一月三十一日

冷却機物語

 友人がラジアータストーリーズとかいうのにハマっている。
 名前を聞いたときは、発動機の冷却装置のストーリーかとおもった。

 

 ・・・。

 ・・・・・・。

 それはラジエータやろ!って突っ込むところであるぞ。

 内容をいくつか聞いてみた。

 戦闘はロマサガ系のシンボル接触系。
 仲間が150人くらいいる。

 つまり・・・察するに一人旅もできるんだろうか・・・そして、接触回避もできる・・・。

 これは・・・。

 最低戦闘回数クリアとかができる可能性が高いゲームである。
 それから一人旅。

 これができなきゃRPGなんてやる価値は無い。
 昔は最強装備で最強メンバーで99レベルを目指すプレイであったが、年を重ねるうちに変わってくるもので、もっとも過酷な環境を己に課してプレイするのが好きになってくるのである。

 強いキャラで勝てるのは当たり前である。弱いキャラで、装備を工夫し、何度も試行錯誤して、乱数の生み出す偶然と戦いながら、戦略を考えて勝つ。これが快感である。

 エゥーゴVSティターンズとかで言えば、若いうちはZガンダムで良いが、ある程度の年になったらザクあたりで戦えということである。

 そんなわけで、多少興味があるのである。

 そこで、買ったヤツに聞きたい!私が知りたいポイントは以下のとおりである。
 ・一人旅プレイが可能(絶対条件)
 ・最低戦闘回数クリアに挑戦できそう(十分条件であり、なおかつ主観的な意見で良い。ちなみにこれは、最低レベルクリアと同じ意味なると考えてよい。)
 ・戦闘システムが工夫次第で苦境をなんとかできるものか、レベルに完全に支配された力押しのものか。
 ・そもそもレベル制?

 

 そんなところである。
 ネットで評判を見たところ、前評判の割にはクソゲーという評価を割と見かけるのが印象深かった。

 Own Ragnarokのラジアータスレを見ていると、実に興味深い発言があった。

<戦闘面>
・何やっても「よっしゃ」しか言わない戦闘ボイス(操作キャラ)
・主人公以外操作及び装備変更不可。
・装備によってコンボ変えられると言っても結局○ボタン押してるだけ。
・主人公死んだら即ゲームオーバーなのに敵ボスの技であっさり死ぬ。
<システム面>
・時間制にも関らず「寝る」で時間指定できない。場合によっては放置しとかなきゃいけない。
・仲間集めがひたすらにお使いでめんどくさい。
・セーブポイントが少ない。
・BGMが微妙…。

 このうち・・・
・主人公死んだら即ゲームオーバーなのに敵ボスの技であっさり死ぬ。

 理想的ではないか。
私は、彼がこれを長所として述べていると感じた。少なくとも私にとってこれは明らかに長所と感じるものである。
 極光大破斬+異形胞子爆弾で瞬殺してくるラスボスのいるゲームとか、最高に燃える。
 ラスボスが強烈な4回攻撃でさらに地形ダメージも入って、アストラルゲートとかで、のっぴきならない状態にされるゲームも燃える。
 最大HPが999なのに「触手」で1k超えダメージを食らうゲームも燃える。
 ロマサガ3でラストの真四魔貴族を倒さずに破壊するものに挑むのが大好きな私向けの設定ではないか!

 次に・・・
・何やっても「よっしゃ」しか言わない戦闘ボイス(操作キャラ)

 ボイスをOFFできるなら気にならない。むしろ要らん。というわけで問題無い。
 ゲームはしゃべるのが当たり前!という考えはよろしくない!無いと思えばよい。
 ただしボイスOFFできない場合は邪魔なので最悪の評価となる。


・主人公以外操作及び装備変更不可。
 
仲間とはいえ他人を主人公のエゴによって服装まで意のままにするという世界がおかしいのだ!
と、考えれば問題無いし、最低レベルクリアなどするにあたって、装備固定のほうが工夫をすべき個所が増えて面白い。
 極度の自由よりも、ある程度の制約があるほうが面白い。
 というよりも・・・そう考えると通常のRPGが謎になってくる・・・。
 金を持っているのが主人公であることから考えて「うへへへ。お嬢ちゃん、ワシのために働けやぁ。美味しいメシも食わせたる、性能のいいベベも買うたる。さぁさぁ戦え戦え!」
 ドラクエ5とかも、主人公はガキの時分から自腹切ってビアンカに装備を貢いでおるからな・・・。

 そんなヤラシイ主人公はいやだ。

・セーブポイントが少ない。
 
明らかに利点である
。ネトゲと違って放置できるのだから、ちょっと用事が入ったときに中断するぶんには、つけっぱなしで良い。そう考えると緊張感がより一層上がるので、セーブポイントが少ないのは良い。
 しかしながら、最低レベルクリアなどをするにあたっては、若干の煩わしさを産むことになるが・・・より、実戦前の理論の構築が重要になるので良いといえば良い。

 

 このように・・・クソゲーだと言う意見が、ことごとく私の見解と食い違うのが問題なのである。
 私から見てみれば、主人公死亡で終わるのは理想的であるし、装備がかえられないのもネガティブなこととは思わぬし、声なんてどうでもいいし・・・そう考えると良いゲームではないだろうか。

 

 ちなみに、私の考える悪いRPGというのを発表したい!

 レベルが上がらないと何してもダメ。
 とりあえずヌルい。
 絵でごまかす。
 ムービーでごまかす。
 凝ったストーリーでごまかす。

 このようなことになる。
 これに当てはまるゲームは没。ダメ。話にならぬ。ということになる。

 ううむ。買うべきか買わぬべきか・・・。意見を求める。
 

 天の神様

 微妙にやりこみ臭のするゲームなのですがどうなのでしょうか。
 世間のクソゲー評価が事実であり、なおかつそう評価するのがマジョリティならばワゴンセールで980円になるのもすぐなので、それまで待とうかとも思うのですが・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月三十日

たっか

 在日外国人が管理職になれないのは国防上の問題に過ぎない。
 これが、我が国が考えた判決だ。昇進できないことについていろいろ言う人がいるかもしれない。
 それは日本で仕事をする外国人が、この法律に合わせてもらうしかない。
 外国人を使用できるポストはこれいじょう増やしたくないし、在日朝鮮人もこれ以上増やしたくなかった。
 ヒラ社員だけ認めたのも狙ってのこと。それが法律。
 これは国が作ったもので、そういう法律にしている。
 明確な意思を持っているのであって、間違ったわけではない。
 世界でも常識といえる理に叶ったものだとおもう。
 既判力のある最高裁の判決におかしいと難癖をつける人は居ない。それと同じこと。

 

 というわけで、日本に来て働くのがイヤならばカエレ!ということである。
 元はPSPに関する、クタラキの発言であるが、これは本当に応用できる幅が広くて面白い。

 

 レベル上げ以外にやることがないという問題は、あくまでもプレイ方法の問題に過ぎない。
 これが、私が考えたデザインだ。遊び方についていろいろ言う人もいるかもしれない。
 それはゲームをプレイするユーザが、この仕様に合わせてもらうしかない。
 使用する開発資金はこれ以上増やしたくないし、GMもこれ以上増員したくなかった。
 BOTが多いのも狙ったもの。それが仕様。
 これは僕が作ったもので、そういう仕様にしている。
 明確な意思を持っているのであって、怠慢なわけではない。
 世界で一番楽しいものを作ったと思う。
 著名建築家が書いた図面に対して門の位置がおかしいと難癖をつける人はいない。それと同じこと。

 というように、ラグナロクに応用することも可能である。

 しかし、最近のガンホーの経営状態が気になる。
 経営状態の指標として有効アカウント数しか示しておらぬが、新アカウント5DAYがROトレカ1パックに付属しておる時点で、もはやかなり信用ならない数字である。

 実際の収支を知りたいところだ・・・。

 まぁ・・・ガンホーにはまだまだ頑張ってもらいたい。

 関係ないのだが・・・ガンホーの森下って・・・ジャパネットたかたの人と似ておる気がする。

 天の神様

 たかたっ!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月二十九日

 明日は礼拝はお休みの日である。

 さて、本日はヘイローの日である。
 ちょっと私だけ一時休憩して、ヘイローを観戦しつつ日記を書いている。

 なかなか素晴らしい戦いをしておる。

 さやさやが「死ねよ!ふひゃーっはっはっは!貴様ら虫けらは死んでしまえ!」って感じで戦っているのが印象的である。

 もうすぐ転生が来るわけであるが、これはなかなか興味深いシステムである。
 英語でいうとリンカーネーションである。

 昔の人にとっては生きることは苦しみであった。
 イムの連中は、このリンカーネーションの輪から脱出する。つまり、解脱することを目的として修行を重ねておったわけである。

 だが、ラグナロクにおいては、転生はむしろ望んで行われるのである。

 妙なものだ。

 しかも、転生して必ず人間になれるという点からして間違っている。
 ラグナロクは延命システムが好きなようであるので、この点の矛盾を解決すべく、私が素晴らしい転生システムを考えてやった。

 転生を行うと、生前の業に応じて、様々な種族に転生をすることとなる。

 畜生になって活きることになるかもしれない。ウルフとか。
 この場合、ウルフで修行を重ねてレベル99まで上げることによって、さらに転生が可能になり、このときにウルフの時の業に応じてまた転生をする。

 そうして輪廻転生を繰り返して、やがて再び人間に戻ってくるのである。そうすると上位二次職になることができる。

 そして、上位二次職になってレベル99を達成すると、輪廻の輪から解脱してキャラが消えるのである。

 そうして、登録されている住所に解脱証明書が配達されるのである。そのころにはきっとウンザリしておる。

 これぞまさに転生システム。

 転生とはまさにそういうものであろう。

 前世にお座り上げとかをしておると、貴様は脚があるのに歩かんのか!と、神の怒りに触れて、歩くことの出来ないフローラとかに転生させられる。

 前世にルートを重ねておるとゴキブリになる。

 前世にトレイン狩をしておると、自分に取り巻きがついたりする。

 そんな感じでハードな転生システムであるが、そうすると本格的な仏教ゲーになってしまう。

 そういえば、一時期、仏教MMOがあった気がするのだが・・・どうなったのだろう。
 OHPに漂う怪しい空気のおかげで流行らなかったんだろうか・・・。

 天の神様

 いむー

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月二十八日

 ちょっと通達。UOの自宅の位置が間違っていた。ブリ西と書いていたがブリ東の間違いである。ちなみにフェルッカ。

 本日は久々にこっちを更新した。

 枕かへしの見る夢 第四話 赤い緑

 である。人が死なない&何も解決しない展開をご賞味あれ!

 天の神様

 えいえいおう!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月二十七日

エイエイオーは突然に

 日本で働くということは・・・ロボットになるということです。

 いやぁ、何を今更!
 韓国人の皆様、UOでもROでもなんでもかんでも、今日も元気にBOTではございませんか!得意ではないのかのう?ロボットになるの。

 というわけで、おばちゃんが最高裁で敗訴した。
 良いことである。

 外国人を国家機関の管理職においてしまうのは、国防上非常によろしくないので合憲は当然である。差別だなんてとんでもない。
 しかしあのおばちゃん、最終的にすべてを敵に回したわけである。
 そもそも、裁判に負けてあんなセリフ吐くおばちゃんは、管理職だなんていう人の上にたてる器ではない。

 あんなこといっても。誰も同情もしてくれない。日本にはもう居場所無いんじゃないだろうか。

 日本で就職しようとして、まじめに頑張っておるヒェミとかにも悪影響しかない発言である。
 アレでずいぶんと韓国人の印象が悪くなったに違いない。

 

 

 せっかくなので、私がそれっぽい擁護の文章を書いてやろう!それはもう、心にもないことなのだが、書いてやる!得意のサヨ文である。

 

 なぜ?人種差別の国、日本。
 東京都  団体職員

 先日の最高裁の判決には、本当に憤りでいっぱいになった。
 どうして、あのような人種差別を肯定するような法律が合憲なのであろうか。
 あれはまさに、日本におけるアパルトヘイトの始まりではないだろうか。いや、むしろそれよりもタチがわるい。顔立ちも同じ、髪の色も肌の色も同じ、そして彼女の場合は日本語を話すことだってできた。

 同じアジア人だというのに、なぜ差別する必要があるのだろうか。
 これは明らかに、日本人のほうが優れているという間違った差別しそうの始まりである。かつて、そうした驕りが、日本がアジアの盟主になるなどという幻想を抱かせ、残虐な侵略戦争へと進めていった。

 これほどおかしい判決に、誰も異を唱えないのはなぜだろうか。
 国家が今まで、歴史を捏造し、過去の過ちをひたかくしにしてきた教育によって、若者もどんどん右傾化している。
 そうした背景もあって、このような悪法が受け入れられてしまうのではあるまいか。

 この判決は、日本人以外のアジア民族を否定する恐ろしいものだ。また、日本という国が軍国主義に傾いていくのがありありと目に見えるようで恐ろしい。

 

 

 とか、どうだろう。
 うん。実にまじめである。

 

 可愛い見た目で隠された獄右に鳥肌
 東京都 無職

 先日、孫が電子メールを送りたいというので、必死の思いでパソコンを覚え、インターネットのひとつも見て回れるようになった。
 そんな折、孫が面白いといってみていたページに私は絶句した。

 見るからにいかがわしい黒い背景のインターネットでは、一見かわいらしい漫画風のキャラクタの絵が配されており、こういう色合いが流行なのだろうかと疑問を抱きながらも中身を見て私は恐ろしくなった。

 極度に右傾化したその思想と発言は、まさに大日本帝国時代を思わせるほどに過激なもので、とてもではないが孫には見せられないようなインターネットであった。

 さらに、そのインターネットから見に行ける他のインターネットでも、ハーケンクロイツをでかでかとかかげて、過激な発言をしている。
 さしもの私も、インターネットがこのような無法地帯かと思い知ってめまいを覚えた。

 そもそも、最初に見ていたそのインターネットでも、かわいらしい外見で扇動するばかりではなく、よくよく見てみれば名前からして洗脳なのである。
 一見して中国系かと見受けられる名前なのだが、何度か口に出して読んでみたところハっとした。

 その響きが、エイエイオーという鬨の声に酷似しているのである。
 知ってのとおり、エイエイオーというのはわが国における戦の鬨の声である。このような響きの名前を日常的に見せることによって、好戦的な極右へと洗脳していくのか思うと末恐ろしくなる。

 未来ある子供たちが、このようなインターネットによって毒されないように、今こそこうしたインターネットに規制が必要なときではあるまいか。
 

 天の神様

 えいえいおう!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月二十六日

隠されたROの仕様

[ニュース]それは猫舌対策ではなくて、愛知県という地理から考えて、西之園萌絵対策である。(注:彼女は作中で常々ホットでもコールドでもないミディアムコーヒーがなぜないのかと疑問を抱いている。)

