六月三十日

rororo

 私はROプレイヤーにある栄誉を送りたい!

 世界一、つまらなそうに文句垂れながら、面倒くさそうにプレイしているで賞!

 狩りが面倒くさいだ、眠いだ、バランス悪いだ、つまらないだ・・・言いつつ、プレイしておるのが不思議で不思議で仕方が無い。
 理由が知りたい・・・。まあ、愛があるから、見捨てずに文句言いつつプレイしておるのであろうが・・・。

 そんなプレイヤーの心理が、ちょっと面白いところに出ているのを見つけた。
 たまに晒されておるROのエミュレータサーバのサイトとかで、よく標榜しておるのは「EXP☆倍」「ドロップ率〇倍」というようなことである。

 逆に、UOのエミュレータサーバがどういうものが多いかというと。
 情け容赦無用のガチのPKサーバで、しかもプレイヤーの技術が勝負を決する旧仕様などなど。

 ハードルールのサーバが多い。

 ここらへんに、日ごろユーザが抱いているフラストレーションの中身の差が見える。
 UOプレイヤは妙に秩序が生まれてしまった最近のUOにだれてきて、ハードな戦いのあるエミュレータサーバにカタルシスを感じる。

 逆にROプレイヤは、日ごろの面倒くさい狩りから解放されるために、敵を倒しまくり、すき放題に出来るエミュレータサーバにカタルシスを感じる。

 なかなか面白い現象である。

 面白いのが、ROエミュレータがEXP倍率などをあげて、一人でサクサク上げれるような配慮をしているのに対し、
 UOエミュレータは対人などを前面に出し、プレイヤ同士の干渉を発生させるようにしている点である。

 これらが、この二つの本質的な部分かも知れぬ。
 ゲームの・・・というより、プレイヤの本質的部分かも知れぬ。

 MMORPGだとか、友達だとか、仲間だとか言っても、結局は自分というものをコアにして極小さいコミュニティの利益を追求していくのがROであり、逆に、全く氏素性関係なく、他人とのネガティブな関係すらを楽しむというUO。

 二つのスタンスの違いが、エミュレータサーバという特徴を増幅してくれる機構によって如実に現れるのである。

 あえて言う。誤解を恐れずに言う。
 EXP効率がとても良い状態で、一人でガンガン好き放題やって稼ぐのはROでは楽しそうである。

 本当にそう思ってしまう。

 天の神様

 ROに明るい未来を。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二十九日

るなどん

 あぁぁぁ・・・・久々にシムシティがやりたくなったので、シムシティ4ラッシュアワーをやっておったのだが、良い感じにやっておると、途中で突然ブツンとアプリケーションが終了する謎現象に二度も遭遇して、そこでまたぶちきれ状態になってしまった。

 このやり場の無い怒りというものを、私はドコに向かってぶつけたら良いのだろうか。

 確か前も、コレのせいでプレイをやめた気がする。

 また半年くらいして、この理不尽な強制終了バグの心の傷が癒えたころにやりたくなるだろう。

 シムシティシリーズは私がかなり大好きなゲームの一つである。
 1の頃からやっておる。2000もやった。アルコロジーが建てられて宇宙へと脱出していくサターン版も、ごく普通のPC版もやった。
 さらに、完成度としては最高クラスだが、マップが手狭に感じてしまう欠点のある3000もやった。

 そして、マップが手狭という悩みから解放された地域システムがウリのシムシティ4・ラッシュアワーだが・・・。突然落ちるのが本当に恐ろしい。

 これさえなければ一生遊べるゲームであるというのに・・・

 私は、箱庭ゲームがかなり好きである。
 町を育てていくのがとてもステキなのだ。

 で、MMORPGも箱庭ゲームとしての側面から好きなのである。
 世界と社会というものを擬似的に作り出して、その中で好き勝手に歩き回り生活するという、ある種の究極的箱庭性が良い。

 リスボンいったり、アルジェにいったり。

 自宅の内装をしてみたり、裁縫してみたり。

 そういう、社会を再現しているMMORPGが好きである。

 ちなみに、ひたすら自由に世界を歩き回れるのが好きなため、今までやったRPGで一番ハマったのは何かというと。
 「初代、ルナティックドーン」である。

 あの移動時のパカラパカラパカラという馬車の音は未だに覚えている。
 とりあえず、ひたすらあの世界の住人として生活できる素晴らしいゲームだった。

 ちょっと、先日、ROM776のフリー掲示板のほうの、とあるスレッドを見ていたら、本当にクラクラしてしまった。

 なんという理論・・・なんという理屈・・・。

 美徳を強要する悪徳の存在する瞬間をまざまざと見てしまったのである。

 なんかもうROに私は箱庭性を見ることができなくなってしまったのかもしれぬ。
 狩場がコルホーズに見えてきた。

 久々に、ルナティックドーンでもやってみようか・・・ってウィンドウズ2000で動くんだろうか

 天の神様

 スプリガン倒してウマー!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二十八日

三国志大戦

 バトンを回さないでいいのですか?とか言われるが・・・。
 そんなの世界の常識である。

 バトンを最後に受け取ってゴールする人間がどういうものか考えてみればよい。

 たとえばリレーのアンカー。
 それは最も優秀な人間である。だから、私がバトンを受け取ったらば、そのままゴールしてよいのである

 実に、理論的で明快な理由である。

 さて、最近ゲームセンターに行くと、恐ろしいゲームがある。
 三国志大戦。

 なんという恐ろしいゲーム。なんという集客率と回転率と客単価。

 いつ言っても、プレイしておるヤツがおるのである。
 しかも見ておると、プレイにつかうカードなんて10枚にも満たない、せいぜい7・8枚だというのに、連中と来たら箱にドッサリとカードを持ってきておったりするのである。

 なんてことだ・・・。

 しかも通常プレイ300円という驚異的価格。
 私が、Zガンダムをやっておって、EXをクリアするまでの間に、人が4人くらい入れ替わっておった。
 少なく見と持っても、1200円は向うに入っておるわけだ。

 勝っても負けてもコンティニュー!勝てば安くなるとはいえ・・・恐ろしい価格である。

 あれは最強、最悪の要素を二つももったゲームだ。

 まず、ネトゲ。
 オンライン大戦でしかも、ランクまで出るので、競争心をあおり、ひきつける。
 この時点でそうとうヤバい。

 さらに、カードゲーム。
 カードが欲しい、カードを手に入れたいという欲求がある。
 プレイするとカードが手に入ることから、プレイは単純に戦う行為ではなく、カードを得るための行為でもある。

 

 なんという恐ろしいゲームであろうか。

 それで、思うのだが・・・あいつらはあの筐体がゲーセンから消えたらどうするのだろうか。
 たとえば、同じカードゲームでもマジックとかは、友達とやってられるが・・・あれは専用筐体が無いとやっておられぬので、無くなったら単なる紙ペらである。

 まぁ、それはいっちゃぁおしまいなコトなのであるがな。

 だが、私の身の回りにも、既に三国志大戦に7・8万円つぎこんでおるような愚か者もおって大変である。
 あれは危ないゲームである。

 思うに、普通にプレイすると、カードがもらえるから問題なのである!
 なんとかプレイヤに歯止めをかけるために!

 カードと一緒にウェハスチョコが一緒にパッケージされたものを出せばよい。
 いいかげん喰えなくなって、なんどもプレイできなくなるであろう。
 同じパッケージにすることによって、あけてしまうと持ちかえることもままならない状況になる。

 が、ゲーセンに「ウェハスを捨てないで下さい」とかそういう張り紙がされそうな気がとてもする。

 天の神様

 ゲーセンで国が滅びます!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二十七日

ばとーん

 さぁ!本日は!Musical Battonとかいうスパムがとうとう私の元にまでやってきた。
 これはつまり、止めてよいということであるな
 来たら絶対に止めてやると思いつつ待ってたのだ!

 が、せっかくきたので答えてやろう。

1.Total volume of music files on my computer

 そんなこと調べるのは面倒である。私が嬉々として〜Mであるとか言うとでも思ったかうつけ者が!
 調べて欲しいならば、黄金色のお菓子でも持って、三つ指ついて挨拶にでも来たらどうだ。何が何でも計算なんぞしてやらぬ。
 別に、フォルダ管理の雑さに自信があって、とてもじゃないが音楽ファイルが入ってるフォルダをいちいち見つけるのが面倒くさいとか、そういう事情があるわけではない。

 そもそも、それを知ることが、人類においてどれだけの利益になるのかと言う点において私は疑問をもたざるを得ない。
 出題者の立場を考え、演繹的にこの設問の意図を考えてみたが、私はその結論を得ることが出来なかった。

2.Song playing right now

 聞いておらん!
 音楽を聞きつつ日記を書くなどという軟弱なことはせぬ!しいて言うなら、ピストン西沢の声が今日もラジオから聞こえておる。
 just now ではなく、right nowだから、今まさにではないのかもしれぬが・・・気にしてはいけない。
 音楽などとにかく今は聴いておらぬ!

 しかも、アップロードした時にはもう今ではないので、このような回答が流動的な質問はよろしくない。

3.The last CD I bought

 最近買ったCDは、ヨドバシカメラで買った、三菱のアゾ色素のブランクメディアである。
 音楽CDとか言っておらぬので、そういうことであろう!

 ひょっとして違うCDであるか!?
 クリスチャンディオールには興味は無いぞ。

 キャッシュディスペンサーなど個人で買うものでもないだろう。

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me

 毎日、J-wave Gloove lineを聞いておるせいもあって、毎日、ピストン西沢がその日の気分で作ったキミマロトランスを聞かされている

 あれから40年〜♪ 

 それから、J-wave Gloove lineを聞いておるせいもあって、J-wave トラフィックインフォメーションのバックグラウンドで流れている軽快なピアノ曲を平日は毎日聞くことになる。曲名など知らん。
 聞いていると、渋滞でイライラしている記憶が蘇ってきて腹が立つ。

 そもそも五曲というのが気に食わぬ!

 私の自由に言わせろと思うのである。そればかりか、貴様は私の好きな音楽に順位をつけろと言うのであるか!

