レベルに関することがそのまま書いてあります。

 どうか、アオハコ破産しませんように・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月二十五日

ウソ日記

 そういえば、明日は礼拝ではないかっ。朝十時からアルベルタで頑張るのである!

 ふと、思ったのだが、ガンホーはいくつもオンラインゲームを送り出すようだが、どうなのだろうか・・・これって、本当に儲かるのだろうか?

 かなりというか、普通に疑問である。

 基本的にMMORPGのユーザの絶対数というのは割と激増はしないわけで、ある程度のラインを保っている。ついでに言うと、それらのユーザが同時にやれるMMOの数は、その性質上、せいぜい二個だろう。

 二個でもしんどいだろうが・・・。

 だとすると、一気にプロデュースするタイトルを増やすと、その分だけサーバ費用や管理費用がかかる。
 さらに言うと、ユーザの絶対数は激増しないので、他のMMOから客を食うことは可能だが、路線的にROからもかなり食うこととなる。

 全体を通した自社運営のMMOでの収入は増加するだろう。
 ただし、その増加率とは違い、管理費用は単純にゲームの数倍に近い上がり方をするだろう。
 ついでに言うと、全体の収入はアップしても、個別の(たとえばRO単独で見た場合)の収入は減収するだろう。
 さらに言うと、自社運営のMMOが増えて他からユーザを食ったとしても、ROからも食うわけで、平均プレイヤ数が減少する。

 これが・・・まず第一段階だとしよう。

 平均プレイヤ数の減少に伴って、辞めていくプレイヤが増え、全体としての収益が減少する。
 でもゲームの数は変わらないので、管理費用は高いまま。
 個別の収入も当然減少。
 人数の現象に伴って、ゲームの魅力が減衰し、他の会社のゲームに食われる。

 

 と、いう未来予想図が見えるのだが、どうなのだろうか。
 まぁ、というわけで、偽日記。

 

 ●月×日

 さて・・・いよいよ、今日という日が来てしまった。一週間にわたるフィナーレイベントも今日でおしまいである。
 思えば、ROを始めてから、どれだけたったろうか。

 最期の場所を選ぶとしたら・・・どこだろうか。

 この一週間、それを考えてきた。

 今日の23時から、モンスター襲撃イベントで、24時と同時にサービス終了であるから、だいたい集まるなら22時あたりだろうか。
 思えば、私のラグナロクは礼拝とともにあった。だったら、最期くらいこの場所で終わりたいと思う。確か、β2の終了のときも、ここだったと思う。

 二時間、ゆっくりと何人かのゲストも交えて、思い出でも語って凄そうかと思った。

 モンスター襲撃はあるようだが、まぁ、割と人数もくるようなので、頑張れば何とかなるのではないだろうか。

 そもそも、ラグナロクがこうして最後まで残っていたこと自体が奇跡だったと思う。
 タコのように、ガンホーが手を伸ばし始めた為に始まった、自滅。業績悪化によって、後発のMMOは次々と終わっていった。

 だが、ROは残った。

 A3も課金してまもなく・・・思えば、あれがガンホーが、こうまで叩かれる最大の理由だったのかも知れない。課金した三日後にサービスを唐突に終了。返金訴訟まで起こされていた。半年分を一括で払う代わりに、一か月分が無料なんていうので、思いっきり儲けたらしいしな・・・。最悪だ。

 ヨーグルティングなんていうものもあったが、結局βに毛が生えたようなもので課金して、失笑を買ったものだ。もっとも、媚びた絵だけでは売れなかったようで、半年ももたなかったがな。A3よりはマシだろう。

 他にも、ローズオンラインなんて、βテストを、有料ベータテストにして、叩かれまくった挙句に、システムの運営に費用がかかりすぎるなどという理由で、A3と同じような感じでサービスを終了してしまった。
 確か、被害者の会がまだ係争中であるな・・・そこらへんは、まとめページのほうで見てくれ。

 ゲームアーツと共同開発なんてのもあったが、確か開発費の捻出か何かで揉めて、結局ゲームアーツから三行半突きつけられた挙句、あれも訴訟を起こされているようであるな。まったくもって、酷い話だ。

 だが、ROだけは残っていた。

 もう、ロキでも日曜の夜に3000人を切るが・・・それでも続いていた。
 ここまで、もったのがむしろ奇跡だろう。

 ガンホーも、最早ROしか残っていないと気付いたらしく、猛然とアップデートを始めたり、突然気合の入った運営をし始めたりとか・・・びっくりしたもんだ。

 何せ、日本独自仕様でGMコールを実装するなんて、誰も予想しなかった。

 真面目にやれば儲かる・・・ユーザもついてくる、そう気付いたんだろう。
 頭をつるつるに剃り上げて、土下座してユーザに謝る写真を4gamersの記事に載せた孫泰蔵には、売名行為だとか色々と非難も浴びせられたが、あの目は本気だったとおもう。

 あれ以来、今までの棍棒外交を改めて、誠心誠意働いているらしい。

 ROの状況も改善されてきた。サーバも頑張ってラグは無いし、GMも呼べばすぐに来る。チートもBOTも数えるほどに減った。

 だけど・・・全てが遅すぎたワケであるな・・・。
 度重なる赤字決算。債務超過。傷ついた企業の信頼。山積みの訴訟。

 会社としてやっていけなくなるには、当然とも言えることだ。

 昨日ニュースになっていたが、森下社長が一ヶ月前から行方不明らしい。噂によると、ヤバいところから金を借りていたそうだが、どうなのだろうか。

 なんだろう。不思議な気持ちだ。 
 怒りとか、悲しみとか、残念だとか、そういうものは無い。

 ただ・・・無念だ。

 他のゲームが唐突に終わっていく中、こうして最後まで見守られて終わることのできるラグナロクに感謝をしよう。
 そう、せめて最後の日くらいは、恨み言など言わずに、楽しく終わりたい。

 ありがとう・・・ラグナロクオンライン。 

 天の神様

 と、いうウソ日記を考えました。これを書くのはいつのことになるでしょうか・・・。こないことを祈ります。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月二十四日

マナー?

 喰らえ!必殺!サァァァタァアアッッ!!!!アンダギィーーー!(必殺技風挨拶

 サーターアンダギーって語感が素晴らしいと思う。琉球王国に感謝である。

 さて、牛丼を食った。友人に、すき屋の牛丼が復活しているから、食いに行くぞ!行くぞ!と、言われて、こいつは本当に牛丼好きだなぁ・・・と思いつつも、押しに負けてすき屋へ行ってきた。

 味のほうはどうかというというと・・・なんというかまぁ、確かに牛丼ではあるのだが。

 さすがに、7ヶ月も食ってなければ、多少味が落ちてもこいつら気付かないだろう的に発売を決定した味であった。
 なんか違う。若干違う。そんな感じである。

 さて、マナーというものに関して、深く考えてみた。
 ラグナロクオンラインに深く染み付いた、因習というか、悪習というか・・・そう、強いて言うなら、悪臭を放つ悪習である。

 考えてもみるが良い。これはちょっと、森博嗣の本からきっかけを得たのだが、世の中のあらゆる幸福というのは、他人の幸福の搾取によって成立していると言える。

 金を儲けるからには、失う人間がいる。
 無から有は生まれないので、何かを手に入れることは、何処かで何かが失われることである。

 でだ、マナーが何のためにあるかというと、それは社会を円滑に動かすためであり、ある種、利他の精神であると考えられる。それが、ぐるり回って自分にも帰ってくるわけだが、基本的には利他的行為によって、非常に間接的に自分も利益を得ようという行為であると言える。

 例えばテーブルマナー。マナーにのっとった食事を行うことによって、周りの人間を不快にすることなく、食事の時間を過ごすことができるが、自分は若干の肉体と精神の規律を求められる。しかし、そのマナーによって、食事の場全体の雰囲気もよくなり、結果的に自分も快適な食事時間を得ることができる。

 というわけである。

 つまり、ある種の自己犠牲的行為をマナーというわけであろう。

 ならば!

 イクナイプレイをする人間を見つけて、ノーマナーだ(普通に言えば、恐らくノーマナーなどという珍語ではなく、mannerlessであろうが。)と、言うことは妙なわけである。

 ノーマナーですよ!という忠告は、別にyou are mannerless player.という、事実を叙述しているわけではなく、その後ろに省略されている、you must play mannerly.という文章が目的であろう。

 別に事実をつきつけているのではなく、マナー良く遊びなさいという警告が本文である。

 つまり、自己犠牲の強要。である。

 他人に対して要求した時点で、そんなものは自己犠牲などというものを離れて、単なる「俺のためにお前死ね。」へと、変貌を遂げるわけである。

 他人に対するマナーの要求は、露骨な利己主義であり、非常に醜悪なものである。

 それを・・・なんだか、ノーマナー規定とか作ったり・・・マナーマナーとはやし立てたり。不思議なゲームであることこの上ない。
 マナーは結局、個人の中にしか存在しえず、口に出した瞬間に醜いものへと変化してしまうわけだ。

 ラグナロクオンラインのマナーってのは、本当にマナーと呼ぶべきものなのだろうか
 ちょっと、それの生まれてくる源泉が違うように思える。

 元来、自己犠牲、利他によって生まれてくるべき精神が、根底のところから、狩りの安定、自分が被害をこうむることの回避、自分の快適なプレイのためという、全く別物から生まれてきているので、多分これはマナーと呼ぶべきものではないのではなかろうか。

 元来、全く逆で、他の人が快適に狩りやすいように、周りの人に不用意に損害を与えないように、みんなが快適にプレイできるように・・・と自分で配慮してプレイするのがマナーであろう。と、口に出した時点で空虚なのだがな。

 だからまぁ、アンタはノーマナーだ!と、警告して怒る人間も、ノーマナーだと忠告している相手と大差無いのではなかろうか。一方は、マナーに背を向けたエゴイストであり、もう一方はマナーという天下御免の印籠をふりかざすエゴイスト。

 印籠持っている分、タチが悪いやもしれぬな。

 ということを考えながら風呂に入っていたらのぼせてしまった。
 風呂に入るときは、今後はそういうことは考えないようにする。

 天の神様

 なんというか・・・マナーですか・・・マナー。不思議な単語です。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月二十三日

夏の・・・

 サーターアンダギーが食いたい!(挨拶

 最近。さやさやの更新がこまめで、どうしたのかと思う。
 そろそろ、医者に末期がんを告知されたりとかして、最後のともし火を激しく燃やしているのではなかろうかとか、心配してしまう。