 もうすぐ、転生が実装である。
 そんな感じで、ジプシーって一応・・・差別用語でロマと言うべきだった気がするところであるが、まぁ気にしない方向でいこうと思う。

 転生スキルってどんな感じだろうと思って見てみたら・・・。ダメージ系のスキルは殆ど・・・%が増えたバッシュじゃないか。
 バッシュでなければマグナムブレイク。

 まさにインフレ街道驀進中である。

 特に、インフレの権化ともいえるモンクにこの傾向が顕著である。
 そろそろデノミの季節ですよ?とか思ってしまう。

 デノミすりゃぁちょっとは落ち着くんじゃないだろうか。

 しかし・・・アサシンクロスの致命的な毒生産を・・・アルケミスキルではなくて、アサシンクロススキルにするあたりに、さすがラグナロクという感じを受ける・・・。
 アルケミストだろうよ・・・。というか、アルケミストの立場はどうなる!確かにアサシンは毒を扱うものだが、毒を製造するのはやっぱりアルケミストであるべきだ。

 逆に言うと、解毒クリップも廃止するべきである。毒にランクを設けて、一定レベル以上の毒はアサシンじゃないと解毒できないとか・・・。

 PTプレイ推奨という割には、スキルの配置はPT向けじゃないのが妙なものだ。一人で完結できてしまうのが極めてよくない。クルセイダーに聖水消費スキルを設けたり、矢製作ができるのはブラックスミスにしたり、解毒ができるのはアサシンだけにしたり、致命的毒生産できるのはアルケミだけにしたりしたほうが良いと思う・・・。

 どうしてこう、キャラが孤立するスキル割りをするのだろうか。
 とか思っておったら、基本的に友達が少ない国家の人々が作っておる以上・・・仕方が無いのだろうか。

 しかし・・・私はここで一つの可能性に辿り着いた。
 管理が厳しくて有名(Mondara Oppai E cup 略称MOEというギルドを作ってBANされたりするくらい厳しい)であるウルティマオンラインですら韓国サーバはBOTチートが吹き荒れていることから察しても、周りの人間が人間ではないという可能性を考慮に入れてスキル設計をしておるのではないだろうか。

 例えば、狩場で毒を作ってもらおうと思って、近くにいたアルケミストに声をかけたらBOTだった。
 そこで・・・彼らは言う。

 「そのような状況・・・我らが韓国MMORPG4000年の歴史においては、すでに想定済み!そしてその対策もだ!」
 ということで、そういう問題が発生しないようにスキルを1キャラ完結にしておるのである。

 間違いない。

 少なくとも、MMORPGを作るに当たってマーケティングはするわけであるから、ウルティマオンラインの韓国サーバがどういう状況かというのも、製作チームは知っておったはずである。

 そこから察するに間違いなく、彼らは「BOTチートが吹き荒れるのは確信していた。」はずである。
 また、大御所であるUOがそうなっていることから、それで良いと思ってしまったのであろう。

 そこで彼らは考えた。
 どうすればBOTチートを対策できるだろうか。チートはプログラムの成熟と共に減っていくであろうが、BOTだけは、いたちごっこでどうにもならぬ。彼らは悩んだ。しかし閃いたのだ。

 まさに、彼らにしてみればコペルニクス的転回だっただろう。
 BOTが迷惑にならない世界にすればいいんだ!

 そう。彼らはそう思ったのである。
 狩場でアルケミを見つけて、毒を造ってください!と、頼む必要があったならば・・・狩場で聖水が切れて、プリを見つけて作ってもらう必要があったなら・・・矢がきれてBSに作ってもらう必要があったならば・・・BOTはまさに排除せねばならん存在である。

 お願いした人がBOTだと判明した瞬間というのは悲しいこと。これこそはまさに、相手を興ざめさせるという最大の迷惑の発生するときである。

 これを無くすにはどうすればいいか!

 そんな必要を無くせばよい。
 まさに根本的解決。彼らは感動したであろう。UOの韓国サーバがダメなのは、UOというゲームが人と人との繋がりが無ければやってられないゲームだからである。ならば、その根本を変えればよい。

 彼らはラグナロクを作るに当たって、そんな悟りを開いたのだ。

 つまり、人と人との繋がりなんて無くてもやっていけるMMORPGという画期的なゲームを作り出すに至ったのである。
 現在、BOTのほうが迷惑なプレイヤよりも横殴りもしないしマシとか言い出すヤツがおるのも、このシステムの成果である。まさに製作チームとしてはしてやったりである。
 これを維持するためには、純粋に人とのかかわりがメインである生産職など作るわけにはいかんのである。ゆえに韓国MMOは戦闘レベル上げゲーばかりなのである。

 しかし、ここで問題が生まれてきた。
 他人と関わる必要が無い以上、自分以外の人間は邪魔と感じてしまうのである。

 これは難しい・・・そこで生まれたのが、ノーマナーという単語である。この単語によって「あなたはノーマナーです!」という素晴らしい殺し文句が生まれた。

 そうして、ラグナロクの平和は維持されたのである。

 BOTだらけでも、弊害が無いのは彼らがコペルニクス的転回によって閃いた、画期的なMMORPGのシステムのためなのである。 

 天の神様

 愚社礼賛

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月二十六日

半生記

 ふと、世を忍ぶ仮の学生時代を思い出した。半生記を綴ることにする。
 私は世を忍ぶ姿であるから、あまり目立つ生徒では無かった。

 世を忍ぶ仮の中学時代は、世を忍ぶ仮の演劇部員で、ナチの軍人やゾンビを演じた。
 今思えば、なかなか思い出してもドキドキするようなワードである。ナチの軍人とソンビを演じたことのある人間なんてそうそうおらぬぞ。演劇は元から好きで、小学校の頃は学芸会で走れメロスのメロスを演じた。
 そう言う意味では当時は派手な生徒だったかもしれぬ・・・。

 どちらかといえば真面目なヤツであった。勉強は一応しておった。あまり苦手意識というのは無かった。
 中学一年の頃にライトノベルにハマって、入ってくる金を全て費やして、いいかげん読むものがなくなったので、高校に入る頃は池波正太郎が好きだった。

 中二の頃に格闘ゲームに目覚めた。友人に連れられて行ったゲーセンでやったストリートファイターゼロ2にハマった。仕様キャラはチュンリー。理由は簡単。当時、スティックの扱いもおぼつかなかったので、溜めキャラが良かったのだ。

 私はそこから一気に上り詰めた。

 世を忍ぶ仮の中学生として、原宿にある塾へ通う傍ら、日夜駅前の牛丼屋の二回にあるゲーセンへいって、ヴァンパイアセイバーや月華の剣士をやったものである。

 この当時から、電車での移動の際には必ず本を読んでいた。
 逆に言うと、徒歩の移動は本が読めぬので大嫌いであり、出かけるときはMDプレイヤと本を携帯し、電車の中では本を読んで、歩くときはMDプレイヤを使用するという、極めてかさばるチョイスをするようになったのである。

 ちなみに、現在はこれがMP3プレイヤになっただけで基本は変わらぬ。

 私は高校に入って、一気に地味な生徒となった。
 まさに、世を忍ぶ仮の高校生である。筋肉少女帯の歌ではないが「友達はみんなバカばかり、バカにあわせりゃバカをみる。」と、思っていた。

 この頃、学校の礼拝において、アーサー・ホーランドという偉大なアジテータに出会う。
 彼はアジテータだ。職業は牧師であるがあれは多分仮の職業で本業は、イエス・キリストファンクラブ会長とかだろう。

 普通に、俺はイエスのファンだ!と、豪語しておるから間違いない。

 そんな世を忍ぶ仮の高校生活は、よくもまぁ・・・苛められッ子にならなかったと思うほどに地味で特異なガキであった。
 だが、そうならなかったのは理由がある。高校時代に数少ない友人の中に、A澤という男がいた。こいつは、両親の不仲が原因で心を病んでおり、薬に依存しておるせいもあって極めて不安定なエロゲーマーなのであるが、まぁ・・・平常時には悪いヤツではなかった。

 こいつが、スケープゴートだ。
 授業中に教師に対して突然キレたり、不可解な行動をとったり、こいつはクラスの異端となっていた。もう村八分。
 学校という閉塞した村社会の中で彼は孤立していった・・・代わりに、私は彼を孤立させる連中に迎合することによって地位を確保することができた。

 もっとも、私は彼を完全に切るわけでもなく・・・中立的立場ではあったとおもうが、彼のお陰でだいぶ助かった。
 彼は結局中退したようだが、逞しく生きておることを祈る。

 2年の頃、出会った友人がおる。中等部からいるやつなのであるが、一年ダブっておった。周りの連中は下からの持ち上がりなので、彼のことをY村さん、と呼んでおったが私はそんなこと知らぬ。

 普通にY村と呼び捨てである。ヤツがダブっておるのを知ったのはしばらく後だが、気にすることは無い。
 そして、彼と物理の授業がヒマでヒマで仕方が無いので、どうするよということで・・・絵を描き始めた。下手糞だ。それはもう下手糞だ。幼稚園の頃、お絵かき教室に通って以来であるから、それはもう下手糞である。

 腹が立った。

 だから、毎日絵を描いた。

 この頃は歴史が大好きだった。クラスのヤツに歴史を教えてやるくらい好きだった。在学中の世界史の試験の平均点は100点である。

 ゆえに、歴史系の本を読み漁り、都合がよいので図書委員だった。
 この頃にオタクにありがちな行動として、神話系の本を読み漁った。オタクはよく神話について薀蓄を垂れるようである・・・。

 これは途中で、近くにあった拷問刑の本のほうが魅力的だと思ったので、中断された。

 その後は歴史系の本を読み漁る。
 とりあえず、字のあるものは何でも読んだ。中学入学以来から現在まで読んだ本の数は多分3000冊は下らないと思う。漫画を入れれば5000である。

 世を忍ぶ仮の高校生として、日本の誇るレジャーランドたる大学へ行くために勉強もした。
 極めて真面目な学生であった。

 字があるものが大好きであるから勉強は嫌いではなかったが、そう言う意味でヒアリングは嫌いだった。字をよこせ。

 そういえば、我が高校は極めて前進的なのか、適当なのか、頭悪いのか、礼拝という形式が極めて不明瞭だった。
 確かに主の祈りをして、賛美歌を歌い、立派なパイプオルガンもあったし、試練だと思えるほど痛いイスもあったのであるが・・・毎回説教に来るゲストが妙なのである。

 しいて言うなら、こだわらない。

 一度、仏教僧まで来たことがある。何考えていやがる。
 しかしまぁ、その心は、何でもいいから信仰くらいもちやがれ、俺たちはその手伝いをしてやる。という意思表示らしい。

 とりあえず、説教は好きなので聴いておった。

 そして、世を忍ぶ大学時代に入ることとなる。
 世を忍ぶ大学では最初は極めて怠惰な生活を送っていた。まわりはみんなバカばかり病である。
 色々、この頃は無駄なことをした。

 そして、生郎と出会うこととなる。
 世を忍ぶ仮の大学の近くにある生郎は人間を堕落させる味が売りのラーメン屋である。やばい、ここまで言うと色々バレそうであるが・・・仕方が無い。

 半生記であるからな。

 そして、大学に入ってから大槻ケンヂ、江戸川乱歩、荒又宏などに目覚めて、これもまた本を読みまくる日々である。

 そして、19歳になった。終わり。 

 天の神様

 A澤君をお救いください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月二十五日

マリアさまが殺人

 久々にマリ見てを読む。
 読んでいたら・・・リリアンの制服を着た練無という妄想。

 「わぁ、みてみてしこさん!制服なのになんだかドレスみたいだよ〜!」
 「れんちゃん、君はほんまに能天気やねぇ。そないな制服着て喜んで・・・。」
 「ほ〜ら回っちゃうなりね。」
 「あかんてれんちゃん!スカートひるがえしたら殺されるんやで!?」
 「えぇ!?もぅ、しこさん嘘つくならもっと上手な嘘つきなよぉ。」

 この後、薔薇の館で殺人事件に巻き込まれて、犯人に殺されかけてしまう・・・。が、なんとか生き延びる。

 というようなことを考えていた。

 犯人は祥子さま。動機は・・・スカートを翻し、タイが乱れているような人間の存在が許せなかった。最初は優しく手直ししていたのだが、あるときから殺すようになって、スカートやタイが乱れている人間を見るたびに殺すことが習慣化していた。

 というのが動機である。別に怨恨とかは無い。

 だから被害者は由乃の可能性が高い

 マリ見てを久々に読むと、このようなしばらくマリみて断ちしていたことの副作用が出てくるのである。
 誰が最初の被害者だろうか・・・。

 前回、マリみてを読んだのは、京極にどっぷりだった時なので、そう思っていた・・・。今回は森にどっぷりなので、やっぱり最初の被害者はだれだろう・・・である。

 とりあえず、探偵役に相応しいのはデコちんと蓉子さまである。
 デコちんが理性派の推理をするのであるが、蓉子さまはもう足を使って、現場を這いずり回って、物証物証物証とブツブツ言うような捜査方針である。つまり、昔の刑事系。

 デコちんはもう、何か閃くとそのままトリップして、みんなが話し掛けても生返事、そして数分後に「あぁ、やっと解りましたわ。」とか言い出して、皆が何のことか聞き返すと「どうやって殺したあとにあの部屋を出たのか・・・ずっと考えていたの。」とか、語りだすのである。

 蓉子さまが先に犯人を見つけることはない。

 デコちんはスリルを求めているのか危険なことをする。
 放課後に集まりの無い日に、祥子を薔薇の館に呼び出して、お茶を出すのである。

 そして語りだす・・・。

 「一つだけ解らないことがあるの?どうやって由乃ちゃんを呼び出したのかしら?殺し方は解っているのよ・・・殺し方は。」
 「いつ・・・気付いたのですか・・・。」
 「観察される全ての事象をシーケンシャルに考えてみたときに、物理的に犯行が可能なのがあなただけだった・・・。そこまで辿り着けば、おのずと答えは解るものよ。それに・・・しいて言うならば、由乃ちゃんは殺されているのに、祐巳ちゃんは首を締められながらも殺しされはしなかった。いえ、殺せなかったのね。彼女、まだ病院で眠っているけど、命に別状はないそうよ?目覚めれば全てを語ってくれるわ。」

 そんな感じで、犯人の祥子と直接対決になるのである。

 犯人は祥子で決定である。理由は特に無い。一番殺しそうだからである。

 「呼び出してなどおりませんわ。ロサ・フェティダ。そう・・・たまたま、由乃がそこにいたからかしら・・・。」
 「つまり、誰でも良かったと?それはとても・・・とても純粋で綺麗な動機ね。」

 

 こんな展開希望。
 最後には蓉子がやってきて、連行していくのである。何をどう連行するのかわからんがな・・・。

 殺したらシャレにならんのであるがな・・・。
 こういうマリみてだったら多分私の中の好きな本順位一位になれるかもしれぬ。

 ただ・・・存在的には練無に近いアリス君であるが・・・残念ながら、心が女の子なのは減点対象である。
 さらに言うと、練無ほどの魅力が無いのも難しい。

 今後の発展に期待である。 

 天の神様

 マリアさまがみてる 野良猫のゴロンタ  とかどうでしょうか。場合によっては、六人の薔薇の姉妹。とか・・・全てが百合になる。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月二十四日

財産補完計画

 昔、世をしのぶ仮の中高生であったころ、エヴァが好きだった。
 そんなわけで、我が家にはエヴァ関連の文献が何冊かある。それを何気なく手にとってみていたところ、昔は気づかなかったとあることに気づいたのである。

