七月三十一日

確率と戯れ偶然に泣く

 遅くなった・・・。

 電撃反射とマハタルンダとマハラクカジャとマハガルダインを継承するティターニアを作ろうとしていたら、日記を書くのが遅くなった。結局、一時間以上挑戦して、今日は諦めた。

 

 ラスボスまでを共にするアイテム強化ペルソナにするためのティターニアであるので妥協は許されない。

 

 なんでティターニアかというと、他のペルソナよりも綺麗だし、優雅だし、サキュパスみたいにケバくないし…というのが理由である。

 

 ツカレタ・・・。
 気分はもう、ヴィクトル博士である。

 様々なペルソナから欲しいスキルを上手いこと継承させつつ、3身合体でティターニアになる素材にこじつけて・・・そして、ティターニアへ。という気の遠くなるような作業。

 ちなみに、私が継承させんとしている組み合わせは確率的には、数百万分の一という確率でしか継承されないであろう。指が大変なことになりそうである。

 だが、それを作り出せば、世界でひとつ。私だけの特製ティターニアだと誇る事ができるだろう。

 だから諦めない。

 ペルソナやメガテンの怖いところはこの、合身のランダム性にある。
 完成までの道筋を考える知識と、根気と、運があれば、自分好みのペルソナを作れるわけである。

 ただしそれは、茨の道である。

 でも、不思議と楽しい。
 青箱空けまくっているような気分である。

 あっというまの一時間だった・・・。

 さあ、明日もチャレンジだ・・・。

 天の神様

 お、お願いします神様・・・。ティターニアを。私を、確率の砂漠からお救いください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月三十日

御殿場といえばアウトレット

 ペルソナ3をやってて、思わずグっと泣きそうになったりした。

 良いゲームだなぁコレ。
 ストーリーが美しいし、ゲーム性も良いし、3Dゲーだけど、ペルソナは全て2D絵があって、ストーリーの要所要所で2Dのアニメが入るし…。

 2Dなんて過去の遺物といわんばかりに投げ捨ててバリゾーゴン食らってるFFとは対照的である。ペルソナは上手いこと共生している。

 あと、演技上手いのが良い。オイオイヨ!とか無いし。

 そして音楽がもう絶対的に神の領域に到達しつつある超高クオリティーである。一度聞いたら忘れない。気がつくと口ずさむ・・・そんなレベルの素晴らしい音楽なのである。

 これはもうビックリである。しかも、その曲の方向性もまた、今までのRPGでほとんど無かったような大冒険をしてなおかつそれでマッチしていて格好良いというものである。

 通常戦闘のBGMにボーカル入れるなど、誰が考えようか・・・。

 

 

 さて、話は変わるが、今年の夏もガキどもを連れて宿泊に行かねばならない。しかも今年は二泊三日であるので、必然的に予約的な自動更新が一日入ることとなる。

 それはまあ良いのだが・・・場所がなかなか凄い。

 今までの奥多摩とは違って今年は御殿場なのであるが、なんと!

 富士演習場と米軍基地の間である。
 たまに、実弾演習で近くの道路が通行禁止になるという、メチャクチャ微妙な土地である。

 夜中に基地から出てきた米軍兵士に、私の友人のちょっと可愛い系の中性的な男の子が掘られたりする可能性があるような、そんな土地柄である。

 とりあえず、到着したら建物の壁などに弾痕などが無いか調べてみたい。

 ちなみに、今回はキャンプではなくて、区だか都だか国だかの施設であるので、風呂もあればメシもあるという、至れり尽くせりの状況である。ただし、ついでに門限とかついてくる可能性がある。

 

 昔、同じくガキどもを連れて赤城青年の家とかいうところに言った時、みんなで宴会した勢いで夜中に外に出たら、職員に鍵閉められて締め出し喰らった事がある。そのときは、中の人間に連絡して窓を開けさせて事なきを得たのだが・・・公共の施設となると、そのようなトラウマがよみがえってくるのである。

 こわいこわい・・・。 

 

 もっとも、今回は治安上の問題であまり出歩きたくはないがな・・・。

 天の神様

 アウトレットモールいきたいような気が・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二十九日

仁義無きRMT対策

 明日は礼拝をやっちゃうのであります。朝十時からアルベルタで礼拝なのであります。

 

 アイギス口調で言ってみた・・・。

 

 で、ペルソナ3のバランスが本当に神がかっていた。
 あるボスに4連敗の屈辱を味わった。これは勝てねぇ!と思いつつも、ペルソナ合体を駆使して、ボス対策の完璧なペルソナを装備、再戦したら…赤子の手をひねるかのような弱さであった。この間、上がったレベルは1だけ。

 力押しでは絶対に勝てない。押してだめなら考えろ!というバランスである。

 ある種、パズルゲーム的でもあるかもしれない。

 

 さて・・・先日、ガンホー社員による不正があったわけだが、アレを利用して超非人道的なそこまでやるかアンタ?みたいな、RMT業者対策を考えた。有る意味、逆にやったほうが訴えられそうなくらい非道である。

 

 まず、GM権限で大量のゼニーを作り出して、RMT業者に売る。
 その際、売る場合は絶対に取引にならざるを得ない。つまり、売ったときからスグの間なら、その大量のゼニーは取引に来たキャラクタが保有していることになる。

 で、そこで大量のゼニーを渡して、現金を振り込んでもらう。
 取引に来たキャラクタのIDを確認したうえで、現金が振り込まれたらすぐに、「RMT禁止の規約違反」で、そのアカウントをBANして、渡したゼニーごと闇に葬る。

 得た金は慈善事業にでも当てれば良いだろう。

 運転資金を根こそぎ奪い取った上で、売却用のゼニーすら抹消すると言う、鬼のような囮捜査である。

 

 GM権限があれば、ゼニーは無限に精製できる。
 それを利用してRMT業者にゼニーを売りつつ、IDを確認してそのキャラをBANという手法はいけると思うのだ。取引用の捨てアカキャラである可能性は高いが、そうだとしても現金をひねりとる事が可能である。

 そして、証拠は残らない。むしろ、証拠は全て己の手の内なのである。

 泣こうが喚こうが知ったことではない。

 

 奪い取ったお金で、砂漠化の進む可哀想な内モンゴルに植林事業をしてあげたり、東トルキスタン亡命政府に募金してあげたり、大虐殺の続くチベットを支援してみたりすれば良いであろう。

 

 天の神様

 情け容赦は要りません。徹底的に。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二十八日

ぐぐるさまが見てない

 知っておる人間も多いと思うが・・・

 

 ROでググると、ラグナロクオンラインの公式サイトは出てこない。

 ファンサイト>RMTサイト>韓国サイト

 というような順番で出てきて、結局公式は見つからない。
 ラグナロクとか、ラグナロクオンラインで検索すれば出るのだがな・・・。

 

 他のネトゲと比較してみる。

 UOの場合は、UOでもウルティマでもウルティマオンラインでもヒットする。しっかり、自分のところのゲームの名前の検索順なども考えておるようで、管理の高さがうかがえる。

 

 大航海時代オンラインの場合、「大航海」だけで、すでに公式サイトがトップに来る。なかなか頑張っている。略称はGVOなのだが、これ、あまりにマイナーすぎて引っかからない。
 でも、一番上にまとめwikiが来ているので、一応の知名度は有る略称である。

 

 三番手、エミルクロニクルオンライン。
 これは、エミルでも、ECOでもいける。恐ろしいことに「クロニクル」ですら、トップに来るあたり、力の入れようがうかがわれる。

 

 四番手、FF11。
 これで検索すると・・・トップは確かに公式サイトである。だが、二番手がRMTサイトというあたりに悲哀が感じられる。せめてファンサイトが来ていれば・・・。

 五番手、最近ラグでマトモにプレイできず、やっぱりネ糞だったといわれているマビノギ!
 マビノギは当然ながら・・・
 マギノビでも
 マギノギでも

 つまり、誤った名称でもヒットする。やっぱ、間違われると自分でも気づいていたのだろうか・・・。

 

 六番手、なんかあったなぁ、と、必死で思い出して名前が出てきたテイルズウィーバー。
 TWでもヒットする。

 当たり前だが、「テイルズ」単独では勝てるわけが無い。

 

 

 とまあ、全体通してこんなもんである。
 ラグナロクのROでヒットしないというのは、かなり恐ろしい。

 ラグナロクで検索すると、1ページ目のすぐのところに、RMTサイトがあるという有様であったりもする。
 見えるのに取り締まらないってどう言う事だ。

 

 サーバ不調とか、メンテの関係で、公式サイトを見ようと思ったとき、ROでググっても何も出てこない。
 いちいち、ラグナロクと打たねばならんのがちょっと腹立たしい・・・。

 

 天の神様

 ROで出るようにしてあげてください。神様、ぐぐるさま。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二十七日

カント

 KOEIに失望した・・・。

 東地中海永久安全海域化だなんて・・・。今、色々予定がたてこんでいて、(気分的に)大航海はそれが片付くまではやらないつもりであったのだが…ショックだ。

 一度、こんな譲歩が通れば、あとはもうズルズルとPKの弱体修正へと走っていくだろう。事実、今でもそうなりつつある。

 どんどん、陳腐なゲームへと変わっていく・・・。

 

 しかしまあ、PK要らんと言う人間も世の中にはいるのだから、仕方ないといえば仕方ない。我々はマイノリティなのだ。

 結局、PKアリということ作ったMMORPGでも、PKをしないしPKKするほどの根性も興味もない人間のが数的には増えてしまうので、どうしても彼らの意見に押し切られる事が多くなってしまう。

 結局、マナーの構築と同じで、現状に満足しているプレイヤは基本的に何も主張はしない。不満のある人間だけが、声を上げて現状を非難するので、あたかも彼らが大多数であるかのように見える。

 また、PK廃止論の話をしているときに、割と建設的にPK側からの反論を書いても「PK乙」みたいな流れになってしまう。乙じゃないよお前ら・・・。

 同じプレイヤとして、対等な立場で意見をぶつけてるのに、PKの意見は要らない、PKの工作乙とか・・・そういう流れになっていく。

 

 管理会社は、確かにこうしたプレイヤの意見を聞くのも大事だが、KOEIはちょっと、聞きすぎた。
 盲目的に聞きすぎた!愚かな。

 

 もっと、カントの思想とかを勉強しろ!と言いたい。

 

 「君たちはいくらでも、また何ごとについても意のままに論議せよ、 ただし服従せよ。」

 である。管理会社は、啓蒙専制君主たれと私は思う。
 管理会社はこのスタンスを持つべきであると思う。結局プレイヤが何を言おうとも、偉そうにこうしたら良いとか案を出そうとも、あいつらまとめて全員素人である。ゲーム会社の人間ならば、ゲームが好きなだけの人間がゲームを作るとどれだけ酷いものになるかは解っているはずだ・・・。

 なぜ彼らの言葉に耳を傾けてしまうのだろうか。

 KOEIは媚びすぎである。ちょっとプロ意識が足りなさ過ぎる。
 最初に、企画書を上げたときの崇高な心持と完成の青写真を最後まで貫き通して欲しい。もちろん、バランス調整は大事だ。バランス調整のためには、プレイヤの意見は聞き入れるべきだろう。

 