 ところで、こんな記事を見つけた。

 さすが・・・ゴミ餃子を食う国家だけある。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/09/17/20040917000077.html    
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/09/15/20040915000064.html

 ここまで酷い労働条件・・・。
 まぁ、労働条件の酷さなんて、あんなものは建前上のもので、実際には超過勤務だろうと、無茶な休憩時間だろうと、存在しているのはどこの世界も同じであるが・・・しかし、飲食物を扱う店でコレはどうだろうか・・・。

 こうして、若いうちに腐った大人に育成されることによって、腐った大人予備軍となり、数年後には正式に腐った大人としてロールアウトすることとなるのだろう。

 和漢三歳図会によると、夷荻(ほんとは草冠なし)の諸国で挑戦ほど礼儀のある国はなく(以下略)

 と、書かれておるのだが、何かの間違いなのだろうか・・・。
 それとも、君臨するものに対して、無条件に従うことを礼儀というのだろうか。

 なかなかに不思議な国家である。

 酷いもんだ。
 どうしてこう、人に辛く当たる国なのだろうかと、考えさせられてしまう。

 ところが!最近はこの憎むべき国家を・・・韓流ブームだとかで、もてはやしておるのである。
 私の友人でも、ヨン様だとか、なんとか様だとか・・・オシラサマとか、オクナイサマとかの神様な親戚かと最初は思ったが、どうも連中は韓国ドラマの俳優を様付けで呼んでいるらしい。

 まぁ、ヨン様は知っておるがな・・・。
 公式サイトのプロフィールで、趣味がネットゲームと釣りというイカした男である。

 たまの休日には質問掲示板とかで荒れそうなスレを作って、釣りをするという優雅な男なのだ。

 すっかり、マスコミの罠にハマって、私がチョンドラマとか言ったり、ペ様だろ?とか言ったり、あいつも犬食うんだとか言ったりすると、こやつは・・・我が国の臣民であるにもかかわらず、恥ずべきことにファビョの発作を起こし、私に向かってファビョりながら強烈に抗議してくるのである。

 もうだめだ!
 毒されている!

 そういえば、何かで聞いた話だが・・・どこかの講演会で、韓国について話していたとき、日本のとある偉い人が「まぁ、新しい世代は戦争なども知らないし、そういった負の記憶は忘れて新しい関係が生まれていくでしょう。」
 みたいな事を言ったとたん、観客にいた韓国人が、ドラゴンインストールしてファビョモードに突入。

 「我々は戦争どころか、秀吉の侵略だって忘れてはいない!」

 と、主張し始めたというのである。

 忘れてないどころか・・・そんな時代のこと知らないだろうと思った。

 こんな理屈が通るなら、我々も「リメンバー白村江!」

 とか言っても良いのではなかろうか。

 しかも韓国ブームから飛び火して、電車の中吊りなどに、流行の男の顔はアジア顔とか書いて、キモい一重まぶたの中国人みたいな顔した男が写っておったりした。

 というか・・・アジア顔というならば・・・アジア顔の半分くらいは、砂嵐で肺を痛めないように、鼻ヒゲモッサリであろう。
 日本らへんは極東アジアであり、基本的にはアジアは中東までアジアだ。アジアカップの参加国を見れば解るだろう。

 アジア=中国韓国みたいなイメージがヘバりついてきて、非常によろしくない。

 だからといって、中等以西のアジアは印欧系なので、顔は違ってくるので流行るとは思えない。

 非常に難しいところである。
 ある意味、韓国ブームを支えている根幹は、顔が近いという点であると思う。
 色々歴史の間違いがあって、韓国がロシア系の白人国家だったりしたらブームにならなかったと思う。

 となると・・・これを何とかするには、顔が近くてなおかつ、割とイイ国をブームにして、韓国ブームに押し勝つしか無いワケで、それは非常に難しい。

 が!

 あった!

 我が国と古くから交流があり、なおかつ日系人も多い・・・。
 しかもどうも、最近では縄文人が船に乗ってあっちのほうまでいっているせいで、日本の血が数千年前から混じっているという学説まであるという・・・

 中南米。

 あそこらへんの陽気な南国のノリの感動ドラマを作ったらよい。

 そうだな・・・韓国に対抗して、タイトルは・・・・

 

 「夏のサンバ」

 天の神様

 すごいドラマになりそうです!サンバのリズムでいきましょう!夏のサンバ!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月二十二日

顔面変わりすぎ。

 色というのは、割と位を表すものである。

 冠位十二階で言えば、紫色は最高位の色であり、赤はそれよりも下である。
 だから何かというと、ハイプリーストの服の色が赤というのは、プリーストの服が(実際には黒を表現しようとしていたとしても)数値上紫であるから、位が下ということになる。

 というか、わかっちゃいない。
 ハイプリーストの服装は媚びすぎなのだ。あんな安っぽい赤にした挙句、下らないリボンまでつけて、あざといというか、もはやここまでくるとセンス悪いものを感じずにはいられない。

 最悪だ。

 思うに、布地の面積というのは、割とダイレクトに偉さに影響するのではなかろうか。
 だから、ハイプリーストは、男のほうは正解である。

 普通のプリーストよりも重厚になったように見える。

 女ハイプリは・・・なーにをやっておるのだ。
 ダサいったらありゃしない。もっと、金属パーツを増やすなり、布と革の複合部分を作るなり、無駄なベルトを増やすなり、いくらでも方法はあったのに、安易に可愛くすることを目的としてしまったあたりが、非常に残念である。

 このようなキャラグラが適用されてしまうことを・・・まことに遺憾に思います。というレベルである。

 しかしまぁ、よくよく考えたら、ハイプリーストなんて多分ダメな連中なのだ。
 99レベルになるまで地道に地道に現場で働いていても、一向に上層部には見向きもされず、再びノービスとして左遷されて、また頑張る・・・。

 鳴かず飛ばずのプリーストである。
 いつまでも、昇進ができないのである。いつまでたっても、制服組になれない。そんな、かわいそうなプリーストなのである。

 しかし、このバランスで三次職まで実装しようという気がしれない。
 このまま、どんどん強さはインフレしていって、そのまま衰退していくのが目に見えるようである。

 三次職は各サーバ数名の凄い人になるでしょうね、みたいなインタビューを見た気がするのだが、ラグナロクというゲームのシステムを、数千分の数名のためにデザインするというのが・・・みなが使いづらいから、私が代弁してやろう!そもそも転生も!

 なんでそんな、自分が利用できないような部分に面白そうな要素を持ってきて!羨ましいを通り越して、腹立たしい。

 と、大多数のプレイヤは思っておるのではなかろうか。
 プレイヤの反感を買って、実装するシステムというのも、なかなか凄いところである。

 妬み、嫉み、いろんなものが渦巻いている。
 そんなところだけ、現実世界に近づけても仕方が無い。

 完全に、かけた時間=強さの公式が成り立つようになる日も遠くないだろう。 

 

 思うのだが、GvGとかで、死に戻り時間を制限するとかしたら面白そうである。
 一回死亡して、次に砦に入るまでには、ベースレベルによって猶予時間が発生するとかにすると、ギルドを高レベルで固めたりすることのデメリットが発生してきて面白そうである。

 だいたい、70〜90までのレベルだと、死んでから三分程度で復帰可能だが、91〜だと五分有する、50〜70だと、一分でもどれる。
 それ以下は即戻り可能。

 そんな感じで良くと、防衛の要となるキャラクターは、ある程度、低〜中レベル域にとどめておく必要などが出てきて、GvG専用のリミテッドレベルなキャラ育成が要求されるようになってくる。

 そんな感じのGvGとかどうかと思った。

 精鋭部隊は、死ぬと再び用意するのに時間がかかるのだ。
 適当な雑兵はすぐに復帰ができる。

 そんな兵の質の差を表現してみたり・・・。

 天の神様

 なんだか、今日は疲れたのでもう寝ます。明日も頑張れますように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月二十一日

顔面変わりすぎ。

 さて、ホームアローンの子役の子が捕まった。容疑はマリファナ所持。

 誰だよお前。
 
その網にかかった直後に氷水に投げ入れられて、そのまま築地市場に水揚げされた死んだ魚のような目はやめてくれ。

 とうじ、可愛いなぁ、こういう弟ならほしいなぁ・・・とか思っていたら・・・お前年上か!私より年上なのか!騙したな!私の純真な、信じる心を十年近く騙してきたな!

 挙句の果てに、なんだその顔は!

 お前、金髪だった気がするけど、それもインチキであるか!くそ!くそ!騙したな!

 というか、頭が長いなとか思ったのだが・・・昔の写真を探して比べてみたのだが、実際にはさほど変わらない。小さいころもよくよく見てみれば、長いのである。

 髪の毛を下に下ろしていたから、そう見えないだけだろう。

 ついでに言うと、顔のパーツに変なベクトルがかかったような曲がり方をしておらぬか。
 鼻は下方にいくほどに、向かって左へシフトしていって、口は中央と回転軸にして、半時計回りに回転している。

 ヤバイ。正直ヤバい。

 完全に、ヤク中の顔しておる。

 というか、この目・・・どっかで見たと思ったら・・・。
 お前リビオだろう・・・。

 絶対、こいつリビオである。

 監獄とかで、ソニックブローでいたいけなアコを切り刻むリビオである。
 そうとも・・・こいつの顔は間違いなくリビオ顔している。

 関係ないが・・・コイツ。柳沢慎吾は、スプリングラビット顔である。
 と、思ったのだが、割と天下大将軍にも似ておって、あなどれないヤツである。

 しかしまぁ、ホームアローンの子が、年上でしかもヤク中で、リビオ顔だなんてショックである。
 よく聞く話だが、小中学生の頃の、可愛い、かっこいいほどアテにならぬものはない。

 男もそうなのだが、女などは特になおさらである。

 成長に伴って顔のバランスも変化するわけで、成長過程で完成されたバランスを有していると、成長しきったときに崩れるワケである。

 重要なのは最終形態だが、そこに至る課程も苦労しないためには重要である。

 理想的なのは、成長過程のポイントポイントでもソコソコで、最後に大成するというタイプである。
 最終的によければいいのだが、そこまでに苦労するとなかなか大変なのである。

 うむ、もうすぐ90レベルなのであるが、途中DEXをケチってSTRとAGIにまわしてきたせいで、色々と苦労して、今でもたまに苦労するものの、なんとか花開きそうな感じである。殴りプリ。

 え?なに?顔の話?

 なんだそれは。貴様幻覚でも見ておったのではあるまいか?