 劇場版最終回の人類補完計画は結局なんだったのか、わかったつもりにはなりつつも、なんだか釈然としない感じだったのだが、私はこれを解りやすくする方法を発見した。

 いくつかのセリフを引用しつつ説明したいと思う。

 そもそ、人類補完計画とは何かというと、「ヨーロッパに幽霊が徘徊している。社会主義という幽霊である。」
 これである。人類補完計画は、究極的社会主義と言える。

 つまり、私有財産はATフィールドなのである。

 碇ゲンドウは人類補完計画・・・つまり、社会主義革命を起こそうとしたのである。
 しかし、彼の人類補完計画の主要な要素であったはずのレイは、彼の言うことを聞かず、死後にはかなりシャレにならない革命の進め方をした。

 つまり、ゲンドウはレーニンで、レイ及び量産型EVAはスターリンである。

 一気に革命を進めるスターリン・・・じゃなくてレイ。

 それに賛同するかにみえた、プロレタリアートのシンジ君。
 しかし、半ば実現しかけた人類補完計画・・・じゃなくて社会主義国家の中で、彼はふと疑問を抱くのである。

 スターリンは言う。「これが、あなたの望んだ世界そのものよ。」

 貧富の格差もなく、自分の財産を侵害する恐ろしい他人の私有財産も無い。
 まさに夢のような世界かと思えた。スターリンはプロレタリアートの上に全裸でまたがりながらやさしく微笑んでいる・・・。

 だが・・・そこでプロレタリアートは決断した。
 スターリンの手を取って握手をする。そして、礼を言った。社会主義という幻想を見せてくれてありがとう・・・。誰もが平等となれる幻想をありがとう。

 そんな風に礼を述べて、彼は再び、資本主義国家を求めるのだ。

 たとえ、他人の私有財産によって自分が傷つけられることがあろうとも、それもかまわないと判断する。

 世に言うソビエト崩壊である

 再び、ATフィ・・・じゃなくて、私有財産が彼らを分かち、他人の財産の恐怖が始まるのである。
 だが、それでもかまわないと、プロレタリアートは決断した。

 まるで、熱病からさめるかのように、彼は社会主義から離れていったのである。 

 つまり・・・あの最終回の解説としては、オタクの内向的な世界がうんぬんかんぬんではなくて。

 二十歳までに共産主義にかぶれない者は情熱が足りないが、二十歳を過ぎて共産主義にかぶれている者は知能が足りない。byチャーチル

 が正解である。 

 ほれ・・・残酷な天使のテーゼの歌詞にもあるであろう。
 「ほとばしる熱いパトスで思い出を裏切るなら。」

 先述のチャーチルの言葉では、情熱という部分は原文ではパトスとなっている。
 そういうわけで、この歌詞の意味は・・・ほとばしる社会主義革命への情熱によって、今まで築き上げてきた私有財産・・・つまり思い出を裏切る・・・つまりは、否定するという意味である。

 ちなみに、共産主義は社会主義の先にあるもので、共産主義の実現のためには社会主義革命が必要なので勘違いせぬように。
 書き間違えてるわけではないぞ。

 天の神様

 EVAは実はアンチ赤アニメだったのです!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月二十一日

ごめんよララァ

 風邪である。体調が悪い。

 ガンダムシードディスティニーを見ていて思ったのであるが・・・何が不満って、オヤジ分が足りぬ。足りぬどころか枯渇しておるではないか。

 ガンダムもちゃんと出ているし、ザクもグフもいるのに、何が不満なのかと自分でも疑問だったが・・・そう、オヤジ分と嫌な人分が枯渇しておるのが原因ではないだろうか。

 ガンダムを振り返ってみよう。
 ブライトさんは、主人公のアムロに感情移入して見た場合においては、嫌なオッサンである。
 そこまで年いってないが、とりあえずあまり良いヤツではない。

 敵に目を移してみれば、ザビ家の連中など、設定を超えた老け顔である。可哀想になってくる。
 良いオヤジ属性のキャラは、本当にとことんオヤジで、ランバラルなどはその筆頭である。

 シャリアブルなどもかなり良い。

 このように、ガンダムは元来、オッサンたちがいるからこそ、戦争に巻き込まれていく若者が引き立つのであって、ガンダムシードディスティニーは若造の若造による若造の為の戦争なので見ていて面白くない。of 若造fow 若造 by 若造。

 だからといって、誰かをオヤジにしようとしてもムリなのがディスティニーの難しいところである。

 とりあえず・・・ルナマリアとかは要る必要が無いので、あれはオッサンにしても良いだろう。腕の良いオッサンにするべきだ。赤いザクにのるならその必要性がある。

 あと、なんだ・・・えーっと・・・あのヒカルの碁に出てきた気がするヤツもオッサンにして良い。

 あと、TMRもグフに乗せるからにはオヤジにして良い。内縁の妻とかもいても良い。

 ただ、あのシャアとミリアルドを足して2で割ったようなヤツはあのままでよいだろう。彼の戦闘には、ニュータイプ表現が出てきたので私としては評価が高い。キュピーン!ってヤツだ。

 そういえば・・・今、書いてて気付いたのだが、私はなんだかんだいって、不真面目に見ておるので、名前を全く覚えていない。

 ルナマリアとキラとアスランとラクスくらいしか覚えておらぬのだ。
 ちなみに、ラクスと偽ラクスは、基本的にはラクスをギョーザ、偽ラクスを星と表現している。

 主人公はなんだ・・・えっと・・・シンまでは覚えておるのだが・・・思い出せない。シン・マツナガ?ではないことは解っておる。
 最初、よく知らぬ状況で、ディスティニを見たとき、主人公はシンだと聞いていた・・・なんか適当に片手間に見ていたら、白いザクがいた・・・。

 シン・マツナガかと思った。

 どうも、主人公はガンダムにのっておるようなので違うということでガックリである。

 まぁ・・・ザクとかグフとか出てきて嬉しい感じなので、是非このままドム、ズゴッグとすすんで、最終回近くにはゲルググが出てくるような展開にして欲しいものである。

 だが、残念ながら・・・キラとかが「キラとはいつでも遊べるから」とかで・・・フレイの幻影を見ても、禍禍しいだけである。
 禍禍しいどころか、遊ぶという単語に邪悪な気配を感じる。

 なんにしても救われないストーリーだということであるな・・・。

 とりあえず、ディスティニーに望むことは私はただ一つ!

 誰が主人公なのか、もっとわかりやすくしてください。

 天の神様

 ほんとに・・・誰が主人公なのですか。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月二十日

ニンジャー

 コンビニで、遊戯王カードに散財しておるガキを見た。

 しかし・・・遊戯王はすっかりカードゲーム漫画になってしまったようであるな。
 私がチラっと見かけた、初期の頃は・・・。

 なんだかゲームで勝って調子に乗っておるヤツを見つけては、自分流の怪しいゲームに引き込んでイワすという根暗なストーリーであった気がするのであるが・・・。

 いつのまにか、ずいぶんと健全になったものだ。

 カードゲームがよく漫画になるものだとか思っておったが、よくよく考えてみたら、マージャン漫画と似たようなものである。
 イカサマっぷりも近いかもしれぬが・・・マージャンよりは演出が派手であろう。

 まぁ、本当に世の中、何が流行るかわからんもので恐ろしい。

 カードゲームといえば、私も昔は随分とやっておった時期がある。
 MtGである。安いから、英語か中国語をメインで買っていた。

 しかしながら、カードゲームというのは時代の流れが本当に恐ろしいのである。
 だいたい、そのとき組んでおるデッキは一年もすれば、既にスタンダード落ちといって、公式戦で使えないものになってしまうのである。

 だから、ここから終わらないマラソンが始まる。

 ギブアップしたもの勝ちである。

 今では、なんか神川物語とかいう、やたら日本イズムな感じのエキスパンションが出ておるようである。
 昨年から今年にかけて、アメリカ人の心の琴線に触れたワードは「武士道」だったようで、ウルティマオンラインでも、このマジックザギャザリングでも武士道というカードの効果だったり、スキルだったりが生まれておる。

 ちなみに、このUO。
 あるスキルを極めると称号がつく。スキル値は100が最大値であり、そうするとグランドマスターの称号を得られるのであるが・・・実は底から、パワースクロールという高級品を用いることによって、限界を上げることができる。

 これによって・・・武士道を120まで上げると・・・Kengouという称号になるらしい。
 よくもまぁ、アメリカ人から剣豪という単語が出てきたものだと感心することしきりである。

 だいぶ解ってきたではないか・・・とか思っておっても・・・ブシドースキルによって使える技に「介錯」があったりして、それってどうなんだろうとか思ったりもする。

 普通、敵に介錯はせぬぞ・・・。

 介錯があるからには、介錯がどんなものなのか・・・というイメージがアメリカ人のなかに、その正誤に関わらずあったということだ。
 介錯はどんな技であるかというと・・・一撃で敵を殺そうとする技である。

 アメリカ人はどうも介錯の首をはねるという行為だけをとって、イメージしておるようである。
 だが・・・ここに問題がある。

 実はこの技、失敗するとペナルティを喰らうのである。

 確かに・・・介錯を失敗すると武士は物凄い恥である。そんな要らん知識をどこからアメリカ人は仕入れてきたのだろう。
 
 やはりアメリカ人の考えることは妙である。

 ちなみに、ニンジャスキルを110まで上げると・・・「Shinobi Ninja」になるのである。
 忍び忍者。

 私は今まで、ここまで壊れた語感を見たことは無かった。
 忍び忍者。

 送り仮名が無くてもシノビなので・・・場合によっては。

 忍忍者。

 ニンニンジャー!

 だが・・・笑ってもおられぬのである。
 このニンニンジャーと同じ言葉が我が国にもある。

 

 チゲ鍋。

 

 これこそ、我が国のニンニンジャーである。チゲは韓国語で「鍋」である。
 鍋鍋である。鍋を鍋で煮るのであろうか。

 ニンニンジャーを見たときに抱いた感想が、韓国人がチゲ鍋を見たときに抱く感想と言っても過言ではないだろう!
 今日から気をつけなさい。

 街にはニンニンジャーが溢れておる。

 天の神様

 長官!
 ニンジャー!
 長官!
 ニンジャー!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月十九日

受験

 そういえばもう、センター試験も終わったし、受験生は最後の修羅場の時期である。
 私も世を忍ぶ仮の高校生だったころ、センター試験会場を友人と下見に行って、雪が凄かったので滑って遊んだものだ。
 思えば・・・チャレンジャーだった。雪で滑って遊ぶなんて・・・。

 受験生は今ごろ苦しんでいるか、余裕かましているか、来年こそ頑張ろうと思っているか、三途の川を見ているかのどれかであろう。

 三途の川のやつはさようならだ。

 本日は、苦しんでいる受験生のために、私が世を忍ぶ仮の高校生時代に編み出した、究極の必殺技をいくつか教授したいと思う。

 ちなみに、余裕な受験生と、推薦で決まってるやつと、来年こそ頑張ろうと思っているやつには用は無い。
 私は苦しんでいる人の味方である。

 さて、受験というのは戦いである。
 自分が受かるということは、誰かを落とすということをまず認識せよ。
 その結果、そいつは世を儚んで自殺するかもしれない。だが、それくらいは気にしてはならない。世の中生きている以上、金をもうけることは誰かが金を失うことで、自分が認められることは、誰かが認められないことで、あらゆる場所で戦いが起こっている。

 その結果死ぬヤツだって多数おるのだ。

 まずはそれを認識せよ。

 その上で、貴様らは自分が死なぬために、戦わねばならない。
 全ては己のエゴイズムのために戦うのであって、下らぬ理想はそこらへんの野良犬に食わすところから開始するのだ。

 さて、野良犬は満腹になっただろうか。

 では、本題に入りたいと思う。

 まずは、兵法から入ろう。かつて、宮本武蔵は勝負には遅れていけと言っていた。
 遅れていくことによって、相手をイラつかせたりするのである。

 これを利用せぬ手はない。

 いや、遅刻はするなよ?

 あくまで、遅めにいくのである。
 1時間も2時間も前からきて、試験場で勉強をしておるヤツがおるだろう。最後の悪あがきというやつだ。
 早起きして、来る前に家でやっても同じだと思うのであるが・・・。

 ゆえに、勉強したい場合は家でせよ。そして、試験会場にあまり遅くなりすぎない程度・・・つまり、もし友人と3時に待ち合わせして、待たせたら悪いから早めに行こうと思う程度の時間に行く。

 そして、そのときは余裕の態度で試験場に入ること。
 イヤホンとかつけてたってよい。聞いてなくても良い。

 まずこれで、「こいつ・・・余裕なのか!?」と、威圧する。

 その状態で悠々と座り、ここでセコセコと参考書をだしてはいけない。今更遅い。まな板の上の鯉になったとおもえ。潔く行くのである。
 これも、宮本武蔵と同じ感じで、腕組みして目を瞑っておれ。目を疲れさせず、また精神を集中させる効用がある。

 次に・・・試験開始である。

 このとき、必殺技がある。

 まず、開始の合図と同時に、問題をちょっと読み・・・小声で・・・なおかつ周りに聞こえる程度のボリュームで・・・。

 「よっし・・・」

 と、つぶやく。そして、このあとで、とりあえずどっか余白にでも、音が出るように物凄い勢いで、何でもいいから適当に書きまくるのだ。線をひきまくるだけでよい。

 カリカリカリカリカリと、音を立てればよい。

 これによって、周りの連中は、貴様は超余裕でやってきてしかも試験内容もわかっているのだと思ってしまう。
 これはかなりのプレッシャーだ。これによって、貴様の隣接する受験は冷静な判断力を失い、かってに坂を転げ落ちるように脱落していくだろう。

 これで4人落としたと思えば、随分と気が楽になるであろう。

 さらに、昼休みなど、友人がいるのならば、声高に言おう。
 「いやぁ・・・なんか今年簡単じゃない?平均点高そうだから怖いなぁ〜。」

 これである。
 これによって「ええ!?今年って簡単なのか!?そうは思わなかったけど。」

 という、威圧を与えることで、さらに不特定多数を蹴落とすことが可能である。

 心理戦を制することが重要だ。常に強気。
 強気の演技で周りを威圧するのである。

 ただ・・・やりすぎると、何も解ってないバカだと思われて逆に安心されるのでさじ加減が難しい。

 基本的に、簡単だったと言うやつは、問題の意図を理解できていないからミスリードに引っかかって、簡単だと思っているだけで、難しかったというヤツは、問題の意図を理解して、ちゃんと考えておるので難しかったと言う。

 もし、問題がやけに簡単だと思ったら、一度考え直すのだ。
 それはダミーである。近くに伏兵がおり、貴様を殺そうと虎視眈々と狙っておるに違いない。

 このように、問題もまた、戦争である。
 貴様を殺すために地雷がたくさん埋めてある。学校が求めているのは、そんな地雷原を超えて来る人間だけだ。

 慎重になりすぎず、かつ安直にもならずに突破するのである。
 片足くらいはくれてやる覚悟で行くと良い。

 では、健闘を祈る。 

 天の神様

 頑張っている受験生にまぁ・・・それなりの祝福を。別に報わなくても良いです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月十七日