 侮辱である!貴様、私の好きな音楽を愚弄するつもりか!私は五曲を選ぶなどできぬ!
 ペシッ(SE:手袋を相手の顔にぶつけた音)

(しばらくお待ちください。)

 

 
 

 

 ふー。久々にひと汗かいた。

 そもそも、わたしゃこのバトン、設問が気に食わぬ。
 書けと言わんばかりの、私は〜という文章ではないか。

 せめて質問形式にしてほしいものだ。
 それでちゃんと最後にプリーズつけねばならぬ。

 天の神様

 くたばれ!バトン!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二十六日

悪徳の栄え

 古書店でマルキド・サドの悪徳の栄えがあったので上下まとめて買ってきた。
 なんか、読み始めてみたら付箋が張ってあったり・・・付箋にメモがあったりするのが、なんとも古書店である。

 これがなかなか面白いのである。
 読み始めたときには、しまったー!エロ小説だったか!?などと誤解を抱いたが、読み勧めていくと、非常に面白い思想書なのである。
 ただ、あくまで暴力的なまでの極論であり、正論とは言いがたい。

 ただ、日ごろ人間が目をそむけて、気付かないようにしている部分を、その極論で持ってズバりと切り込んでくる面白さがある。

 美徳とは何か・・・悪徳とは何かという問答の末に、美徳こそが悪徳であると結論付けるところなどは爽快である。

 あと、これを読んで一つ納得してしまったのだが、盗みや殺人と、詐欺は不可分のものなのである。
 たとえば、PKやら盗みやらを許可するMMORPGがあったとしよう、そこで詐欺を禁止するというのは不自然な行為となってしまう。

 自然の状態において、人間の生命は平等かもしれないが、物の所有や財産、土地などの手に入れる比率は不平等であり、これを決定付けるのは力である。

 その過程において、殺しや盗みは、他人の利益を奪い取る行為である。
 利益を得るためには他人に損益を発生させる必要があり、それは合法的手段によったとしても盗みと結果は大差が無い。

 力あるものに与えた利益獲得の手段が盗みなのならば、力の無いものに残された、盗みの妹とも言える手段が詐欺であるという。

 これにはなかなか納得してしまった。

 色々、悪事というものの本質とまでは言わないが、普段見ない側面について言及しておって面白い。

 ただ、一応エロいので気をつけるべきである。

 天の神様

 悪徳もまた美徳かもしれません。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二十五日

ちゃんころ王国の盛衰

 明日は礼拝が出来ない!理由は家に帰れないから。

 スターウォーズを見てきたのである。

 エピソード3を見てきた!
 クィーンはスターウォーズは嫌いだよとか歌ってたが、私は好きである。

 なんというか、今回のは思想家としてのルーカスの作品としてとても面白かった。

 単純な勧善懲悪ものではなくて、実に深いものであった。

 がー・・・シリーズ通して思うのだが、ルーカスは時代劇かなんか見すぎじゃないだろうか。
 切り結びながら、どんどん歩いて場所が変わっていくのがものすごく面白い。

 ライトセイバーでの殺陣がかなり進歩しておるようだった。
 昔はかなりもったりしていた感じなのだが、もうシュパシュパ動いていて楽しい。

 戦い自体が、かなりテンポが良いのはとてもよかったし、なんといっても、見せかたが格段に良かった。
 なんといっても、素晴らしい後味の悪さだった。
 もっかいエピソード4から見直したくなる。

 正直なところ、何が悪いのかすら決定できないような気持ち悪さ。
 ダースベーダーの気持ちというのもなんか解るような気がするのが、非常に嫌な感じで凄く良い感じだった。

 すごい矛盾した文章である。

 まぁ、楽しかった!そして面白かった。
 この二つを同時に満たすのは珍しい。

 天の神様

 嫌な気持ちが心地よいです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二十四日

ちゃんころ王国の盛衰

 昨日辺りから、さやさやが見えないのは私だけ?(挨拶

 今週のヤングジャンプのグラビアがヤバい。
 かなりヤバい。
 責任者出て来い!ってくらいに凄い。

 小娘どもが制服着ているのだが・・・

http://images.google.co.jp/images?hl=ja&lr=&c2coff=1&biw=1137&q=%E5%88%B6%E6%9C%8D%E3%80%80to+heart2

 これ着てた。
 これを着ていた。
 これをお召しになられておりました。

 ダレが選んだんだ。

 まさにコレだった。

 開いた瞬間ショックだったのである。

 さて・・・
 http://www.sankei.co.jp/news/050624/kei077.htm

 こんな感情捨ててしまえ!
 セップクとかハラキリとかフジヤマ、スキヤキ、テンプーラ、ゲイシャー!とか言われて平気な我が国を見習うべきである。

 ムダにプライドが高いというのは不幸である。極めて不幸である。
 たとえば、武道なんかで最初に教わるのは、貴様は弱いということである。もう、自分がどれだけ弱く矮小な存在かをしらされる。

 その上で、弱いからこそ強くなり、強くなっても弱さを忘れない。

 さらに、妙な過信やプライドを捨てて、正しい自信を手に入れるというような事を習うわけであるが・・・。

 仮にも小学生的思考において、世界最強である中国拳法のある国がなんたるザマだと思いたい。
 この国の人間にはギャグすら通じないのか・・・。

 自分では絶対に頭なんか下げないくせに、他人には平気な顔して、三跪九叩礼とかさせる国である。

 一つ気になるのだが、中国での中国史の授業ってどうなっておるのだろう。
 彼らはよく、「歴史的に見て我が国の領土だ」とか言うことがあるのだが・・・。

 普通に中国史を学んでいれば、秦の始皇帝は愚か、漢民族系の王朝との繋がりが、今の中国には殆ど無い事など、容易に知れることである。
 基本的には、異民族による征服王朝の積み重ねが中国の歴史であるから・・・どちらかと言うと、中国は新しい国とすら言える。

 歴史なんざ無い。

 で、まぁいろいろ考えてみたところ、中国人というのは、all or nothingのタイプである。

 非常にプライドが高いのである。こう言うと、なんだか多少良く聞こえるかもしれないが、私が素晴らしい若者語フィルタを通して彼らの精神を表現しよう。

 「あ〜もしもし。俺俺、おう。久しぶり、あぁ?バイト?マジ店長とか言ってわけわかんねーんだけど。ありえなくねぇ?こっち徹夜で働いてるってのに、あんな偉そうなだけのヤツに頭下げるとかいって。ありえなくねぇ?マジさー、俺がちょっとミスっただけでガンガン言ってきて、客に謝れとか、ガンガンに言ってくんの。店長とか言って、マジでわけわかんねーし!なんであんなヤツに頭下げネェといけねぇんだよ。マジ辞めるわ俺。」

 である。
 給料貰っていることをすっかり忘れて、単に個人的にむかついているだけと、頭下げるのがイヤなだけで店をやめる。

 プライドが高くて、頭を下げるのを嫌うというのを・・・極めて解りやすく表現するとこうであるな!

 ODA貰っていることを恩にも思わず・・・である。

 で、ここで他人に頭を下げるのがイヤだからと、努力に努力を重ねて上り詰めるヤツと、そのまま腐ってるヤツに二極化しておる社会であると思う。

 中国は国全体でこう思っているに違いない!
 「働いたら負けだと思っている。今の我が国は勝っていると思います。」

 天の神様

 次の王朝まだー!?

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二十三日

海賊の生活

死んだ 少女が 歩いてる! ハイ!

 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

 

 ↑なんとなく挨拶代わりである。凄く語呂が良い。

 さて、本日はしらざれるPKの生活を書こうと思う。
 まぁ大航海での海賊なのであるがな。

 PCを襲うってどんなことだろうとか思うヤツも多いと思うので、まったく着飾らない日ごろの活動を・・・。

 

 その1:襲う
 プレイヤに狙いをつけて襲う。しかし攻撃を仕掛けたからといって、勝てるわけじゃない。拿捕成功率は6割程度、調子が良い日でも7割程度。
 残りは全て逃げられている。
 襲われたらそこでおわりみたいな書き方をBBSなどでよく見かけるが・・・上手いやつは本当に上手く逃げて困ることがある。

 一度、襲ったヤツが死なばもろとも!とか言って、機雷を連発してきて、本気で死にかけたりもする。

  その1-第二節:前口上
    前口上である。「私は〜!ただちに停船し、金なり物なりださぬならば、魚のエサとなれ!解ったらすぐに返事をしろ!」

    と、言って襲う。

  その1-第三節:泣き落とし
    私は接舷成功した場合に、今度は相手を諦めさせる戦略に入る。
     「お、お前を倒して金を奪い取らないと!おなかをすかせた兄弟たちが家で私の帰りを待ってるんだ!」

    と、
     「おとっつぁんの薬を買うためにも沈んでいただく!悪く思うな!恨むなら貧困を恨め!」

    の、2パターンを最近は使っている。
    ハイレディン一家なのに貧乏なのが謎である。

 

 その2:まさかの返り討ち
 商船だからといって油断してはいけない。商人は金持ちである。シャレにならない高級砲で一撃轟沈とかもありえるのである。
 他にも、たまには艦隊を襲ってみようと思って、商船2隻の艦隊を襲って見事に返り討ちなどもある。
 正直なところ、逃げる敵を追う分には強いが、本気で向かってこられると激しく焦る。

 

 その2:パターン2 勝利の雄たけび
 えいめんじゃない。私は仮にもハイレディン一家!勝利のときの声は「アッラーアクバル!」である。
 あとは、手に入れたものに応じて何か言ってやる。
 南アフリカでファーブーツを収奪したときには「砂漠地帯でこんなもんはいてると、水虫になるぞ。私が預かっておこう。」とか言ったりしていた。

 

 その3:地団太踏む
 はらわたが煮え繰り返るほどに怒りつつ、負けたときのセリフを言う。 
 基本的には「お、おぼえてろよー!」とか、「お前のかあちゃんでーべそ!」である。後者の威力はすさまじい。

 

 その4:討伐される
 しばらく暴れていると基本的に討伐艦隊が来る。
 とてもじゃないが勝てない。こちらも艦隊を組めば別だが・・・。

 基本的には逃げる。とにかく逃げる。我々はデュエリストではないのだ。いざ尋常にとかサシの勝負を申し込まれても逃げる。
 よく、戦いたいなら逃げずに勝負しろとか言うやつがいるが、見当違いも甚だしい。
 我々は漁場のために、敵船員をエサとして海に散布する仕事をしておるだけであって、戦いがしたいわけではない。
 もし、戦闘に入られてしまった場合。泣き落とす。

 「だ、だんな!どうか!どうか、ここはコイツで穏便に!おめこぼしをお願いいたします!」
 袖の下を渡して乗り切ろうとするが、大抵沈められる。

 ちなみに「おめこぼし」と言ってはいけない。「お目こぼし」じゃないと「XXXぼし」と、表示されてしまう。

 光栄のフィルタリングっぷりには恐れ入る。

 ちなみに、いかに拿捕されずに、砲撃で沈むかが討伐されるコツだったりする。
 金や装備を収奪される可能性が有るのも困るのだが、一番大切なのは船員である。

 船員を殺されるのが一番痛い。

 

 その5:封鎖される
 腕に見せ所。ケネディに憧れているのか、討伐艦隊は海上封鎖が大好きである。
 出航できなくなるが、そこをなんとか抜け出すのが腕の見せ所。全力逃走。

 その6:ブッチャー万歳。

 その7:おれたちゃ海賊。

 その8:メルビル地下水道。

 その9:おわり。

 天の神様

 正直反撃が怖いです・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二十二日

ハイレディンでぐぐると6位くらいまで来てしまっている

 ふと・・・思った。
 ROでは露天詐欺は禁じられている。

 他の詐欺はどうなのだろうか・・・。

 持ち逃げ詐欺とか、なりすまし詐欺とか、身分詐欺とかそういう安っぽいのではなく、もっと壮大な詐欺である。

 

 たとえば、

 

「こんにちは、突然のwis失礼します。実は、現在転売よりも非常に儲かる商売の開発中で、そのためには第三者の協力が必要なのです。

もしよろしければ、ご協力いただけないでしょうか?