 ま、まさかクスリ!?マリファナ!?怖いぞぉ〜。リビオ顔になってしまうからな。 

 天の神様

 ホームアローンの可愛いあの子を返してください!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十九日

キャプテン

 カウントしないリファラなんていう、ものを教えてくれというのが、無茶だったかもしれぬ。
 が、説明が悪かった気もする。

 私が欲しいのは、自動逆リンク生成CGIである。

 

 さて、バックラーの形状を見るたびに、私はある種の念にかられるのである。
 そして、バックラーで盾技を使うクルセを見るたびに・・・思うのである。

 

 

 1941年。ナチスドイツの脅威に対抗するために、アメリカで推進された「超人兵士計画」。病弱で徴兵検査を落ちたが、愛国心だけは誰にも負けないスティーブ・ロジャース。
 彼は、将軍の目にとまり、超人血清を受けて、パワーアップ・・・中略・・・戦争終了・・・以下略。

 そんなわけで、戦争が終わった後も、理想と正義に燃えるスティーブロジャース・・・いや、彼の名は。

 

 キャプテン・アメリカ。
 星条旗模の全身タイツで
円形の盾を投げたりして戦う正義の味方である。

 しかーし。
 アメリカという国は本当に偉大である。

 だって・・・普通に正義のヒーローとして、こんなヤツの存在が許される国家なんて、さすがアメリカである。
 アメリカという国家の懐の深さを思い知らされるヒーローである。

 もし!日本で、子供向けのヒーローとして・・・

 日本隊長。
 という名前で、星条旗をモチーフにしたキャプテンアメリカの衣装のように、日の丸のバトルスーツ姿で戦うヒーローがいたらどうなるだろうか。

 1944年
 停滞する日本の戦線の拡張。
 中国と南沙諸島での戦いにより疲弊した兵力。逼迫した戦況を打開するために、日本で「超人兵士計画」が推進されていた。
 あまりの病弱さで、徴兵検査に落ちてしまった、山田次郎丸は陸軍大臣の目にとまり、改造手術を受けることとなる。

 そして、生まれた日本隊長。
 戦いで様々な功績を上げながらも、もはや戦況はのっぴきならないところまできていた。
 大本営が発表する国民を偽るための情報に翻弄され、日本隊長は何度も死にかけるが、最後に南方の島から脱出する日本の戦艦をアメリカ軍から援護するために、単身死地へと向かう。

 戦争の終結とともに行方の知れなくなった日本隊長だったが、2004年。極低温の海洋深層水の中で仮死状態となったまま、トロール漁船によって発見され、奇跡的な復活を遂げる。

 敗戦しながらも復興した日本を見て涙を流すが、ムリな経済発展の影に生まれた日本の心の病みに心をいため、正しき大和魂をこの国に呼び戻すために、理想と正義を友として、彼は再び戦いに身を投じた!
 日の丸を冒涜し、挙句の果てに国家に殉じた英霊達への敬意も持たぬ愚かな国民を、正しき臣民へと更生させるべく、彼は戦う。

 共産党、社民党、果ては極左の過激派まで、彼の命を狙うものは後を絶たない。しかし、の心に宿った日の丸は、誰にも破ることは出来ない!

 

 

 みたいなストーリーである。

 とりあえず、左翼とか、プロ市民とかの物凄い罵声を浴びることとなるだろう。
 学校の国家斉唱や、日の丸掲揚でもめる国なので、子供向けヒーローを、モロ日本にしたら、タダではすまないだろう。

 

 ここらへんが、やっぱりアメリカは偉い国だなと、思ったり思わなかったりする原因である。

 ひょっとしたら、イラク戦争もあと数十年後には、ヒーロー漫画に出てきたりするのだろうか・・・。 

 天の神様

 キャプテンアメリカの愛国心に心を打たれました!彼をお導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十八日

McじゃなくてMac

 さて!winnyの話をする!

 こんな会があったそうである。

 ちょっとというか、凄く行きたかった・・・・が!しかし!
 この最初に写真つきで出てきている、毎日奥さんがネクタイを選んでくれる塩沢助教授が、偉そうに話しておるワケであるが。
 実に、偉そうにwinnyについて話している。

 が!!!!!!!!!!!

 彼は筋金入りのマッカーである。
 ウィンドウズユーザーは不意にパソコンが停止してデータに危険を及ぼす可能性があるかもしれない欠陥商品を、わかった上で平気で使っているとか・・・。

 そんなもん売ってて訴えられないマイクロソフトは恐ろしい。とか。

 MacOS Xは固まらない。
 というかMacOSを使い始めてから、今日にいたるまで一度もフリーズしたことはないんですよ!

 と、新興宗教の誘いみたいなマック賛美をする人なのである。
 行っておくが、macnyじゃなくて、winnyなワケである。

 でだ・・・あんまり、リンク貼ると怖いんで・・・。
 http://shiozawa.cocolog-nifty.com/shiology/cat571455/index.html
 この、塩沢助教授のblog(偉い人なのに、なぜかいつもコメント0、トラックバック0。blogの基本性質である、情報が繋がっていくという恩恵を受けられないので可哀想。)からちょっと引用である。

 あ、ちなみにこの人は、mac信者でもあるのだが、妙なブログ信者で、これからは一人一ブログの時代とか、ブログで人格を見られるとか、就職の面接でブログを持っているかどうかが判断基準になるとか、その内容も見られ、そこから人格を推察されるとか・・・超超ブログ信者でもあり、教え子に半ばムリヤリにブログを持たせるのが趣味だったりもする。趣味かどうかは知らぬが、そういう傾向が強い。

 なぜこんなに、塩沢助教授について詳しいかはトップシークレットである。
 調査機関に依頼したのだ!

以下、shiologyより引用。
Microsoft Wordの書類を閉じようとしたらアラートが出た。それを読んで爆笑!!
─────────────────────────
Microsoft エラー報告ツール

問題が発生したため、Microsoft Wordを終了しま
す。ご不便をおかけして申し訳ありません。
<以下略>
─────────────────────────
マイクロソフトのソフトがユーザーに「申し訳ありません」なんて謝ってくる時代になったのですね。ちょっと感動しました。

 ひどい!酷いわ!塩沢助教授!

 ついでに・・・
 

以下、shiologyより引用。
WindowsユーザーにMacで音楽を再生して聞かせると、その安定性に驚かれる。Macで音楽を再生中にウェブを見ようがメールを書こうが送受信しようがプリントアウトしようがCD-Rを焼こうが、音楽の再生が途切れることはないから。そんなMacなので、複数のソフトから別々の音声を再生しても、双方とも全く途切れることはない。快適に「BGM付き朗読」を聞くことができます。

 

 し、塩沢助教授!アナタのお友達のウィンドウズユーザーは全員、Meユーザーなのでは!?
 とか疑いたくなる発音である。
 我等が最強OS。究極の安定性を誇る、頼れる女Win2Kに失礼と心得なさい!

 ついでに言うと、Macの高性能さをいつも言うのだが・・・普通にG5を買うだけの金をかければ、Xeronデュアルのメモリ2Gとかで組むことも可能だし、場合によってはIteniumマシンだって買える

 と、いうわけで、ご覧になって解るように、彼は本当に、新興宗教の勧誘みたいなマッカーなのである。

 もう、もしもし。幸せってなんだとおもいます?今の現実に満足していますか?

 とか、勧誘する勢いで、

 もしもし。安定ってなんだと思います?今のOSに満足していますか?
 みたいな、勧誘をしている人なのである。

 とりあえず、彼のブログのパソコン関連の部分を読み漁ってみると良い。だんだん洗脳されてくる。ふらふら〜っとマックを買ってしまいそうである。

 と、いうわけで。このような、超ありがたいマック教日本支部の大司教様みたいなレベルの方の、ありがたいwinnyのお話があったワケである。

 しかし・・・まぁ、OSに何を選ぶかは人の趣味だし、私の友人にも、鼻血が止まらないとか、今なら神にも勝てる気がするとか、名言の多いマック使い(winもつかうし、妙な勧誘をしない)も、おる。

 確かに、彼は知的財産権のスペシャリストで、PCにも詳しい。
 だから、人選的には間違ってはおらぬような気もするのだが!が!しかし!

 そもそも、Windowsを見下すような発言を、天下の往来とも言えるblogに堂々と晒す人間をwinnyの話の講演に呼んでしまったのは、ちょっとどうなんだろうかと思った。

 P2Pのお話に関する講演があったと見て、興味を持ってクリックしたら一番最初に出てきたのが、この超絶マッカーの塩沢助教授だったので焦ってしまった。

 今後は、私もウィンドウズの素晴らしさをもっともっと布教せねばなるまい!私は言いたい!

 ウィンドウズには、どんな苦境も解決してくれる魔法の呪文がある。
 動きがカクってる、アプリケーションの反応がおかしい。そんなときは魔法の呪文を唱えよう。

 貴様らならば知っているはずだ!

 さぁ、一緒に大きな声で!

 

 

 Alt + Ctrl + Del !!!!!!!!!!

 

 天の神様

 なんか、こんな魔法の呪文を使うこと自体が、マッカーにとってはダメらしいです・・・。万能魔法なのに・・・。
 いつか彼らが、デビルゲイツ様の素晴らしさに目覚めますように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十七日

殴れ

 明日は礼拝。久々の一ヶ月ぶり礼拝である!心して望め!朝十時、アルベルタのテーブルの上!

 その昔。

 シーフは最強の職業といわれていた。
 剣士は、AGIでシーフに負け、VITでアコに負け、殲滅力でアーチャーやシーフに負ける、最弱の職業といわれていた。

 シーフ最強。

 これは、当時、ゆるぎない事実の一角であった。

 が!!!!

 現在、時代は変わった。PvPにおいて、アサシンがナイトに勝つのは至難の技であるし、団体戦となっても、アサシンが活躍するのは非常に難しい。

 そこで!