夕日新聞

 27日まであと9日!
 いくぞ!東京都美術館!何があるかは自分で調べよ!これを逃したら一生後悔する。

 それをこうして、貴様らに教えてあげるあたり、私はお人よしである。本当に見ないと損をする。

 

 さて、南京大虐殺記念館だかなんだかが、殿堂入りじゃなくて・・・えーっと、何ていうんだ。なんか偉い文化財になるらしい。度忘れした。

 広島ドームとかと同ランクになるらしい。

 無かったものの記念館がそんなものになるあたり、ウソが得意な国民性を象徴しているようで素晴らしい。
 ウソもゴリ押しで通せばマコトになるというものである。

 今年は、抗日戦線勝利60周年の年である。
 60年前のことを祝っているあたりが稚拙というかなんというか・・・我々もせっかくだから、元寇撃退何周年とかを祝おうか。とはいいつつも、当時の中国と今の中国は民族が割と違ったりする部分が多いので、一概にそうとも言えない。

 まぁ、チンギスハーンに至っては我らが江戸っ子の守り神たる、平将門であるからな。

 本気で信じておるわけではないぞ・・・。念のため。

 ちなみに、我が国が大人げ無い国家だった場合、大々的にチンギスハーンは平将門説を後押しして、将門が中国を支配していたという説から、中国は日本人が作った説に持っていこうということもあるかもしれない・・・。

 のだが・・・気付いた。

 日本人は中国の開祖ニダ!とかなってもだな・・・。
 中国人の祖先であっても・・・恥でこそあれ、名誉は何一つ無いと思う。世界の五人に一人は中国人という、ゴキブリかネズミのような繁殖力だけがウリの国家の祖先でも嬉しくもなんともないのだ。

 〜の開祖ニダ!となるには、その対称が優れたものでなければ意味が無い。

 例えば、日本人の祖先はウリナラニダ!みたいな、言いがかりをつけるのも、それは日本人が素晴らしいからであって・・・。

 韓国人の祖先は日本人である!と、言いたいかというと否である。
 万が一信じられたら困るではないか。

 アジア圏における歴史において、多少の語弊と誇張はあれど、中国は一日の長がある。歴史と文化財の多さで言えば、なかなかトップクラスと言っても良いであろう。

 しかし、その回りには朝鮮民族がおる。
 これは危険である。

 虎視眈々と、他人の文化の開祖を名乗る連中である。

 ヘタをすれば、始皇帝は朝鮮民族ニダとか言いかねない連中である。
 そんなヤツラと陸続きに繋がっていたらどうなるだろうか。

 文化財を守らねば!

 そう思いながら、彼らは暮らしてきた・・・その結果、不可避だった進化がある。

 つまり、自国の文化が相手国にとって自分が開祖だと名乗る価値のあるものであるのは危険だ。ということである。
 中国文化の開祖は朝鮮ニダと言うときに、それは「中国と同系統だと思われるのはいやだなぁ。」という感情を呼び起こさせることこそが、最大の自衛なのである。

 哀れ、中国はそうした苛酷な環境の中で、生き延びるために嫌な国家になっていったのである。

 

 本日の日記はフィクションであり、実在の国家、人物、民族、団体などとは一切の関連が有りません。

 天の神様

 フィクションんです!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月十七日

夕日新聞

 ふふふふふ・・・。

 前売り買っちゃった。27日から東京都美術館。買っちゃった。ふふふふ。

 ちなみに、昨日の殺人衝動は、RO-TENPAIを読むことで発散した。
 

 朝日新聞が久々に強烈な捏造をやったようである。
 我が家は朝日なので、個人的に応援しておる安倍さんの不祥事が書きたててあって焦ったものだが、ウソだったらしい。

 さすが朝日新聞である。

 北朝鮮が一部の極右勢力と表現した安倍さんを叩くだなんて、さすが朝日新聞であると感動せざるを得ない。

 しかしまぁ、本当に鬼の首でもとったかのように書き立ててあった。
 世の中、どこかでバランスを取るべきであると思うのだが、権威ある新聞いくつかのなかで朝日だけだ左に出張っていて、逆に右よりの新聞は無いから面白くない。

 どこか、右よりの新聞とか生まれてくれないだろうか。

 どれくらい右よりかというと。

 前にあった不信船沈没事件を「不信船を見事に轟沈の快挙!みよ!この雄姿」とか、大見出しをつけて書き出すレベルが好ましい。
 これに何の意味があるかというと、この新聞に抗議することで政府はより、中立感を出せるという凄いメリットがある。

 朝日ばかりが適当なウソかいて、朝日ばかりに政府が遺憾の意を示すために、政府がどうも右よりに見られてしまう。

 これではよろしくない。
 不信船を轟沈という表現は不適当であり、人命を軽視した表現であると言わざるを得ない。このような表現が新聞という媒体でもってなされたことはまことに遺憾なことだと思っております。

 とか、記者会見するとあらふしぎ!政府が右よりじゃないように見える!

 朝日ばかりが叩かれるから右よりに見えてしまうのだ。
 右より新聞を作るべきだ。ただ、露骨ではダメだ。あくまで普通の良識ある新聞のガワをかぶった新聞として必要なのだ。

 ちなみに新聞の名前は極めて普通なヤツにしたほうがよい。大日本新聞とかつけてはダメだ。
 これでは、あくまで普通の右翼団体が出している新聞みたいになってしまうので、もうちょっと地味めが良い。

 あえて日本と縁の無さそうな名前が良いだろう。

 というか、読んでいて楽しそうなので是非欲しい。
 いや、朝日新聞の投書とか社説も大好きであるぞ!それはもう!娯楽として!

 だが、たまには右分も補給したい。 

 天の神様

 朝日ばかり叩くからです・・・叩かれ役の右が必要です。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月十六日

燃えゲー

 送辞:お疲れ様でした

 さて、最近じっくりやれて燃えるゲームがない。

 そう思って、過去に私がそれなりに燃えたゲームを思い返してみた。

 バロック。
 バッケンローダー。
 タクティクスオウガ。
 ガーディアンヒーローズ。
 ダンジョンキーパーシリーズ。

 だいぶ嗜好が偏っているのかもしれない。
 バロックは貧弱そうな色白青年が、塔のくせに地下に下りていく塔で、ひろった肉と心臓をガリボリくいながら探険するゲームである。

 バッケンローダーは今まで様々なRPGが薬草という単語で誤魔化してきた要素を・・・つまりHP回復アイテムを普通に鎮痛のための麻薬として熱かった画期的ゲームである。感動。
 まぁ、戦場で使うモルヒネのようなものであるな。

 タクティクスオウガは言うに及ばず、理想のために大虐殺するゲームである。姉だって平気で自殺する。

 ガーディアンヒーローズは最強の燃えるゲームである。
 魔法剣コンボとか研究しまくったものだ。

 ダンジョンキーパーシリーズ。これは普通に勇者を殺害したり拷問するゲームであって面白い。最高。

 このようなゲームが好きなのである。
 愛と勇気とか反吐が出るものは必要ないし、正義とかそういうのも要らない。

 ゆえに、割と私が楽しめるゲームの傾向というのは限られてきてしまうのである。
 非常に困った。

 最近ちょっとUOをしておって、PK向きキャラを作ったものだから、のんきに鉱石掘ってるカモでもプチ殺してヒャッハーしようかと思ったら、カモが一匹もおらんという悲しいこともあった。

 自主的にダークな方向にもっていこうと思ったのだが、カモがおらんのだ!

 残念ながら、最近私の中のマーダーレイホウさんが困っておる。
 殺させろー殺させろーとか殺せるゲームを要求しておって、非常に困っておるのだ。たまにガス抜きしてやらないとダメなのであるが、ガス抜きができておらぬ。

 そんなことを考えつつ、乱歩の本を読んでおったら、実に素晴らしかった。
 地獄風景という短編なのであるが。

 とりあえず、芸術的な人の死に方をする。たぶん100人くらい死んでいる。

 乱歩の描く世界って言うのは、かなりイカれておって、面白そうだと本気で思う。
 地獄風景という短編に出てくる遊園地がかなり素晴らしい。

 いかれた金持ちが作った個人所有の遊園地である。

 マイケル・ジャクソンを思い出すが、ああいう子供向けではなくて、世界に飽きた大人向け遊園地である。

 そこで、裸とか半裸の男とか女が、メタメタ死んでいくお話である。
 基本的に自分から死んでいくことが多い。

 とにかくとことん怪しいストーリーが素晴らしかった。ちょっと、マーダーレイホウさんがこれで満足したのであるが・・・こういうゲームがやりたいのぅとか思ってしまった。

 乱歩の世界をゲーム化してほしい。
 乱歩の思い描いた芸術的な殺人を模倣するゲームとかだ・・・。かなり危ないが・・・。

 オンラインにしなくてよい。普通に殺人を健全に楽しむゲームである。うん。スポーツハンティングみたいなものだ
 よくわからんが、不健全なゲームをやりたい時期のようである。

 さて・・・今日も血に餓えた刃を持ってフェルッカをうろついてみよう。。。 

 天の神様

 殺したい・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月十五日

今日は京都!?

 おばんどすぇ。レイホウどす。

 そういうのはもうイヤだ。

 さて、明日は礼拝の週である。元気に礼拝する。それはもう、元気に。

 本日はもう、大阪弁などというのはイヤなのだが、昨日グーグルさんに聞いてみたところ、ナチュラルボーン大阪人という言葉を使ったのは私がネットで二人目らしい。

 惜しい。開発者にはなれなかった。

 逆に、ネイティブ大阪人という表現は氾濫しておるようである。勝った!

 さて、掲示板で私が一日にどれだけの時間を日記に費やしているかという問いがあったのだが、これに解答するのは並大抵のことではない。

 私の日記は、いわゆるグリッドコンピューティングでできている。(追記:ちょっとちがう。グリッドコンピューティングは空きリソースをネットワークを介してまとめて、使う技術だった・・・。まぁとにかく、名前忘れたけどこの空きリソースを使っての作業というやつだ。)

 つまり、パソコンの空きリソースを用いて白血病の解析とかをしちゃうアレである。
 日常生活において、基本的には脳を使っておるわけであるが、常に脳のマキシマムパワーを発揮しているわけではなく、一般的にだいたい5割くらいのエネルギーで通常稼動しており、デスノートを読んでいるときに8割くらい行って、練無にハァハァしているときに3割くらいにまで思考停止によって激減し、普通に森博嗣の本を読んでいるときに9割まで上がったりするのだが、基本的に10割は使わない。

 つまり、デスノートを読んでいるときに2割の力で考え、練無にハァハァしているときはそれに専任し日記はうっちゃっておいて、森博嗣の本を読んでいるときに1割で考え、気さくなお人形19歳を読んでおるときにはもう・・・ほかに何も考えられない!という前後不覚に陥ったり・・・まぁそれは良いのだが・・・。

 このように、私が日常生活してる上での脳の空きリソースを用いて、日記は作られておる。

 起きている間、常に数割があてられておるのだ。

 そして、だいたいこれをまとめて文章化する作業が1〜20分くらいであろうか。ゆえに、殆ど時間がかかっていないのである。逆に言えば、起きている間、常に考えているとすら言える。

 グリッドコンピューティングの成果である。

 このように、時間を有効利用しておるので、毎回それだけの時間を割くメリット・・・とか考える必要は無いわけである。

 だから、私の時間が日記によって浪費されているのではないかとか心配する必要は無い。
 ROほど酷くない。

 ROはほとんど人間の有するリソースの2割くらいしか要求しないものの、残りの8割をほかのタスクに当てることを許さないというか、怒られる。

 グリッドコンピューティング気味に自動操縦は叱られる。

 さて、話は戻るのだが、練無である。
 説明しておくと、森博嗣のVシリーズのキャラである。彼女は素晴らしいキャラなのであるが、一応S&Mを読み終わってからVを読みなさいと忠告しておく。

 でだ・・・私があまりに、この練無を布教しすぎたがために、友人のバカな男が何人か旅立っていった。

 「俺、もう練無でいいや。」

 とか・・・。

 「俺は練無で抜けるぜ。」

 とか、そういう哺乳類としての自覚を失い、普通に二次元に恋するろくでなしどもよりも、さらなる高みへと行ってしまったヤツが出てきてしまったのである。

 これは困った・・・。

 なぜ、困るのかは読めばわかる!
 普通にもう、アマゾンアソシエイトとかでガンガン宣伝したいくらいに凄いのであるが、当サイトは利益を生み出さないことに意味があるのでそんなことはしない。

 意味が無いことが最高に有意義だ。
 大抵のヤツが・・・普通にシリーズを読んでおって、練無にハァハァしはじめるのであるが、最高に危険なのは短編集の気さくなお人形19歳である。これはヤバい。私の友人がこれを読んで一気に旅立った。

 彼岸へわたる覚悟を決めてしまった連中が生まれてしまったのである。

 なんて罪深い書物だろうか・・・。
 世が世なら禁書にされた上で、森博嗣も火刑に処せられるような書物である。

 これはかつて・・・ブリジットの悲劇が起きたときに似ている・・・。
 あの時も酷かった。ブリジットが男だとわかるやいなや・・・。2chのスレでは多数の猛者たちが、哺乳類失格の烙印を覚悟した上で、旅立っていった。

 そのような悲劇が起こっているのである。

 しかし・・・これが普通の作家が書いているならともかく・・・旧帝大系の国立大学の助教授が生み出したというのはなかなか・・・世界もまだまだ捨てたものではないな!と、思う。

 というか、名古屋大学に行きたい。
 名古屋!

 これが名古屋の恐ろしさかと思った・・・。
 名古屋といえば妙なものを作る土地である。

 スパゲティにメロンを入れてみたり・・・キウイを入れてみたり・・・。

 そのような土地柄であるからこそ、こんな練無のようなキャラが生まれたのかもしれない。
 最高にサイケデリックでセクシィでハードコアなキャラクタだ。(それっぽい言い回しをしてみた。) 

 つまり何かというと、練無は名古屋が今までに生み出してきたメロンスパとかそういうバカみたいな組み合わせアイテムのうちで、ヘタな鉄砲が数撃って当たった・・・しかも心臓をクリティカルヒット!みたいなキャラというわけである。

 名古屋ならではのキャラだと思った。

 Vシリーズはお勧めだが、君は旅立たずに読めるかな?

 天の神様

 私も一瞬飛び立ちかけました。でも、あれはあれで・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月十四日

血迷った

 まいどおおきに。レイホウさんやでぇ。

 何を焦ってんねん!自分!
 今日は思いつきで、インチキ大阪弁で話したる!って決めたんやから、それでええやろ!
 大阪星人になったるわ!しかし!

 とにかく、全体的にインチキさかいな。細かいことを気にしたらあかんで!

 ほやけど、インチキ弁だけやのうて、なんか話もせなあかんいうて、何がええか考えたんやけど、やっぱ転生パッチやな!転生パッチ!

 暗い話題こそ、こないなインチキ臭い話し方のがええっちゅーもんやで!