ご協力いただけるならば、あなたにも莫大な利益が入ることをお約束できます。初期投資が1万zかかるのですが、利益は2000万zを超えるものと思います。

え?よろしいですか?ではご説明しますね。

まず、私からあなたに五名ほどの名前をお知らせしますので、その方々にwisで連絡をとって、一人当たり2000zほど差し上げてください。

その後で、あなたは私と同じように、町で善意の第三者を見つけて、儲かる商売の開発中だということをお知らせしてください。

その際に、私が教える五名の名前の一番最初の人を削除して、一番最後に貴方の名前を加えてください。はい。本当にそれだけでいいんです。

ただし、この商売は本当に誠実さと正直さが重要なんです。はい。

なんとしても、先にwisで連絡をとって、お金を渡してから、次の方を探してくださいね。

はい。本当にそれだけで、貴方のもとにも莫大な利益が入ってくるのです。

もちろん、何人に紹介しても結構です。というか多いほどあなたが儲かるのです。」

 

 こんな感じの詐欺。どうだろう。
 これってRO内でやると違法になるんだろうか。思いっきり典型的なネズミ講である。

 未だに、MMORPGでネズミ講をやったやつというのは聞いたことが無い。
 チャレンジャーはおらぬものだろうか。

 ちなみに、やってBANされても私は知らんぞ。

 ちなみに、スケール縮めて、もっと簡略化した方法もある。
「簡単にお金稼げる方法教えます。」

 とかチャットたてて、情報料として1万zくらい貰う。

 そして、その後で「ボクとおんなじことしてください。」

 とか、言うのである。
 これも極めてグレーな道である。

 だが、こちらのほうがネズミ講よりは安全なような気がしなくもない。
 微妙にほほえましい知能犯という感じだ。

 ちなみに、ROでは絶対ムリな詐欺。

「ちょっとちょっと、そこの騎士さん。お待ちになってください。そう、そこのあなたです。ちょっとお願いがあるんです。
実は今日、商人のバザーがありまして、そこで高級なスロット装備を売っていたのですが、一つ余らせてしまいまして。

持って帰ると社長に怒られますので、よろしかったら受け取っていただけませんか?
あなたは身なりも立派ですし、このアイテムの価値がわかると思いましたので。

ただ、ちょっと後で狩りの回復剤代にしたいので、ポット代程度のお金をいただけますかね。おねがいします。」

 とか言って・・・sなしマフラーとかわたして数万z程度をいただくというものである。

 まぁ、時計詐欺というヤツなのだがな・・・。
 アイテムの性能がランダムで、高級品なのかどうか見極め辛いUOならば、できるかもしれぬ。

 システムの盲点をついたようなケチ臭い詐欺ではなくて、もっと詐欺師としての資質を発揮して詐欺をするやつはおらんのだろうか。

 別に、ヤングサンデーを読みすぎているわけではない。

 天の神様

 詐欺はいけません!神罰を!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二十一日

MMORPG

 http://www.granadoespada.jp/barrack/000114.html

 いいコトを言うなぁ。
 別に、このゲームやるつもりなんて毛頭無いのだが、この言葉には素直に同意した。

 私も、バカになって良い世界でバカになれないバカばかりな世界にうんざりしつつ、MPKやらPKやら肯定して、ルールを撤廃してしまえ!みたいなことを言っていたが、こうしてMMORPGを提供する側の人間が、そういう考えを持っている!と、認識できる文章を見てちょっと感動した。

 が!

 私はそれでROを批判しようとは思わない。
 その昔、横殴りなどという言葉すらなく、みんなで適当に敵を叩き、なおかつノービスのスキルには「PK可能になる」というものまで設定されておった。

 だが、時の流れと共にそれらは排除され、暗黙のルールは明文化され、人々を縛るようになっていった。

 それは良くも悪くも、ユーザーが作り上げてきたものなのだ。
 恐らく、私もその悪しき世界を作り出す片棒を知らず知らずに担いでいたかも知れぬし、全てのプレイヤに責任があると言っても良いだろう。

 今のROは、ユーザー達が望んだ世界そのものなのだ。

 このblogのトラックバックを見てみると、肯定否定、様々な意見があった。

 まあ、肯定的なものが7割。否定的なものが3割というところだろうか。

 わたしはもちろん肯定である。
 このルールに関する話には肯定的でも、PKには懐疑的という人も少なくは無かったように思われる。

 が!しかし、これはちょっと理想論に走りすぎである。
 重要なことを忘れているのだ。

 ゲームは不幸にも、プレイヤを選ぶことはできぬのだ。

 だから、いくらでも理想を語ることはできるが、はたしてそうなるかは別である。
 提供側がいくら、理想を熱く語ったところで、プレイヤは自分の利益を守ることに必死になって、横殴りはいけないとか言い出すかもしれないし、PKなんて無いほうが良いとか言い出すかもしれない。

 だとしたら、必要なのは理想を語ることではなくシステムの整備であろうと思う。
 そうならざるを得ないシステム。

 これこそが最も重要であり、最も難しいところだ。

 理想を体現するのをプレイヤのプレイ方法に期待するのでは、マナーやルールと人に押し付けるのとかわらない。
 必要なのは、その提唱した素晴らしいプレイスタイルを実現し、なおかつそうせざるを得ないようなゲームしすてむであろう。

 それはきっと手に入らないのかもしれぬがな・・・。 

 少しだけ期待しておるが・・・グラナドエスパダは一人で3キャラという時点で、漫才をやる以外に遊び方が思いつかぬのでプレイする気がない。

 一人は一人である。
 RPの大前提がぶっ壊れているような気がする。

 天の神様

 良い考えを持った人間が多いことを知りました。MMOに未来あれ。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二十日

チーズ

 すき屋で、チーズをトリプルにした牛丼を食った。

携帯をP506icに換えたので気軽に写真がとれるのだ。
 クドくてクドくて死ぬかと思った。

 最初の2・3口はチーズの濃厚な味わいを美味しくいただけるのであるが・・・しばらくするともう、クドくてクドくて死ぬかと思って来た。
 その味わいたるやもはや、牛丼味ドリア

 終盤戦はもう嫌気がさしてきたのである。
 チーズは好きだがさすがにこれはヤバかった。気持ち悪くなりつつなんとか喰いきったのである。

 何事も加減が大切というわけであるな。

 そして、本日はこの後、本屋へいったわけであるが、驚愕の事実を知った。
 LOGINを何気なく見てみた。いつからこれは、ネトゲ雑誌になったんだ。

 さらに、その隣を見ると、なんかネトゲの攻略の本があった。

 ROの転生二次職とかの説明があったりして、こんな雑誌が売れるんだろうかと、本当に疑問に思った。
 基本的に、私の友人の中にはネトゲ廃人が少ないので、あまり買うかどうかはワカランのだが、よくよく考えてみて、脅威の事実へとぶちあたった。

 ネトゲ廃人の友人はいるが、廃人化してから滅多にあわないので、身の回りに廃人が少ないような気がしてしまうのである。

 思うに、そのような引き篭もり傾向から察するに、一度引き篭もったヤツは買いに来ぬし、どうせ検索すればすぐわかるような情報ばかりである。

 なので、ネトゲ雑誌のありかたは違うと思う!

 これはもっと、ハマっちまう前の人間をターゲットとして書いた方が良いかもしれぬ。

 まず、徹底攻略のために必要なものを色々と列挙する。
 片手で食べられる食品や、飲み物の類は一気にドンキなどで買いだめしておく必要があるだろう。

 だいたい3ヶ月分の食料を持っていれば安心である。

 そして、それらをPCの周りに積み上げて、いつでも画面から目を離さずに手に入れられるようにする・・・などの、廃人プレイの手引きを書けばよいのでは・・・とか思ったのだが、よくよく考えてみると冷静な頭でそれを見てしまうと逆に、引いてしまうかもしれぬ。

 だが、それはそれで良いだろう。被害者が減る。

 まあ、廃人の手引きとしては、転生二次などの角に射幸心を煽るような記事を連ねるのが、一番かもしれぬな。馬ニンジン状態である。

 食いつくために必死で走るわけだ。
 かなり悪辣な商売であるな。

 それに、たいていのゲーマーは自分が世界で一番上手いみたいな妙なプライドを持っておるせいもあって、妙に頑張ったりするので、この手の煽り方は非常に上手いのかもしれぬ。

 わたしゃもう、転生とかにはついていけぬ!落伍者である。
 ドロップアウターである。

 せっかくなので、時間の無い人のために合宿ツアーとかどうだろう。
 自動車の運転免許みたいにだな・・・。

 レベル90以上を条件としたりして、「目指せ発光合宿ツアー!」と銘打って、禁煙合宿みたいな感じで、一人では折れそうだが、みんなならば!と頑張るのである。

 田舎のほうの宿へと二週間缶詰で、大きな広間で参加者全員でPCを起動。
 毎朝六時に起きて、夜の12時まで、ひたすらひたすらプレイするのである。

 定期メンテの日はディスカッションである。
 みんなで、今までの狩りの合理性などについて話し合い、遅れの出ているものを励ましたり、みんなで再び決意を新たにしたりするのである。

 そして夕方から再び頑張る。

 最終日にはみんな発光して、涙の発光式、そして祝・99レベル宴会となる。

 ツアー会社のスタッフが、ハイプリーストやハイウィザードを用意して、パワーレベリングを行うため、2週間での転生を保証!
 なんと、ツアー会社のほうでスタッフ総出でギルド砦を毎週キープしており、これによってADにおける極めて効率的なレベル上げも保証!