 アサシンは、アサシンなのだから、こんなのアサシンに良いんじゃないかというスキルを考えた。

 

 変装:アクティブスキル 10Lv

 ノービスからクルセイダーまで、全種類の職業に変装することが可能で、その状態で攻撃が可能。
 スキルレベル1の時60秒持続で、そこから1レベルごとに10秒ずつ時間が延びていく。

 

 幻惑:アクティブスキル 1Lv 前提、変装。

 変装状態でのみ使用可能なスキル。実際のダメージは発生しないが、変装中の職業にそれぞれ割り振られた技のグラフィックを表示可能。敵は、そのダメージにょってヒットストップを受け、詠唱を中断させられたりする。ダメージは0だが、それ以外は全て、幻覚ダメージのように表示され、干渉される。

 剣士:バッシュ 騎士(ペコのり):ブランディッシュスピア クルセイダー:グランドクロス
 アーチャー:ダブルストレーフィング ハンター:アローシャワー バード/ダンサー:チャージアロー
 マジシャン:ファイアウォール ウィザード:ストームガスト セージ:ヘブンズドライブ
 商人:メマーナイト ブラックスミス:カートレヴォリューション アルケミスト:デモンストレーション
 シーフ:インベナム アサシン/無し ローグ:ストリップシールド
 アコライト:ヒール プリースト:マグヌスエクソシズム モンク(気弾が五個表示):阿修羅覇鳳拳

 といったグラフィックで幻覚ダメージが発生する。

 

 分身:アクティブスキル 10Lv 射程8
 分身による幻覚をあたえる対象を選択、分身スキルを使用する。
 分身スキルを使用された敵は、前後左右の四方向に、使用者と被使用者の位置関係を対象にした分身が表示されるようになる。(例:被使用者の右4セル離れたところで、アサシンが分身を使用。すると、左、上、下の4セル離れた位置にもアサシンが表示されるようになり、その後使用者の動きに同調して動く。)
 また、分身に対する攻撃指定も、攻撃も可能で、実際のDEF/MDEFに従って計算されたダメージが表示される・・・が、分身に攻撃している限り、アサシンには被害は及ばない。

 スキルレベルを上げると効果時間が延びる。

 

 混乱:アクティブスキル 5Lv
 対象のプレイヤにダメージを与えるとともに、スキルレベル*10秒の間、混乱状態に陥る。混乱状態に陥ると、周りの全ての人間の職業グラフィックが、ランダムに変更される。また、GvGではギルドエンブレムもランダムに変更される。
 レベル5にすると、ボーナスとして、画面上の全ての敵の技名の発言もバラバラのランダムに変更されるようになるため、使っているスキルで職業を特定するのも不可能になる。

 

 幻影:アクティブスキル 1Lv
 使用後30秒間。自分の行動、歩行位置、ダメージ表示などをあらゆる行動、干渉した事柄の画面上の表示を5秒遅らせる。
 実際には、バックステップで接近して、ソニックブローを連射してダメージを加えていても、画面上で自分が接近して攻撃を開始するのは五秒後である。自分にも遅れて見えるので慣れが必要。ルアフよって遅延時間を2秒まで軽減することが可能。
 また、ダメージ計算だけは、攻撃した瞬間に処理されるので、攻撃される側からすれば、何もされていないのにダメージを受けているように見える。

 

 サーチトラップ:アクティブスキル 5Lv 罠一個消費
 罠を一個消費して、敵を察知する罠を設置する。罠は設置した瞬間に見えなくなり、そのまま5分間効果を発揮する。
 罠の設置個所から7*7の範囲を誰かが通過すると、罠ごとに割り振られた設置番号に応じたメッセージがログに表示される。
 「サーチトラップ01反応」
 スキルレベル個まで同時設置可能。
 また、通常狩場では上を通過したモンスター名も表示されるので、ボス狩りなどに応用可能。

 サーチアイ:アクティブスキル 1Lv サーチ5が前提。 ブルージェムストーン一個消費。
 使用すると、設置してある罠のリストが出てくる。そこから見たい罠を選択すると、選択した罠を中心とした通常視界を見ることができる。
 ただし、罠が中心の位置から移動不能。この際、本体は完全に無防備。

 

 マニュアルトラップ起動:アクティブスキル
 マニュアルクレイモアやダミードールトラップを起動させるスキル。複数設置してある場合、設置順に起動させる。

 マニュアルクレイモア:アクティブスキル Lv5 罠五個消費。起爆Lv1前提。
 設置した瞬間に見えなくなる攻撃罠を設置する。ただし、ルアフでは発見されないが、ディテクティングで発見される。
 マニュアルクレイモアは、スキルレベル個まで設置可能で、いかなる時間経過によっても起爆されない。
 マニュアルトラップ起動を使用することによって、爆破可能。5*5の範囲で、火属性の爆発ダメージを与える。
 サーチアイと併用可能。 

 ダミードール:アクティブスキル 罠二個消費 5Lv幻惑1Lv前提。
 設置した瞬間に見えなくなる罠を設置する。設置する際に職業を設定する。ルアフで発見されないが、ディテクティングで発見可能。
 ダミードールを起動スキルを用いて起動させると、ダミードールトラップに設定された職業のダミーが出現し、もっとも近くにいる敵を攻撃する。
 ダミードールの攻撃は、全て幻覚ダメージで実際のダメージは無い。ダミードールはスキルレベル*1000のHPを持つ。
 ダミードールの攻撃パターンは、通常攻撃をメインに、間隔をランダムに特定のスキルを使う。スキルは、職業ごとに設定されており、内容は幻惑スキルによる偽スキルと同じ。ただし、WIZやSAGE、MAGEは魔法攻撃のみを行う。
 通常狩場で使用すると、自分に追従してきて、自分のターゲットしている敵を攻撃する。

 ミラートラップ:アクティブスキル 罠二個消費 水晶鏡一個消費 5Lv  
 設置した瞬間に見えなくなる罠を設置する。ルアフで発見可能。
 マニュアルトラップ起動スキルで起動。最大一個しか設置できない。
 起動によって効果を発揮し、ミラートラップを中心に11*11の範囲内では、全てのキャラクター表示がミラートラップを中心に点対称になる。
 ただし、使用者だけは、この効果に干渉されない。効果時間はスキルレベル*10秒。

 

 サイレントキル:パッシブスキル Lv1
 サイレントキルを習得すると、全てのスキルの使用時の文字表示がされなくなる。

 

 

 こんな感じで、アサシンに豊富なトリッキーな攻撃スキルを設定するのである。
 たとえばPvPでは・・・

 ウィザードが、ストームガストで牽制しながらいきなりやってきたと思ったら、実はそれはダミードールで、気を取られていたら、いつの間にか自分のHPが激減している。どうしよう!と思ったら、なんだか画面上のキャラクターの職業がてんでばらばらになっていて、自分を誰が攻撃しているのかすらわからない。(注釈:アサシンは幻影によって、行動表示を5秒遅らせており、さらに混乱をかましているので、画面内のキャラの職業がまったくデタラメになっていて、自分を攻撃している人間が特定不能。)

 何とか、自分を攻撃している相手をみつけた、遅延しているが間違いなくこいつだ!思い切って攻撃を加えてみたら、四体に分身して、バックステップなどでかく乱するものだから、どれが本体だか見失った。
 そうこうしているうちに、いきなり世界が点対象になった。ミラートラップだ!もう、どれが敵だか、さっぱりわからない。

 気が付けば、もうHPは真っ赤・・・。あ・・・倒れた。

 

 みたいな展開になるのである。いまのは、アサシンの被害者視点である。
 これによって、アサシンはその姿を見られることすらなくなる。
 常に、幻覚や変装によって、正体を隠し、普通のアコライトに見えるが実は、恐ろしい罠を計画してるアサシンだったりするという、実に恐ろしいことになるのだ。

 アサシンの姿をPvPで見ることはない。
 なぜならば、アサシンは全てを欺いて戦うからだ。被害者は死んでから初めて、そのアコライトが、剣士が、無害そうなプリーストが、アサシンだったことを知る。

 

 他にもアサシンで、マニュアルクレイモアを五個設置。
 その後、すぐそばにサーチトラップを設置しはるか離れたところで、サーチアイで敵をまつ。

 おや、オーラ出してるPTがのこのこやってきやがった。どうも、PvPのテロPTみたいだ・・・こいつは面白そうだ。
 ばかめ、無防備に、五個の範囲が重なるところに立ってやがる!ぽちっとな!

 チュゴンチュゴンチュゴンチュゴンチュゴン!

 マニュアルクレイモア五連起爆。一気に昇天だヒャッハー!俺は、はるかマップの端端くらいはなれたところにいるのにな。エイメンだ。

 

 とか、そんな本当にアサシンチックな攻撃が可能である。

 と、世の中強かったり便利なスキルを覚えさせだけが脳じゃないぞと思ったのである。
 妙なスキルこそ強いのである。そして、アサシンらしい。

 

 天の神様

 こんなアサシン楽しそうだな・・・と、暗殺者っぽいスキルが思いつきました。アサシンが今後も、頑張れますように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十七日

殴れ

 当たると思わなかった(挨拶
 が・・・当たったよ!凄いです!と、報告する人間はおっても、当たらないぞヴォケ!と、報告する人間はそうそう居ないということを考えると、錯覚である可能性も否めぬのだがな。

 でだ、殴りプリの素晴らしさを広めた昨日だが、実は私は一昨日あたりにレベルアップして、とうとう古代アクセ目前であり、なおかつオーラと公平が組める89レベルに到達したのである。

 これによって、片方のアクセをブラストクリップにしてもSTR110が達成可能になった。

 でだ・・・昨日、殴りプリとして、新たなる覚醒というか・・・新たなるステージへと昇ってしまったのである。
 何かというと・・・窓手、つまりスティングをタイマンでソロ狩りである。ヤツは攻撃力と命中が高すぎて、生涯倒すことは無いだろうと思っておったのだが、割と安定して倒せたのである。

 ちょっと慣れていないせいもあって、一度近くのマジ子を殺害しそうになったが、今はもう大丈夫である。

 というか・・・窓手でこんな戦い方している殴りプリ自体が殆どいないので、近くのマジやWIZも警戒しづらいだろうが・・・。

 どんな戦いかというと・・・用意するもの。
 トリプルボーンドチェイン。ブラストクリップ。

 窓手が近づいてくる。ちょうど、移動せずに攻撃できる距離。つまり、2セルまで接近したらマグナムブレイク。あとはタイミング良く、MBでお手玉してやることによって、被攻撃回数を最小限に抑えて殺すことが可能である。

 ちなみにMBのダメージは800〜1300程度なので、十発も当てれば倒す事が可能である。
 人間ファイアウォールと呼んでくれ。

 ところで、せっかくなので、今日も殴りプリについて布教をしておこうと思う。
 殴りプリの良いところとは・・・。

 
 殴りプリはいわゆるソロ仕様職である。これを悲観するものも多いが、ソレは違う。プリーストに頼ったりせねばならないWIZや騎士とか、逆にWIZや騎士に頼らざるを得ないINTプリと違って、殴りプリはスタンドアローンでの活動が可能なのである。

 ハンターがガンキャノンならば、お前はガンダムだ!
 殴りプリとはガンダム職なのである。最強のゼネラリストだ。

 支援とか、稼ぎ頭が必要な軟弱者とはレベルが違う。
 そもそも、なぜソロ仕様かというと、殴りプリは自己完結するからである。回復は自分で。補助も自分で。稼ぎも自分で。
 単一の能力しか持たないほかの職の連中とは、そもそも格が違う。