 転生パッチやけどな、転生したらもうめんたまビヨーンってなりよるような経験値テーブルやで!これ、どこの誰が考えよったんや!って思うんやけど、これでええような気がすんねんな。

 そもそもMMORPGをやりたい!言うやつは、あんまりラグナロクにはおらへんのちゃうか?と、最近思いだしとんねん。何かっちゅーと、ほれ、自分らもひょっとしたら記憶にあるんちゃうか?レベル上げ。

 ウチかて半年以上かけて、FF5で全キャラクター99レベル、すっぴんマスターなんちうバカをやったりした時期もあったねんで?
 ほかにも、ドラクエ5とかも全99レベルやっとったけど、あれはハグレメタル+メタルスライム複数の敵に毒針使った裏技でハグレメタルを何十匹も殺す言うヤツであげたから三日くらいやった。

 まあ、とにかく、やりこみプレイっちゅーやっちゃな。
 ROに戦略性が無いとかそんなこと言いよるヤツもおんねんけど、あってもどないすんねん!
 むしろ、あったら最初はおもろー!思うかもしれへんけど、慣れてきたらごっつぅしんどいで。

 しんどいのはウチの話し方やて?
 ほっとけっちゅーに!(独りボケ独りツッコミ)

 思い出してみい!
 最後のほうのやりこみで、FF5やらドラクエやら戦略性なんつーもんあらへんがな!
 ブラッドソーッド二刀流乱れ打ちやらかしてれば、アンデッド以外平気やがな!エクスカリバーとラグナロク二刀流でええがな!

 ギガデインぶちかましてれば平気やがな!

 戦略性なんて戦略性がウリじゃないやりこみゲームにあっても邪魔やがな!ROが考えな勝てへんゲームやったら、オーラなんてしんどくてやってられへんで!

 まぁ、タクティクスオウガなんちう例外もあるんやけどな。あれは神さんなゲームやけん。別格っちゅーこったな。そもそも、RPGやあらへんがな。

 つまりラグナロクオンラインは単に人いっぱいでやってるだけの、やりこみゲーやと思ったらええねん!
 MMORPGなんて名乗るからあかんねん。MMORPGなんちゅうもんを、なまじ知ってる人間が、これはアカン言い出すねんな。それはちゃうでー。MMORPGちゃうで!って言ったらええねん。

 みんなでやってるだけの家庭用ゲームみたいなもんやで!っていわなあかん。

 さもないと、自分らみたいにMMOだと思っとる連中が騙されるっちゅーもんや。

 やりこみゲーをオンラインにしたらアカンなんて法律あらへんがな。やったらええねん!事実、やりこみ好きの連中がやってるがな。

 ほな大丈夫やんか!

 なんやみんな、家庭用のオフラインゲームだとやりこみ要素を重要視しよるくせに、オンラインゲームになったとたんに、やりこみが面倒くさいやなんて、そらあかんで!あかんで!!!

 怒るでしかし!(言いたかったらしい)

 そりゃあかんよ、れんちゃん。しこさん怒るで!(誰やねん!)

 やったらええねん。やりこんだらええねん。
 MMORPGと客層の住み分けが出来てええやんか。ROはまさにニッチの産業やん。ようやったもんやでぇ。MMORPG風のやりこみゲームやなんて・・・ほんまよう考えたで。

 もう、ジャンル名変えたらええねん。MMORPGやなくて、MMO風RPGにしたらええねん。
 広島焼と広島風お好み焼きくらいちゃうで!

 ヒマしがちなやりこみが、友達と話しながらできるやなんて最高やん。
 しかも、やりこみゲーで対戦までできるやなんて、ほんま涙出てきよるでぇ。

 完全にプレイ時間に対する褒賞みたいな形で勝敗が決するねんで。
 努力に対して、完全に同じレベルでリターンがあるやなんて、夢みたいやん!

 長時間我慢して頑張ったほうが強いんやで!

 上手な新参者に負けるなんちうこともあらへん。これは感動やでぇ。
 日本が失ってしもた大事な思想を反映してるやんか。

 年功序列。

 終身雇用の崩壊と共にどっかいってもうたこの言葉・・・日本の魂がラグナロクにはまだ残っとるっちゅーことやな。
 会社のために尽くして、真面目に働いてさえいれば、無能やアホ言うても、それなりに昇進できるっちゅー素晴らしいシステムやんか。ある意味、社会主義ばりに理想システムやで!

 そないな素晴らしいシステムが息づいてるんやから、利用したらんかい!

 会社に疑問を抱いたり、反骨精神を抱いたりしたらアカンで!そんなアホないで!
 会社のために尽くしたらええねん。ほやから、年功序列が維持できたんやで。

 同じようにROに尽くしたらええねん。
 ROの歯車となって、毎日働いたらええねん。滅私奉公っちゅーやっちゃな!うーんレイホウさん博学や!

 自分で何言ってんねん!(独りツッコミ)

 ほやから、ラグナロクオンラインは年功序列制オンライン風RPGやっちゅーことやねんな。
 え?βからやってんねんのに強くなられへんて?

 そりゃ、自分がアカンわぁ。
 真面目にやっとらん証拠やで!そりゃぁ、あかんよ、れんちゃん。しこさん怒るで!(好きらしい)

 真面目に毎日コツコツと、ROしたらんかい! 

 天の神様

 もう限界やで・・・。ほんまこないなアホなこと思いついて後悔しとるで、しかし。
 ナチュラルボーン大阪人が見たら間違い個所発見しまくりやで!
 自分でも何言うてんのかわからんようなってきよるわぁ。これで終わってよろしいか・・・。ほな、ばいなら。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月十三日

ハンリュー

 昨夜。私は今日書くべき日記を思いついた。
 それはもう、理路整然とした論理構成で、一転の非の打ち所も無いようなものを・・・。

 だが、寝て起きたら・・・。忘れた。

 だから諦めなさい。
 ・・・と思っていたら!思い出した!思い出したのだ!
東方千年帝国協会のブログを読んでおって、最新の更新がラストが〜ではないか。だったので、朝日っぽいなというところから繋がって、そうだ思い出した!

 朝日系だったんだ!という点を思い出したのである。

 というわけで、本日も安心して皆に日記を提供できるわけである。

 思い出せないからってサボってて良かった。

 さて、日本はこのたび目玉飛び出るような費用・・・つまり5億ドルをポンとスマトラへ向かって吐き出して、ちょっと自己主張してみたのである。

 いや、偉い。
 金しか出さないとか文句つける国は、まず金を出してから文句を言えい!ヘッヘッヘ。と、強気になれる金額である。

 

 一国で稼いだお金じゃないのに・・・  東京都 大久保在住 自営業 男性57歳

 スマトラ地震発生以来、連日日本の出した5億ドルの話がニュースで持ち上げられている。
 国民一人当たり500万円近い借金を背負わす国でありながら、よくそのような金があったものだとあきれるほかない。
 そもそも、この日本の支払った金のうち、どれだけが純粋に日本の金なのだろうか。
 昨年、日本は韓流ブームであった。
 冷え込んでいた個人消費は、韓流スターたちのグッズやDVDの販売によって息を吹き返し、同時多発テロ以来、伸び悩んでいた海外旅行も、冬のソナタのロケ地ツアーなどで一気に勢いを取り戻していた。
 日本の景気回復のために、韓国が担った役割というのは計り知れない。
 日本は、5億ドルをまるで自分の金を出したかのように誇っているが、去年どれだけの消費が韓流によって助けられ、現金を生んだかと考えれば、このような行動はできないはずだ。
 もっと、自分たちが現金を手に入れた裏で、力を尽くしてくれた存在に感謝し、一国の力のみで支払っているかのような態度は改めるべきではあるまいか。

 

 というのを思いついたのだ。
 あるまいか・・・。

 これで思い出した。

 色々と、よくもまぁ自分でここまで思いつくものだと自分で思う。
 私はひょっとして左翼思想の才能とかがあるんじゃないだろうか。これを量産することで、朝日新聞の投書欄とかの常連になれないだろうか。

 でもこれ・・・絶対、復興支援の金で差をつけられて、日本を貶めている韓国視点で言えば、ありえない発言ではないと思うのである。
 さすがに、ここまで香ばしく直球勝負は無いだろうが、似たようなニュアンスの漂う発言くらいはしてくるのではないだろうか。

 ちなみに、この文章のツッコミどころはいくつかあって・・・五億ドルに内包される冬ソナの経済効果なんてゴミ程度という現実は割とツッコミどころであろう。

 ちなみに、この住んでいる場所・・・大久保というのもちょっと色々と・・・うん。考えると解ってくる。

 天の神様

 総統閣下に感謝いたします。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月十二日

ねりねりねーりな

 もし・・・森博嗣のVシリーズをドラマ化するとしたら、小鳥遊練無の役者は、男にすべきか、女にすべきか。そんなことを友人と議論した。

 私は男にすべきだと主張しておるのだが、友人はそれはムリがある!と、主張している。

 確かにムリがある・・・が、まぁ普通に考えてドラマ化はムリなので大丈夫である。
 だいたいだ・・・普通の月9ドラマでやるにしても、あのシリーズはどう考えても金がかかりすぎる。

 特に、魔剣天翔にかかる金を考えると本当に恐ろしい。エアロバティクスをどう手配するのだ・・・。

 

 ところで、この間、小田急線に乗っておったら、私の目の前に白人男性が座っておった。
 彼は、最近流行りの漢字Tシャツを着ておったのだが・・・問題はそこに書かれている文字であった。

 

 「金的蹴り」

 

 この四文字が、見事な明朝体で縦にでかでかと書かれているその姿は異様であった。

 なんだか、彼が金的蹴りも辞さない極悪非道の格闘家に見えてくるというものである。
 このように、漢字のブームは良いのであるが・・・読めないのを良いことに適当に作るのは酷いと思う。

 電車内の乗り合わせた我々が、どうやって必死に笑いを堪えていたのか、製作者は考えるべきだ。

 親切に教えてやろうかと思ったのだが、英語で金的蹴りをなんと言うのか思案に悩んだせいもあって、やめた。
 というか教えてやったところで、彼の精神にそれこそ金的蹴り級のダメージを与えるだけであり、彼が満足しているならばそれで良いではないかということにしておいた。

 だがまぁ、Tシャツのうちはまだ平和である。

 

 これが万が一・・・タトゥーになったらどうなるのだろうか。
 漢字Tシャツの流れにのって、漢字刺青とかが流行したとしよう。

 問題はこの程度ではすまない。

 腕に金的蹴りとか書いてある外国人を電車内で見かけてしまったらどうする!
 そして、おせっかいにも、それを教えてあげてしまった人がいたら、彼のアイデンティティは崩壊の危機にさらされる。

 オーマイガ!俺は金的蹴り野郎なのか!

 とか・・・刺青などという限りなく取り返しのつかないものであるので、もう精神金的蹴りである。

 あぁ・・・可哀想に。
 ゆえに、漢字刺青を行う堀師は日本人である必要があるであろう。しかも、英語ができるやつが好ましい。

 ただし、ここでも極めて深刻な問題が発生する。

 万が一、彼が反米感情旺盛な人間で、アメリカ人は全て死ぬが良い!フヒャハハハ!という人間だった場合、哀れなカモを騙して、ここに書くのも憚られるようなことをガッチリと書いてしまうかもしれぬ。

 大変危険である。

 ゆえに、掘師には高い倫理観と、人間性が要求されるわけで、今後は免許せいにしたほうが良いだろう。
 様々な方向から人格を吟味し、彼なら騙して酷い単語を掘ることもないだろうということになると免許が発行される。

 このように、電車の中でうっかり爆笑するという危険を排除することに国を挙げて乗り出すべきである。

 天の神様

 金的蹴り!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月十一日

111

 さて・・・世の中には色々なVNIがいる。
 プリーストだったり、格闘ゲーマーだったり、思想家だったり、いろいろなVN〜がおるのである。

 だが、私はまだ前人未到の領域を発見した。
 限りなくパイオニアとしてやっていける場所である。

 バーチャルネット国会議員●●〜歳

 

 これはまだおらぬようである。
 せっかくなので、活動内容を考えることにした。

 とりあえずは国会議員なので、朝が早い。朝早くから活動を始めるのだ。
 朝から委員会に出かけたりする。

 何をどう活動するのかは謎である。

 次に、メインとなるべきインターネットにおける活動である。

 1:推薦状を書く。
 世の中には、様々な連中がおる。
 その連中の願いをかなえるべく、推薦状を書いてくれるのである。

 「そうかそうか、君の望みはわかった。●●君に君への文中リンクをするように推薦状を書いておこう。」

 このような便宜を図ることもしてくれるのである。
 もちろん、政治資金を提供するのが大前提である。

 

 2:パーティがある。
 活動アクセス数を稼ぐためのパーティが執り行われる。
 知り合いとかにチケットが売られて、パーティに参加するのである。

 招待客は、チケットに対して対価として文中リンクを支払うのだが、チケットは一人頭数枚与えられて、それをさらに売りさばかなければならないが、この際の文中リンクは自分にさせてよい。

 そして、パーティ当日はこの国会議員なサイトでどうでも良い話を聞いて、本当にどうでも良いネタが披露されるのだが、これはチケットを買った人間だけが見れるようにhtaccessで規制が行われる。

 

 3:総選挙がある。
 一定期間ごとに選挙があり、落選するとサイトが消える。

 

 4:更新日が決まっている。
 通常、臨時、特別を問わず、国会の会期中はとにかく毎日更新をする。
 ウリは今日の料亭コーナー。

 

 5:どう考えても関連性の無い場所で色々と挨拶をする。
 これも国会議員のお仕事である。他のサイトの開設、休止、再会、卒業などなど、あらゆる場面で「では、ご来賓のお客様の紹介をさせていただきます。」という流れになって「バーチャルネット国会議員の●●〜歳さまです。」

 とか呼ばれて、立ち上がってお辞儀するのである。これも仕事。
 他にも、色々な場面で挨拶がある。

 

 6:名前がひらいてある。
 フルネームのうち、難しい漢字をつかうほうが平仮名なのである。
 例をあげると、福沢ゆみ。とかである。例のあげ方を気にすると天罰が下るので気にするな。

 

 7:秘書がいる。
 姉妹サイトというか、同時開設というか・・・そう言う形で・・・。

 バーチャルネット第一秘書
 バーチャルネット第二秘書
 バーチャルネット公設秘書
 バーチャルネット名義貸し秘書
 バーチャルネット愛人秘書

 というように何人かの秘書がおる。
 それぞれ個別のサイトを持っている。

 8:不祥事をたまに起こす。
 不祥事を起こすと私は髪の毛がなくなる。
 これと同様に、不祥事を起こすとお遍路参りに行ったりする。

 

 

 このように、通常の国会議員よりも、年金も支払わないし、税金も支払わない、理想的な形の架空の国会議員として、バーチャルネット国会議員はどうだろうか。

 さらに、この計画には壮大な未来がある。

 ゆくゆくは、バーチャルネット政治家を増やしていき、バーチャルネット総選挙を行い、バーチャルネット政党のもとにバーチャルネット国会の与党を決めて、バーチャルネット内閣を組閣して、バーチャルネット国務大臣を任命したりする。

 そこで、私が法務大臣とかになって「私は法務大臣である前に宗教者でありますので、自分の信念に基づいて死刑の執行はいたしません。」とか言ってみたりする。

 そんなバーチャル政治を思いついた。

 天の神様

 私にも天下りさせてください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月十日

 さぁ、今年も楽しい成人式の日がやってきた!
 暴れ狂う新成人たちを見て、国を憂い自分は優秀な国民だと錯覚する日である!