 そんなツアーどうだろう。
 時間が無かったり、意思が弱いヤツには向いておるかもしれぬぞ。

 ただ、そこまでする価値があるかどうかだがな・・・。

 天の神様

 努力は大嫌いです。天才とは100%の才能と0%の努力で戦うもの!99レベルになるのに努力などしたくありません。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月十九日

 俗世の食べものを食し、俗世を知る。

 というわけで、焼肉を食ってきた。
 ヤキニクである。

 で、まったく話は変わるのだが、ヒトラーの映画が出来たそうであるな。
 しかも、今までのものとは一線を画し、一人の人間として、ヒトラーの人間性、人間臭さに焦点をあてたようなものであるという。

 賛否両論のようであるが、私は評価したい。

 確かに、単なるファシズムの権化にして、ユダヤ人大量虐殺の張本人、まさにこの世の悪魔。と、して説明するのは簡単である。だが、どんなに下劣で冷徹な人間であろうとも、ある程度の人間性というのは持っているものである。

 ただ、一つ気がかりな点をあげれば、不良の高校生が、捨て猫にエサを上げてるのを見つけて、キュンとなる系になってはならんことであると思う。

 元が悪人としての偏見があるせいで、そんな人間の意外な一面を見てしまうと、実は良いヤツかも。とか思ってしまうだろう。

 そういう風に見られるようでは失敗作であると思う。
 悪人の悪人としての顔と、私人としての顔。そして、そんな悪行を働く精神の裏側というものを見せてくれる作品であって欲しいと思う。

 しかしまぁ、ヒトラーとかナチスとかいう単語に対して、思考停止気味に短絡的に悪であるというのが戦後の世論の流れである。
 ヒトラーは人にあらずくらいの扱いをうけておったが、面白い試みだと思う。

 今までのヒトラーが臭いものにフタをする的な扱いを受けていたのだが、やっと解剖されて中身を見るようになってきた感じであるな。

 私は大いに期待している。
 が、やっぱりあいつは悪いヤツである。

 不良がちょっと良いことしても不良なのだ!

 だが、そのせいで、日々真面目な人間達は不良相手に苦汁を舐めさせられてきている。
 不良だと思ってたけど、優しい一面もあるんだぁ。とかであるな。
 ヒトラーがそうなったら、戦後50年以上もたってから、世界最強の悪人になってしまうわけであるな。

 天の神様

 -1が 0になるよりも+10が+11になることをご祝福ください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月十八日

まっく

 連続ですまんのだが、明日は礼拝はナシである!

 ところで、マックが大変らしい。
 http://www.zakzak.co.jp/top/2005_06/t2005061803.html

 まったくもってダメである。
 マックも前は高級路線に変更したではないか。マックグランで。

 あの不味い、二度と食いたくないと心に誓うバーガーを開発した連中を全部クビにして、それから新たな高級メニューを考えるべきであったと思う。

 バンダイの人が、「一年戦争はすみませんでした」と、言ったように、大々的に「マックグランは不味くてすみませんでした。」とか、謝ってだな、新たな高級バーガーを出せば良いのだ。

 ただ、それも若干疑問が残るといえば残る。
 はたして、マックで高級バーガーを食いたいだろうか。

 モスバーガーは元来、ちょっと美味しいけど高いバーガーというイメージがあるので、そこはもう問題無い。モスに行くからには、高くても良いと思っているわけだ。

 だが、マックの客層はモスとは違うわけで・・・。

 高いのを出しても仕方ないが、安いのを出しても意味も無さそうだ。

 そもそも、ハンバーガーを食おうと思ったとき、マックで喰うか、モスで喰うかで悩むことは0である。
 一度たりとも無い。

 モス喰いたいときはモス喰いたいと思うし、のんびりと体に悪いものを喰いつつ本を読もうと思ったときはマックである。

 思うにマックがウリにすべきものはポテトである。
 あの脂を含んだ、体に悪そうな食べものの最高峰に君臨するものである。

 体に悪いものほど美味い。

 ただ、店にいったタイミング次第ではグデグデの廃棄寸前のを食わされるコトもあるわけで、長居して本をよむつもりで行ったときなど、あのポテトだと腹が立つ。

 あれをなんとかしてほしいものである。

 それから、作りおきなしにして、その場で作るのは良いのだが・・・あの調理場はもっと隠したほうが良いと思う。
 さっきまでレジで金を扱ってたヤツが手伝ったりしちゃってるのを見たことがある。吉祥寺店である。

 さらに、作ってる過程はお世辞にも、喰いたいと思うようなものではない。

 あの作業工程を見せられると、けっこうイヤになるものであるぞ。
 だからもっともっと、隠してしまうか・・・それか、逆転の発想で。

 

 バイトの面接を超厳しくし、オーディションにしてだな、目の醒めるような美男美女に作らせる

 これである。
 バカがどんどん連れて儲かることうけあいである!

 小娘にわざと失敗させたりすると、より盛り上がるかも知れぬぞ!

 天の神様

 体に悪い食べものをお救いください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月十七日

妾 わらわじゃないヨ

 丁寧な日本語には、妾(あたし)ぁ飽きちまったよーぅ。

 というわけで、今日はまた違う雰囲気で話してみようかってンさ。
 そいで、妾は今日は何を話そうかってーとね、なんか掲示板で情報をくれたこの話だよぅ。

 http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=062005061701800

 またなんか、よくわからんことをするねぇとか思ったンだけどさ、光栄もバカ歴史ゲームばっかり作ってるとはいえ、バカじゃないと思うンさぁ。

 そいでだよ。
 妾は大航海時代オンラインの時代がいつごろかって考えてみたんだけど、イングランドにエリザベス1世がいることから考えてもねぇ、多分1550-1600年の間だと思うンだよぅ。

 で、ちゃんと歴史を反映させるっていうと、随分大変だよぉ。
 妾ぁプライドばっかり高くて、騒ぐだけの国が韓国だと思ってたンだけど、関心しちまったよゥ。

 だいたいこの時代の朝鮮半島は、李氏朝鮮中期で、宣祖昭敬王(宣宗) 1567-1608の時代なンだね。
 それで、エリザベス一世が1533〜1603だから、ほとんど同じってワケさ。
 気の早いフリゲート艦も出てくる時代だから、妖しいコト限りないンだけどね。

 それで、よくよく考えてみたらこの時代の李氏朝鮮って言ったら、秀吉の朝鮮出兵で国運が傾いて、しまいにゃ明が滅びると同時に清に属国化されてた時代じゃないのサ。

 妾ぁホント感心したよ。
 これはつまり、李氏朝鮮と言う立派な国を出すんじゃなくて、清に属国化された哀れな極東の半島国家として描いてくれってコトで違いないねぇ?

 韓国って国はほんと偉い国だねぇ。妾は感動しちまったよゥ。
 虚勢をはるんじゃなくて、属国化されていた時代を正しく描いてくれだなんて、ほんと偉いったらないヨ。

 たまに、イングランドだったりポルトガルだったり妙な国籍で、明の将軍の娘様、全角だったり半角だったり、マリア・ホアメイ・リーを見かけるけど、明国籍が無いのは、時代的に明が滅びて帰る場所がなくなっちまったからかもしれないネェ。

 幸い、日本から唐辛子が伝播して、キムチが出来たのが、朝鮮出兵後だから、交易品でキムチは出せそうだネェ。

 あと、交易品はキムチ以外はそうそう出せないだろうネェ。
 朝貢が鮮ないから朝鮮なんて呼ばれちまって、挙句、女を差し出してた国じゃぁ特産品なんてどうにもできないヨォ。まさか女を交易品になんてできやしないンでしょう。
 大航海時代では奴隷貿易はご法度だからネ。シリーズ通して、貿易品に黒人奴隷とかあったコトがないんだヨ。

 妾の予想じゃぁ、交易品は魚肉と白菜くらいじゃないのかネェ。あと唐辛子かな。
 日本は、刀、お茶、陶器だろうし、中国も陶器、お茶、香料、織物だろうしネェ。

 妾ぁゲームとはいえ、惨めだった時代の国家の姿をしっかり描いてくれと注文してきた韓国の姿勢に感心してならないヨ。

 どうでもいいけど、妾ぁやっぱこの話し方はイヤだよぅ。

 天の神様

 今日も息が詰まりそうです・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月十六日

とまとなでしこ

 さきほど、テレビチャンピオンの美しい日本語で戦う、やまとなでしこ中高生対決を拝見いたしまして、美しい日本語の大切さを思い知った次第で御座います。

 それゆえ、せめて本日くらいは、日ごろの粗雑な言動を慎み、美しい日本語を用いて更新を行いたいと思い至りました。

 読みにくいかと存じますが、なにとぞご容赦くださいませ。

 さて、本日は珍しく、ラグナロクオンラインに関するお話をしようかと考えております。
 なぜならば、皆々様が一日千秋の思いでお待ちになられていた、ホムンクルスがいよいよ実装されようかというところまで来ている、とのお話で御座いますから、これは私としてもそれについて一言二言何か申し上げさせていただこうと思った為に御座います。

 そもそも、ホムンクルスというものの性質を考えてみますと、非常に端的な言い方をさせていただけるならば、大変高い機能をもった鷹のようなものであると言って差し支えないと思われます。

 私、未だ実装されすらおりませんものに、このような物言いをするのは少しばかり気がひける思いもするので御座いますが、お許しいただけるとするならば、少しばかり劣化いたしましたウルティマオンラインのテイマーのようなものかと存じております。

 ウルティマオンラインにおかれましては、テイマーはモンスターを捕獲、調教いたしまして、戦いを通じて育てて参りますのでありますが、基本的にはこれと同じようなものであると考えて良いでしょう。

 そこで、気がかりで御座いますのが、AIによってホムンクルスが戦うというくだりで御座います。

 これは、ほぼ自動的に使用者の方の意をくみまして、AIが行動するのでは御座いますまいかと、大変に危惧しているので御座います。

 ウルティマオンラインにおかれましては、動物を使いました戦闘行為でもall kill、all stop、all guard、all stayなどの命令を用いまして、それこそ臨機応変に戦うもので御座います。しかし、私が読みましたホムンクルスの説明から察しますに、ラグナロクにおかれましては、事前に設定しておいたAIに従いまして、ずっとそのとおりに行動するのではないかと思うので御座います。

 流石にそのようなことでは、転職したてのアルケミストを持っている身としたしましても、残念なことこの上ないと思いまして、それこそ目を皿のようにたしまして、説明の文章を隅々まで拝読させていただいたので御座いますが、どのように好意的に解釈いたしましても、ホムンクルスが勝手に戦うようにしか思えないので御座います。