 だが・・・だが、許せないのは・・・バランスじゃなくて利害の調整である。

 プレイヤ間の利害を調整してどうするのだ。一見してPKの被害を低減したりリスクを上げたりとか、バランス調整に見えるが、結局は利害の調整にしか過ぎない。被害者が主張する利益を守って、復讐的に主張するリスクを取り入れる。

 それはバランス調整ではない。

 KOEIは衆愚政治に陥ったのである。啓蒙専制君主どころか、単なるデマゴギーである。

 

 ちなみに、そういう点ではガンホーやグラビティは偉いと思う。

 彼らは立派な、絶対君主である。
 民草の言葉など耳も貸さず、町に不正がはびころうとも、そこから吸い上げる金で贅の限りを尽くす。

 そして彼らは、議論の場たる公式掲示板すら作らない。つまり、議会制すら否定して、完全な僭主として頑張っているわけである。最近はもう、ヴェルサイユ行進みたいなデモも頻発しておって怖い限りではあるがな。

 

 大航海のデマゴギーが直る日は来るのだろうか…。
 もっと自信を持って欲しい。彼らはプロのゲーム屋なのだから、自分達の考えた仕様は、素人がゴチャゴチャ言って提案したものより絶対に面白いという自信を持って欲しい。

 私はそう信じている。
 このままでは、やがて世界の海は狭くなり、冒険は死に果て、インド航路に思い描いた富の夢を弔うこととなるだろう。

 ROでもなんでもそうだが、半分カオスってて何でも出来た頃というのが、一番面白いのだ。
 そういう意味では、私はROでも大航海でも、どちらともその時期にプレイしていた幸せものである。

 天の神様

 啓蒙しましょう。啓蒙。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二十六日

涼風の作者がまた乳首券を使ってた日

 再現性を確認していないのだが、ペルソナ3でバグらしきものを発見した。
 割と特殊な状況なのだが、有り得る状況なので書いておく。

 敵が2体いる状態で、マリンカリンなどで敵を魅了する。
 で、魅了された敵がもう一体の敵に攻撃をしてクリティカルで倒す。この時に画面がフリーズしてしまう現象を確認した。

 原因として考えられることは・・・
 クリティカルで倒したことで1moreが元来なら発動するところだが、魅了状態での仲間攻撃は自分をターゲットできない、なので1moreが発生する状況でありながら、対象を取ることが出来ない。
 そうなって、処理できなくなって止まるのではないかと思われる。

 プレイする上で、注意した方が良いだろう。

 

 さて・・・A級戦犯の合祀された靖国参拝問題で・・・天皇が書いた(というのは捏造らしいが)メモとかでもめている。

 朝日新聞など、数日前の一面に「靖国参拝不支持60%超える!」とか、鬼の首をとったかのように書いていた。そういうのは、折込のチラシの裏に書いてくれないかな・・・。キミの個人的な嬉しい感情は一面じゃなくて、チラシの裏に書いてくれたまえ・・・と、思わずにはいられない爽やかな朝を演出してくれた。

 

 で、ふと思ったのだが、現状をひっくり返す鶴の一声を思いついた。

 アメリカがだな・・・
 「悪ぃ!極東国際軍事裁判のときはちょっと頭に血ぃのぼっちゃっててさ、なんかすっごい酷い裁判しちゃったのさぁ。今思えば、A級戦犯とか言ってるやつらも、そんな悪くなかったよね。テヘ。国のためを思ってたんだもんね。手段を誤っただけでさ。だからそんな悪く言うなよう」

 とか・・・言ったら面白そうだ。
 根底からひっくり返してみると・・・良いかもしれない。

 だいたい、東条英機なんて生きて虜囚の辱めを受けずとか言ってた割りに、自害しようとして失敗して死に切れないドジっ子であるしな・・・。

 それに、A級だろうがなんだろうが、祀っておいた方が良いとおもうぞ。
 よく、家に幽霊画をおいたりとか・・・あるいは大黒様が祀られている理由と同じである。

 怖いものを祀っておけば魔除けになるだろう。

 

 ちなみに、どうして合祀されていなかったものが、途中から合祀されたのかという点に関しては、私は時効じゃないの?と、思っている。いくら悪人であろうとも、いつまでも怨み続けたって仕方ないだろう。

 一応、どころか、手段や方法に間違いはあっても、国のために働いて死んでいった人なのだから、靖国で祀ってあげるのは間違っちゃいないと思う。

 しかも、火葬にしたうえで、骨を砕いて海に捨てるなどという、埋葬すら許さずその亡骸まで、まさに言葉どおり肉の一変までも殲滅するような無礼をアメリカは働いたわけであるし…せめて祀ってあげないと、あまりにも哀れであろう。

 いくら、戦争で犠牲になった人を想うとも、いくらA級戦犯を憎んでいるとしてもだな・・・。

 死者の尊厳有る処遇すら、侮辱してやら無いと気がすまないような精神性に堕ちてしまうってのは、ナシであると想う。

 死者は何も言わぬ、何も聞こえぬ、何も届かぬ。だから、何をしても良いわけではない。
 何も言えず、聞こえず、届かず…そんな存在にすら厳しく当たって怨み通さねばならない理由など無いだろう…。

 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いの如くに、戦犯憎けりゃ骨まで…いや、骨すら無い神社まで憎いのだろうか。

 天の神様

 そのうちきっと、何で怨んでたのかすら忘れるんです。怨みだけ残るんです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二十五日

ホッブズとロックの自然状態
ヒュームの市民社会の自然史とアダムスミスの定式化
ルソーとカントの法の純粋性

 ホッブズの正議論に見るラグナロクオンラインのマナーの形成。

 

 ホッブズの正議論においては、人は当初においては自然状態にある。これは自己の権利を守るために、自然権をいかようにも行使することが許される状態であり、万人の万人に対する戦争状態と呼ばれている。

 この状態では、互いに傷つけあって生命の危険が生まれるために、人々は互いに社会契約をしてその自然権の一部を封印するのである。

 こうして、自然法と呼ばれる法が形成されていく。つまり、人を殺すなとか、そういうことである。

 このとき、基本ルールとして「平和を求めよ」「自然法を遵守せよ」「契約を守れ」という三つの事柄が重視される。

 そうして人々は、この自然法をさらに発展させ、自然権を一部の強権的な立場へと預ける。つまり絶対的な主権者である。そうして、支配されることによって安定を得るという、最低限の自由を手に入れるのである。

 

 つまり、互いに敵を奪い合っていては効率も下がるし殺伐とするので、整然と、一人一匹敵を倒していくというスタイルが、慣習的に生まれた。これこそまさに、社会契約による自然権の放棄の発端である。

 そして、ローカルルールに過ぎなかったマナーは、強権的な立場・・・つまり管理会社によって明確に法制化、つまりルール化されてしまった。

 人々は安定を得る代わりに、その自由を大幅にその管理会社へと委ねてしまったのだ。
 司法権はすでに我々には無い。

  

 割と、ROのマナー形成の段階は、ホッブズの正議論がピッタリ来るので面白い。

 

 ヒュームの懐疑主義と正議論での検証もしてみたい。

 ヒュームにおいては、社会を形成するのは自然状態から発生した自然法ではない。
 それはヒュームにおいては否定されている。また、真の道徳や、真の正義という概念も懐疑主義によって否定されている。存在するのは、実定的な道徳と、実定的な正義のみである。

 そして、ヒュームはイマジネーションが社会を生むとした。つまり、イメージを引き起こす力と、イメージを結びつける力と言語が結びついてイマジネーションとなり、相互不信と相互理解を繰り返しながら、社会的共感を形成し、それによって社会が形成されていくとした。これを市民社会の自然史と言う。

 

 ヒュームだと、あまりしっくり来ないな・・・。
 ホッブズ正議論ほど、現状を代入しやすくはない。

 

 やはり、ホッブズは本質を見極めていたのだろう。

 そして、ネットにおける小社会の形成も、結局は数百年前の学者の社会の形成に関する学説と大差ないわけである・・・。 

 天の神様

 私はベンサムが好きです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二十三日

マハラギオソ

 アナルベルツ共和国がもうすぐ実装されるらしい。

 

 と、思ってたら、アルナベルツだった。略称は絶対、尻穴だと思ってたのにすごく残念である。
 もうすぐと言っても、まだまだ先だがな・・・。

 ちなみに、その頃では、今は高レベルアサシンがグリム狩りで超ウマァ!と言っている生体Dの敵も、一部が悪魔種族になってウマーじゃなくてマズーになっているだろう。

 ちなみに、私の友人のアサシンクロスのAOS氏(仮名)が言うには、早朝に行って自給6Mちょっとだったとの事である。超びっくりだ・・・。

 私も自給6Mで稼ぎたいものである。
 自給6Mも出たらだ・・・、一日一時時間で一月くらいで、オーラになれそうである。羨ましい・・・。

 

 ちなみに、ソウルリンカーは転生がないので、やってて気楽である。
 プリでプレイしててハイプリを見てハァ・・・と、思うようなことも無い。リンカーはリンカーでしかないのだから、当然である。この気負いの無さが良い。

 転生はプレイヤ間に深い溝を作ってしまったような気がする。
 転生がなければ、同じプリだったものが・・・別物になってしまった。

 臨時で転生職と組んだこともあるが、実際には普通の人である。だが・・・その外見的、実質的差異故に、どうしても・・・心に溝が出来てしまうのだろう。

 それゆえ、彼らはあまり良くは見られない。可哀想に・・・。
 なんというか不幸である。

 類は友を呼ぶという言葉があるが、人間は比較的自分の射程範囲内の人間としかコミュニティを形成しない向きがある。それゆえに、レベルを1〜198レベルまでとしてしまったことで、それは分散化し、人と人とのつながりは希薄になっていく。

 低レベル者は高レベル者の愚痴を言い、高レベル者はGGに興じる。

 

 あまり良い構造ではない。

 もっとも、本人がソレを気にせずその場に飛び込んでいけば、結局は同じ穴のプレイヤなので仲良くできるのだがな…。

 私も高レベル、転生ばっかりのGGギルドで和やかに過ごすことが出来ている。

 ROはいつのまにか、けっこうコミュニティが拡散して、入り込むのに勇気の要るゲームになってしまったわけである・・・。

 

 ちなみに、最近、露店を見るたびにヒシヒシと感じる経済危機。

 ・需要の拡散

 カードの増加、アイテムの増加により需要が拡散。しかし市場への供給はBOTに依拠。このゆがんだ構造が、全体的な市場価格の高騰を産み出している。

 

 ・買取の低価格化

 これは、需要の拡散と絡んでいる。需要の拡散にともなって、アイテム売買は非常に流れが悪くなった。
 早い話が「定番商品が消滅」したのである。需要はまさに多様化して行ってしまっている。
 つまり、単品のリスクが非常に上がった。昔ならベリットシューズを仕入れて、夜には売れていただろう。今ではそうはいかない。安めでも二晩はかかる。というか売れないことも往々にしてある。

 それゆえに、買取屋の買い取り価格は非常に低くならざるを得ない。私が稼いでいた頃に比べると当初、「近頃の奴らは加減ってものを知らない」って感じるほどの安値だと思った。だが、実際に商売してみると、それはリスクに見合う値段なのだ。

 リスク軽減のためにも、BOTが大量取得してきて売っている露天よりも、低い価格で並べないと動きづらいからである。
 だが、そのアイテムは生身の人間が手に入れてきたアイテムである。