 さぁ、大いに国の未来を嘆こうではないか。レッツ憂国。

 と、思ったのであるが・・・なんだか今年はちょっと手ぬるくないかのぅ?
 もっと新成人が暴れ狂うのが恒例であるような気がするのであるが・・・これには何か周期があるのだろうか。

 暴れる世代を醒めた目で見て育った世代だったのかもしれない。

 正直がっかりである。
 もっと紋付袴とかの姿の新成人が、狂気の沙汰としか思えない動きで暴れるものが見たかった。
 一斗樽を割ったりとか、一気のみだとか、逮捕だ訴訟だ、急性アル中で急逝。とかである。

 機動隊が出動して放水だとかしてほしいものだ。

 他人事なので見るぶんには非常に面白い。

 しかしながら、彼らは何ゆえに新成人になったとたんに暴れておったのだろうか。
 大人になったので、改めて大人の責任を果たすべく、一回逮捕されて、罪に付随する社会的責任をとろうという、書初めとかの親戚で罪初めとかかもしれないとか思った。

 だが、少々嘆かわしいのは連中には主張が無いのである。
 自衛隊は即座に撤退しろ!とか、北朝鮮をいじめるな!とか、そう言う主張があって暴れておるわけではないのが残念である。

 だからといって、そう言う主張をしておる連中は、暴れずに捕まったりする。

 もっとこう、お互いに意見交換とかして長所を学ぶべきである。
 そんなに暴れたいなら主張をもて!と言いたいところである。

 もう、全員で鎖に繋がって成人式ハンガーストライキとか、しつつ主張をするのである。

 まだ、19歳がいます。早いです。

 とか主張する。
 これで完璧である。

 逆にイラクに行く連中も、自衛隊に撤退して欲しいのならば、もっと徹底的にやらねばならぬ。
 まずは横断幕である。

 自衛隊は即座に撤退を!とか書いた横断幕をもってだな、ついでだからイラク国民に対して援助物資という名目で、いくつかのアイテムを支給する。

 1:流れ弾から身を守るための・・・ヘルメット。

 2:砂漠の夜の寒さを凌ぐための・・・ドカジャン。

 3:砂塵から身を守るための・・・マスク。

 4:日中の紫外線から目を守り、砂からも守るための・・・サングラス。

 5:弾けるヤツには・・・フォークギター。

 6:地面に地雷が埋まってたら危ないので・・・角材。

 7:自衛隊歓迎と書いてあるとウソをついて・・・プラカード各種。

 8:共産党宣言。・・・日本語のコーランだとかウソをかまして記念にあげる。

 

 これくらいで良いのではないだろうか。
 このファッションで、イラク国民達をひきつれて、自衛隊を歓迎にいこう!という名目で自衛隊の駐屯地へと押しかけるのである。
 イラク国民はもらった服に満足し、また自衛隊を歓迎にいくぞ!とか思って、自衛隊を歓迎する言葉が書いてあると思い込んでいるプラカードをかかげて行進を始めるのである。

 もちろんプラカードには赤いペンキで書きなぐったような文字で、断固反対。なんでも反対。とりあえず反対。右の反対!

 とか書いてあるのである。即時撤退!とか、反革命の不穏分子に制裁を!とか書いてある。

 もう、部隊長クラスのオッサンたちなど、涙ナシには見ていられないのである。

 感動の涙を流して・・・

 「お、俺も昔は授業にも出ないで、学校でこれをやっていた・・・。いつの間にか若き日の志を忘れて国の走狗になっていた。俺たちは・・・お前がまぶしい!同士!」

 とか、共感してくれるかも知れぬぞ。

 どうですか?左の人たち。本年はよろしくお願いしますよ? 

 天の神様

 実は戦時下のプロンテラですがお導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月九日

しらざれるミドガズ王国の新の姿。

 さて、昨日の廃止論に補足である。
 刑罰として弱くなるのではないかという疑問があるかもしれないが、それは刑罰の性質を考えると良い。

 もっとも、辛く、そして厳しい、堪える刑罰は何か。

 それは、例えば終身刑に処せられ、その生活の中で、自己の生活を省みて、深く反省し、自分がバカなことをしたと悔いるようになり、もうしわけないという思いが生まれてきた頃、恩赦や大赦によって、仮釈放されたり、場合によっては社会復帰したりとかいう機会が与えられたとしよう。

 その際に、自分はあんなに罪を犯したのに、相手は死んだのにこうしてのうのうと生かされている。というのを改心してから思い知ることこそ、もっとも辛く厳しい刑罰だと思う。

 救いの無い終身刑とかにして、悪態をつきながら生涯を過ごすよりも、はるかに辛い。

 そこらへんも理由だと言っておこう。

 

 さて、ラグナロクオンラインは最近はあまりアップデートが無くて面白くない。
 が、前よりはだいぶ世界は増えた。

 というわけで、私が親切に、ラグナロク初心者のために世界を説明してやろう!

 ゆえに、余計に混沌としてきたのでちょっと整理してみたいと思う。

 まず、ルーンミドガズ王国である。
 これは、なぜか城にいないで聖堂にいるという国王の下に統治される、オーディンに使える「十字」軍を持つという極めて奇怪な性質をもち、彼らはみなで一丸になって魔物を倒そうと頑張りつつも、週末になると血なまぐさい同士討ちを始める国家である。

 国家の中には、モロク、ゲフェン、フェイヨン、アルベルタ、アルデバランなどの街があり、ゆるやかな統治をされておるように見えるが・・・最近は治安が悪いらしく、ネイティブプロンティアンの解放を求めているとか、独立戦線だとか、そう言うわけでもないだろうがテロが多い。

 ちなみに、エルダーウィロー達が済む、エルダーウィロー森があるが、これはテロ支援国家として目をつけられている。
 また近年では、崑崙もこのテロ支援国家にリストアップされている。

 また、ルーンミドガズ王国が遠征によって手に入れたのがコモドである。
 それから恐らく、ウンバラも国民の居住具合からみて植民地にしておると考えてよいだろう。

 ちなみに、このコモド人やウンバラ人が人口が少ないのには理由がある。

 みんなが、冒険などという非生産的なことをしつつも国家が成り立っておる理由は簡単で、大量の奴隷をここからつれてきて、見えないところで労働させておるのである。

 見えないところとはどこかというと、マップ的に地続きなのでその先がありそうなのに、その先が無いというところで、巨大な農場とかがあって、奴隷がいろいろ作っておる。

 実は、この遠征と大量の奴隷によって、ルーンミドガズ王国の経済は成り立っておるのである。
 極めて、野蛮なタイプの国家であると言ってよい。

 モロクとかも、文化的に察するに・・・コモドなどよりも昔に王国に蹂躙された国家ではないだろうか。

 このように、ルーンミドガズ王国は広範囲に及ぶ遠征と制圧を行っているわけであり、どちらかというとルーンミドガズ帝国のような気がする。

 余談だが、帝国というと一気にイメージが悪くなるのは日本のゲームの特徴である。唯一、帝国主義的な思想を前面に押し出しつつも悪と戦う良ゲームがロマサガ2である。

 また、この国の国民達はまず間違いなく、宗教の自由が無い。
 異教の聖域に踏み込んで蹂躙し尽くすのが彼らの流儀である。

 次に、もう一つ国家がある。
 シュバルツバルド共和国である。どうも、名前的にゲルマン忍者とか、ゲルマン忍法などと関係がありそうな気がする。

 このシュバルツバルド共和国は、科学技術プラントを持ち、圧倒的な知識量を誇る国家である。
 正直、ルーンミドガズ王国と外交関係はよろしくない。

 恐らく彼らが本気になれば、プロンテラなど一瞬で焦土と化すだろう。

 普通に彼らには最終手段として、ジュノー落としがある。

 ハンターフライとかが、地上を汚しまくる人間に絶望して、彼らに制裁を加えるためにジュノーを動かして、プロンテラにぶつけようとするのである。

 ちなみに、なんか前にイベントで、軍人が勝手に国境を侵したりしておるので、かなり国家間の関係は悪いと思う。
 国教の検閲所なども殆ど機能しておらぬ点から考えても、現在交戦中かもしれぬ。

 既に、ジュノーは占領下にあって、さらに北へと前線は移動中なのだ。

 基本的に今までの例・・・つまり、コモド、ウンバラなどからいって、植民地化した後に一般人がいけるようになるので、既にジュノーまでは占領下かもしれない。

 他国民を見かけない理由は、奴隷にしたり殺したりである。

 このように、ルーンミドガズ王国は極めて文化的に野蛮かつ好戦的な民族であり、恐らく大陸のはなつまみものとなっておる。

 はるか遠くの崑崙とかアマツとかと国交があるにもかかわらず、地続きと思われるほかの国家郡と国交が無いというのは間違いなく、国交断絶された上で経済制裁とかを喰らっておるのである。

 これはかなりヤバい。

 国王が大聖堂におるのも、実は軍部に実験を握られて、実は完全な傀儡政権と化しておるからなのである。
 国王はもはや何の権限も無く、仕方ないのであそこにおるのだ。

 今日も知らないところで・・・戦争が続いておる。 

 天の神様

 実は戦時下のプロンテラですがお導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月七日

対戦台日本文化


 礼拝が隔週になったので明日は無い。

 毎月二回、土曜日はれなの家に泊まりで仕事なのである。大変だ。
 

 このお仕事はなかなか大変だが、それなりに面白い。
 ただ、この仕事をしようと思うとどうしても夜のほうが適している。頭脳労働をするとしたら、二時だろう二時。

 振動の少なさなどから考えて、深夜が一番良い。

 クリアな時間は丑三つ時である。
 草木も眠るとはよく言ったもので、本当に静かなので安心できる。

 そういう関係で、時間が遅くなったりする。

 さて、現在ちょっと、死刑について勉強をしておる。
 少々前まで、私の友人がやえのサイトで死刑論の話をしておったのだが、彼とはいろいろその件で話しておったのだが、割と存置派だった。

 だが、いろいろと勉強していくうちに、私としてはかなり、死刑廃止派になってしまった。

 だってほら・・・死ぬということは終わりである。
 地獄の責め苦にあい、この世のものより苛烈な刑を受けると信じられておった時代には、それなりに死刑も意味があったろう。

 そこは終わりではなく、この世を越えた無限の苦しみの始まりだったのだ。

 だが、地獄は人から遠のいて、認識されなくなり、つまりは存在しないのと同様となったのである。
 それゆえに、死は拘置の苦しみの終点となってしまった。

 これは極めて問題である。

 現代においては、死刑は苦しみからの解放にしか過ぎぬ。

 そう考えると、この世において苦しみを与える必要があるのであろう。
 やはり死刑はもはや、全時代的なものなのだ。

 残虐だとか、違憲だとかいう理論には興味が無い。

 死んだ先の責め苦が無い以上、殺す意味が無い。殺す以上の価値が必要だ。
 そうするとやはり、死刑は廃止すべきである。終身刑のほうが良いであろう。もっとも、絶望しかないところでは馬は走らぬ。目の前に道とニンジンがあるから走る。

 恩赦、大赦のような道も残しておくべきだろう。

 そうすることで、責め苦を耐え切って、改心し、マトモになれるかもしれぬ。

 というかだな・・・日本にも裁判員制度が導入されるであろう。
 そう考えると、現在の誤判率から考えても恐ろしいのである。

 目には目をの精神を主張し、命には命をと言うヤツもおるかもしれぬが、ハンムラビ法典ではその先がある。

 誤判をした裁判官には死刑を。である。

 死刑という制度を容認する代わりに、誤判の可能性をギリギリまで狭める法があった。

 もし、日本国民が裁判員として裁判に加わる際に、後々に冤罪が発覚した場合に、自分が刑を受けることを感受するというのならば、死刑も良いだろう。

 もっとも、そんなこと決めたら、誰も怖がって死刑判決が出せぬがな。

 そういう点から考えても、死刑は裁くものにとっての負担がでかすぎるのである。

 だから、私は死刑廃止論者になった。

 だいたい、犯罪者に終身刑で使われるメシ代がもったいないというヤツがおるが、そのための税金である。そのためのネルフです。みたいなものである。

 社会を寄りよい方向にもっていく。つまり、危険分子を治めるために税金を用いるならむしろ、私は本願だと思う。

 まぁ、そんなところだ。

 天の神様

 仕事地獄です!たすけて!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月六日

対戦台日本文化

 最近ちょっとガンダムシードを見ておる。
 ザクが出ておるのでな!ザクが!

 それ以外はどうでも良い。

 あんな、百式より派手なガンダムどもに用は無いのである。あそこまで行くともうダメダメである。派手にも程がある。
 あいつら全員、ガンダムハンマー喰らったら一撃で折れそうなほど華奢である。兵器らしくない。
 ところで、ディスティニーの主人公機があるではないか。

 最初がコアファイターで合体してガンダムになったりするもの。

 あれはなんというか・・・なぜ・・・合体する必要があるのか何度見ても納得いかぬのだが誰か理由を教えて欲しい。
 そもそもコアファイターは脱出ポッドの進化系であり、元来ならば、コアファイターで出撃>合体してガンダムに、ではなくて、ガンダムがぶっ壊される>コアファイターで逃げる。という流れであるべきである。

 逆に言えば、ガンダム>コアファイターの流れは不可逆的で良いはずだ。

 例外としてVガンダムがある。
 Vガンダムは史上初の量産型ガンダムであるので、上半身、コア、下半身をボンボン捨てたり破壊したりしつつ戦うガンダムである。

 とりあえず、Vガンダムの下半身には神風なスピリットが溢れている

 ZZガンダムはギャグ系のスーパーロボットであるので別にどうでも良い。あれが合体するのはゲッターロボが合体するのと同程度の理由だと思われる。

 そもそも、背中のリュックサックをつけかえて変形したいなら、その部分だけ外せるようにすべきで、それは合体の理由にはならぬのだ。

 だいたい・・・そんな機能つけてるヒマあったら・・・それぞれの機能をもった可変しないガンダムを何機か作ったほうが、どう考えてもコスト的にも運用的にも楽である。
 バラバラのところを狙われたらどうするつもりだろうか・・・。

 Vガンダムのように下半身をぶつけるとかは無いようであるし・・・。
 かといって、戦闘機で戦うわけでもない。

 そういえば、戦闘機状態で出撃するMSといえば、リ・ガズィがおるが、あの場合は合体してガンダムになるのではなくて分離してガンダムである。

 このように前例が無い。
 だからあのようなガンダムはどうでも良くて、とりあえず久々に見れるザクを愛でるアニメであると位置付けることにした。
 ガンダムが可変するようになったり、合体するようになったり、光の翼を出すようになったり、月の力で戦ったり、ヒゲはえたり、格闘技したり、魔装機神みたいな派手なギザギザ装甲になってファンネルミサイルなんていう進化したのか退化したのか解らない兵器で戦うようになったり、変な派手さになっても、ザクだけは変わらないでいてくれる。この安心感は凄いことだ。

 ザクだけは、いまだにザクなのだ。

 合体変形したりするザクはおらぬ。スーパーザクになったりしないし、Vザクとかもない。νザクだってないし、ザクだけはザクでいてくれる。

 AK-47みたいな安心感のあるモビルスーツであるな。
 もっとも・・・どうみても実弾っぽいマシンガンからビームが出たりするのでディスティニーのザクはちょっとあなどれないところがあるが、ヒートホークを使っていたので差し引き0で安心だ。

 だが、あぁザクだぁとか思って安心してみておったら不思議なことに気付いた。

 どうもディスティニーのモビルスーツは普通に空を飛べるらしい。
 先人達が、グフ・フライトカスタムとかの奇怪なシステムを考えて必死で飛ぼうとしてきた努力を完全に無視して、普通に飛んでいた。

 やはりあそこは、ドダイに乗って戦うべきであろう。ドダイ!
 最初からドダイにのっておれば、あのシャア子もバーニアがぶっ壊れたりせんですんだものをっ。

 赤いザクに乗っておるヤツ・・・ルナマリアだが、ヤツの呼び名はもうシャア子にした。私が決めた。今決めた。シャア子だ。

 しかし・・・気になるのはあのザクはなんなのだろうという点である。
 ザクはけっこう色々開発されておるし、ザク3なんていうニュータイプとか強化人間向きのもあるにもかかわらず、ディスティニーのザクはかなりの勢いでザクUしておる。

 確かに、一番美しいザクなのは解るのだが、どういう理屈でザクなのかを教えて欲しいところである。
 というか、ザクだけ昔のままって言うのも安心では有るが・・・ほら・・・なんか寂しい。

 敵もガンダム味方もガンダムというのは本当にウンザリだ。
 ここまでガンダムだらけだと、デザインが楽だからだとしか思えない。キュベレイみたいな美しいMSを出して欲しいものである。

 いっそ思い切って、史上初の逆間接ガンダムとか出してしまえっ!
 ザクが出てきたのは救いであるが、もうちょっと・・・もうちょっとパワーバランスを考慮して欲しいところである。
 ジムはどこいったジムは!低コストで高性能、連邦軍を勝利に導いた真の英雄たるジムはどこへいった。ザクはいるのにっ・・・。

 このままでは、ザクはヤムチャ化してしまう・・・いや、現時点でもうかなりクリリンになっておるわけだが・・・。

 ルナマリアのことかーーーー!!!