 存在次元が違うのだ。

 四次元から、三次元を見ることはできるが、三次元から四次元を見ることはできない。なぜなら、そっちの方向が無いからである。

 それと同様に、殴りプリは、より高次元の存在であるので、他の職からは見えないのである。

 つまりこれは、より神に近い職であるといえる。

 さらに!!!
 殴りプリは忙しい人にオススメなのである。

 なぜならば、殴りプリには相方など必要ない。
 通常の職ならば、狩りに行こうと思っても、なんだかんだで一緒に行くメンバーを探したりで、出発までに数十分かかってしまうが、殴りプリは思い立ったが吉日とばかりに、すぐに出発可能である。

 他人の時間の都合に惑わされる必要など皆無で、自分が行こうと思えば、いつでも、ごく短時間でも行ける。
 つまり、忙しくて細切れの時間しか取れない人間に、限りなくオススメだ。

 普通に狩りにいったり、臨時に行ったら、二時間たっぷり消費しかねない。

 殴りプリは集中ポット一本分狩りしようとか、そういう器用な時間のマネジメントが可能なのだ。
 素晴らしいであろう。

 他にも、深夜に外人がオーバーアクションでやっている妙な通販で買ったテレビをみながらできるエクササイズマシンによる運動一回分の時間だけ狩りをしようとか可能だ。

 「わお!凄いぜマイケル。マミーに4ケタダメージだよ。」
 「おいおい、本当はそんなんじゃないんだぜ、マグナムブレイクこそ本領発揮だ。」

 みたいなノリでプレイ可能かもしれない。

 

 他にも、ゲームは一日一時間という拘束があっても殴りプリは可能である。

 

 昨日の占いをやってみて、もし、職業が殴りプリになった者がおったら、是非にも殴りプリをやってみると良い! 

 

 天の神様

 わーお神さま。この聖水はすごいや。チェインにかけて叩くだけで、敵がみるみるうちに消えちまった。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十六日

占い

 私が、貴様らに適した職業を占ってやろう!というわけで

 ココをクリックして、チャートのとおりに進んでみてくれ。スタートは一番左上である。
 最後までいって、自分のアルファベットが出たら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 それぞれクリックするのである。
 若干、全職業よりも、アルファベットが少ないかもしれぬが、気にしてはならない。ちゃんと、全職業あるから!

 それから、自分の答え以外は見てはだめだ!絶対だぞ!

 天の神様

 みなが、私の占いを信じて、健やかに育ちますように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十五日

大豪院

 ロリルリ。

 ロリルリ。
 思うに、ロリルリは名前ではない。

 名前ではないのだ。どう考えても、どう考えても略称である。

 略称であることを考えると、ロリータ・ルリであるというのが有力である。
 が!しかし、ロリータじたいが、ドロレスという人名の愛称であることを考えると、彼女の本名は・・・

 ドロレス・ルリちゃんではなかろうか。

 しかーーーーーーーし!
 ルリというのはどう考えても名前である。

 るりちゃんである。

 瑠璃ちゃんである。

 日本人であろう。
 だとすると、ドロレスが苗字かというと、それもありえない。

 ならば、ドロレスは恐らく・・・セカンドネームなのである。

 だから、なんちゃらかんちゃら・ドロレス・瑠璃というふうに、ドロレスの前に苗字が来ると考えるのが打倒である。
 だとすると!

 山田・ドロレス・瑠璃

 とか・・・

 土橋・ドロレス・瑠璃

 とか・・・

 坂東・ドロレス・瑠璃

 とか・・・そういう名前の可能性もある。

 場合によっては

 大豪院・ドロレス・瑠璃

 という名前である可能性すらある。それは強そうだ。しかも、大豪院だと、こういうことが発生するかもしれない。
 「あ、あれはリバースオーキッシュ!?」
 「知っているのか、雷電?」

 「ああ。ダーウィンの進化論によって、人類が猿人から進化したということが世界的に広まったのは有名な話だが、その進化の過程を人類はDNAに刻み込んでいるという。つまり、猿の姿や、それ以前、海から上がる前の姿などもDNAに刻み込まれている。これが悪い方向に左右すると、新生児に先祖がえりなどの異常が発生することは有名である。この、DNAの記憶を呼び覚まし、相手に進化の道を退行させ、まだ人間とオークが分化していなかった時代にまで遡らせるという恐ろしい秘術を、唐の時代に玄宗皇帝のお抱えの暗黒武術の達人にして、東西の秘術を極めたといわれる格闘家、李馬宿が編み出したとされている。リバースという英語の語源も、現在ではこの李馬宿の名に由来するというのが学会でも定説となっている。この技は背中にある秘孔を指で突き刺して行うものであり、現代でも使われる「後ろ指を差される」という言葉は、当時この李馬宿の技を喰らって猿顔になったりしてしまった人間が笑いものにされていたことに由来している。

民明書房 DNAの旅〜古代拳法の智慧を追って〜」

 ということも、大豪院・ドロレス・瑠璃の場合は発生する。

 でだ、何が言いたいかというと。
 私は本日、民明書房大全を買いそびれてしまったということである。

 天の神様

 明日こそ買えますように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十四日

電気ストッピ

 タイヘンダ!
 大司狂の仕事は五時のチャイムでおしまいなわけで、その後は異教徒が脇を通ろうが、となりでバケモノに人間が食い殺されようが、勤務時間外であるし何より、時間外労働してしまうと色々と上がうるさいので、素通りするわけであるが・・・そんな、何にも縛られない優雅な夕方。

 私は、伊藤園濃い味緑茶の2リットルペットボトルを買いに、商店街へと出かけたのであるが・・・。

 大停電。

 商店街一帯の電気をつかさどる、地下にある分岐だかなんかが、破損したということで、商店街は闇に閉ざされた!

 ろうそくをつけて営業している店なんかもあって、異常なほどの・・・なんていうか・・・。
 そう、郷愁溢れるといったら妙な話だが、なんか妙な情緒のある街になっていた・・・が!

 財布の中の金が見えぬ。
 レジが止まっていて店員が電卓を使おうにも、明かりがないので電卓が動かない。

 頑張って暗算。

 という、凶悪コンボによって買い物が思うように行かないばかりか・・・暑い。
 エアコンが停止しているため、本当に暑い暑い暑い暑い。

 みな、数分で直るだろうとたかをくくっていたのだが、物理的に破損していたらしく、東京電力の車が赤色灯を回転させつつやってきた。

 コンビニではアイスが溶けた。

 マクドナルドはその機能を停止した。

 調理機能の中枢を電子レンジが支配するバーミヤンも停止した。

 歯科医などはさらに悲惨だったようである。

 多分、民度の低い国だったら、略奪とか起きていそうな場面である。
 まことしやかにささやかれるテロ説。

 日本に潜伏したアルカイダ。小さな事からコツコツと、まずは商店街レベルで停電テロを敢行!などというバカな話まで、出てきたり出てこなかったり。

 小さな事からコツコツとって・・・どっかの世界征服漫画じゃないのであるから・・・。

 停電は実に四十分にも及び、商店街の機能をマヒさせたのである。
 が!!!!

 実は!

 後から!

 私は友人からさらなる悲劇を聞いた!

 それは、停電に巻き込まれた、とある店舗の中にあったトイレでの惨劇である。
 そのトイレは赤外線によって、立ち上がる動作を感知してオートマチックに流れる仕組みになっていた・・・なっていた・・・なっていた・・・。

 つまり、電機で動く。

 大きなほうから小さなほうまで、流せる力は♪とか・・・下品な替え歌を歌いたくなってしまう。
 そう、ヤンマーディーゼルで自家発電できれば問題ないが、あいにく普通の電気だけだったので・・・その機能は停止した。

 何が起こるか・・・

 最新の技術の粋を尽くしたトイレは、一瞬にして・・・流れないトイレへと変貌したそうである。

 エイメン。

 普段、電気は目に見えないし、意識することもない。
 が!電気が通わなくなるだけで、かように不便であるとは意外であった。

 停電とは実に恐ろしいものである。

 でだ・・・。

 一つ問題がある。
 うん。

 四十分ほど、停電が直るまで商店街の惨状を見て楽しみ、電気が開通した後満足して帰ってきた。

 

 

 つまり・・・・濃い味緑茶を買ってくるのを忘れた。 

 天の神様

 電気を大切にね!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十三日

ヤバいノリの日。

 ふと、思った。
 手タレというのがある。手だけのタレントである。手の美しさを磨き上げた、手のプロフェッショナルである。

 同様に脚タレというのもある。

 こういった、局地戦仕様のタレントの種類というのはどんなのがあるのだろうか。もちろん、先行試作型陸戦用タレントとか、そういう局地戦用が無いのはわかってはおる。

 まあ、妥当なところで、腹タレとか、乳タレとかはいそうである。

 マニアックに、首筋タレとか、うなじタレとかもいるかもしれない。

 うなじタレというのは、創業時から代々継ぎ足し継ぎ足ししながら、使いつづけてきた、うなじの旨みのたっぷりつまった秘伝のタレで・・・って、それはウナギであろう!という感じに、うなじのタレントである。

 いや、よくわからぬフリになってしまったが・・・。

 そういう感じで、考えていくと・・・局地戦仕様というのは割と思いつく。

 鼻炎薬とかのCMなので、くしゃみをしたり、苦しそうにしたりすることに関しては右にでるものはない!というくらい、具合悪そうな仕草と、くしゃみと、鼻を極めたものは恐らく・・・

 鼻炎だけに、鼻タレだろう。

 うまい!山田くん!座布団一枚持って参れ!

 お前だお前!お前が山田だ!

 

 でだ・・・。

 恐らく、表現の自由と、猥褻図画の微妙な判断による、起訴とか判決とか、そういう事件が起こった歳に、テレビに出てくるタレントは恐らく。

 チャタレー。

 

 HAHAHAHAHA(アメリカ人笑い

 

 最高だよボブ。

 

 ・・・ボブが誰かって?お前だお前!
 お前がボブだ!

 

 今日はなんだか絶好調だ。

 そういうわけで、青年誌とか、男性誌の巻末とか、裏表紙によく出ている宣伝公告があるであろう。
 超阿修羅級の爆運が唸り、豪運が轟き、激運が炸裂する!とか・・・。

 微妙な顔した兄ちゃんが、その商品を体につけて、白いムダに成金趣味の風呂に札束をしきつめて、美女を二人かかえながら、笑顔で写っているアレである!