 ここに転売の悲しさがある。

 BOTが高くアイテムを大量に売る中で、転売屋は人間から買い叩いて、BOTより安く売らなければならない。

 

 経済構造がBOTに依拠しているゆがみが、最近大きくなってきているように感じられる・・・ちょっとピンチであるぞ。
 

 天の神様

 ペルソナ3すごいです・・・レベル16なのに、ニギミタマがスキル変化でマハラギオン憶えました・・・バンザイ。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二十二日

P3のシステム面における総評

本日の日記はペルソナ3のシステム面に関する評価は書かれてあるが、ストーリーには一切触れてないので安心して読んで大丈夫である。ただし・・・

試験期間中で、試験終わったら買って夏休みはペルソナ漬けという予定の大学生が読んだ場合、翌日に朝一で買いに行って試験が違う意味で終わる可能性があるので注意が必要である。

 ペルソナ3のバランスが神懸っている素晴らしさである。

 私も既に、4回くらいゲームオーバーの憂き目に遭っている。
 そのうち2回はザコ相手のゲームオーバー。二回はボス相手のゲームオーバーである。

 なんていうか凄い。

 FF12も割りと全滅する事のあるゲームではあったが、あれは理不尽で腹立たしい負け方だった。

 ペルソナ3のゼームオーバーは「もっと脳みそ使って出直してきな」というようなゲームオーバーである。力押しで勝利すると言うのは非常に難しい。

 弱点、特性、作戦…それらをよーく考えた上で準備をして戦いに挑むのだ。
 ボス戦の場合は特にそれが激しい。

 どんなレベル上げても、無策にレベルまかせで突っ込んでは大敗を喫するのみである。

 ザコ戦においても、どんなにレベルを上げても、ひとたび奇襲されれば、ヘタをすると自分の攻撃ターンが回ってくる前に、瞬殺される可能性すらある。

 そんで、ボス戦はダンジョンが「何度でもボスで全滅して考えろ」と、言わんばかりの親切設計であるため、安心して挑戦と失敗を繰り返すことが出来る。

 逆に・・・ザコ戦は、けっこう長い間セーブ出来ない。

 そのため、ゲームオーバーで一時間近くの苦労が、完全に水泡に帰すという事もある。私も一度やった。

 心の弱い人だとここで「こんなクソゲーやってられっかボケ!」と、折れてしまうかもしれない。
 充分なレベルがあっても、無策に突っ込めば勝てぬのだ。

 シコシコレベル上げてるヒマあったら、じっくり対策考えて来い!と、言わんばかりのバランスが非常にツボである。無策に向かっていったときの苦戦っぷりと、作戦をくみ上げてバッチリの状態で向かっていったときのギャップが非常に心地よい。

 ただちょっと…ゆとり教育ゲーマーだと苦労するかもしれない…いまどき、若い子にウケるんだろうか…これ。そんな風に、心配になってしまうほど、良いゲームなのだ。

 ちなみに、キャラ絵は賛否両論のようだが、私は好きである。
 ちょっと廃頽的なポップ調で、世界観にもあっているし、可愛いし悪くない。

 むしろ、キャラ絵まで金子氏にされてしまうと、どいつもこいつも中国人顔になってしまうので、楽しい学園モノとしてのコンセプトがゆがんでしまうようにも思われる。

 ちなみに…基本的に、メガテンシリーズもペルソナシリーズも、悪魔(ペルソナ)を収集するという性質上、どうしてもザコ戦が多くなってしまい、ダンジョン内の一定フロアをウロウロするというルーチンワークに陥りがちだった。

 だが、本作はそれを根本から打破したといえるだろう。

 同じフロアウロウロしていると、時間切れになって超強い敵が出てくる。
 ザコ戦といえども、歩いて出会って殴るだけ・・・みたいな文鎮プレイしていると、確実に死ぬ。相手を見つけて、忍び寄って距離をとって・・・タイミングをとって・・・戦闘に持ち込まないと、奇襲食らって大変なことになるからな。

 ザコ戦から気をひきしめてやらないと、本気でヤバイゲームである。

 昔のゲームは確かに、全滅やゲームオーバーに過度に過敏になって恐れながら進むものだった。
 ドラクエで、主人公以外みんな棺になってしまって、主人公も残りHPあとちょっとで・・・必死で敵から逃げまくりながら街までたどり着いた経験とかあるだろう。

 ああいう、緊張と開放の繰り返しを心得ている非常に良いゲームである。  

 天の神様

 ペルソナ3すごいです・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二十一日

横領

 明日は予定があるので礼拝はお休み。べ、べつに朝からペルソナ3やってるわけじゃないんだからね!

 うーん、ガンホーのあのゼニー創出販売事件。

 罰する法律が無いとは言うが、横領罪を援用するのは頑張れば出来ないことも無いような気がするのだ。

 横領罪と言うよりは、刑法253条の業務上横領であるな。
 「業務上自己の占有する他人のものを横領したものは、十年以下の懲役に処する。」

 である。

 業務上(GMという職業上において)自己の占有する他人のもの(己の管理下に置かれたガンホーのデータ)を、横領したわけであるからな。

 業務上横領は物理的な占有を必要としないとされている。
 つまり、手元には無いが自己の自由に出来る占有状態にある預金といったものも、業務上横領の対象となる。

 
 まあ、裁く法律が無いというほど、無様で悲惨なことは無い。
 事後法の遡及適用は出来ないので、彼の罪は現状ではほんと、たいしたことは無い。

 ここはもう、民事で頑張ってもらうしかないだろう。

 もちろん、ガンホーは民事訴訟を起すと信じている。っていうか、これで起さなかったら普通に、会社としてダメであるぞ。懲戒免職にして役員の給与カットして終わりじゃ、話にならない。

 ゲームの円滑な運営を妨げ、信用を失墜させ、甚大な影響をサーバに残したわけであるからな…。
 これはもう、民事訴訟だ。勝てるのは間違いない。

 ここで、毅然とした態度で民事訴訟を起し、金をぶんどってだな、その金でサーバ増強とか、そういうプレイヤへの還元をしたらちょっと、評判も上向きになるかもしれんぞ。

 トラブルが起きたときと言うのは基本的にはピンチである。しかし、トラブルというのは人の視線が集まるときでもある。そのとき、オロオロしたり、みっともなく振舞ったりせずに、毅然とした態度でしっかりと対応すれば、評価も上がる。チャンスでもあるわけである。

 民事訴訟民事訴訟!

 

 ところで、最近ふと思う事がある。
 テコンランク、アルケミランク、BSランクである。あれ、果てしなさ過ぎて、新規参入者がどうしようもなくなってしまうぞ。夢も希望も無い。

 どうせなら、月間ランキングとかにしたら良いのに・・・と思う。
 毎月リセットで、月間ランキングにしたら、競争もより激化するし、みんな頑張れると思う。

 ただ、一月だけ頑張って売り逃げという問題は出てくるだろう。
 だから、過去六ヶ月くらいまで遡って、ランキングを確認できるようにして、毎月ちゃんと維持しているランカーさんから買うというようにできるようにすれば良いだろう。

 ただ、毎月だけだと寂しいので、月間ランク、四半期ランク、年間ランクと三つくらい設けて、それぞれで補正がかかるようにしたらどうだろう。

 補正のかかり具合としては、月間5割 四半期3割 年間2割くらいの比率でかわる。

 月間ランキングにすることで、競争は激化する。新参BSでも資金にものを言わせて上位に食い込むことは出来る。
 ベテランランカーでも気を抜くことは出来ない。

 お客様の要望にこたえるため、毎月毎月馬車馬のように働き続けねばならないわけだ。

 ネトゲはただでさえ、ログインしてないと置いていかれるという強迫観念の強いゲームである。
 それをランキングで加速してやれば、さらに患者がいっぱいだ。美味い!

 そして、どのランクにもあんまり関係の無い私が、果てしなき馬車馬レースをニヤニヤと見て楽しむことが出来るのも良い。

  

 天の神様

 ペルソナ3むずいですが楽しいです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二十一日

マラマラマラマラマラマラマラ!マラーレヴィーア!違・・・

 ペルソナ3を買おうかどうか迷っている・・・。

 

 本当にもうプレイしている時間がないのだが・・・楽しそうだし・・・。

 買うか、買わずにスルーしないかで迷っている。

 あれ?えーっと・・・。

 うん、買おうか、買わずにスルーしないかで迷っている。

 

 友人に、戦闘のBGMを聞かせてもらったのだが、これがもう…聞いているだけで脳内黒人が踊りだしそうな曲である。聞いていてもう、マイクを片手に、だぼだぼのパンツとTシャツの黒人三人くらいが、体を動かしてリズムを取りながら歌いだした。

 脳内黒人が動き出すとは・・・。見事なラップであった。

 

 普段、ヒップホップとかラップはあまり好かない私だが、気に入ったのがあると、この脳内黒人があらわれて歌いだす。そういう曲はいけるのだ。

 

 だから、買おうか、買わずにスルーをしないかで迷ってしまったのである。

 迷ってないかもしれないが・・・。

 

 

 ところで、ペルソナって早い話がソウルリンカーであるな。うん。今の私にピッタリだ。
 悪魔を自分に降ろして、一緒に戦うわけであるからな。

 基本は同じだ。

 とりあえず、マーラが居るのかどうか、いまからドキドキである。マーラさま・・・。 

 天の神様

 華麗にソニーチェックを潜り抜けるマーラ様にご祝福を。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二十日

悲しいお知らせ

 世の中色んなニュースで騒がしいようだが…。

 まあ、獅子身中の蟲というやつだな。
 ガンホ社内から、管理権限使ってのゼニーDUPE&RMTで逮捕者とは・・・。

 ま、どこだってある。
 UOだってそういう事件はあったわけで、仕方がないといえば仕方が無い。ヒューマンエラーこそ、最後の最後の潰しきれない不安要素なのだ。

 逮捕されたのだから良しとしよう。

 モラルに欠けた人間をGMにしてしまったツケであろう。
 しかしまあ、いうなれば金庫番であるからな。毎日こんな売れば金になるものを目の前にちらつかされる仕事であるわけだ。経理課職員が横領とか、そういう類と同じであろう。

 あまり、ネトゲならではの構造とは思えない。

 ちょっとツールが違うだけであろう。

 ところでこいつ、26歳と言う若さにして、借金の返済に充てたというあたりでもうかなりヤバいと思う。どんだけ借金しておるのだ。というか、横領しておるヤツの黄金パターンみたいな言い訳しおって・・・。

 

 ガンホさんもこれで頭を冷やしてくれると良いのだが・・・そうも行かぬだろうな。

 

 で、そんなガンホーさんの都合など関係なく、ソウルリンカーはスクスク育っている。
 今はカアヒを3までとって、カイナをとっているところである。

 リンカーで悩むことがある。
 ステータスタイプである。INT極は決定しているから良いのだが・・・サブステをDEXにするかVITにするかなのだ。

 どうせ…エスマの詠唱はパピヨンカードつけて2.6秒である。これ、DEXで短縮するほどのものだろうか?逆に、カアヒは敵の打撃攻撃に反応して回復するスキルだが3で600回復する。

 だが、瞬間ダメージ量が最大HPを越えれば、当然破綻する。そうすると、カアヒを生かすには高いHPというのは必要になってくる。

 カアヒを頼りにして、ガスガス攻撃くらいつつ詠唱するのが、ソウルリンカーの醍醐味ではないだろうか。
 確かにDEX上げれば、エストンのピヨり中に詠唱完了も可能だが…中型にしか意味が無い。

 確かに、最終狩場を窓手あたりに設定するならDEXは必要かもしれんがウーン・・・となってしまう。

 ちなみに、カイナを7までとったら、あとはもう魂にふるつもりである。
 GvGに出るためにも、エス系とカー系だけじゃ、何もできん・・・。
 

 天の神様

 Sガード二個を精錬しようとエル8個もってクホルグレンのとこいって、勢いあまって一個を+8まで精錬してぶっ壊しました・・・。どうして、なまじ+7まで成功させますかね・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月十九日

大統領!大棟梁!大頭領!