 とかならないことを祈る他無い。 

 もう、ここんとこガンダムはどんどんぶっ飛んでてイヤである。
 未来へ未来へすすんでいってばかりで面白くないので・・・是非、ここは過去に遡ってガンダムとかを作って欲しい。

 例えば・・・

 時は湾岸戦争、砂漠の砂嵐の前に立ち往生し、クルド人自治区へと進行するイラク軍を撃退するために、多国籍軍は新型兵器ガンダムを投入した・・・みたいな展開を・・・。

 過去に遡って歴史を捏造である。

 普通に、RPG7とかでモビルスーツを攻撃されたりするし、戦車相手で苦戦したりもする。

 シリーズでどんどん捏造していく・・・湾岸戦争や、他にもソマリア紛争も良いかもしれない。平和のためと信じてやってきた、国連平和執行部隊が情勢の流れに押されてガンダムで戦いつつ撤退していくのである。

 普通にアイディード将軍とかが実名登場。

 もちろん、アフガン戦争も出さねばならない。

 イラク戦争もだ!

 アメリカ製の最新鋭のガンダムが砂嵐の前に壊れていって、旧共産圏のザクが頑丈に戦うのである。
 頑張ってザクを鹵獲したりして、鹵獲したザクに乗れることになった米兵は喜んだりするのだ。

 そういう泥臭い系ガンダム希望である。

 天の神様

 ウォートランみたいなガンダムを希望します!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月六日

対戦台日本文化

 自分で自分をラグナロク系だと言うことは、自分は文系だと決め付けて数学という世界から目をそむけることに等しい。(レイホウウェブサイト運営におけるダイナミズムとリベラリズム。 改訂第六版 274頁より)

 そんな本無い!(挨拶

 さて、前々からプロ野球の話が出るたびに思っておった。

 日本の野球チームは・・・横浜が無機物なのを除けば、基本的に生物で、ジャイアンツを除いて、ほとんどが実在の生物なのである。

 しかも、悲しいかな英語ばかり!いくら野球が日本発祥ではないとはいえ、チーム名が英語ばかりなのは嘆かわしい限りである。
 ヤタガラスをトレードマークにしていてサッカーの日本代表を見習って欲しいくらいである。

 せっかくなので!私が日本の各土地ごとに球団名を考えてやることにした!

 ちなみに、今既に存在する土地にもどんどん考えていくが気にしてはいけない。無い場所にもどんどん考える。

 まずは、ニューヨークがヤンキースなのであるから・・・あれだ。

 木更津ヤンキースとかどうだろうか。いきなり英語っぽいが、これはあくまで日本語としての意味をもったヤンキーである。ヤンキーの聖地というか、廃棄場所というか、溜まり場というか・・・モンスターハウスというか・・・そういうものである木更津ならではの球団である。日本語にこだわる場合は、木更津チンピラーズになる。

 次に、カープとか・・・わざわざ鯉を英語にして解りづらいので、かえるべきだ。

 広島ピッグス!
 ブタであるブタ。

 これには深い意味がある。広島といえば・・・そう、日本有数のスラムであり、日本有数の部族問題を抱える地域であり、日本有数の暴走族の町であり、とりあえずなんていうか、核戦争とかが起こったとしたら、恐らく広島を中心に世紀末救世主伝説が繰り広げられるような気がする土地である。

 まぁ、端的に言うと、広島といえば893である。

 ここで、マフィアズとかヤクザーズにするのは一般人のやることだ。

 ヤクザとは893。これはバクチで言えば0。最悪の役無しの状態であり、ブタである。
 ゆえに、広島ピッグス

 通常の球団とは違い、恐らく選手はアイパーかスキンヘッドかリーゼントが義務付けられる

 

 タイガースもなんで・・・あのお笑いの町が、こと野球になるとトラとか名乗ってしまうのだ。
 もっとダサくしてほしい。

 というわけで。阪神ローストオクトパス。・・・タコヤキじゃなくてヤキダコになってしまうあたりがポイントである。

 基本的に、ユニフォームの色合いとかを変えなくて良いのではないだろうか。
 タコヤキも黄色いしのぅ。  

 天の神様

 イーグルスって・・・なんか今まで無かったのが不思議な名前です。
 なんだかイヤですね。斬新さがありません。ワンアイドドラゴンズとかにすれば良いと思います!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月五日

自己を鑑みる。

 ちょっとした報告。一応、毎週言うのもあれなので、言う。
 礼拝の開催周期が変わる。月に二度、土曜日から泊まりでれな宅に行くのがこの先確定しておるため、礼拝は基本的に隔週になる。二周連続で行われるということは無いので注意するように。
 一応、ある場合も無い場合も、黄色文字で土曜日に告知するので大丈夫である。

 実は、さっきというか今日というか凄いことに気付いた。
 まったく、事情や流れを知らない人間が見た場合、ウチをラグナロク系サイトだと判断する材料がどこかにあるだろうか!

 という点である。

 はじめまして。私は、ネットゲーム”ラグナロクオンライン”世界に生きる”プリースト”さやさやといいます。

 と、さやさやは書いてある。
 同様の注意書きがどうかというと私の場合、

 はじめまして。わたしは電子の世界に生きる、宣狂師です。そして、修行を積んだお陰で今では大司狂の地位についています。

 と、書いてある。
 自分でもなんか、ラグナロクオンラインの世界に生きる・・・とか書いておったつもりなのだが、どうも無いのである。

 さらにはじめましてを見てみた。
 さやさやの場合。

 Int型プリーストと辻ヒールプリーストを足してバーチャルアイドルで割った感じの存在です。

 というように、ラグナロクと解るような単語が使われているのだが、私の場合どうかというと・・・

 トイレもいかなければ、ゲップもしない上に、異端は殴り殺さんばかりで襲い掛かってくるという、宗教家の理想を体現した二次元宗教コンプレックスの人間のための大司狂である。

 というように、元々がちゆ原理主義者であったために、通常VNIサイドの紹介なのである。

 という具合だ。・・・確か昔は、VIT型でもINTのキレのあるどうこうとか書いておった気がするのだが、大司狂就任の折に変えた気がする。

 話題に関しても、さやさやはラグナロクを主体としたものだが、私の場合はそれでは毎日もたないというか、言いたいことがいえない(これ重要)という理由もあって、残念ながらというか、私としてはとても幸せなのだが、ゲームと政治と宗教とニュースとDQNとネタとウソと民明書房と大槻ケンヂと森博嗣と京極夏彦と荒又宏である。あとたまにラグナロク。

 つまり・・・極めて客観的に今にいたる経緯を知らない人間が見た場合、当サイトは・・・ラグナロク「も」あるサイトなのである。
 これは困った!いや、困らないけど。
 とりあえず、パっと見てROと気付ける要素は、枕かへしの見る夢、くらいである。今書いてるから待ってて・・・。時間の合間をサイヴァリアプレイするくらいのギリギリでかいくぐりながら書いておる。

 まぁ、もう一つ強いて言うならば、ラグナロクで礼拝をやっておるという点だろうか。この点は譲れない!
 これだけは譲れない一点だ。普通に日記で一方通行の文章を書くのではなく、割と反応を見つつ話をしたりするというのは私としても大変楽しいのでここはラグナロクの楽しい点と言える。

 ゆななんかの日記にも、ラグナロクの話をしてくださいといわれた・・・みたいなことが書いてあったが、私はそんなこと言われたこと一度も無い。して欲しければ愉快なROの話をしてやろう!

 大変だ!ROサイトだと判断できる要素が無いではないか。
 このままでは大変よろしくない。本末転倒というのは大嫌いであるからな。

 グラヴィティとかガンホーへのリンクとかあれば良いのだろうか。
 リンクしてもあまり意味無さそうなのでリンクしておらぬのだが・・・。

 そこで!今まで、散々私はラグナロク系VNIなどと名乗ってきたのだが、ここに来て一つ呼び方を変えたいと思う。

 VNI系ラグナロクサイトにしよう!

 何が変わるということも無いが、系ではなく性質になった。
 言うならば、人間改造と改造人間くらいに違う。

 だが、それでも本質は変わらない。

 このように私は悩んだ。自分という存在がなんなのか、非常に悩み懊悩煩悶したと言って良い。
 答えなど出さなくて良いやとか思った。

 本当にまぁ良いやである。名前を変えたところで性質は変わらぬのだから意味が無い。

 だがまぁ、一応〜系という言葉は安心感があるので・・・当サイトはこうする。 

 ある日、寂しいラグナロクがお客をとりに行った。誰にも愛されるからサーバもラグで止まりつつ。生ぬるいゲームの中、未実装は宙ぶらりんのまま、足を滑らせたラグナはラグナ2へと変わってく、はるか遠く高くでラグナの最期を物憂げに見つめていたラグナ系VNI。である。

 はじめまして!私は、ある日、寂しいラグナロクがお客をとりに行った。誰にも愛されるからサーバもラグで止まりつつ。生ぬるいゲームの中、未実装は水草の上、足を滑らせたラグナはラグナ2へと変わってく、はるか遠く高くでラグナの最期を物憂げに見つめていたラグナ系VNIのレイホウです!

 今後はこれでいく。決定。

 天の神様

 彼女の屍が朗々と歌いだす!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月四日

ヤー!

アナウンサー:皆さんこんばんは。ミッドガルド国営ラジオ局です。さて、今日の人生相談はアドバイザーに聖職者のレイホウ様においでいただきましたぁ。こんにちは。思ったよりお若い方でびっくりです。

レイホウ:私もお前の可愛らしい声と裏腹な年齢と外見に驚いておる。

アナウンサー:なっ・・・。

レイホウ:まぁ、とにかく進めていこう。

アナウンサー:は、はい。そうですね。では気を取り直して、一通目のお便りです。
「えーっと・・・。はじまして。ボクはVIT騎士をしています。ですが、どうしても高精錬装備が揃わなくて、役立たずとか言われています今所属しているギルドは砦持ちなのですが、ボクが盾として弱いのでADにも誘ってもらえません。もっとGvGで活躍したいのですが、どうすればいいでしょうか。」とのことですが、いかがでしょうかレイホウさん。

レイホウ:ふむ。そうだな。GvGで活躍したいというわけか・・・。

アナウンサー:やはり、高精錬の時代ですからね。

レイホウ:いや、今のままで活躍する方法がある。

アナウンサー:ええ!?そうなのですか!?

レイホウ:その通りだ。貴様はせっかく砦持ちギルドにおるのだ。その地位を利用すれば貴様は活躍できる。まずは、実力のあるギルドを他に見つけ、貴様の手引きで彼らに防衛計画の全容を伝え、また手引きをして、かれらにとって攻めやすい状態を作り出してやるのだ。そういう情報を提供することによって、貴様はまさに英雄になれるであろう!

アナウンサー:な、なるほど・・・貴重なご意見ありがとう御座います。

レイホウ:うむ。

アナウンサー:続いて二通目なのですが・・・「結婚したは良いのですが、結婚した相方が前々ログインしてくれなくて困っています。私はINTプリで、ダンナが槍騎士なので、いつもペア狩りだったのですが、一人では狩れません。どうすればよいでしょうか。」

レイホウ:古より・・・脈々と受け継がれてきた・・・こんな諺がある。

アナウンサー:結婚は人生の墓場・・・ですか?

レイホウ:違う!「亭主元気で留守が良い。」だ。つまり、貴様の悩みは贅沢すぎる!ということだ。

アナウンサー:は、はぁ・・・なるほど。というわけで・・・この意見に対するご解答はつまり・・・。

レイホウ:そんなのは悩みではない!棄却!

アナウンサー:は・・・はい。えーっと・・・続きまして・・・「はじめまして。ボクはかつてロキのGvGギルドに入っていました。しかし、砦を取るためにギルドごと移住をしたのは良いのですが、そのときからギルドは換骨奪胎を繰り返し、今では本当に最低なギルドに成り下がってしまいました。あのロキの頃の、負けてばかりだったけれど楽しかったGvGの日々に帰るにはどうしたら良いでしょうか・・・。今のギルドではダメなのでしょうか。」

レイホウ:うむ。駄目だ!というかだな、ロキから逃げた時点で貴様は負け犬だ!貴様は、J1で勝てなくてJ2落ちして、そのままそこに馴染んでしまって、J2で上位に入って喜んでいるようなチームと同じである!ロキへ来るのだ。もう一度・・・一から出直してみろ!ゲロはきながらポリン倒して、金を貯めて!ロッカ人形で喜べる日々に戻ってみろ!

アナウンサー:な・・・なるほど・・・貴重なご意見ありがとう御座います。次が最後の相談です。
「最近MVPボスを見かけたので、殴ろうとしたら、それを殴っていた団体に邪魔するな!みたいに言われました。ボクはどうすればよかったのでしょうか。」

レイホウ:それは意思疎通が足りなかった!貴様はもっと自己主張しながら殴りに行くべきだったのだ。

アナウンサー:そうですね。

レイホウ:だから歌いながら行くと良い。

アナウンサー:エ゙?