 宝くじに当たった!とか・・・そういう、ありえなさそうな体験談が書いてある系のアレである。

 人生で何かあっても、あのモデルだけにはなったらアカンだろうというようなアレである。

 あれの専用のタレントは恐らく・・・・

 

 

 宝くじだけに・・・・・・・・

 

 

 あタレ。

 

 ・・・

 ・・・・・・

 ・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・

 A---------HYAHYAHYAHAHAHAHAHA(激しくアメリカ人笑

 

 

 

 お、お後がよろしいようで。。。。。

 天の神様

 謎の思考が脳を占拠しています、お救いください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十二日

鈍る。

 さて、実は、機能追加したコンテンツは、はじめましてに隠されている。
 写真をクリックすると、血迷った写真と珍問答が見れるので気付いておらぬヤツはみてみると良い。

 さて、ニブルヘイムにいってみた。
 キャラクターは88レベルの殴りプリーストである。

 88になったのと、悪魔の羽耳のお陰で、STRが110を突破し、かなりシャレにならない攻撃力を発揮するようになった。

 ニブルパッチ万歳である。このままSTR120を目指すのも悪くないな、などと血迷ってしまいそうである。現在、クリップオブパワー*2のデビルチビレタとSTRピッキセイントと耳羽で111なので、あと2レベル上げて、STRが約4上がる。これで115、そこに熱血ハチマキに変更すれば116、パワーリングを二個用いれば118・・・頑張れば91,2レベルくらいで達成できそうだが、すごくムダっぽい気もするので悩むところである。

 現在、マミー相手なら1000超のダメージをボコボコ出すという爽快な狩りが可能である。

 さて、ニブルヘイムだが・・・なかなか稼ぐのには良いマップである。
 88レベルの殴りプリであるが、普通にソロで戦うことができ、なおかつ稼げる。非常に良いマップである。

 オーラの夢も見れそうなバランスである。

 でだ、あそこの構成は、基本的には・・・

 木:悪魔/闇
 ロリ:悪魔/闇
 デュラ:不死/不死
 ハイロー:悪魔/闇
 血殺:人間/闇

 な、ワケである。なんとなく、あそこの日ごろの生活を考えてみた。

 あのマップに住む家族は・・・

 木は恐らく、おじいちゃんである。一家を束ねるおじいちゃんだが、いいかげん若いものには叶わなくなってきている。その息子が、ブラッディマーダーである。
 彼の娘が、ロリルリとハイローゾイストであろう。

 長男はデュラハン。
 ロリルリが長女で、ハイローゾイストが次女である。
 恐らく、奥さんはハイローゾイストを産んでまもなく死んでしまったのであろう。

 それ以来、彼は男で一つで、男の子一人と女の子二人を育て上げてきた。

 今では、包丁さばきだってなれたものである。

 息子のデュラハンは、そろそろ大きくなってきて、いっちょまえに戦えるようになってきたのだが、気の強い妹のロリルリよりは、戦闘能力で劣っているが・・・天性の悪運の強さで、相手にとってとてもイヤな場面でクリティカルを出すなど、なかなか美味しいキャラクターである。

 娘のロリルリは気が強いうえに、悪戯好きなせいもあって、勝手に人の顔面をオークにしてしまったり、かんしゃくをおこして「お前ちょっとうるさいから黙れ!」と、沈黙させたりとか、やりたい放題である。
 母親亡き後、お父さんのブラッディマーダーが甘やかしに甘やかして育てた結果である。

 お父さんは、特に特技は無いのだが、パワーと硬さが自慢である。育ち盛りの娘たちのために、今日も新鮮な肉を確保しに戦いへと赴くのである。

 得意技は、高速で叩いてミンチ肉を作り出すソニックブローである。
 子供たちの大好きなハンバーグを作るために、彼が身に付けた必殺技だ。

 今日もお父さんは戦う。美味しいご飯を作るために、包丁片手に材料調達に行くのである。

 さぁ、今夜は臨公PTが大量だったから、豪華な晩御飯だぞ。
 このプリーストの刺身なんて、自分でちっとも働かない姫プリだったから、油がのってって美味いぞぉ。刺身は鮮度が命だから、滅多に食べられないぞ。

 それからこっちの、ナイトの煮込みも、筋張ってて固いナイトの肉を、お父さんが朝からコトコト煮込んでおいたから、ホネまで柔らかく食べられちゃうぞ!

 それからこっちの、ウィザードの脳を食べるんだぞぉ。こいつはなかなかINTが高かったからな。これを食ってお前たちも頭良くなるんだ!

 

 というような、一家の団欒が目に浮かぶようである。

  

 天の神様

 ニブルいってきました。効率がゴイスーです。今後とも、あそこが良い狩場でありますように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十一日

一新!

 さて、実はほんとはもう、かえってきておるのだが、明日は修行とは別の用事で礼拝ができないので、ナシなのである。

 さて!帰ってきたら、やるといったことがある!
 見てのとおりだ。

 髪の色が2004年度レイホウスタンダード準拠の赤茶色になったのである。
 たぶん、絶対無いと思うが、私を描くときには、この髪の色を使うと良い。適当に、スポイトで毛をひっぱればよい。

 さて、本日は、更新代わりにちょっとしたコンテンツを増やしておいた。
 とある場所をクリックすると、この世のものとは思えない、異常な配色の不思議ワールドに突入するので、確かめてみて欲しい。

 いやぁ・・・あの背景は恥かしかった。

 天の神様

 長い修行が終わり、これからが本番です。
 心機一転バナーも改めて、今後とも頑張っていけますようにお導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月十日

らーめん

 最近ラーメンズにハマっている。
 実に素晴らしいお笑いコンビなのである。ラーメンズは。

 で・・・ラーメンズの代表作の一つである、日本で役立つとっさの一言というのを聞きまくっていたら、妙な夢を見た。

 ラグナロクオンラインで役立つ、とっさの一言。
 ちなみに、生徒がこれに続いて復唱するのである。

 ここは、プロンテラですか?

 

 はい、ゲッフェンです。

 

 プロンテラはゲッフェンですか?

 

 とんでもない。首都です。

 

 ごめんなさい。

 

 逃げます。

 

 人間です。

 

 本当に、人間です。

 

 必死で狩りをしている人間です。本当です。本当です。

 

 MPKするつもりはありませんでした。本当です。

 

 半漁人は、見た目的に見ているのがイヤなだけです。本当です。本当です。

 

 敵の攻撃が全てMISSなのは偶然です。本当です。

 

 その、+10マタの首輪は、道で拾いました。本当です。

 

 このバルムンクは、いつのまにか装備欄に入っていました。本当です。本当です。

 

 その、店売りマフラーは間違って露天に並べたものです。

 

 その時間、私は露天でアイテムを売ったりは、していません。本当です。

 

 本当です。本当です。

 

 そんなBOT、見たことありません。本当です。本当です。

 

 そのBOTとの公平PTは、いつのまにか組まれていました。

 

 本当です。

 

 私は、人間です。本当です。

 本当は・・・・・・

 

 人間です。

 

 本当です。

 ・・・・・本当は・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 という、酷い夢だった。
 ラーメンズを知らぬヤツにはサッパリだろうが、まぁ、今度機会があったら探してみると良い。
 そこらじゅうにはいて捨てるほどいる凡庸なお笑い芸人とは、レベルが違う。というか、多分、存在次元が違う。

 見事すぎる演技力。形態模写。
 実に素晴らしいのである。

 さて、新しいレイホウ写真の製作に戻るとする。 

 天の神様

 本当です。本当は・・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月九日

タブー

 さて、今日はこれから、もんじゃ焼きを食いにいかねばならぬのである。
 もんじゃを食うというのは戦いである。絶対に、ゲロの話をしてはいけないが・・・ダレもが、そのタブーを回避しようとしつつも、心の底ではその話題に持っていきたいと思っている。

 へたくそな連中だと、もんじゃ食ってるときにゲロの話はするなよ!ゲロの話は!という、微妙な形でゲロトークをしていくことになるが、我々の場合は戦いである。

 常に牽制をせねばならない。
 相手の行動に目を光らせる。

 ちょっとした会話の端々に目を光らせ、ゲロへと発展する会話を事前に迎撃することを念頭において、にこやかにもんじゃを食さねばならない。

 表面上は笑顔を装いつつも、その笑顔の下では、シンクロナイズドスイミングの水面下のような激しい事態になっているのである・・・。

 まるで・・・そう、私はそんな漫画を知っている。

 デスノート。

 

 

 ・・・・。デスノートを読んだ。
 主人公のライト君が、とってもイイ笑顔で人あたり良く普通の生活をしながらも、名前を書くと人を殺せるノートを用いて、悪人を殺していく物語である。

 かなりイカれている。
 だって・・・世界中の犯罪者を殺して、自分が新世界の神になると言っているのが主人公なのである。

 目的のためだったら女だって容赦なく殺すし、利用だってしてしまう。
 少し、大義のために全てを犠牲にして突き進む精神は、学ばねばならぬと思わされる物語である。

 というわけで、私が諸悪の根源もんじゃ焼きを食い尽くして、平和なもんじゃにしてくるのである!