 マスコミがやたらと秋田県警を叩いている。

 みっともない…。
 みっともないにもホドが有る。畠山容疑者の件で、捜査ミスだのなんだのとグダグダ言って、記者会見の質問で「謝罪は無いのか?」とか、貴様らは何を考えているんだ?という質問を浴びせている。

 まるで・・・

 そう、まるで恥をかかされた復讐である。

 

 畠山容疑者がつかまる前までは、娘を失った悲劇の主人公たる彼女のところに押しかけ、色々とインタビューして同情して。こういう事件は許せないですね。弱い子供を狙った犯罪がうんたらかんたら〜とかコメントして・・・。

 挙句の果ての、プロファイリングとかしてみて、犯人はこんな人!みたいな報道をしたり。

 

 まことにご愁傷様である。

 で、そんな自分たちのことは棚にあげてというか、必死で無かった事にしつつ、警察の不祥事と言う方向にでっち上げてもみ消そうとしている。

 恥さらしめ。

 警察のミスだと非難するなら、自分達の報道を無責任な好奇心に基づいた邪推に満ち溢れた報道だと謝罪してからであろう?

 警察だって、一番信用に足るべき被害者の母親の証言が全くのウソだとは思うまい・・・。
 しかも、彼女は演技性人格障害であるから、ウソをついたときに全くその気配が出ない。完全に、自分の言っていることは真実だと思い込んでウソをついているわけであるからな。

 見抜けってのがムリな話である。

 聞き込み捜査をしてなかっただなんだってのも、完全に言いがかりっぽい。

 

 さて、BOTNEWSで読んだのだが、LOKIのかめごう氏が引退したようである。
 むかーしむかし、私がまいにちあゆみと組んで、毎週転売で10数M稼いでGvGに入れ込んでいた頃、話したことがある。当時私もあゆみも、まいにちあゆみbeyond90というギルドは最高効率を目指すギルドであったので2PCプレイとかも研究していた。

 当然ながら、あゆみと私も当時は、二人で4キャラ動かして、時計地下のハイオク狩りとかしたものである。

 で、その時…当事から複数キャラ同時使用の大御所であったかめごう氏と何度か会って話をして、2垢プレイのコツみたいなものを聞いたりしたものである。(ぜんぜん上手くならなかったけど。しかも身につかないどころか、諦めたけど・・・)

 割と、気さくな感じの人で、そんな俺TUEEEみたいなタイプじゃなくて、腰の低い丁寧な話し方の人であったと記憶している。

 

 そんな人が引退である。びっくりというかなんというか…。
 彼のRO歴は驚くべき事に、私より短い。

 で、総資産12Gだって?

 きっとその12G分。私は何か、お金で買えない価値を買ったんだろうと納得することにした。
 私は今日はダラダラと、ほとんどプレイしていない期間に溜まっていたクエストを消化してみた。

 手始めに、モロクの魔王クエスト。
 レベルも上がったし宝石箱からクリップが出たので味を占めた。Ownでクエを調べる・・・。

 すると、リヒの研究所クエで紫箱がもらえるらしいので、プレイ。
 クリアして開封。sヘルムをゲット。さらに味を占める。

 かくなる上は大統領クエ!と、思って工場クエと、シドクスクエをクリアして、いざ大統領クエへ!大統領との面会時間がリアル時間ベース!?

 というわけで、プレイ終了したのである。なんてこった。

 天の神様

 大統領に会いたいです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月十八日

パパの精液がシーツのしみになり、中に残ったカスがお前になった

 よくわからんが、ギルドになじんでしまった。

 砦持ちで、ものすごいギルドレベルのガチガチのGGギルドなのだが、妙にアットホームなところで、人も面白いし…なじんでしまった。

 住めば都と言うわけだ。

 

 さて・・・先日、友人と一緒に吉祥寺を歩いていた。
 で、吉祥寺でアンケートと称するキャッチが声を掛けてきてだな・・・無視すりゃいいのに、私の友人はえ?なんですか?ん〜、でも面倒だしいいや〜とか言って相手をしてしまった。根がお人よしなのだ。

 私は考え事をしていたので、無視してた。

 で、こいつはイケる!と思ったのか、そのキャッチは私の友人に「そっちのお友達はどう?」と、言って来た。会話できるヤツを使って懐柔するつもりか・・・。

 だが、私は面倒だったのと、頭痛がしていたのもあって、無視した。
 軽く伏目がちに頭を小さく横に振って無視した。

 すると、友人はキャッチの方に向き直ってこう言った。

 

 「興味が無いと、おっしゃっております」

 

 何その変な意訳!っていうか、私何様!?

 そしたら「し、失礼しました」とかいって、去っていくのだ。

 絶対変な人だと思われた。
 付き人つきの変なヤツだと思われたんだ・・・。ショックである。

 この屈辱は、コンビニで「袋一緒にしてもよろしいでしょうか?」と、問われて「よろしい」と、言って以来である。
 自分が過度に偉そうだとちょっと恥ずかしい。

 

 で、話はかわるが、この間テレビでシスターカフェ?というのがやってた。修道女のコスプレで給仕してくれる。

 なんかイヤだけど・・・。服も安っぽかった。

 次に流行る萌えはなんだろうか・・・次に出てくるカフェはなんだろうか・・・。

 

 そこで、考えた。

 「海兵隊地獄の訓練キャンプカフェ」

 怖〜い女士官が海兵隊スタイルで口汚く罵りながら注文をとってくれる。

 ボソボソと注文すると「聞こえんぞ!大きな声で言え!」と怒鳴られる。そしたら客は・・・大声で答えなければならない。
 「サー!イエッサ!(厳密には女性の上官にはイエスマムだが)」と大声で叫んで、改めて注文。

 メニューは基本的にはMREを中心に出す。米軍MREとかは水素ガスに注意だが・・・。

 もう、店内はとてもうるさいだろうな。
 怒号が飛び交う。

 で、追加料金を払うと、腕立て伏せサービス。
 「このクソ野郎が!その場で腕立て100!」とか、言って。踏みつけられたり蹴られたりしながら腕立て100をやらされる。

 あと、追加料金1000円くらいで、罵倒サービス。
 鼻先が数センチというところまで顔を近づけた状態で、貴様は蛆虫だとか死ねだとか、クソ野郎だとか、このオカマ野郎だとか、お前の母ちゃんビッチ!とか、ひたすら罵倒される。一言一言言われるたびに「サーイエッサー!」と、答えなければならないサービスである。

 店内のBGMは常に「エスキモーの●ンコは冷凍●ンコ♪」である。

 どうだろうか・・・。

 天の神様

 海兵隊カフェ・・・流行ると思うんですが。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月十七日

魂を繋ぐ者

 BOTが多い。

 BOTが多いらしい・・・ではなく、BOTが多い。

 体験談である。
 このBOTの多さは新鮮である。

 しかも、プロンテラの街中には、パイクがハイクになってたり、セイントローブがヒイントになってたりする露店が溢れかえっている。つまりBOT露店である。しかも、シナチクBOTTERの露店と言うわけだ。

 支那畜BOTが大量におるというわけだ。

 まあ・・・それはそれ、仕方が無いと。腹は立つが、気にしてプレイしないんじゃ損であるからな。
 今日は臨時公平に行って来た。非常に楽しい。

 カアヒ(攻撃を喰らうごとにSPを消費して自動回復するスキル)を生かして、一時的なタゲ取りもできるし、なんと言っても、詠唱2秒のレベル10七色ボルト…エスマの強さが飛びぬけている。

 SP消費こそ馬鹿げているが、ダメージソースとしてはかなりのものである。

 殴りプリの装備など、使っていなかったものはホトンド売った。
 レベル90を目標にしていた殴りプリ。達成したのだからクリアだ。目標のステでの狩りも楽しんだ。

 で、面白く無いだなんだと…高級装備にしがみついて、プレイもせぬくせ倉庫にしまいこむ。

 久々に聞いたある歌で、目を覚ました。

 

ムチャしてないのにカラダ重い
倦怠感が続くのは何故?ホワイ?
なにかどっかに大事にしまっていないかい?
そのベッド…クローゼット、思い出の日々

だったらあげちゃえよ 豪勢にゆけ
そんなに惜しくはない ひとりで通帳みてニヤけんな
バラまけ あぶく銭 セコいのってもてない?
次のステップ目指すなら おもいきり身軽になっちゃっていいよプリーズ

 

 B’zの「だったらあげちゃえよ」である。

 コレを聞いて、ガツンと頭に来た。目が覚めた。
 倦怠感が続くのはナゼ?ホワイ?・・・それは、動かしもしない殴りプリを腐らせているからだ。

 何かどっかに大事にしまっていた・・・使いもしない装備を、後生大事にとっていた。
 AMCでの思い出にしがみついて、GGギルドになってマスターもメンバーも違ってしまったことを嘆くばかりだった。

 過去に、稼いで作った装備を見てニヤけていた・・・。

 そして私は、ソウルリンカーという次のステップに進むために、身軽になることを決意した。
 装備を片っ端から売り払い・・・プパシルクをつくり、骸骨杖を買い、ヒルクリを買い、財布の中身と露店を見比べて、フェンを諦めてパピヨンクリを買い、転職までに出る予定だったのに結局カードをドロップしてくれなかったので、エギラ靴を買い・・・トンガリ帽子を買い・・・+7なんて数字からはお別れして、全装備+4である。

 新鮮な日々。新鮮な職。新鮮な戦法。

 新鮮な臨時公平・・・。

 なんというか、感動である。
 久しく忘れていた面白さを味わった。

 テコンドーがファンタジーにいるのはちょっと違和感を感じるのは相変わらずだが、ソウルリンカーに限って言えば、なんとなく面白い。物凄い勢いで、器用貧乏臭が漂ってきてカッコイイ。私の好きなタイプである。

 頑張ろうと思う。

 

 こうして遊んでいれば・・・きっと。また歌からの引用になるが・・・

いつまでも 消えないものが
いつの日か かならずや手に入るだろう

 

 変わってしまっていたのは、どうやら世界ではなく私のほうだったようである。

 天の神様

 朽ちない冠を目指します!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月十六日

学園モノソウルリンカー

 ソウルリンカーになった。
 
運良く、旧知の仲間に出会って、一番辛い37〜40までを手伝ってもらったためである。

 で、タイリギの画期的な使い方を思いついた。

 タイリギは、進行方向にむかって爆走し、何かにぶつかると、ドン!っと跳ね返って止まるスキルである。

 で・・・タイリギで誰かに当たるように狙いを定めて、ダッシュ開始!