 これはもう、それこそ何もすることのない戦闘となりかねません。

 ホムンクルスの実装によりまして、横殴りですとかそのような、新たな問題が発生しそうで心配なので御座います。

 これは私の心配のし過ぎでありましょうか。

 天の神様

 息が詰まりそうです・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月十五日

キャプテン川淵

 キャプテン翼にケチをつける会会長のレイホウである。おはよう。

 勝手にそんな会長になってみた。
 ケチをつけるのは愛があるからである。私はあの漫画が大好きだ。ラグナロクのことをクソミソに言うやつほど、ラグナロクにどっぷりはまっておったりするのと同じである。

 ラグナロク?素晴らしいゲームであるな。

 でだ、思うに最大の問題点はロベルトの最初に教えたオーバーヘッドキックである。
 わざとゴールバーに当ててボールを戻ってこさせて、オーバーヘッドキックなのであるが、適切な反射角を維持できる角度で、適切な位置にボールを打ち込む技術があるなら、かっこつけてないでそのまま打ち込めば良いのだ。

 ゴールーバーギリギリのところ、もしくは下端にぶつかって急降下するように打てば、ほぼ確実に入るであろう。
 ゴールバーを狙えるからには、ゴールバーギリギリを狙うのは造作も無いはずである。

 それができながらも、わざと反射させて、思いっきりど真ん中にオーバーヘッドキックを打ち込むのは大変なことである。

 普通に競り合われたらどうするつもりであろうか。

 

 それから・・・もう一つ問題があって、スカイラブハリケーンをやるあの双子である。
 私の記憶が確かならば、連中は試合会場近くの駅に降り立ったとき、ホームの向こうとこっちでパスしておったような気がする。

 普通に大変な不祥事である。
 往来の危険を発生せしめる行為である、普通に刑法違反であると考えられるし、そのようなTPOをわきまえないサッカーをするやつは普通に出場停止処分である。

 こんなことやったら新聞に、サッカーの名門〜高校 駅のホームでご乱心、試合出場までパス!?とか、そういう見出しをつけられてしまうところである。

 

 そして、さらに言いたいことがある。
 翼と岬はゴールデンコンビなのであるが・・・あの二人はツインシュートをしたりする。
 だがな・・・私は思うのだ。

 一つのボールに対して二人でキックを入れ、たとえ奇跡的にそのシュートが決まったとしよう。
 だが、そこには一つの問題がある。

 それは、二人で同じボールを蹴りにいってしまうという、シュートが決まった結果オーライでは済まされない、チームワークの悪さがある。

 全く意思疎通ができておらぬではないか!
 二人で同じボールを蹴りに行く!という意思疎通ができているとしたら、それはもはや選手としての問題である。

 仲間の足を思いっきり蹴りかねない危険をおかすのは愚かにも程がある。

 翼と岬は別にゴールデンコンビなのではなくて、二人の間には深い確執があるのではないだろうか。
 俺が蹴る!という互いの自己主張の発露によって、偶然的に生まれたのがツインシュートである。

 多分、スキあらばお互いを貶めようとしておるのだ。

 天の神様

 醜い二人の争いをお鎮めください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月十四日

兄弟

 ふと電車の中で思った。
 金田一少年は勝手に爺様の名を賭けてはいかんだろう
 他人の名誉をかけて戦うとは、なんと迷惑なヤツであろうか。故人の名誉ならば賭けに負けても痛くもかゆくもないということだろう。

 序盤ならばまだしも、名探偵として名が売れてきた中盤から後半では、爺様ではなくて、己の名を賭けて戦うべきだと思う。

 で、関係ないのだが、今熱いのが若貴である。

 あの骨肉の争いはすさまじいものがある。

 当時、土俵をにぎわせていた、若、貴、曙の三横綱のなかで、最も世渡り下手で貧乏くじをひいたのが貴乃花であろう。
 勝敗はともかく、曙は格闘家に転身して、現役の頃の憎まれキャラから一転、ついつい応援したくなってしまうヤツになった。若乃花も相撲の世界を捨てていろいろと金回りも良いようである。
 貧乏くじをひいた形となった貴乃花は正直なところ部屋を告ぎたくなかったのではないだろうか。

 何せ、日本中に存在する相撲部屋の中で唯一の「親方が通いの相撲部屋」である。

 親方が通いだったら、別に弟子も住み込ませる必要がまったく無いではないか。
 普通に弟子も通いで親方も通いという、ボクシングジムスタイルの相撲ジムとしてやってけば良いのだ。

 ついでに言うと、奥さんのほうも、むしろこちらが相撲部屋のおかみさんとしてやっていけるタイプではない。
 ムリして後を継ぐなんていわずに、そのまま部屋を終わらせてしまえばよかったのである。

 貴乃花に残っているのはもう、プライドやらメンツやらしか無いのである。
 貧乏くじをひかされて、たいしてやりたいとも思わない部屋の経営をするハメになる。

 彼に残っているのはもう、貴乃花部屋の親方としてのプライドくらいのものであろう。
 喪主争いも、最後に残された彼の聖域とも言えるプライドやメンツを侵されまいとしての防衛行為かもしれぬ。

 とっとと、部屋の経営なんてやめちまったほうが健全であると思う。

 天の神様

 骨肉の争いをおしずめください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月十三日

あっか

 夢野久作の少女地獄を読み終えた。

 なかなかに面白い作品であった。
 姫草ユリの虚構の世界へとハマっていくところがとてもとてもよかった。

 書簡体の文章の作品が多く、夢野久作の特長とも言えるスタイルらしい。
 確かに、ドグラマグラもその半分近くが、紙に書かれた記録を読んでいる部分である。

 手紙や新聞記事といったものを物語りのコアとすることによって、情報を断片化し、読み手に対してそれを再構築する楽しみというのを与えているあたりが面白いところである。

 夢野久作の作品を読んで感じたことは、とにかく全編を通じて読みづらい。
 読むのに大変な労力を要するということである。

 極めて、コストパフォーマンスの高い本である。
 本こそ薄いものの、コストパフォーマンスという点では、京極夏彦クラスとなっている。

 ちなみに、この手の作者がちょっと昔の人の本の面白いところはその文章である。
 乱歩もそうなのだが平気で色々な単語が出てくる。

 かたわ者、不具者、キチガイ、おし、つんぼ、めくら、せむし、一寸法師。

 今じゃ許されない単語が足並みそろえて押し寄せてくる。一寸法師は大丈夫だが・・・。
 それが書かれた時代というものを感じさせてくれるものだ。

 今だったら、目が不自由な方とか、お脳が不自由な方とか言わねばならぬものたちであるな。

 あと、もう一つ面白いのは「アカ」である。
 あいつはアカかもしれない・・・とかそういう流れでストーリーが進んでいくのは面白い。
 そういう時代もあったのだなぁと思わせてくれる。

 そう思うと、最近のアカどもは随分と大人しくなってしまったのかもしれない。
 乱歩とか夢野久作の小説を読んでいるともう、アカの立場と言うのは戦隊ものの悪の組織くらいに、完璧な悪者なのである。

 資本主義者にあらずんば人にあらず。くらいに、アカというものの立場は悪い。

 だが、逆に言えば輝いていたのかもしれぬ。
 階級闘争だとか、革命闘士だとか言う言葉はどこかへ消えて、牙の抜けた共産党だけがそこにある。

 たまたま乱数の偏りで勝った地域の共産党は、ただの肥太った豚になってしまった。
 面白みも何もあったものではない。

 もうちょっと自分の立場を考えて、ヒールとして活躍して欲しい次第である。

 天の神様

 アカに再び出番を。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月十二日

それがアサヒクオィティ

 アルケミストの実装ってなんだ・・・(昨日の日記

 ホムンクルスの間違えである。

 ところで、宇宙戦争の試写会がなんか凄いらしい。
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_06/g2005061102.html

 しかし、このニュースで読むべきところはそこではないのである。

>戸田奈津子センセも、せりふのある人物以外はすべてボカシが入っている版、つまり完全な本編を見ずに字幕を付けさせられたとのウワサまで聞こえ、鉄のカーテンはピタリと閉じた格好だ。

 この一文である。
 つまりこれは、zakzakが親切にも、お前ら、宇宙戦争は字幕じゃなくて吹き替え版で見に行けよ!と、警告してくれておるわけだ。

 何せ戸田だからな・・・。

 戸田奈津子はタダでさえ作品ぶっ壊しのミスを連発しまくる人間であるというのに、さらにそれが人物の動きを見れずに訳したとなればこれはもう、お得意の時制ミスによる誤訳なども増えるに違いない。

 これはもう、吹き替え版を見るしかないであろう。

 しかしこの、宇宙戦争ってタイトルの安っぽさはなんとかならないのだろうか
 確かに、そのとおりだとは思うのであるが、この邦題はいくらなんでもヤバい。安っぽいにもほどがある。

 ちなみに、こち亀で両津がスターウォーズを劇場化しようとして、失敗し、既に前売り売ってしまったので、観客の前で読んで大ブーイングを受けた紙芝居が・・・「宇宙大戦争」だった気がする。

 これを思い出してしまう点が最悪だ。

 

 続いて、本日はニュースサイトっぽく!
 イッツアサヒマジック!
http://www.asahi.com/digital/pc/TKY200506040243.html

 中国の順位をそんなにボカさなくたって良いではないか!

 調査もとであるBSAのサイトで結果が見れる。
http://www.bsa.or.jp/press/2005/050518.htm

 これである。

 日本がワースト6!とか、朝日新聞は書く殴っておるが、これは明らかに誤解を招く書き方である。
 高違法コピー率上位十カ国に日本はランクインしておらぬし、そればかりではなく・・・

 低違法コピー率上位十カ国に食い込んでおるのだ。

 ベスト10に入っている。

 ただ、高違法コピー損害額上位十カ国では日本も一応ランクインしておるが、これは違法コピー率とはちょっと意味が違うと思う。

 つまり、この部分の損害額が何を意味するかというと、正規品を一つ買って、みんなで使いまわすということが発生するほどに、ここの金額は上がるわけで、ある意味、ユーザレベルでの違法であり不可避ともいえる。

 アクティベーションくらいしかこいつを回避する方法は無いだろう。

 だが、高違法コピー率に関しては違う。
 ここに日本がランクインしていない理由は簡単である。

 海賊版ソフトウェアの流通量がこの数字だと考えて良いだろう。

 アルジェリアとかチュニジアはもともとハイレディン一家の君臨した海賊の国なので仕方ないだろう。

 中国はベトナム、ウクライナについでぶっちぎりの入賞である。おめでとうございます。

 天の神様

 いくらなんでも誤解を招きすぎの書き方です。神罰を。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月十一日

ちゃんころ

 明日は諸般の事情で礼拝はお休みである!