 

 天の神様

 もんじゃ!ももんじゃ!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月八日

ルーンミドガズ国勢調査・・・発表

 それではー・・・オラが県が日本一・・・正式な各賞の授与である。 

 友達と出身地の話をしていて、相手の口から出てきてもいまいちドコにあって、どんな土地柄なのかが解らなくて気まずい気持ちになる県賞

 福島県:
 福井県:福の字トリオがそれぞれノミネート。ごっちゃにされて、最早どこに存在しているのかすら解らない人がいるというデンジャラスさ。友達に出身地を聞いて「ああ、俺福岡」といわれて会話を続けるのは至難の業。
 福岡県:

 最初から、三県が同着で受賞。
 福福福と、縁起は良いが解りづらさが痛いところ。さらに、福と徳が似ているため、徳島とも勘違いされる分、福島が若干強いものの、同着となった。

 

 あそこは環境が良いからねぇと話しながらも心の底では田舎だと思っており、そうそういく事がない県賞

 北海道:日本の最北端の道が見事に受賞。環境がよいとか、メシが美味いとか言って褒めつつも、北の果てという環境に恐れをなして、全ての言葉の後に心の中で「私は行きたくないけど」という限定が入る県としてもナンバーワン。

 

 自分達ではいっちょまえの都市のつもりでも、他の大都市の人間から見るとその中途半端な立地や、微妙さからどうしても見下されてしまうが必死で頑張る姿がほほえましくもあり、むかつくようでもある県賞

 名古屋県:・・・もとい、愛知県:
 東京、大阪、京都などなど、大都市は数あれど・・・名古屋も大阪と同じレベルとはいえ、微妙な中途半端さが受賞のカギとなった。
 特に、これといった特産品が「味噌」以外に無く、大阪のようなパンチの強さも無く、関西弁のような歯切れの良さの無い、どちらかというと野暮ったい方言が非常に強力。
 また、最終兵器マウンテンを持ち、世界に対してマウンテン抑止力を行使するというなかなかに悪い県。
 ゲロ支援国家としてマークされつつある。

 

 ものすごい北の果てにあると思われつつも、実は単に思いっきり縦長なだけで実はそんな北に位置しているわけではないのに、北の果てだと思われて敬遠されている県賞

 新潟県:ぶっちぎりでの受賞となった新潟県である。秋田が新潟の上にあるなどという事実をついつい忘れさせてしまうほどの、強烈な北というイメージ。ひょっとしたら、マンギョンボン号によって植え付けられたのかもしれない。 

 

 実は日本一のものを持っているのに、イメージ的にそれが日本一であるようには思えないので、本当にそれが日本一であることの知名度が低い県賞

 岩手県:日本一広い県である。県に限った場合、ぶっちぎりの一位がこの岩手県である・・・が、あくまで、都道府県の県に限れば・・・であり、どうしても道の存在上強く出ることが出来ないかわいそうなヤツ。

 

 ちなみに、賞の名前、とくに一番最初のヤツなどは、実際の事件や体験とは一切関係ないフィクションなので了承せよ。
 本当だってば! 

 天の神様

 福井、福島、福岡。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月七日

ルーンミドガズ国勢調査・・・発表

 ちょっと更新が遅れたが、私である。

  ポジティブ ネガティブ その他 合計 ポジ率 ネガ率
北海道 5 2   7 71.43% 28.57%
青森県 1     1 100.00% 0.00%
岩手県 4     4 100.00% 0.00%
宮城県   6   6 0.00% 100.00%
秋田県 5     5 100.00% 0.00%
山形県 3     3 100.00% 0.00%
福島県 2 1 1 4 50.00% 25.00%
茨城県   4   4 0.00% 100.00%
栃木県   5   5 0.00% 100.00%
群馬県 2 1   3 66.67% 33.33%
埼玉県 5 6 1 12 41.67% 50.00%
千葉県 5 1   6 83.33% 16.67%
東京都 5 8 2 15 33.33% 53.33%
神奈川県 3 11   14 21.43% 78.57%
新潟県 3 1   4 75.00% 25.00%
富山県 4     4 100.00% 0.00%
石川県 5 1   6 83.33% 16.67%
福井県 2 3   5 40.00% 60.00%
山梨県   2   2 0.00% 100.00%
長野県 1 1   2 50.00% 50.00%
岐阜県   3   3 0.00% 100.00%
静岡県 5 2 1 8 62.50% 25.00%
愛知県 2 9   11 18.18% 81.82%
三重県 5 1   6 83.33% 16.67%
滋賀県   2   2 0.00% 100.00%
京都府 4 2 2 8 50.00% 25.00%
大阪府 4 7   11 36.36% 63.64%
兵庫県 6 3   9 66.67% 33.33%
奈良県 3     3 100.00% 0.00%
和歌山県   1   1 0.00% 100.00%
鳥取県 1     1 100.00% 0.00%
島根県 1     1 100.00% 0.00%
岡山県 4 3   7 57.14% 42.86%
広島県   3   3 0.00% 100.00%
山口県 1     1 100.00% 0.00%
徳島県 1 1   2 50.00% 50.00%
香川県 2 1   3 66.67% 33.33%
愛媛県 2 3   5 40.00% 60.00%
高知県   1   1 0.00% 100.00%
福岡県 3 3   6 50.00% 50.00%
佐賀県   1   1 0.00% 100.00%
長崎県 1 1   2 50.00% 50.00%
熊本県 1     1 100.00% 0.00%
大分県 1 2   3 33.33% 66.67%
宮崎県   3   3 0.00% 100.00%
鹿児島県 1 3   4 25.00% 75.00%
沖縄県 1 1   2 50.00% 50.00%
カリフォルニア 1     1 100.00% 0.00%
合計 105 109 7 220 47.73% 49.55%
232レス(16:40)まで

 

 さて、先日の調査結果から、さらにいくつか、考察をしてみたいと思う。

 とりあえず、単純なプレイヤ比率で言えば、

 東京はかろうじて、首都のメンツを守り、ついで、神奈川、サイタマ・・・となっている。
 ちなみに、その後には

 味噌の国、愛知。
 古の首都、京都。
 食い倒れ、大阪。

 などが、当然のようにランクインしているのだが、見逃せないのが、七名でポジティブ率七割程度という北海道である。
 全日本アマチュアヤマイドウ選手権大会!

 ・・・じゃなくて、北海道!北海道!北海道!

 である。

 独立国家としてやっていけるという、日本最強とも言える地域にして、唯一の「道」。
 貴様らは、しょせん北海道なんて単語はサラっと聞き流しておるだろうから、気付かぬであろうが、実は貴様らが普段から、あの不気味な緑色の生命体に対して使っている言葉に、北海道の秘密が隠されている。

 オークという種族が居る。
 オークヒーローも強いが、それとタメをはる肉体派にして、偉い人。

 つまり、オークロードというのがある。

 ヒーローはあくまで英雄。一兵卒に過ぎぬが、ロードは領主である。

 で・・・何を言いたいかというと。 

 

 北海「道」。

 オークロード。

 貴様らは、よくこう呼ぶ。
 道兄貴。

 兄貴道。

 道:ロード。なのである。

 本当は違うのだが、略語として道が定着しておる。
 しかるに、私は、北海道の道とは、ロードであると考えたのである。

 

 つまり、北海ロード!ホッカイロードである。

 North Sea feudal Lord!!!

 なんて、超格好いい名前であろうか。
 北海道とはつまり、北海の覇者であり、領主であるという意味なのである。恐ろしい・・・まさか、日本という国が、はるか昔からLoadに対して、道という略称を使っていたとは・・・。

 そんな力強さが北海ロードなのである。

 天の神様

 南海ロードがいない以上、彼の立場は最強です。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月六日

ルーンミドガズ国勢調査・・・発表

 さぁ、予告どおり、二十六時に更新である。

 ふと思ったのだが、よく、深夜番組などでは、二十五時とかの表記を見かけるが、あれは翌日に関してはどのような調整が行われているのだろうかと思った。

 二十五時間あると、翌日は二十三時間で一日になってしまう。

 そいつぁタイヘンダ。

 もっとも、実際には一時なワケだが・・・。

 あの、二十四時超の表記の、限界ラインはドレくらいに所にあるのだろうかというのを考えてみた。

 だいたい、25とか26あたりが良く見る限界である。
 27時となると、流石にやばい。

 何か、本能的に心に刻み込まれた、四捨五入に近い感覚があるのだろうか。

 24時から30時までを区切ると、25・26・27・28・29の五つである。

 そうすると、だいたい、序盤・・・これを十進数だと仮定した場合に、四捨五入して0になるラインが26なのである。

 体感的に、体には十進数が身についており、その半分辺りを目安としてしまうのであろう。

 だから、区切りは30なのである。
 それに対して24からの中間が、27である。

 とすると、27からは30も同然。

 というわけで、半分より上なんてもう楽勝である!

 と・・・思うのだが・・・どうしてEXPだけは50%超えてもなんだか、100%な気がしないのだろうか。

 天の神様

 ダブル台風!死者など出ないようにお導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月五日

ルーンミドガズ国勢調査・・・発表

  ポジティブ ネガティブ その他 合計 ポジ率 ネガ率
北海道 5 2   7 71.43% 28.57%
青森県 1     1 100.00% 0.00%
岩手県 4     4 100.00% 0.00%
宮城県   6   6 0.00% 100.00%
秋田県 5     5 100.00% 0.00%
山形県 3     3 100.00% 0.00%
福島県 2 1 1 4 50.00% 25.00%
茨城県   4   4 0.00% 100.00%
栃木県   5   5 0.00% 100.00%
群馬県 2 1   3 66.67% 33.33%
埼玉県 5 6 1 12 41.67% 50.00%
千葉県 5 1   6 83.33% 16.67%
東京都 5 8 2 15 33.33% 53.33%
神奈川県 3 11   14 21.43% 78.57%
新潟県 3 1   4 75.00% 25.00%
富山県 4     4 100.00% 0.00%
石川県 5 1   6 83.33% 16.67%
福井県 2 3   5 40.00% 60.00%
山梨県   2   2 0.00% 100.00%
長野県 1 1   2 50.00% 50.00%
岐阜県   3   3 0.00% 100.00%
静岡県 5 2 1 8 62.50% 25.00%
愛知県 2 9   11 18.18% 81.82%
三重県 5 1   6 83.33% 16.67%
滋賀県   2   2 0.00% 100.00%
京都府 4 2 2 8 50.00% 25.00%
大阪府 4 7   11 36.36% 63.64%
兵庫県 6 3   9 66.67% 33.33%
奈良県 3     3 100.00% 0.00%
和歌山県   1   1 0.00% 100.00%
鳥取県 1     1 100.00% 0.00%
島根県 1     1 100.00% 0.00%
岡山県 4 3   7 57.14% 42.86%
広島県   3   3 0.00% 100.00%
山口県 1     1 100.00% 0.00%
徳島県 1 1   2 50.00% 50.00%
香川県 2 1   3 66.67% 33.33%
愛媛県 2 3   5 40.00% 60.00%
高知県   1   1 0.00% 100.00%
福岡県 3 3   6 50.00% 50.00%
佐賀県   1   1 0.00% 100.00%
長崎県 1 1   2 50.00% 50.00%
熊本県 1     1 100.00% 0.00%
大分県 1 2   3 33.33% 66.67%
宮崎県   3   3 0.00% 100.00%
鹿児島県 1 3   4 25.00% 75.00%
沖縄県 1 1   2 50.00% 50.00%
カリフォルニア 1     1 100.00% 0.00%
合計 105 109 7 220 47.73% 49.55%
232レス(16:40)まで

 一応の調査結果である。いったん、まぁ、機会があるごとに、たまには集計してみたいと思うが、サンプル件数、実に二百三十二件という、調査として充分すぎるモノである。

 とりあえず、県民性アンケート。inラグナロク。

 ちなみに、ネガティブとポジティブは、自慢の内容である。
 ネガティブな自慢、ポジティブな自慢に分かれている。

 

 ネガティブ部門:

 キングオブネガティブ県:宮城県
 伊達正宗を誇る人間はダレもいない。
 ワールドカップ会場となったスタジアムが異常に交通の便が悪いなど、確かにマイナス要素は多いし、狂牛病によって、基幹産業とも言える牛タンに致命傷を受けたことなど、ネガティブな原因は多数考えられる。

 しかし、回答数六名中、六名が見事にネガティブである。

 主な回答:
 J2で強くてもJ1でお察しなベガルタ仙台。:私はそんなチーム名は初めて聞いた。
 東北一の都市なのだが大して凄くない。:そもそも、東北一だなんて初耳である。
 ピンクチラシの量が日本一。:これは聞いたことがある!そういう土地柄なのだ!仕方が無い。
 下から数えたほうが早いくらい頭の悪い県。:ピンクチラシとの関係性が気になるところである。
 ルーズソックス発祥の地。頭が悪い:ピンクチラシとルーズソックスと頭の悪いことの関係性が気になるところである。

 

 宮城県ワード:頭が悪い・ルーズソックス・ピンクチラシ・東北一。

 

 ポジティブ部門:
 キングオブポジティブ県:秋田県

 奇しくも豪雪地帯から全く逆の秋田県がランクイン。
 秋田といえば、秋田小町に秋田美人。きりたんぽに、最早日本語として理解不能な方言などなど。

 主な回答:
 秋田マンセー。:そ・・・その、半島に近い地域であることの関係があるのだろうか。とりあえず、無根拠な地元礼賛。
 マタギの国、バンザーイ!:またもやマンセー。最早、宗教的ともいえる礼賛。
 花火大会の日だけ準百万都市。:そんなこともなぜだかポジティブシンキングに聞こえるのが、やはり恐ろしい。
 女の人が綺麗。:やはり出た秋田美人。
 じゅんさいの生産量が日本一。:一度食ったことがあるが、名前しか覚えていない。しかし、一位であることは良いことだ。

 五人中全員がポジティブシンキングという凄い土地である。
 しかし、秋田県の恐ろしいところはそうではない。
 なんと言っても、一番恐ろしいのは、「無根拠な地元礼賛。」である。恐らくこれが、秋田のポジティブの動力源である。

 今後、独立国家とならないように気をつける必要があるだろう。

 秋田県ワード:マンセー・バンザーイ・秋田美人・じゅんさい・花火大会。

 

 

 オラが県が発祥部門:

 おろし蕎麦発祥の地:福井県。
 福井県データ:
 ポジ率:40%
 ネガ率:60%

 最近、北陸に居るので、おろし蕎麦も食ったが、辛い・・・ダイコンが辛すぎる!

 

 生花栽培発祥の地:千葉県。
 千葉県データ:
 ポジ率:83.33%
 ネガ率:16.67%

 千葉!
 ヤンキーの生産量が多いようである。花とは関係なさそうだが・・・。

 

 三井家発祥の地:三重県。
 三重県のデータ:
 ポジ率:83.33%
 ネガ率:16.67%

 妙にポジティブな三重県。
 三井家発祥を誇る県である。松坂牛とか、割と高級な土地柄のようである。

 

 カレー発祥の地:神奈川県。
 神奈川県のデータ:
 ポジ率:21.43%
 ネガ率:78.57%

 妙にネガティブな神奈川県はカレー発祥の地である。
 だが、カレー発祥の地の座は譲ったとしても、我がホームタウンK駅。つまり吉祥寺のカレーの町としての地位は譲るわけにはいかない。ライバルと言える土地である。

 

 ルーズソックス発祥の地:宮城県。
 宮城県のデータ:割愛。

 頭悪い県からルーズソックスが爆誕である。
 頭悪い>ルーズソックス>ピンクチラシ・・・という、流れるような連想の見事なコンボをきめているあたりに、キングオブネガティブの貫禄が見える。

 

 日本の暴走族&日本のビーチボール発祥の地:富山県。
 富山県のデータ:
 ポジティブ率:100%

 暴走族とビーチボールの二つの発祥をもった富山県である。

 ロックンローラーがいるのも富山らしい。
 ちなみに、補足説明しておくと、この北陸地域の暴走族は、東京などと違って夜になると街路が真っ暗であるため、近所のサティへと集まってくる。

 サティの駐車場にいまどき見かけないような強烈な珍バイクが止まっていて、感動したのである。
 しかも、ポジティブ率で秋田県に続く二位という輝かしい成績を誇っている。

 ちなみに、私もここまで書くまで、ビーチバレーだと思って書いていたら・・・固有の競技らしい。
 ビーチでやる必要は無く、ビーチボールを用いるスポーツのようである。

 インディアカ級のマニアックスポーツである。

 

 と、いうわけで、一通り主な県の特徴を挙げてみたが、明日はもうちょっと、マニアックな県をクローズアップしてみようと思う。

 天の神様

 全都道府県・・・と一州が集まりました。ありがとうございます。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月四日

ルーンミドガズ国勢調査

 ヴァン・ヘルシングを見てきた。
 過去のいくつかの、怪物物語へのオマージュを含みつつも、それらを上手に再構築して、非常に綺麗にまとめた作品であったと言える・・・。

 ちなみに、昨日から実施している調査だが、集計はしたのだが、色々と書きたいことが長くなるので、明日にでも・・・である。

 一つ言うと、

 島根県がまだ0名なのである。島根県でこんぷりーとなのだ。

 まぁ、明日の午前中にでも、余裕があったら追記する。

 何って・・・これから日が昇るまでに仕上げねばならぬ仕事があるのでマタネ!

 天の神様

 奇跡的に全都道府県が集まることを祈っております。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月三日

ルーンミドガズ国勢調査

 凄いことを思いついた!

 そもそも、このページを見ている人間には、どれくらいの人間がいるのだろうか。
 どれくらいというのは、つまり・・・どれくらいの都道府県に分布しているか・・・である。

 そもそも、各都道府県に一人ずついるのだろうか!?

 でも、割と石川県の話をすると、石川県民が。
 名古屋県の話をすると、名古屋星人が、掲示板に書き込んできたりする。

 なので、調査することにした。

 このページを見ている人間で、日本の県民全てをカバーできているのかどうかという大調査!

 自分の在住している都道府県と、その県の自慢をするように!
 自慢が重要である。

 たとえば、鳥取県ならば「合宿免許の候補地最強クラスの県」などである。
 名古屋星人だとしたら、年間のソースの消費量が何tだとか、そういう自慢である。

 もちろん、カナダとか、韓国とかもOKである。
 剣道や空手や柔道や日本語が自分の国の発祥だとか自慢しても構わぬ。

 とりあえず、昔ギルドを組んでいた仲間は北九州在住だったし、割と日本中に分布しているのかもしれぬ。

 しかしながら、やはり重要なのは自慢なのだ!
 貴様らの住んでいる県の自慢をするのだ!

 それを見てみたい!

 ばあいによっては、私がその都道府県を吟味して、トーナメント方式にて、日本一の県を決定しようと思う。
 私の独断によってだ。

 日本一地味な県とか、イメージが悪い県とか、田舎イメージの県とか・・・。

 とりあえず、水が不味い都道府県はぶっちぎりな気がせぬでもないが・・・。 

 天の神様

 奇跡的に全都道府県が集まることを祈っております。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月二日

メテオ

 ミーーーティアーーーー! プラス! ジムコマンド!

 

 超カッコイイであろう。
 元来、フリーダムガンダムに貼る予定だったシール「101」とかを貼ってあったりする。

 

 ううむ。素晴らしい。

 ちなみに、れなは「パーフェクトグレード ガンダムMk-U」を製作中である。

 シャレにならないパーツ数で、作った人間は変態だろうコレって感じのデキである。
 本当にもう恐ろしい作りで、製作手順の序盤なんて・・・中小企業とか、町工場とか・・・そのレベルである。

 つまり、ガンダム製作会社があったとして、その孫受けのさらに孫受けくらいの作業なのである。
 何に使うのか解らないような部品を延々作らされる感じである。

 腕の装甲の下に隠れてしまう油圧ダンパーの制御ユニットみたいなものを組み立てさせられるという・・・謎システムである。

 もう、本当に酷いレベル。
 しかも、組み立てると全部の苦労が、装甲のしたに隠れてしまうのである。

 超ガッカリだが・・・だんだん見慣れてくると、装甲の隙間からチラリチラリと見える部品が良い。
 ロボットに対してチラリズムを感じるという、ダメ人間へとレベルアップしてゆくのである。

 そのうち、ハァハァこのスカートの隙間から見える関節がたまらない・・・とか、この腕のヒンジの部分が装甲の隙間からチラチラっと見えるのがたまらないなぁ・・・とか、酷いことになってくる。

 ところで、ミーティアというと、私としてはラグナロクオンラインのキャラクターの名前なのである。
 私が昔良く一緒に遊んだ女騎士の名前が、ミーティアなのである。

 みんなに、みーてぃんこ、みーてぃんこと言われて慕われておった。

 今はどうしておるのだろうか、みーてぃんこ。Lokiサーバである。

 まぁ、そんなわけで、今日も仕事が混んでおるのでオワリ。 

 天の神様

 昔の友達にまた出会えますように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

九月一日

メテオ

 ミーーーーーーーーーーーーーーーーティア!

 ミーティアを作った。1/144のHGミーティアである。
 が!しかし。

 私がガンダムSEEDで好きなのは、ミーティアだけなのである。
 ミーティアとセットでフリーダムガンダムがついてくるのだが、不要だし、乗せたくもないので、同じスケールのジムカスタムを買ってきて、ミーティアに搭載することにした。

 のだが・・・・非常〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜に、よく似合っていて感動的である。

 現在、八月のぎりぎりの納期に追われる生活から脱出して、みんなでつかの間の休息を味わっている。

 のだが・・・なぜかガンプラが大流行。

 私も、ミーティアを買うことにしたのである。

 実にかっこいい!

 なんだかんだ言っても、初期のジムとかは、やはり兵器らしいというか、戦争の道具らしい配色なのであるが、フリーダムガンダムとかは本当に、派手で・・・安っぽく見えてしまうのだ。

 どれくらい安っぽいかというと、ガンホーの売ってるプリコスくらいに安っぽい。

 派手すぎる。

 質実剛健なジムのほうがはるかに格好いいのである。

 バーチャコップ3とバーチャコップ1くらい差がある。
 バーチャコップ3は安っぽすぎる。

 とにかく、そんな感じで、ジムの素晴らしさを味わったのである。 

 天の神様

 で・・・でかすぎ。どうやって持って帰ろうか悩みます。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!