 「うわわわ!遅刻遅刻〜!転校初日から遅刻はマズいよぉお〜!」と、発言しよう。
 で、ドン!っとぶつかったら、すぐにINSERTを押して座る。そして

 「あいたたたた・・・」

 これでOK。

 タイリギは今日から学園モノ必須のスキルとなったわけである。

 ソウルリンカーは座り方がけっこうコケてるっぽいので、上手く決まる。
 何人かにこの技を見せたところ、なかなかの好評である。

 確か、下段装備でパンがあったので…。完ぺき主義の人は完璧にも出来る。

 遅刻遅刻〜!

 さぁ、みんなも一緒に!

 

 で・・・ソウルリンカーは色々頑張らないと狩りできないので大変である。
 昔の装備は全部うっぱらって、くだらない拘泥りは凡て捨てた。

 ちなみに、欲を言うと・・・属性に応じてエスマの色を変えてほしい・・・。
 八つ裂き光輪っぽいだけで・・・ちょっと地味すぎる。

 ちなみに、フェンクリが目玉飛び出そうなほど高くなってて、びっくりした・・・なんじゃこら。
 8Mなんて出せぬ!パピヨンのが5%ほど詠唱時間が長いわけだが・・・パピヨンでも大丈夫なのかなぁと思う今日この頃である。

 

 ちなみに、本日はGvGであったが、ノピティギで遊んできた。
 面白い・・・ノピティギの前では、砦の複雑な構造など戯れに過ぎず・・・攻撃用についているはずの崖打ち地点も足場に過ぎぬ。どんだけ鬼なんだ・・・このスキルは。

 ただ、着地点が侵入不能だと跳ね返されるので、目算を誤るとSPがもったいない。

 しかしそれを差し引いても、タイリギとノピティギで日常移動のストレスが非常に少ない職であるといえる。
 常時加速があたりまえだったプリ時代がカラダに染み付いて、通常移動が苦でならなかったが、タイリギのお陰で快適である。

 とりあえず、ソウルリンカーの強さとかバランスとか云々は抜きにして、ノピティギとタイリギは面白かった。他は知らん!

 天の神様

 エスマ10目指して頑張りますっ・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月十五日

エギラの夢

 明日はちょっと用事がある・・・が、礼拝を行う!10時からアルベルタだ。

 さて、実はここに告白するとテコンキッドを作って育てている。
 INT極のソウルリンカー予定のテコンである。いまジョブ31くらいで、とってるスキルは、タイリギ10の、休息2種類5、ファイト5、暖かい風5という状況である。

 正直辛い。転職まで、恐らくずーーーーーーーーーーーっとエギラを食い続ける事になるだろう。温かい風で念付与してエギラエギラエギラエギラ・・・・。

 ROM776のモンスターリストと久々に睨めっこしてみたのだが、やっぱりエギラであった。
 私はこれから、約5000匹のエギラを血祭りに挙げねばならぬらしい。

 良質の動物性たんぱく質を大量に摂取できそうだ・・・。

 ちなみに関係ないが、納豆と卵を混ぜて、ごはんにかけて食べると美味いわけだが、栄養的には微妙である。畑のお肉であり、最強の植物性たんぱく質とアミノ酸のとれる納豆、それから良質の動物性たんぱく質のとれる卵。この二つが合わさると・・・。

 納豆に含まれるナントカという栄養素と、卵白が非常に相性が悪く、吸収されにくくなるのである。卵白は加熱すれば問題ない。

 だから、納豆と、卵黄を混ぜたもの。それから、白身だけの卵焼き。これを(穀類はダメ)一日五回くらい食いながらひたすらトレーニングとかすると強く慣れるかもしれないぞ。やりたくないけど。

 

 まあ、そんなわけで、私は今まさに、自分の大嫌いなエギラ篭りをしておるわけである。
 クリック…赤ポ連射…クリック…赤ポ連射。

 ソウルリンカー志望なので、使うスキルはタイリギと温かい風のみ。タイリギはマップ間のダルい移動を解消してくれてありがたい。温かい風はこれのお陰で戦えていると言っても過言ではないありがたさである。

 赤ポ使っても、長く篭れないので、もうほとんど無い資産を売り払ったりしつつ、桃樹ガードとロリルリロングコートを手に入れてみたのだが・・・物凄く微妙である。どうでもいいときに連続発動して、出て欲しいときに出ない。

 この分だと、ヒルクリが欲しくなってきそうである。

 蹴って、蹴って、また蹴って・・・。
 前に、こんな育成をやったのは、たしか…そう、ウルドだ。
 ウルドは対人インティミが解禁されないので、完全に萎えてしまったが・・・。あの時はメタリンだった。しかし、ただでさえ二倍のウルドで1.5倍期間だったので、超高速だった。

 今回はそうは行かんだろうな・・・。

 適当に友人をとっつかまえてきて、ゴニョゴニョゴニョという、奥義はあるにはあるが、使えるかどうかは時の運である。
 

 といっても、武器が装備できないので、パワーレベリングしづらい職でも有る。
 現在の目標は、リンカーまで心が折れないこと。である。

 頑張ろう私。頑張れ私。

 ちなみに、将来の夢はソウルリンカーとして臨時公平に行くことである。

 さぁ・・・エギラエギラ・・・。

 

 天の神様

 卵を見るたび思い出せ!ってくらい、エギラ狩りまくってます。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月十四日

ディスティニーのアロンダイト

 SEED2において、本日、このゲームで私の愛機となるべき機体と運命的な邂逅を果たした。

 元々、家庭用ではアビスに乗っていた。
 家庭用のアビスは、格闘が射撃キャンセルできない、変形時の旋回性能が絶望的、ドリルでクルルン、前格バンザイといった感じの機体だった。

 だが、SEED2では、コスト450帯での間違いなく最強の一角を形成するMSになってしまって、萎えた。こんなもの乗れるか。

 お前などアビスではない。

 そして、私の果てしない心のアビス探しが始まったのである。
 今日、出会ったのだ。アビスを継ぐものに。

 それが、アッシュ

 こんなにも愛らしい外見・・・。これがアビスを継ぐものだった。
 特徴としては・・・ 

 全機体中、最速・最長のステップ性能(可変機に前ステップで追いつくほど…)。一秒も持たないブーストダッシュ。でも変形時は異常にブーストが持つ。変形時の旋回性能は旧アビス並。また、距離は短いとはいえ強引に方向修正して当てに行けるドリルがクルルン。魚雷代わりにプレッシャをかけるミサイル。

 とまぁ・・・出合った。私はアッシュに出会ってしまったのだ。なんといっても、愛らしい外見が最強なのだがな。

 とりあえず、BDは封印。無いものと思ってよい。なので、立ち回りは異常に性能の良いステップと、変形移動に限られる。これが、旧アビスっぽくてたまらない。

 私はもう、ずっとアッシュでやっていこうと思う。対戦でも勝てたし。

 590とも組めるし、450とも抜群の相性だし、ほんとに使いやすい機体である。というわけで、アッシュは私のものだからみんな乗っちゃダメだからな!

 

 最近思ったのだが、増税反対する連中が世の中多いわけだが、彼らは支出を切り詰めてなんとかしろと言う。一般会計予算の歳出に切り詰めるだけの余裕があるのかどうか・・・かなり疑問である。

 だいたい、一般会計予算は80兆円である。そのうち30兆円をが国債でまかなっておる。

 つまり、30兆円分のスリム化をしようというはなしだ。

 一番食ってるのが、社会保障費20兆円。これを半分に削る。老人がバタバタ死ぬだろう。貧乏な老人は生存権すら奪われる世界になるが、黒字決済のため涙を呑んで彼らの命を頂くとしよう。

 これで10兆円確保できる。

 次に、公共事業が7兆円。全部切ろう。箱物行政とかそういうのは一切ダメ。

 道路補修費とかも皆無。第二東名も白紙撤回。
 これで17兆円確保できた。

 それから、忘れてはならないのが地方交付税14兆円。
 力の無い地方自治体はバタバタ倒れていくかもしれないが、知ったことではない。これを機に独立採算にでもなってもらおうという考えで、半分に削る。7兆円ゲット。

 これで24兆円の削減である。

 それから防衛費が5兆円ある。
 わが国は憲法9条と言う世界に誇る憲法を持っておるので、それに反する自衛隊などみんな路頭に迷って結構。防衛費を半額にしてしまおう。自衛官すら養えなくなるが半額だ。

 これでまあ、2.5兆円。

 26.5兆円の削減である。あと3.5兆円。

 そうなると次は、教育などの予算、5兆円だろう。
 どうしたものか・・・。まあ、最近の若者は勉強する気もないし、引きこもったりニートになったり腹が立つので、金を掛けてやる必要もあるまい。勉強したいヤツだけすればよいのだということで、3.5兆円カット。

 これでやっと30兆円のスリム化に成功である。

 

 ムリだから・・・。そんな事したら国が滅びる。

 

 ちなみに、防衛費(自衛隊の給料込み)が5兆円であるというのに、公務員のリストラでどんだけの予算が削れるかというのは割りとナンセンスであろう。

 確かに細かな削減は必要ではあろうが・・・根本的に足りてないんだから、リストラ以前の問題である。

 仮に15兆円分の赤字を、リストラで補おうとするとだな・・・年収一千万円クラスの公務員を150万人クビにすることとなる。
 なんて非現実的な数字だろう。

 錬金術じゃあるまいし、無から有は産めない。正直、チートでもしないとやってられんだろう。そうするとやっぱり増税しか無いのかなぁ、と納得してしまう私であった。

 増税はイヤであるが、イヤだイヤだばかりではどうにもならん。 

 天の神様

 アッシュ大好きです。アッシュ!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月十三日

ウーサー、アーサー

 有名なので・・・もうみんな知ってるかと思うのだが・・・。

 カプコン公式の極魔界村のフラッシュである。

 

 凄まじいクオリティである。カプコン頑張りすぎ。
 この、本当によくあるタイプの堕落っぷりと、目が覚めて真面目になる流れを魔界村での戦いと言うのをテーマにしてやると、こんなにもバカになるのかと思った。

 

 つまりこのフラッシュから読み取れるカプコンの意思は・・・。
 この十五年間、万人向けで誰でもクリアできるようなゲームを作ってきた。

 簡単で楽しいゲームを作ってきたわけだが・・・。

 15年間の生活を振り返って目が覚めて・・・。
 また、百人買ったらクリアできるのが三十人もいないようなゲームを作ることを、決意したんです!