レイホウ:「今から一緒に、これから一緒に殴りに行こうか〜。」とか歌うと良い。ついでだから・・・二番もいこう。
「いっそ激しく切ればいい(バッシュ) 丸い刃はなお痛い(メイス装備)
あとに残る傷跡は、無理には隠せはしない(悪魔相手にハイド)
夜明けだ朝だと騒ぎ立てずに その目を開ければいい(早朝に廃狩りをする)
生きることは哀しいかい(マグロになる)信じる言葉はないかい(ガンホーのアナウンスが流れる)
わずかな力が沈まぬ限り(ブレスもらう)涙はいつも振り切れる(スクリーム)
今からそいつを!これからそいつを殴りに行こうか!」

さぁ、こう歌いながら殴ればよい!
そうすれば、あぁこいつは殴りに来たんだなぁと解る。

アナウンサー:・・・。そ・・・そうなんでしょうか。

レイホウ:うむそのとおりだ。どうなっても知らぬがな!ではまた来週!

アナウンサー:そ、それは私の仕事で!あなたに来週は無いんでs(ペキュ

レイホウ:ではまた来週。

 天の神様

 また明日!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月三日

サンガニチ!

 ノゾミ!カナエ!タマエ!モモコ!(挨拶

 というわけで、中古CD屋で、廃盤になってるはずの筋肉少女帯のレティクル座妄想を確保した。発見即保護!

 レティクル座妄想は前に我が家に一枚あったのだが・・・引越しか何かの時に紛失してしまって、一番好きなアルバムなので困っておったのであるが、救われた。

 このレティクル座を中心として大槻ケンヂの創作というのはかなり魅力的である。

 レティクル座は自殺者だけが行けるらしい。神様がいる。南十字星のほうにあるらしい。
 この神のお陰で、色々と地上に不具合が起きたりする。

 大槻ケンヂはどうもオーバーニーソックスが好きらしい。

 などである。

 まぁ、ステーシーを読めばわかるのだが、このレティクル座妄想のほうの歌詞も物凄く素晴らしいストーリー性を帯びておるので、是非聞いて欲しいところだが、廃盤なので諦めろ!ふはははは。

 私が感想を述べてやろう!貴様らはその私の言葉を拾い集めて、素敵につぎはぎして、思い描くと良い。

 

 一曲目:レティクル座超特急
 レティクル座の性質についてもっとも明確に言及されている。自殺者が行ける。罪人とつまらない人間は行けないらしい。
 主人公の少女も淘汰される。

 二曲目:蜘蛛の糸
 イントロの狂い具合が凄い上に、歌詞が天才的。歌いだしだけ言うと「友達はいないから〜」とか、「下らないキミ達の中でボクはカニのように黙った。」とかである。
 勝手な想像だが苛められている苛められッ子の側の視点の歌である。
 大槻ケンヂお得意の厨房的痛々しさを歌ったものとして、かなり高いクオリティを誇っている。
 あぁ、こんな時期もあったなぁとか思うヤツもおるかもしれない。

 蜘蛛の糸を昇って、いつの日か見下ろしてやる!

 三曲目:ハッピーアイスクリーム
 傑作!このアルバムの中で、最初にノゾミ、カナエ、タマエ、モモコの四人が出てくる。死んでいるらしい。埋められても出てきて逃げるらしい。この四人の合いの手が入る歌である。
 自分は死体を埋める穴を掘っている!という歌である。
 「やめろモグラ俺を笑うな」というフレーズは明らかに、穴を掘りつづけているみじめな自分への自嘲である。

 四曲目:香菜、頭を良くしてあげよう。
 香奈が可愛い。
 でも、これもまた痛々しい系の歌である。
 彼の著書のグミチョコレートパインの一節を借りれば、本屋で平積みにされている流行の本を読んだ程度で知識人ぶっている友人を見下している人間の歌である。その見下す態度が同レベル。
 滑稽でもあり・・・自分を思い出して痛々しかったりする可能性がある。
 そういえばまぁ・・・グミチョコレートパインのパイン編を買ってないのだが、売ってる店が無い・・・。吉祥寺最強のブックスルーエに無いのはどういうことだ・・・。

 五曲目:さらば桃子。
 個人的に一番大好き。やっぱりニーソックスの歌。少女はニィィィイイソックスを履いていた。という気合の入った語りが印象的。
 とりあえず、空から桃子が9.8k/hの加速度で落ちてくる歌。
 もう加速をとめられない。

 とにかく語りが格好良い。「気をつけろ桃子が落ちてくるぞ!」とか「気付かぬふりをしていろ!家でじっとしていろ!」など、大槻ケンヂの脳を解剖したくなる。

 ある意味、窪塚にささげる歌。

 

 六曲目:ノゾミ・カナエ・タマエ
 どうもモモコが先に逝ったようだ。これも凄い歌である。孤独な少女が沼に落ちて死ぬ歌である。
 その後、葬式でクラスメイトたちが、インチキの涙を流していると、ぶちきれた少女が復活して、高らかにうたいだす。屍が歌いだすのだ。

 それを見ていた神様が、ヒャッハー!って援軍を出して、葬儀の会場は阿鼻叫喚に地獄絵図となって結局みんな死ぬ歌である。

 とにかく、うんうんそうそうと納得するフレーズの多い歌。
 「あの子いいヤツだったなんて、顔も覚えてないくせに。」とかである。

 今後は親しくないヤツの葬式では、インチキの涙を流したりしないようにしよう。

 

 七曲目:愛のためいき
 微妙に和のテイストを感じる。やる気なし系の歌い方。
 モロ、地声で普通に歌っている。かなりバカな歌。星とヒトデが出会うらしい

 八曲目:ワダチ
 前奏のがかなり良い。前の曲と一転して、なんかフーガ系のメロディになる。というか露骨にフーガ調ロック。かなりカコイイ。
 六分の曲のうち2分が前奏。歌というより、演奏と語りの合間に歌がある。
 「いま、私は世界人全類の気晴らしの一つとして死んでいくのである。」というセリフが最高。
 あえてここで、気晴らしという単語をチョイスするのが筋肉少女帯だ。
 ラスボスが出てこれそうな曲。

 九曲目:ノゾミのなくならない世界
 前奏がいきなり、メロディックなハードメタルになる。歌自体は軽快で楽しい。
 友人どもはバカばかり、バカに話をあわせるとバカを見るとか思っていた少女が、あるカリスマミュージシャンに恋をしてハマりまくって、どんどん深みにはまっていく。
 一年経って、新曲を聞いたらなんだかピンとこない。思いが醒める。その後、普通の生活をする。六年後、カリスマミュージシャンにパーティで出合い、声をかける。そしてお礼を言う。なんだか、よくわからないが切ない歌だ。

 十曲目:パリ・恋の都
 筋肉少女帯の歌は絶対タイトルに騙されてはいけないと思う。
 一応・・・恋人の亡霊とパリへ行く歌である!

 普通に観光している歌だ。亡霊と。

 楽しそうである。記念写真撮ったり、エッフェル塔のぼったり・・・。亡霊と。可愛いらしい。

 十一曲目:レティクル座の花園
 綺麗なメロディ・・・っていうかモロにカノンコード進行。
 割と普通の歌なのがびっくりだが、ここまでイカれたのを聞いてきているので新鮮に思える。

 新鮮に思ってしまったら調教完了の証。堕落の刻印。
 幸せを歌っているあたりが恐ろしい。
 幸せに暮らせるね♪っていう歌。生と死の狭間のモモコの見た世界の歌。

 十二曲目:飼い犬が手をかむので
 11曲目で終わらせれば、綺麗なアルバムだった。だが、最後にこれがあるのが、さすが。
 頭の良い人間が下らない人間を狩る権利が法廷で認められたという歌。

 下らない、つまらない人間を狩るのだ!GO!レッツゴーハンティング!っていう歌。
 なかなか爽快。

 これも多少過激だが、結局は厨房の心境を歌った歌の一種。
 そして・・・最後の最後で・・・現実を突きつけられるのだ、お前がつまらない、下らない人間ではない証拠を示せ。

 つまらない人間かどうかの審査員の中に江戸川乱歩がいる。風船おじさんもいる。

 ダメな奴はダメ!という歌。
 一曲目の裏側バージョンと言える。

 

 

 というわけで、理解しただろうか。
 一言で・・・いや一息で言うと・・・。
 レティクル座に向かう超特急で、友達がいなくて、埋めた死者が歩き出して、香奈は頭が悪くて、モモコが自由落下運動を開始したり、ノゾミとカナエとタマエが燃えたり、星とヒトデが出合い、挙句の果てに気晴らしのために死んで、カリスマミュージシャンで、亡霊と旅行して、幸せになって、つまらない人間にされてしまうアルバムである。

 いや、素晴らしい。
 一言で言うとだな・・・このアルバムは本当に愛が詰まっておる。

 天の神様

 微調整とかいりませんから。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月二日

鏡餅と徳川家

 あけましておめでとう!

 まだまだ、正月気分だ。
 まだ先であるが、正月の飾り物といえば鏡餅である。

 そもそもあれがなぜ、あのような形をしているかというと、安土桃山時代にまでさかのぼることとなる。
 当時は、信長によって多少は貨幣経済が形成されつつあったものの、まだ農村部の小作人などは極めて貧困で、正月といえども日常とほとんど変わらない質素な生活・・・というよりも貧しい生活を送っていた。

 ちなみに、正月にもちを食うというのは、東アジア地域においては極めて一般的といえる行事であり、中国をはじめ、南はタイのほうまで広まっている文化である。

 そのため、もちを食うという文化自体はそれ以前の日本にも定着していたし、この時代にも行われていた。

 このころ、先述した貨幣経済の形成によって、都市部と山間部では著しい貧富の差が生まれており、豪農と呼ばれる人間と、小作人と呼ばれる人間の立場の差は以前にもまして拡大していた。

 そんな貧困にあえぐ農民のために、日々修行を重ねていた日蓮宗の僧侶である鏡善上人が編み出したのが、鏡餅である。

 彼は、鏡というのはその姿を映すものである。
 ゆえにこの餅は、豪農や貴族、武士などの富める者たちを映し出した鏡である。と言った。
 当時は、肥満であることは美徳であり、また裕福であることの証拠でもあった。

 そういう経緯があって、彼は鏡のごとくに、彼ら富めるものたちの腹を模した形の餅を作ったのである。
 これを食って、今年こそは裕福な生活を手に入れようと正月に誓う・・・という、一種気休めとも言える俗習を生み出したのである。

 当時、これは尾張の一部でのみ行われていた行事であったが、当時そこを通りかかった若かりし日の徳川家康がこの風習を見て痛く感動したと言われている。

 当時から倹約を旨として来たるべきときのために、兵糧を蓄えていた家康は、この風習に感動して、自国に持ち帰り、それはしばらくは、彼の身辺のみで行われていただけであったが、天下取りの後、江戸時代に入ってから、徳川家の習慣として江戸市民に広まり、徳川家にあやかりたいという思いから江戸で爆発的に広まり、当時の参勤交代で地方からきていた人間の手によって日本各地へ広まっていったのである。

 

 このように、鏡餅ひとつとっても深い歴史の妙があるというものだ。

 もし、家康が負けていたら。彼が天下を取れていなかったら。

 おそらくこれは世に出ることもなく、鏡餅ではなく普通の餅を食べる風習のみが残っていただろう。
 そのような歴史の浪漫にひたりながら眺めると、この鏡餅というのも面白いものであるな。

 

 さて、今日は最後に知らせがある。

 実はだな・・・。

 

 

 その・・・なんだ、言いにくいのだが。

  

 

 ちょっとまて、まぁ、まちたまえ。

 私にも心の準備というのがあるのだ。

 

  

 

 

 うーん。ちょっと言いづらいので。反転して読んでくれ。

 ココを反転→鏡餅の話は真っ赤なうそ!

 天の神様

 今年もよろしくおねがいします。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

一月元日

あけおめことよろ?

 あけましておめでとう。諸君。
 大聖堂は明日から営業!というわけで、明日は久々に礼拝である。新年一発目の礼拝である。

 新年早々くるやつがおるのか解らぬが、もともと私は・・・一人で礼拝をやったことがあるのだ。怖くない。

 さて、元日から素晴らしいお話がある。

 sasaya.com

 独自ドメイン取得おめでとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というジョークはどうだろう。
 ちゃんとよくスペルを見なきゃだめであるぞ。これの看板が立っておってな・・・一瞬あせったことからヒントを得た騙しである。

 さて、昨日の曙はすごかった。気絶しなかっただけえらいといったところだろうか。
 グレイシー相手じゃどうにもならぬ・・・。

 しかし、総合ルールだったので、オープンブローもできるし、相撲スタイルのぶちかましもできる。
 そこらへんを用いて、グレイシーを張り倒したまでは格好よかった。

 いかんせん、マウントに持っていく技術がなっていない。
 張り倒しても、サイドもマウントもとれないというみっともない状況で、関節極められて終わった。

 やはり相撲取りは立って戦うものだ。寝技は向いておらんのだろう。

 そもそも、相撲はKOしなくてよいというのが問題である。
 リングアウトさせれば勝ちであるし、転ばせても勝ちである。そういう意味では、打撃格闘技としては弱いし、投げとしても転がすことを目的としている点が弱い。

 また、攻撃自体もポイントを狙っていくものではなくて、体当たりに近いので、カウンターねらいでKO取りにいくのにも向いていない。

 結局のところ、微妙だと感じた。

 ただし、総合ルールには少しばかりは、K1ルールより夢があると思った。勝てないことも無いかもしれない。ただ、グレイシーは相手が悪すぎた。

 思った。曙はプロレスラーになればよかったのだ。
 プロレスの・・・あのターン制の戦いだったらいける。そもそも、回避行動をとらないで正面から受け止めるのがプロレスなので、それを考えると、曙には都合がよい。

 敵を投げで張り倒したあとに、曙がコーナーポストに上っている姿を想像するだけでゾクゾクするではないか。230キロの巨体が重力加速度でエネルギーを増して、相手の真上に降りかかる。

 明らかにこの世のものをではないエネルギーだ。

 そして、プロレスならばそれをモタモタやっておっても大丈夫。相手が食らってくれる。
 さらに、相手は曙を投げることがほぼできないし、寝技を極められても、けっこう曙は手足が長いので、ロープに手が届きやすい。

 また、力というのは質量*加速度である。

 それゆえに、相手をロープに投げて、もどってきたろころにラリアットという定番のアレだが、曙の場合はしゃれにならないエネルギーになるだろう。

 ついでに言うと、投げたあと、相撲スタイルでぶちかましにいっても盛り上がりそうだ。

 まぁ・・・やはり一番の見所は、230キロでパイルドライバーとか、230キロで原爆落としとかである。

 せっかくなので、曙らしい・・・というか妙な方向で曙らしい技名をつけてやるといい。

 リメンバーパールハーバースープレックス。
 キラウエアドロップ。
 エノラゲイボム。

 

 こういった技を駆使して頑張るのだ。
 もう、曙がコーナーポストに上ると、観客は絶対総立ちで曙コールである。

 しかる後に、豪快に腹から飛び降りるのだ。

 感動だ。目に浮かぶようだ。230キロに押しつぶされてKO負けする敵の姿が・・・。

 やはり、プロレスラーになるべきであるな。

 天の神様

 あけおめことよろ!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!