 さて、アルケミスト実装のようであるな。
 世界中のみんながアルケミストになりそうな気がする。それはそれで良いことだ。ほかにもうやること無いゲームなので、ホムンクルスの実装はなかなか良い刺激になるかもしれぬ。

 ホムンクルスオンラインの始まりというわけであるな。

 もっとも・・・これだけ魅力的なエサであるから、ガンホーはひょっとしたら、限界ギリギリまで馬ニンジンかましてくるかもしれぬ。
 まぁ、実装は来年くらいではないだろうか。

 しかし、これでPKがあればもっと感動的なことがあるやもしれぬのに・・・。
 突然狩場でPKに襲われて自分は逃げようとしたら、ホムンクルスが勝手にPKを敵だと認識して攻撃を開始して、その間に自分が逃げられた・・・とか・・・。

 そして、戻ってみるとそこには無残に引き裂かれたホムンクルスの死体が・・・とか、そういうことができる。

 さて、そんなホムンクルスの話題などうっちゃっておいて、中国が熱い。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0506/07/news093.html

 非登録サイトを閉鎖させるとか言う、凄いことをしようとしておるようである。

 さすが共産党王朝の国としか言いようが無い。
 こりゃぁそろそろ反乱とか革命とか起きるのではないだろうか。

 いくつかの軍閥に分かれて、血で血を洗う大戦国時代へと中国は突入するのである。
 世界史の教科書とかに載るくらい。

 覇権主義というか、中華思想というか、随分長いこと、あの地域におる民族のクセに、焚書坑儒の時代から進歩が見受けられない。
 あの広大な国土を支配するのには、完全な統一王朝が不向きなことなど、普通に明白であろう。

 連邦制なりなんなりをとって、地域ごとにあわせた政治を行う必要があるであろう。

 いくら、言論統制をしたって、不平不満は地下に潜って過激化するだけで、一文の得にもなりゃぁしない。

 一番いいのは、受け流すことである。言論合気道を身に付けるのだ!

 私はかなりこれが得意である。
 相手にどんな酷いことを言われても、のらりくらりと受け流すのである。カウンターも狙わないし防御もしない。ひらりとかわす。

 中国も、いちいち国内の言論にピリピリしないでだな、何か言われても「まぁ、たしかにそういうこともあるかもしれないが・・・。貴重なご意見感謝します。」みたいな感じで受け流しつづければ良いのである。

 そうすれば平和だ。

 愚痴をサイトで叫んでおるうちは、国は安泰である。

 ちなみに、中国企業において、有能な会計係というのはどういうやつかというと、買った商品の代金を限界ギリギリまで、のらりくらりとはぐらかして、払わないで相手に諦めさせるのが上手なヤツだそうである。

 こう言う風に、はぐらかすの得意なのであるから・・・それを利用せぬ手はないだろうに。

 この売ったものの代金を払わないおちう性質には、いくつもの日本企業が辛酸を舐めさせられ、煮え湯を飲まされ、中国を見限ったりしておる。

 あまりやりすぎるのも問題であるな。

 天の神様

 血であがなわせましょう。代金を。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月十日

タンコー

 れなの家にいる!(かべのなかにいる風に)

 そういう日は更新が遅いので仕方が無いと思うのだ。
 ここは時間の流れが少し違うのだ。

 今日、すきやのハーブチーズ牛丼を初めて食ったのだが。つまらなかった。
 チーズのインパクトが薄すぎるのである。

 もっと、激しくチーズを!

 匂いも味も強いクセのあるチーズを使ってくれないと、ぜんぜんチーズの味がしないので、ものすごく損をした気分になった。

 チーズをクワトロプルで・・・とか出来るのだろうか。

 牛丼本体よりも、チーズのが高くなるくらい、チーズをトッピングしてみたい気持ちがある。
 ものすごい贅沢な気もするが、バカのような気もする。

 もっとインパクトあるチーズを乗せて欲しい。たとえば、ゴルゴンゾーラとかだ。

 あまりに、チーズ味がしないし、大して美味くもないので、七味をドバドバかけて食った。
 ちなみに、七味の美味さという点では、私は吉野家のほうが好きである。

 松屋や、すき屋の七味は、ほとんど一味に近い状態なのであるが、吉野家のはまさに七味。唐辛子以外が色々入っておって、なかなかうまいのである。

 あまり辛くないのが欠点だがな・・・。

 天の神様

 眠すぎます・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月九日

タンコー

 何日か前の話である。

 私はその日、ゲーセンへと言ったのである。
 特に目的はなかったが、なんとなく行ったのだ。珍しい光景があった、腐女子が二人ほど、並んでZガンダムを見ておるのである。

 まぁ、コレ自体は珍しいとはいえ、驚くべきほどのことではない。

 が!彼女らの会話がヤバかったのである。

 「アッシマーってアビスガンダムのパクりじゃない?」
 「だよね〜。変形したときの形とか、アビスだよね。ダサくパクらないでほしいよね。」

 

 死んでくださいと思った。

 確かにMA形態のアッシマーはMA形態のアビスガンダムと似ているが・・・それはあくまで、アッシマーが先であって、アビスのパクりと言うのは、それはすなわちウリジナルみたいなものである。

 きっと彼女らは、ビグザムを見たら、デストロイガンダムのパクりだと言い出すだろう。

 さて、昨日は北朝鮮戦だったわけだが、これで炭鉱送りだとか銃殺刑だとか言う連中がいるようである。
 しかしそれはちっと違う。

 彼らは別に怒られはするだろうが、僻地に飛ばされたり、非人道的扱いを受けたりはしないのだ。
 サッカー北朝鮮代表選手は基本的に、共産党員やら、党や軍幹部などの息子だったり、在日のような、ボンボン集団なのだ。あの酷い飢餓とかそういうのは経験せず、ヌクヌクと育ってきた、身元のハッキリした連中なのである。

 だから、彼らを炭鉱送り!とかは流石にできぬのだ。

 もし、普通の国民から使ってしまうと・・・国際試合でアウェーの時とかに大変なことになる。
 「さぁ!こぼれたボールを追って、北朝鮮〜選手が走る走る!ライン際追いつくか!おーっと!ボールを追い越してピッチの外へ!どうした!?」

 ってな風になって、亡命されてしまう

 ゴールは韓国大使館。

 それこそ昔の傭兵のファランクスみたいに、四方を正規軍でかこって逃げたら殺す状態にして、無理やり戦わせるしかない。
 ベンチから狙撃兵が構えてでもいない限り、一般の国民を使うのは難しいだろう。

 というか、たとえ党員の息子でも気にせず炭鉱送り!とかだった場合でもだ。
 昨日の試合は二点目をとられたあとは、頭蹴られてキレてる場合ではなくて、とっとと全員で亡命するべきところである。

 だから炭鉱送りとか無いわけだ。

 そう考えるとなんだか夢がない試合になるな。

 ぜひ、炭鉱送りにするようにして、試合前とかに選手が土下座しつつ泣きついて「どうか!どうか勝たせてください!さもないと家族が!」

 とか言うような試合にして欲しい。

 天の神様

 炭鉱送り万歳。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月八日

さっかー

 こち亀を買った。
 
新刊が出ておったわけである。

 惰性で描いててもうグデグデで面白くないとか言うやつもおるが私は問題無い。
 創り手も惰性だが、読み手ももはや惰性なので全く問題無いのである。

 お互いが惰性だから、気にならないという、これを特殊相惰性理論という。
 一方が惰性だと、つまらなくみえるが、お互いが惰性の場合は惰性に見えなくなり、特に気にならないのである。

 また、惰性で進行中の作品は時間の流れが遅くなって、作品の寿命が延びるという特徴も持っている。

 これが有名な、アインシュタインの特殊相惰性理論であるな。

 

 さて、現在サッカーを観戦中であるのだが、殆ど男塾の世界であるな。
 大鐘音エールみたいなサポーターの声援が聞こえてくるのである。

 スタジアムに入れないから姿など見えないのであるが、本当に大鐘音エールの音みたいに遠くから聞こえてきておるのである。

 これには感動だ。

 ちなみに、大航海時代onlineでは、日本が勝つまで船員と共に断食(つまり食料積載せず)して勝利を祈るとかいうバカがおった。
 UOでは、日本のユニフォーム色に染めた服を着て集まって応援してる連中がいた。しかもご丁寧にタイコとかを演奏して応援していた。

 ROは何かあったんだろうか。ログインしてみなかったので、少々気になるところである。

 キター!一点とった!
 書きつつ見ていたら点をとった。素晴らしい。

 しかし、実はちょっとがっかりなことがある。
 無観客試合ってもっと、静まり返ったスタジアムで粛々と、選手たちがお互い気まずそうに行われるものかと思っていたのだが、なんか観客席が寂しいだけで、声援が割と普通な感じである。

 もっと高校の練習試合みたいな感じを想定していただけに残念である。

 ところで、ジーコの戦術面での評価というのはあまりよろしくない。
 しかし、ジーコの采配というのは私は結構好きである。

 なんと言うか、エウーゴVSティターンズ。

 うお!キーパー抜いて入れた!ヒャホー!(リアルタイムな叫び)

 でだ、エウーゴVSティターンズの覚醒みたいな選手交替をしてくるのである。
 つまり、後だし。

 相手が全て使い切った後に、ぽんぽんダメ押しに出してくるという、かなりいやらしいスタイルである。

 やった!試合終了!勝った!

 いやー素晴らしい。
 というわけで実況終了である。

 あれ・・・? 