 ってことのように思えてきた。

 誰でもクリアできるヌルゲーの時代は終わりこれからまた、パターン作りと度重なるチャレンジを必要とするアクションゲームの時代がやってくるのかもしれない。

 

 ところで・・・。

 今日はリベリオンの日だったわけだ。さやさやが騒ぎまくってたリベリオンの日。

 どういう映画なのか、簡単に説明するとだな・・・。

 「おんみょうだんをくらえ」「うおっまぶしっ」

 というような感じだ。

 えーっと、ガン=カタというのは、銃を使った格闘技で、その発祥は古く、ガンダムシードデスティニーにまで遡る。アウル・ニーダがガンダム強奪のときに意味不明な撃ち方をしていただろう。あれがガン=カタだ。

 刀も使うので、ステラのやってた銃&ナイフも有りかもしれない。

 で、最近ではMUSASHI GUNとかいう、大変なクオリティで有名なアニメで、GUN道という技が出てくるのだが、ガン=カタはこのGUN道のパクりである。

 

 

 ・・・ごめん、真っ赤なウソだ。あまり好き勝手言うと、さやさやに怒られかねないので本当のことを言う。
 アウルもGUN道もガン=カタをパクったようなもんであろう。恐らく。

 で、銃を使った格闘技であるわけだが・・・どうだろう。
 私はガン=カタは格好良いとは思うのだが、格闘技としてみた場合、非常に不完全な要素が多いように思えてならない。

 銃の最大の欠点。それは何かというと、攻撃範囲の狭さである。
 結局、手に銃を持って戦闘したとしても、大して意味が無い。これがナイフなら、突く、斬る、薙ぐと、攻撃方向も豊富だが、銃となると攻撃は直線になってしまう。

 だから、結局ガン=カタの最大の見せ場とも言える接近戦は、あれは槍持って戦ってんのと大差ないわけだ。リーチの問題で言うならば・・・な。

 しかも、銃はナイフと違って、狙う、引き金を引くという動作が必要になってくるし、弾も補充しないとならない。

 無駄な動作が増えがちである。
 近接戦闘で使うなら、銃で殴りあいしつつ撃つよりも、スペツナヅナイフのが圧倒的に良いと思う。

 ちなみに、リベリオンはアクションばかりに目が行って忘れがちだが、最後の最後のネタばらしのあたりのストーリーはけっこうヒドイので、プレストンに惚れ惚れする以外で見ても…ちょっとなぁとなってしまう。

 ギルティギアやるのと同じ気持ちで見れば良いとおもう。

 つまり「誰もストーリーなんて期待しちゃいない」

 天の神様

 ガン=カタがありなら、RPG=カタとかパンツァファウスト=カタとか、そっちのが強そうなのですが・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月十二日

発作ラグナ

 私には一定周期で発生する病気がいくつかある。

 ダンジョンキーパーやりたい病:
 年に一度くらい。たまらないやりたさ。3が全然でないのもあいまって爆発寸前まで行くが、出来ないので仕方ない。

 

 シムシティやりたい病:
 シムシティをやりたくなる。半年に一度くらいの周期。その後、病的にしばらくやりつづけるが、シムシティ4の連続でプレイしていると突然何の前触れもなく落ちるというバグのせいで、数時間分が水泡と帰して心が折れてまたやらなくなる。
 その心の傷が癒えるとやりたくなる。

 

 マゾゲーやりたい病:
 マゾいゲームをやりたくなる。基本的にはウィザードリィなど。年に一度くらい。
 重症時、オートマッピングの無い時代のウィザードリィを方眼紙マッピングしながらプレイしたくなる事がある。

 

 ロマサガ3やりこみ病:
 ロマサガ3のやりこみプレイをやりたくなる病。年に三度くらい。
 全回、仲間はタチアナのみで、コマンダーモードタチアナ一人旅プレイに挑戦して心が折れてから発祥していない。
 コマンダーモードじゃ、極意化したい技を使ってくれないので巨人修行がかなりキツい罠。

 

 バロック病:
 バロックをやりたくなる。ゆがんだ妄想の世界へとダイブ。年に一度くらい。ただ、バロックは凄く酔うゲームなので注意が必要。

 

 ゲーム系の発作としては、この5つの病が基本ローテーションを組んでおる。
 発作の出たときの苦しさとしては・・・

 ダンジョンキーパー>バロック>マゾゲー>ロマサガ>シムシティ。

 である。

 お手軽にすぐ出来るかどうか、という問題が密接に絡んでおる。

 ちなみに、ROでレベル上げしたくなる病もあるが、これは30分くらい狩りをするとおさまる。
 なんか、タナトスタワーとか出てきて物凄くテンションダウンであるぞ。廃人以外はプレイすんな!って空気じゃないか・・・。

 正直、その場に居る魔物に歯が立たない状態で、観光に行ってモンハウとかに踏み込んで逃げ回りながら大量のモンスターをあたりに撒き散らして、本気狩りに来ているPTを巻き添えにしつつ派手に死ぬ。

 というのが割りと好きなのだが・・・。MPKじゃないよ。
 あくまで、逃げ回っているだけ。うん。未必の故意くらいはあるけどな。

 彼らが本気で狩りをしているように、私も本気で遊び惚けているわけである。どちらの情熱も同じであろう。狩りの方だけ尊重されるのは非常によろしくない。私に暴れさせろ!

 そういう遊びで踏み込むのが不許可ってのが、許しがたい。 

 亀島が実装されたてのころ・・・ギルドの仲間達と狩り(狩られ?)に行って、最下層。勝てるわけも無いのに将軍様を見つけるとみんなで突撃しておった頃が懐かしい・・・。まあ、ほとんど偶然でMVPがメンバーから出た事もあったが・・・。

 基本的には負け負け負けである。

 全日本ラグナロクオンラインを不真面目にプレイする会とか発足したいくらい私は不真面目である。
 狩りが大嫌い。
 嫌いな言葉は「〜に篭る」「狩り」

 好きな言葉は「青箱」「紫箱」「散在」「ギャンブル」「リザキル」「決壊」「全滅」

 快楽主義的プレイをしておるのでな・・・。
 努力とか大嫌いなのだ。ただ、修業的な努力は好きである。細かい操作と技術を身につけて、状況判断を身につけて、ちょっとずつ上手くなって行くという努力は好きだ。

 嫌いなのは、ラインに流れてくるアンマンの上に筆で赤いポッチを書く仕事をずっと続けるような努力。

 あるいは、弁当工場で弁当の右上にから揚げを三個乗せ続けるような努力。

 友人のみっちーから聞いた仕事だが、ラインを流れてくるペットボトルを見張って倒れているのがあったら直す仕事。

 ダンジョンの中を流れてくる敵を見つけてクリックする仕事。

 

 そこらへんが苦手である。
 ほら、そういう仕事って、チ●ンとか、ニ●ーとか、出稼ぎのイ●ン人とか、そういう連中がやっておるべきだろう?

 私がやるべき仕事じゃないんだ。
 その昔、私はたゆまぬ修行の成果として、キャンセルバッシュ、キャンセルDSを身につけておったが、今じゃできないので無用の技術になってしまった・・・。ROの技術放逐主義はどこまで行くのだろうか。

 天の神様

 腱鞘炎になるほど通常狩りでキャンセルバッシュした日々を返してください・・・・。腱鞘炎は返さなくていいですけど。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月十一日

えれくとりかもび

 カイ・キスクのスタンエッジチャージアタック。あれのときの掛け声が「聖騎士団奥義!」なのだが、今日まで「エレクトリカルモービット!」って言ってると思ってたレイホウである。(挨拶

 ほんとにそう聞こえるから聞いてみなさい。騙されたと思って。

 

 さらに、もう一つすごい誤解があった。

 ストリートファイターVの柔道っ子のマコト。あれが女だって知らなかった。マコト君だと思ってた・・・。昨日友人からそれを聞くまで、私は知らなかったのだ。

 なんてこった・・・。

 

 今まで、小学生くらいの少年だと思っていたのだ・・・。それが女だったなんて・・・だからちっこかったのだ・・・。

 

 意外と世の中、まだまだ知らないことが多かったことにびっくりした。

 さて、なんかROに新スキルができたようなのだが・・・見てみたらちょっと微妙っぽかった。
 というか、わたしゃプリなので、メガザルみたいなやつしか無いわけだ。これは参った・・・。すっかり、重力さんは殴りプリの事を忘れようとしてる気すらしてきた・・・。

 だいたい、βの頃はSTR-VITアコが主流でINTは趣味型なんていわれてたくらいで、その流れでメイス修練入れちゃったんだろうが、もう今じゃ入れたことを後悔してるんじゃないの?って思っておるような扱いである。

 だいたい、いまだから言うが、私が殴りアコになった理由は、当時最強職だったからである。

 全職中、最も早い時期からフェイヨンダンジョンに篭ってズンズン戦えるのが、殴りアコだったのである。何匹に囲まれてもダメージは1で・・・それでボコボコ倒す。

 ディバインプロテクションの恩恵である。当時私は、VITを被ダメ1にできるギリギリラインにおさえて、INTを50くらいまで上げて、4ケタヒール(これが出来るアコはすごかった)も可能な殴りアコだったのである。

 フェイヨンダンジョンでは敵なしだった。

 で・・・だから、私は割と主流のキャラを使う人なのだ。

 アコにたどり着く前に、殴りマジだとか、短剣アチャだとかやって、怪しい方向に疲れ果てたからである。

 で、そんな主流キャラが、いつのまにか日陰者になっておったというわけで、ちょっとショックである。ま、殴りプリはソロ職としてはかなり強いので、気にしてはおらぬがな・・・。

 だが、かつて最強職であった誇りは忘れない!

 http://www.japanjournals.com/dailynews/060707/news060707_1.html

 こんなニュースもあるくらいだからな・・・。
 そのうち、目に物見せてやるのだ。

 いつだって、βの気持ちで戦ってやる!

いつまでもβの気持ちで運営してやる!

 あれ?誰の声だろう・・・。 

 天の神様

 バフォメットを百人くらいで倒しにいく会をまたやりたいです・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月十日

ボールが急に来たから

 堕落した獣との戦いの武勇を称えアーティファクトを贈呈します。(挨拶

 

 ジダンに何があったんだろう・・・。

 枢軸国で最初に降参した国VS連合国で最初に蹂躙された国対決は、枢軸国側がまさかの勝利を収めたわけである。

 さすが、イタリア人は女にモテることとなると、神懸り的な力を発揮するようである。
 そのせいか、フランス側のジダンも謎の自爆攻撃を仕掛けてしまった。

 なんだよ頭突きって・・・。

 まあ、話によるとアフリカ移民であることをバカにされたようなのだが・・・。でも、頭突き・・・。

 
 ジダンは前回の大会についで、情けない形でWカップを締めくくってしまった。可哀想に。

 あの頭突き、何をしたかったんだろう。
 まあ、ただ試合なんてどうでもよくなるくらい怒髪(無いけど)天を衝くほどに怒っておったのだろう。

 ただ、PKまでもつれこんでの勝負であったということで、本当に実力が拮抗したおったのだろう。
 世界のプレイヤを見ておると、恐怖心が無いように思える。

 どう見ても、日本のプレイヤは自分にボールがあるのがイヤなようである。
 日本のパスはまるで、ボールキープしている責任から逃れるかのようなパスばかりである。

 逆に、世界の一流プレイヤを見ていると、ボールを持っておるとそれはもう「俺を見てくれ!」みたいな動きをする。嬉しくて仕方ないくて、カッコイイことを沢山したいような動きをしている。

 カッコイイ。

 だから、今後日本の監督にするのは、もっと明るい人が必要なのではないか。

 ネガティブなのだ。

 シュートを打って外すより、責任逃れにパスしたほうが良いと思うようなプレイは非常に悪い。
 もっと、俺を見ろ!ってプレイが必要なのだ。

 まずは意識改革から。
 プレイヤを全員、ナルシストにする必要があるだろう。俺を見てくれ!みたいな・・・。

 

 そういう意味では、中田が去ったのは惜しい。

 彼の、どんだけ回りが引きまくってても物怖じせずに回りに誇示する独自のファッション・・・と、精神性。あれは見習うべきものがあった。

 毎日毎日、私服を中田のセンスでコーディネートしてもらって生活することで、恥とか責任とか、そう言うのを忘れて、俺を見て!みたいな精神を身につけられたのではないだろうか・・・。

 天の神様

 ぼ、ボールが急にきたから。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月九日

テコンドーは嫌いじゃないですよ

 テコンのスキル仕様に納得がいかない。

 曲線が変なのだ。レベルを上げるほど、加速度的に効果対費用が改善されていく。

 誤解を招かぬように言っておくと、私はテコンドーは嫌いではない。下段攻撃の厳しい制限などは、空手から生まれた武術であるゆえ、一撃必殺の思想を受け継いでいるためであろう。そこらへんは好きである。

 ただ、K-1では二戦ニ敗だし、一撃必殺とはいえ勝てないんじゃ意味が無い。ローキック対策ができないし、ローキックとジャブでチマチマ攻めたのではテコンドーじゃなくなっちゃうし…というあたりのジレンマなのだろう。

 同じ足技主体の格闘技のサバットの使い手にアーネスト・ホーストがいることを考えると、もっと頑張れ!という気分である。

 まあ、嫌いじゃないので、今後どうなるか見ものである。
 ぜひ、韓国から本場のテコンドー選手をK-1に出して欲しいものである。総合だと瞬殺されそうなのでダメであるがな・・・。

 ローキック無いから、曙あたりと当てると良い勝負するんじゃないだろうか。

 だが、このROでのテコンスキルだけは別である。特におかしいのがノピティギ。
 レベル1で2マス飛ぶのに5秒キャスティング。5で10マス飛ぶのに1秒キャスティング。何考えてんだ。

 ジャンプくらい誰でも出来るわ!
 なんでテレポートや残影で行けないところに、ジャンプで行けるのだ。まるで韓●人の論理の飛躍みたいな超絶技巧のジャンプではないか。

 テコンに出来るならモンクにだって出来るであろう。
 モンク=中国系格闘技であるというのに、それより優れたキャラを作ったら、宗主国のプレイヤさまに怒られてしまうぞ。と、ちょっと心配してみたり・・・。

 テコンドーというのは特徴が無いのが特徴なのだ。
 普通の格闘技に100の技があるとしたら、それを50にして先鋭化したのがテコンドーである。つまり下段攻撃制限によって技の総数は減り気味である。飛び後ろ廻しにしろ、上段蹴りにしろ、踵落としにしろ、ブラジリアンハイキックにしろ、他の格闘技にもある技である。

 テコンドーにあって空手に無い技というのはほとんど無い。
 まぁ、空手から生まれた格闘技なので当然なのだがな。だが、空手にあってテコンドーに無いという技もそうそうあるわけではないが、使われない技は多い。三船立ちはテコンドーには無かった気がする。あれは足技には向かない構えだからな・・・。

 騎馬立ち、前屈・後屈立ち、猫足立ちなどはテコンドーにもある。 

 しかしまぁ、こいつら明らかにゲームデザインの違う戦い方なのだ。
 こんなスキル消費で、こんな戦い方をさせられるなら、最初からしているべきだった。

 クリックしてあとはほっとくだけの他職とは違って、スキルをメインとしてアクティブな戦い方であろう。うらやましいじゃねぇかコラと言いたくなる戦い方である。

 テコン系だけ別ゲーみたいな感じがしてちょっと違和感。

 テコンのスキルリストを見ていると、どうしてマグナムブレイクがあのディレイで30消費なのかワケ解らなくなってくる。
 やっぱり、AOKと同じで、朝鮮最強な感じにしたいんだろうか・・・。

 この分だと、ガンスリンガーが限りなく不安である。
 

 天の神様

 返して!私のお金返してぇ!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月八日

それは青く・・・そして古く

 明日は礼拝はちょっとお休みである。

 

 付き人の日記:完結編

 

 寝た…寝てしまった。しこたまビールを飲んだ後は寝てしまう。どういう人なんだいったい・・・。
 さんざん酒を飲んだ末に、レイホウさまは「なんだ畜生、空も海も青く染まりやがって!」と、悪態をついて寝入ってしまったのだ。まったくもって、ワケがわからない。

 「お休みになられましたか…」

 先輩のプリーストが俺のところにやってきた。
 これがお休みに見えるんだろうか。どう見てもくたばったとか、泥酔して寝たとか、そういう状況だ。少し胎が立ってきた。

 「これが、お休みですって?聖職者が、しこたま酒のんで、こんどは寝転がって・・・」

 言ってから後悔した。なんで、何の罪も無い先輩にこんなイヤミっぽい口調で言っているんだ俺は。

 「ハッハッハ、まあ君の意見ももっともだね」

 さらっと受け流す先輩。胎が立つことに人間が出来ている。そのお陰で俺はわびる気を失った。

 「むぅ…ヘアバンドいっぱい・・・いっぱい、フフフフ」

 レイホウさまが寝言を言い出した。この上なく幸せそうな表情で・・・だ。
 「バカ!死ね!くそったれ!この野郎!畜生!うぁぁぁ」

 突如として今度は荒々しい寝言。本当に寝言なのか?

 「ど、どうしたんですか?」
 不安になって先輩に聞いてみた。

 「はぁ、やっぱり…いくら大司狂さまにしても、おかしいと思ったんですが、あとを引きずってたんだなぁ」

 「え?」

 「いや、すまんね。君は知らなかったようだね。実は、大司狂さまは転売をやっていただろう?そのためにな、装備を売り払って元手を作って稼いでいたんだ」

 「は、はぁ」

 何の話だ・・・。

 「それがだね、数十Mほど稼いだ頃だったかな、突然・・・悪い発作が起こった」

 「悪い…発作ですか?」

 「そう、大司狂さまは青箱に手を出してしまったのさ。最初は、全財産の半分で挑戦したそうだが、大ハズレ。それで、負けた分を取り返す!と、残った財産も全て青箱にしてしまった…と、いうわけさ」

 「あ、あの…結果は?」

 「ヘアバンドが二本も出た。でもどちらもインディアンのヘアバンドだった…それで充分だろう?他のも似たようなものさ」

 「つ、つまり・・・」

 「そう、ヤケ酒ってやつかな」

 ああ、そうか。俺は今になってやっと気づかされた。
 どうして、急に海に行きだしたのか・・・泳ぎもせずに青い海や青い空に悪態をついたんだな。

 つまり、ついカっとなってやったというわけか…。
 あ、全財産スったって・・・俺達の給料…出るのかな。

 俺は思わず青くなった。

 「ううん・・・いかんいかん、寝入ってしまった。ん?なんだ貴様、青い顔をして不愉快な奴だな!」

 大司狂の放つ返しのついた矢じりのように、貫いてかき乱す鋭い視線。俺はそれに射抜かれて身動き一つ取れなくなった。目線をはずすことができない。ガクガクと脚が震えているのが解った。我ながら情けない。

 だが、この人のSTRは110もある・・・もし俺がぶん殴られたら骨折じゃすまないかもしれない。

 「なんだ、今度は震えだして」

 「い、いえ…な、な、なんでも、ゴザ、ゴザイマセン」

 「震えて青い顔して…ふる・・・え・・・青い・・・古・・・い、青・・・い。なんだかムカついてきた」
 ギンと音がするほどに目を見開き、死よりも怖い目線が俺の心臓を握りつぶさんばかりに掴んでくる。

 「い、い、いえ・・・その、ハハハ、震えてます?あ、そ、そう!震え・・・あ!十八番なんです。俺、震えるの得意なんすよ!」

 「古い青箱と貴様言ったな」

 「え?あ!」

 

-GAME OVER-

 天の神様

 返して!私のお金返してぇ!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月七日

それはサイバーノーガード。

 バフォメットのドロップアイテムとして、ぜひともファキールズ・ホーンズ(黒山羊の角を二本組み合わせたインドの槍)を出して欲しいなぁと思い続けて幾数年のレイホウである。(挨拶

 こんなことを考えた・・・。

 ガンホー無防備管理規約

(前文)
 ガンホーは、ラグナロクオンラインの運営を行い、恒久の反映を願って毎年様々な記念イベントを行っている。
 この輝かしい伝統をいっそう発展させ、MMORPGのリーダー的存在として、MMORPGを平和で楽しいものにしたいと願っている。
 ところが今なおBOT・RMTは絶えず、罪のない無抵抗な人々が犠牲になっている。

 ラグナロクオンラインには多数の利用者があり、RMTやBOTに狙われる危険性がある。

 今こそ、規約を活かし平和なゲームを作り出し、世界に発信していくときである。

 ゲームの安定とバランスを守る管理会社の責務を遂行するために、ガンホーは、ここに「無防備管理規約」を制定する。

第1条(目的)
本規約は、ラグナロクオンラインの反映を希求し、BOTとRMTプレイヤをラグナロクオンラインのプレイヤとしては、永久にこれを認めないとした元来の管理規約の趣旨にのっとり、管理会社としてプレイヤの平和と安寧を保障することを目的とする。

第2条(プレイヤの平和的プレイ権)
1 プレイヤは、正常な状態のゲームをプレイする権利を有することを確認する。
2 プレイヤは、その意思に反して、財産の侵害、プレイ環境の破壊を受けることはない。
第3条(管理会社の責務)
1 ガンホーはBOTに関する事務を行わない。
2 ガンホーはRMTを認めない。
3 ガンホーは前条の規定に反することは行わない。

第4条(無防備管理宣言)
1 ガンホーは平時においてもBOT、RMTなどに対して一切の対策をしない。

2 ガンホーは、BOTの頻発あるいはRMTの横行が明白なとき、無防備宣言を行い、その旨をBOT使用者、RMT業者に通告する。

第5条(無防備管理事業の推進)
1 ガンホーは、第1条から第4条に基づき、規約の趣旨に沿う管理事業の推進、無防備管理宣言を広げるための国際交流を進める。
2 ガンホーは、前項の事業計画にあたり、プレイヤの意見を尊重する。

第6条(管理予算の計上)
ガンホーは管理事業に必要な費用を毎月課金する。

第7条規約の施行細則)
本規約の施行に必要な事項は、別途規則で定める。

付則
1.本規約は公布の日から施行する。 2.本規約は公布後速やかに、翻訳文をつけて、BOTの大量利用者、RMT業者、その他の違反プレイヤに送付する。

 

 無防備管理宣言である。
 具体的に何をするかというと…とりあえず、BOTプログラムを阻害するようなこともせず、規約で禁止しているRMTが横行しても特に咎めたりはしない。

 そうした無防備であることをアピールすることによって、むしろ逆にBOTを使う気をなくさせたり、RMT業者を萎えさせるのである。

 考えてごらん?無防備なMMORPGと、がっちりとGMがBANという武器を構えているMMORPG。どっちにBOTerやRMTerは攻め込みたいと思うかい?そりゃぁもちろん・・・・・・・・・。

 

 

 ダメだこりゃ・・・。
 やっぱり無防備だと攻められるようである。残念!

 天の神様

 そういえば、サイバーノーガード戦法とか、今どうなってんでしょうね・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月六日

自分だけ生き延びる?

 連合VSザフトUで・・・パイロットをラクスさまにすると大変面白い。

 

 思いっきり核ミサイルをぶっぱなしながら
 「戦闘行為をやめてください」(意訳:誰に武器向けてんだコラ。死ねよ虫けら)

 ・・・あんた鬼か・・・。

 

 敵を倒したとき(?だと思う)
 「まだ犠牲が欲しいのですか?」(意訳:次に血祭りに上げられたいのはどいつだ?)