 天の神様

 換骨奪胎というやつを実践してみました。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月七日

ウィルス

 昨日はちょっと占いを気合入れてみた。
 
しかし、やってた気付いたのだが、普通に一次職全て、二次職全て、転生一次職全て、転生二次職全て、ノビ、スパノビ、を表記すると、26行にもなってしまうのだな。

 やはり系統ごとに分けねばやってられぬ。

 さて・・・これが本当のコンピュータウィルス!
 http://www.asahi.com/life/update/0607/006.html

 コンピュータに付着して人間に感染するなんて、とても恐ろしいウィルスである。
 厚生省とかから対策パッチとかがでるのだ。

 〜病院に重大な脆弱性。とか・・・。

 しかし、コンピュータウィルスという言葉は随分普通に聞くが、なんかもっとマシなネーミングは無かったのか・・・と言いたくなる。
 ウィルスは無いだろうウィルスは。

 セキュリティホールから経口感染とか・・・空気感染とか、そういうことであろう。

 感染と、ウィルスという単語がナマナマしいのである。
 もっと優しい感じのは無いのかなぁとか思ったが、よくよく考えてみると、ウィルスとかそういうご大層な名前をつけたほうが、危機意識が高まるわけだ。

 そういうわけで、スパイウェアとか、微妙にネーミングがヌルいと思う。
 ウィルス対策をしっかりしておるやつはごまんとおるが、スパイウェア対策をしっかりしている人間は多くは無い。

 だからもっと、これも凄い名前にしよう。

 コンピュータ生活習慣病。

 普通に生活していると、ジワジワとたまっていって、それが積もり積もって、最終的にはコンピュータの動きを重くしたりしてしまうわけである。
 コンピュータ生活習慣病!ここまで言われるとイヤになるであろう。

 で、ウィルスのネーミングももっと、色々と病気っぽくしたほうが良いであろう。

 ウィルス性肺炎とか、脊椎カリエスとか。

 新たなコンピュータウィルス「日本脳炎」が蔓延しています。

 とかニュースになるわけだ。

 他にも、PCに関する様々な症状に病名をつける。

 ハードディスククラッシュを臨終とか言ったりするのだから、もっと段階をふむべきである。

 OS破損:自我亡失症。

 フリーズ:パニック性障害。

 HDDから異音がする:労咳。

 BSOD:脳溢血。

 

 こんな感じでパソコンをどんどん生々しい存在へ! 

 天の神様

 いつかウィルスが無くなる日が来ますように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月六日

占い。

占いを死ぬほど頑張ってみた。

超レイホウ占い

ここんとこの運勢
剣士 両手剣修練と剣修練を両方マスターして槍を使う贅沢なプレイを。
アコライト 速度減少かけて逃げつつホーリーライトのテクニカルPvP!
アーチャー ふー。いい汗かいたぜ。ちっとアローシャワーあびてくるわ。
シーフ スリをしたつもりが痴漢に間違えられて御用。親に泣かれます。
商人 死の商人として枝を売り歩きます。しかし、カートに入れて運んでいたところ、交通事故でカートがボッコリ!中身の枝が全て折れて大惨事に。
魔法師 いつもはセクシー!というわけで雷系魔法を覚えましょう。 
騎士 ペコペコにノミ発生!自分にまで感染!全身痒くなった挙句、妻にまで伝染。
クルセイダー グランドクルスのダメージがだんだん快感になってきて禁断の世界へと踏み込みます。
プリースト 突然の大惨事。エンジェラスの鐘が落下。頭部を直撃。
殴りプリースト いまや天然記念物。前衛職ですら見かけない驚異のINT1!天然ボケっぷりを炸裂させます。
モンク 禿げます。とりあえず禿げます。そして太陽拳習得。
アサシン カタールがある日突然、正しいものになります。つまり単なる短剣!
ローグ ギャングスターパラダイスの効果音が、ある日突然にゴッドファーザーのテーマになります。
ブラックスミス 友人からホールグレンという称号をあたえられます。激しく凹みます。
アルケミスト イクラボムを全身にくっつけてKAMIKAZE!
ウィザード ストームガストを用いて冬物衣料の販売を促進するというマッチポンプ式商売に手を染めます。
セージ デリュージの風でパンチラを狙う最悪の人間になってしまいます。
スーパーノービス 気が付けばマジシャンと代わらない戦い方をしている自分に呆然。
ソードマンハイ 養殖レベル上げで一気にジョブアップ!スキル修得時にボタン連打していたせいで、前提満たして発生したスキルによってボタンの場所がかわり、欲しくないスキルをとりまくります。
アコライトハイ 何故か気が変わって転生前は完全補助プリで、転生して立派な補助ハイプリになる予定が・・・殴りアコ育成開始。しかも途中で気が変わってバランス型に。
シーフハイ 黒ヘビで弓ダブルアタックに燃えます。アサシンクロスになりたくなくなってしまいます。
アーチャーハイ さすがに99レベルになって転生してまで使いつづけているタイツ。黄ばんできて臭くなります。
マーチャントハイ すっかり金持ちになり、自分は商人として人を使う側だと認識。鍛治やら錬金術は下々のものにやらせておけい!育成終了。
ロードナイト コンセントレーション!とかいって、電化製品のコンセントと戦場用のいわゆるMREを出して仲間にどん引きされます。
パラディン 前職:暗黒騎士。
ハイプリースト

バシリカ!とかいって、バジル粉を出して仲間にドン引きされます。しかもボケている場合じゃないほどのMH。

突っ込みは敵さんが入れてくれました。チーン。

殴りハイプリースト

真っ赤な服だったはずなのに・・・敵の返り血でだんだん真っ青に染まります。

そのもの青き衣をまといて・・・。

チャンピオン 防衛失敗。いきなりチャンピオンではなくなります。
アサシンクロス 気功砲!如月流入門。妖しい技の数々を身につけます。
チェイサー フルストリップでVIT騎士をひん剥きます。その肉体美に目は釘付け!そのスキに負けてしまいます。
ホワイトスミス 鍛治屋からブリキ職人へ!レトロな玩具で人気を得ます・・・。
武器を作っていた頃には得られなかった充実感!武器よさらば。
クリエイター

フルケミカルプロテクションは超強力!
ただし、副作用として気化した薬品を吸入すると、女の子ばかり生まれるようになったり、元気な子供を産めなくなったりすることが発覚!

実は厚生省に賄賂を送って、ムリヤリ認可させたこともバレ、一気に裁判沙汰へ発展!

ハイウィザード

飽くなき魔法力の追及!

もはや人間の器では足りなくなってしまいます。俺は人間をやめるぞ。

さらに死んでリッチとして転生!の、つもりが間違えてヴァルキリーに。

プロフェッサー 教授になったとたん、研究どころではない忙しさ。委員会、教室会議、講義、試験問題作成。助手だったころを懐かしく思い出します。
サラリーマン エロオヤジな上司のセクハラ場面を発見!しかしあいては可愛い男!それを見て萌えてしまった自分にorzします。
官僚 ノーパンしゃぶしゃぶを夢見て官僚になったのに!厳しくてそれどころではありません。仕方が無いので彼女にノーパンでしゃぶしゃぶをやることを強要。人間として最下等のものと見られ、挙句の果てに愛想つかされます。
警官

ルパンごっこをやります。コンビニにいって普通に買物。その後に、もう一度いって、「さっきコノ顔のやつがこなかったか?」といって、話を聞き。

「ばかも〜ん、そいつがルパンだ!」といって走り出します。

医者 高校の身体検査を受け持ってルンルンで出撃。しかし男子校でした。
が!そこで新たな境地を発見しかけ、向こう側へといきそうに。
ハードゲイ

レイザーラモンが本当にゲイなのか、ゲイ人なのかで悩みます。
彼の絶妙な股間の動きが目からはなれない。

そういえば、ちょと前に、コーナーポストに上って相手の顔のまえで股間をあんな動きさせてから飛び掛るプロレスラーがいたなぁとか思い出します。

人間失格

ブリジットやら小鳥無練無やらで禁断の妄想。

しかし、それすらも生ぬるく感じるようになってきます。可愛いものにハァハァしているうちはまだまだ二流・三流よ。

そして真の漢の世界へ・・・。

腐女子

カップリング話で友人と対立。
公衆の面前で友人と熱く論戦を繰り広げます。

アースクエイク×ナインハルト・ズィーガーに関して。

貴腐人

腐女子とはレベルが違います。
済ました顔して、高級酒をたしなみつつ、花楓院骸羅×妖怪腐れ外道に関して話し合います。

あの骨で骸羅を突き上げて・・・云々。

ガンホー社員

もはやキムチパーティは時代遅れ。儲かっている会社ならでは、キムチ100%風呂!

浴槽をキムチで満たして鼻歌を歌いつつ、セクシーに入浴します。
指先でキムチを顔の前までもってきて、香りをかいだり、息をふきかけでフっとか飛ばしたりします。

マック信者

PoweMacG5に関する公式ページの解説「超音速」の一言を信じ込みます。

もはや音速の壁を超えるしかない!
自分で改造パーツを作り出し、推進機構、内燃機関を装着。

本当に音速を超えます。

貴方 ここまで読んできて実は今日の更新のほぼ八割方がこれであると知ります。
六月六日 占いを頑張ってみた。(注:タイトル)
天の神様

う、占い頑張りました。
亀の甲羅を炎であぶってその割れ方でなんとかしたのです。どうか、死んだ亀を天国へとお導きください。

それと、うっかり昨日の日記消しました。タスケテ・・・。

父と子と精霊 の御名においてお祈り申し上げます。えいめん!

六月四日

タイガー・・・アパカー!

 明日は礼拝の日である!朝十時から気合を入れてアルベルタで頑張ろうと思う。

 さて、昨夜はバーレーン戦を見ておったのだが、極めて犠牲の多い戦いとなったようであるな。
 中田と中村がイエローもらって殉死である。次回は出れぬ。ついでにサントスもギャグみたいな転び方したせいでシミュレーションでイエローもらって次回出撃停止である。

 かなりメインのメンバーが抜けるが、まぁ北朝鮮キラーでもある大黒を出せば問題無いので良いと思う。

 ちなみに今朝の朝日新聞にはサッカーの記事が、韓国の試合と北朝鮮の試合に関する話しかなくて、どこの国の新聞かと思った。
 間に合わなかっただけであることを祈りたい。

 昨日言った、ゴールバーの上に上るという、キャプテン翼のシーンは実際にあったようである。
 確か、スカイラブハリケーンに対抗するためだったような、違ったような。

 スカイラブハリケーンといえば、当時の小学生の憧れの業である。
 私も友人と共に挑戦したことがある。

 結論から言うとだな・・・土台になった人間が足をたたき出すベクトルと、上の人間がジャンプする再のベクトルが上手く一致しないので、前のめりに倒れる可能性が極めて高い。

 これは人間のやれる技ではない。

 これを使って上空のボールにあわせるのは、殆ど不可能とすら言える。

 せめて、バスケットボールならばダンクシュートという使い方が無くも無いような気がしないでもないが、この技の最大の欠点はやはり、一人が完全に戦力外になることだ。

 いかに高くジャンプできたとて、人間一人が高くとんだところで、戦力的には多めに見ても1.5倍である。
 二人で頑張ってとんだほうが良いと思われる。

 だが、この計算だと、じとう君を使った、スカイラブツインシュートの場合は、三人で一人を戦力外にして、二人が1.5倍なので、戦力的には代わらない気がするが・・・やはり三人でとんだほうが良いであろう。

 それから・・・若島津君の三角飛びも問題である。
 三角飛びは、カラテバカ一代を信じるならば、わざと壁を蹴って、予期せぬ方向からの奇襲をかけるための技であって、間違っても逆方向への推進力を高めるためのものではない。

 そもそも、左に飛ぶために、右に飛んでゴールポストを蹴って戻るなんて、ロケットのスイングバイじゃあるまいし・・・普通に飛んだほうが早いのは明確である。

 ただ、一度、若林が真似してだったような気がするのだが三角飛びでボールを取りにいったのだが、ボールが変化球でいきなり下に下がったので、こんどはバーを蹴って急降下キャッチをしたのがあったと思う。

 これはまさに、大山倍達の言う奇襲と同じような物で、比較的正しい三角飛びであるように思えるが、そんなことしてないで普通に取ればよい。

 SGGKであったか・・・スーパーグレートゴールキーパー。
 私ならこんな二つ名つけられたらグレてやる。やめてやる。

 ちなみに、翼のライバルである日向小次郎。こいつがいつも、半そでなのに腕まくりしてノースリーブ状態にしておったのだが、当時の小学校のサッカー部のヤツにはたいていコレやってるやつがいた。

 さらに言うと、昨日・・・というか、いつも。

 中田がやっている。
 ひょっとしてあれは、世代的に考えても・・・日向コスなのだろうか。 

 天の神様

 ただのゴロ玉を地を這うタイガーショットとか言ってるガキをお許しください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月三日

きゃぷてん

 今夜はバーレーン戦である。

 サッカーというと、思い出すのが。ゴールが見えたらドライブシュートである。
 必殺技サッカーの開祖とも言え、サッカーブームの立役者でもあるキャプテン翼だ。

 翼の野郎は、毎回大事な試合前になると、怪我したり体調崩したりと、プロ意識の欠片も無い自己管理であり、ヤツはどうでも良いのであるが、問題はロベルト本郷である。

 「ゴールが見えたらうて」

 である。ヤツ直伝の必殺技。ゴールキーパーのグローブが摩擦で擦り切れるほどの威力を持っているドライブシュートの扱い方である。
 キャプテン翼におけるピッチは、地球の半径が数百メートルなのかと思うほどに、異常な魚眼パースみたいになっており、ゴールというのはなかなか見えてこないものなのである。

 ホントに地平線の向うにゴールがある。

 実際には、サッカー中継でゴールネット裏とかのカメラからピッチを一望するとだな・・・ここからドライブシュートが打てるな・・・とか考えてしまう。

 ゴールからゴールが見えるのだ。
 いったい翼君はどこからシュートを撃っておるのだろうか。

 ちなみに私がキャプテン翼で一番好きなシーンは、女をかけて翼君が決闘するシーンである。
 ボクシング部のエースと翼君が自慢のキックで戦うシーンはもはや、ボクシング対ムエタイみたいなイメージがある。

 まぁ、どちらかといえば、ロベルト仕込みのブラジルサッカーであるから、ボクシング対カポエラであるな。

 きっと、恋愛沙汰を盛り込んで盛り上げよう的な意図なのだろうが、誰が喜ぶシーンなのか理解できぬ。

 ちなみに、翼君のライバルである皇帝カール・ハインツ・シュナイダーだが、我が家ではハインツのトマトケチャップを愛用しておって、そのせいでこの男の名前を聞くたびにトマトケチャップを思い出してしまうという欠点があった。

 ところで、私は一つ永遠の疑問があるのだ。

 確か、どことの勝負でどんな流れだったかは忘れたのだが・・・。
 相手の空中殺法を阻止するために、ゴールバーの上にディフェンダーが二人上っておったような記憶があるのだが・・・。

 あれってルール的にアリなんだろうか。

 疑問でならぬ。ひょっとしたらそんなシーン無かったかもしれぬが・・・。

 天の神様

 昔友達とツインシュートやろうとして互いの足を蹴ったのを思い出します。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月二日

ROの進む道

 ふと思った。

 MPKを肯定し、狩場の独占を許し、溜め込みもトレインも横殴りも許可し、枝テロも肯定し、PKも実装すると、ラグナロクオンラインは今の殺伐した状況から脱出して、とても良いマターリとしたゲームになるのではないだろうか。

 基本的に殺伐する原因は、MPKが悪いことであり、独占が悪いことであり、トレインが悪いことであり、枝テロがマナー(便宜上マナーという単語を用いている)違反であり、PKができないからである。

 してはいけない!
 それこそ、ドグラ・マグラに出てきたキチガイ地獄のようなものである。

 どんなものかというと、ちょいと信用のある人間を買収して、誰かをキチガイだと診断させて、檻つきの病院に叩き込むというのである。

 自分に都合の悪いことをしている人間がおったら、そいつの行為が少しでも・・・それこそ、レイドリックが一匹流れてきた・・・程度で、MPK扱いして文句をいい、挙句のはてに通報するような。そういうことが生まれてしまう。

 まさにキチガイ地獄である。

 これぞこの世の通報地獄だ、あいつが邪魔だと感じもしたら、狩場で近くにススっと寄って、敵のひとつも流れてきたならしめたもの。さぁさ通報、垢BAN地獄だ。チャカポコチャカポコ。

 まぁ、そんなとこであるな。BANされることは滅多に無いが、いさかいにはなる。

 が!ここでMPKを肯定された場合はどうなるかというと、あのPTが邪魔だ・・・殺してやろう!ということで、大量の敵をひきつれてひき殺しにいこうとするのだが・・・その時、相手はちょうど帰るところで目の前でみんなポータルに入っていって結局自分が死ぬとか。

 むしろ、相手は上等だ!と燃え上がって、一気に殲滅してきてウマーとなるなどなど。

 MPKを肯定すると、とても健全に片付くのである。

 横殴りを肯定すれば、ちんたらと溜め込んで倒しておる連中を非難する必要も無い。
 「助太刀いたす!」とかいって、ブランディッシュでもぶちかましてやればいい。

 そうすると、相手も対抗して潰されるよりも早く倒そうと闘士を燃やすわけだ。

 全く健全。

 トレインだって許可しても良いだろう。
 これは前述の溜め込みに近いな。肯定してしまえば、途中でSGぶちかまされたって文句をいえないわけであるから、それなりの覚悟を持ってやらねばならぬものとなる。

 奪われる可能性がある。

 だがSG打つほうも、ひょっとしたらMPKされる可能性もあるわけだ。油断はできない。

 

 また狩場には危険な枝テロやら、PKやらがやってくるわけで、力の弱いプレイヤたちは、団結して・・・PTを組んで警戒しつつ戦う必要がある。
 これによって、よりプレイヤ同士の団結が大切になるであろう。

 なまじ禁止するから、鬱積した力が行き場を失って、ネガティブで貧困な発想へと向かっていくのだと思う。
 昔が良かったとか言う連中が多いが、本当に昔はMPKだって普通にしたし、横殴りだって上等だった。

 そこらへんがまったりとしていた理由である。
 何もかもが許可されている、極めて混沌としているが、人を縛るルールというものがないある意味で牧歌的世界だった。

 だからといってMPKしようというわけではないが・・・。
 ROは進む道を間違ってしまったのだなぁ・・・と、最近すっかり海賊として悪逆の限りを尽くしている私は思うのである。

 天の神様

 今更思ってもせんなきこと・・・。
 せめてRO2が同じ轍を踏みませぬように。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

六月一日

クール

 そういえば、マリ見てを全く買っていないことに気が付いて、本屋へとぶらりと行ってみて、捻れ屋敷の利鈍を買ってきた。
 念のために言っておくと、マリアさまが見てる〜捻れ屋敷の利鈍〜ではなくて、森博嗣のVシリーズである。

 さて、本日から、クールビズである。CoolBiz。ノーネクタイ、ノー上着を政府が提唱してきたわけだ。
 省エネルックよりも名前も見た目もダサさが少ないのが利点である。

 しかし、ニュースを見ていると主に、この軽装の人間は二種類に分かれる。

 普通に軽装向きの、ボタンダウンとかの襟が広がらないタイプのカジュアルなのを着てるヤツ。
 いつも通りのYシャツを単に着てるだけというヤツ。

 これが問題である。

 前者は遊んでいるように見える。
 思いっきり遊んでいるように見えてしまうのだ。国会に遊びに来ているように見えるし、なんだか休日っぽく見えてしまう。

 これはこれで、なんか国会議事堂とかの中継してても、休日に「親子国会議事堂見学ツアー」で、やってきたお父さんみたいでみっともない。

 まったくダメだる。

 だからといって後者!
 これもダメなのだ。

 普通のネクタイを前提としたYシャツなので、ダメな感じに襟が広がってしまって、だらしない挙句に、上着もネクタイもないものだから・・・。

 まるで失業者。

 職安にいって、「今日もだめだった・・・やっぱ50歳超えると辛いなぁ。」とか、そういうオッサンに見えてしまうのである。
 これでは全くもって完全にダメだ。

 威厳もクソもない。

 しかも、民間企業にも根付けば良いとか言っておるがムリ。
 まずむりである。

 普通に、ある企業Aがこのクールビズを受け入れて、社員に義務付けたとしよう、そこの社員が、クールビズを実施していない企業Bに訪問したとしたら、ネクタイを締めてカチっとした格好の人と、ラフな軽装で話し合うこととなってしまう。

 いたしかた無いとはいえ、お互いに気まずいのは間違いない。

 強制はしないとか首相が言っておるようだが、強制せねば民間には広がらぬ。

 ところで、アロハはどうなのだろうか。
 私は割とアロハが好きで着るのであるが、あれは一応ハワイでは正装である。

 首相も、沖縄では正装扱いという、かりゆしウェアだかなんだかを装着してきておったので、アロハも許されても良いかもしれぬ。
 私としては是非、みんな色とりどりのアロハを着て欲しいと思う。

 共産党とかは、ハイビスカスをあしらった、赤を基調としたヤツとかにすると良いかもしれぬぞ!

 衆議院や参議院が、原色で彩られる日というのを見てみたいものである。

 浴衣はダメなのだろうか。
 一応軽装であるし、伝統ある服である。

 現代ではまずおらぬが、国会に紋付袴で出席しても問題は無いはずである。

 スーツと同ランクが、紋付袴だとしたら、
 COOlBIZと同ランクは浴衣とか着流しで良いのではないか。

 着流し姿の首相が、楊枝を口にくわえて、ふらりと国会に現れるというのも燃えるかもしれぬ。

 だからといって、チマチョゴリとかを社会党が着てきて良いわけではない。それだけはダメである。オバさんしかいないし。

 天の神様

 何が現実なのか・・・それが問題です。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!