 景気の良い話である。

 

 戦闘開始時
 「まず目標を決め、そしてやりとげる(うろ覚え)」(意訳:目に付いたやつから殺してやるよ。カモーン)

 なんつー猪武者女であろうか・・・。

 

 歌姫さまだけあって、えん曲表現がお得意なようである。

 おそろしや・・・。

 彼女は知っているのだ、平和を願い歌うだけでは何もかなわないと。理想は毒であり、現実こそが薬であると。
 だからこそ!条約違反上等!って感じでストフリ用意したりして戦うわけである。

 偉いなぁ・・・。

 なんで、そんな事を言うかって?

 これを見てくれ。

 http://www.oota-muboubi.net/

 私は一応、大田区民である。
 で、私の預かりの知らんところで、大田区まで無防備宣言しようとしているのだ。

 ふざけるな。

 私の住む区を世界の笑いものにするつもりか。八月から港区民になるとはいえ、許せぬ蛮行である。

 だいたい、このトップの文章からして気に食わない。
 「国際人道法と平和憲法を〜云々」というやつである。
 国際人道法ってのは、基本的にはジュネーブ条約とかハーグ陸戦協定とかであって、そんな名前の法律は無い。ついでに言うと、これらの法律と言うのは国際法の中でも、戦時国際法に類するものである。

 そのことに関して、このサイト内のQ&Aでは国際人道法の成り立ちをウソついている。
 そんな名前の法律は無いし、戦時国際法としてまとめられていたものを引っ張り出しただけに過ぎない。

 しかもなんか、国も国民も、この戦時国際法に従わなければならないみたいな事を書いてあるが誤解を招く。
 あくまで、日本がジュネーブ条約などに入っているからであって、国際条約は締結によって国内法として直ちに機能するようになるので、守らねばならないというだけである。

 ジュネーブ条約?シラネーヨという連中など世界にはごまんといるわけだ。

 ついでに言うと、この戦時国際法は戦争中の、交戦規定やらなんやら、まあとにかく、泣くほど痛くて苦しんで死ぬ弾丸はアカンよとか、捕虜は大事にしなさいよとか、ガスはいかんなぁガスはぁ、とか、そういう規定である。

 その一環として、一応…無防備宣言都市もあるわけだが・・・。まあ、こりゃ降伏に関する規定のようなもんだ。

 そもそも、無防備宣言の手順として・・・敵国への通告があるわけだし・・・。
 それ以前に、無防備宣言について書かれた五章の五十九条2項にはこうある。「〜前部略〜敵国による占領のために開放されているものを無防備地域と宣言することが出来る〜以下略〜」

 

 大田区はどこに降伏しようと言うのか。私の威光の前に降伏して私の占領下に下るというならまだしも、ほんとドコに降伏しようっていうんだ。

 まったく、情けない区である。戦争すら始まっておらんし、始まる気配もないってのに降参して…地下にガンダムが隠してあるくらい言って欲しい情けなさだ。
 

 ちなみにQ&A。

 読んでて、あまりにウソが多いので引用してきた。


Q :「国際人道法」ってなに?

A : 戦争をなくす人類の努力の中で生まれた「国際人道法」

 注:国際人道法は昔からある戦時国際法の名前を変えただけに過ぎません。また、戦時国際法は戦争をなくすためではなく、過度に悲惨だったり残虐だったりするのを防ぐために作られています。

 人類は、戦争で多くの悲劇を生み出してきましたが、一方で、戦争をなくす努力も重
ねてきました。その歴史は100年以上前にまでさかのぼります。(「戦争違法化の歴
史」とも言います。)

 注:現在は不戦条約などもあり、戦争は基本的には違法化しています。しかし、自衛権などは認められており、中世以降の正戦論をより規制した形に近いといえる。つまり、正しい戦争の存在は否定されていない。 


 そして、戦時の非人道的行為の禁止や民間人の保護などを定めた数々の条約ができ、
「国際人道法」と呼ばれています。

 注:呼ばれているんじゃなくて、元々戦時国際法と呼ばれていたものを掘り返して名前を変えただけです。

 これらは、確立された国際法規になっています。

 注:確立された国際法規とは、国際慣習法、もしくは二個もしくは複数の国によって締結されている条約のことに過ぎません。

 有名なのが、第2次世界大戦後、スイスのジュネーブで結ばれた「ジュネーブ諸条
約」です。(同時期に、日本では「平和憲法」ができました。第9条は世界でも有名で
す。平和憲法で、日本に住む私たちは、武器を持たないで世界の平和と幸福を実現しよ
う、と誓いました。)

 注:当たり前ですが、日本国憲法は宗主国アメリカさまから頂いたものです。また、アメリカは冷戦以来、日本の再軍備を望んでいます。


 しかし、それからも朝鮮戦争やベトナム戦争などが起こり、圧倒的に多くの民間人が
まきこまれ犠牲になりました。
戦争中の犠牲者の割合  民間人   軍人
第一次世界大戦・・・   5%  95%
第二次世界大戦・・・  48%  52%
朝鮮戦争・・・・・・  84%  16%
ベトナム戦争・・・・  95%   5%
 そこで、民間人をもっと徹底して保護するために、1977年にジュネーブ諸条約の
追加議定書ができました。

 注:ベトナム戦争に至っては民兵を戦争に使えば当たり前です。民間人のゲリラを殺してもそれは民間人に加算されるわけで・・・。フルメタルジャケットに出てきた敵のスナイパーみたいなのが腐るほどいたわけです。


 追加議定書には、世界の8割以上の国が加入しています。日本は2004年に加入し
ました。日本周辺国では、中国、ロシア、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国なども加
入しています。

 注:加盟していると偉かったり、加盟していると平和だったり、加盟しているから軍備がいけないわけでもない。加盟しないと目ぇつけられるだけです。
 それから、蛇足ですが日本は北朝鮮を国家承認していません。


国も地方自治体も、「国際人道法」を遵守する必要があります。日本国憲法第98条第
2項は『確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。』とうたっ
ており、ジュネーブ諸条約第一追加議定書の第1条第1項で『締約国は、すべての場合
において、この議定書を尊重し、かつ、この議定書の尊重を確保することを約束す
る。』と、すべての場合において議定書を尊重することを、日本国は約束しています。

 注:この文章の詐欺っぽい部分の佳境ですのでお楽しみください。
   国際人道法は戦時国際法のことです。これは各種の国際条約で構成されます。
   日本国憲法98条は、締結された条約がただちに国内法として発効するという、非常に当たり前のことを書いてあるにすぎず、国際人道法と特に関係があるわけではありません。
   たとえば、宇宙条約だって、国連海洋法条約だって、分布範囲が排他的経済水域の内外に存在する魚類資源及び高度回遊性魚類資源の保存及び管理に関する1982年12月10日の海洋法に関する国際連合条約の規定の実施するための協定、だって締結すれば国内法として機能します。

 また、全ての場合において議定書を尊重することは締結国の義務であり当然のことです。
 尊重しないなら条約破棄すべきです。


 また、国民保護法第9条第2項でも、『国民の保護のための措置を実施するに当たっ
ては、国際的な武力紛争において適用される国際人道法の的確な実施を確保しなければ
ならない。』と定めています。地方自治体も、当然、確立された国際法規・国際人道法
を、誠実に遵守する必要があります。

 注:山場2です!
 あたかも、その通りのように書かれていますが、国民保護法の正式な名称は「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」です。これは有事法制であり、平時に援用すべき法律ではありません。つかムリがあります。

 そもそも、こんな法律の使い方、解釈は第一条の立法目的に反します。
 第一条:
 この法律は、武力攻撃事態等において武力攻撃から国民の生命、身体及び財産を保護し、並びに武力攻撃の国民生活及び国民経済に及ぼす影響が最小となるようにすることの重要性にかんがみ、これらの事項に関し、国、地方公共団体等の責務、国民の協力、住民の避難に関する措置、避難住民等の救援に関する措置、武力攻撃災害への対処に関する措置その他の必要な事項を定めることにより、武力攻撃事態等における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律(平成十五年法律第七十九号。
 以下「事態対処法」という。)と相まって、国全体として万全の態勢を整備し、もって武力攻撃事態等における国民の保護のための措置を的確かつ迅速に実施することを目的とする。

 つまるところ、戦争中の話です。

 

 なお、アメリカなどは追加議定書に加入せず、国際法の根拠もなしにイラクを攻撃
し、民間人を虐殺しています。このような非人道的行為は、人類が積み重ねてきた戦争
違法化の歴史を否定するものです。国際世論の圧力で、国際人道法を遵守させていく必
要があります。

 注:イラク戦争の是非を語るのは結構ですが、追加議定書に加入してイラクを攻撃するより、加入しないで攻撃する方がウソが少ないですし健全です。また、戦争違法化の歴史は100年もありません。
 また条約を締結しなかったことを否定的に見ると言うのもあまり感心できることではありません。


 世論を広げる意味でも「国際人道法」を盛り込んだ「平和条例」をつくることは大き
な意義があります。

 

 法律の曲解とムリな援用を用いた悪いケースとして世論が広がることであろう・・・。

 

 

 とまあ、長々となってしまったが、こんなウソついてる・・・まあ、ウソまでいかないまでも、誤解を招く書き方を連発し、法律名をほとんど挙げずに、法律の通称でごまかす。インチキにもホドがありますよ。

 天の神様

 バンケイホウ号というチキン逃げはありでしょうか?

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月五日

それは、ゲシュタルト崩壊の序曲

 今日、電車の中で可哀想な中二病の少年を見かけた。
 友人と日本神話に関する話をしている時点で相当ヤバいのだが、その内容が凄い。

 ニホンブソンが〜

 ニホンブソンは〜

 ニホンブソン・・・

 

 それはひょっとして、日本武尊の事を言っているんだろうか。
 ニホンブソンと読みたい気持ちはよ〜〜〜く解るのだが、これの読みはヤマトタケルノミコトである。IMEでもATOKでも、とりあえずヤマトタケルノミコトと、入れて変換してみて欲しい。日本武尊と出るはずである。

 

 漢字の読みといいうのは難しいものである・・・。

 というわけで、突然であるがここで問題!以下のうちから正しいものを選べ!

 1:マンビョンギョン号
 2:マンギョンボウ号
 3:マンギョンギョン号
 4:マンビョンギョウ号
 5:マンギョウビョウ号
 6:マンビョンゴン号
 7:マンビョウボウ号
 8:マンビョンビョン号
 9:マンボンギョン号
10:マンボンビョン号
11:マンギョンボン号
12:マンビョンボン号
13:マンボョンビョン号
14:マンボンビョウ号
15:マンボンギョウ号
16:マンビョンビョン号
17:マンギョンボウ号
18:マンギョウボウ号
19:マンボウギョウ号
20:マンボウビョウ号
21:マンビョウボウ号
22:マンボウボョウ号
23:マンボンビョン号
24:マンギョンビン号

 だんだん、何が正しいのか解らなくなって来ただろう?

 さあ、答えろ。読んでるうちに、ゲシュタルト崩壊してくるけど探してみると良いだろう。ダブってるのがあるかもしれない。
 書いてるうちに私も錯乱してきたので、正しいのがある自信がちょっと無かったりする。

 ちなみにマンは確定だとして・・・

 ギョン、ギョウ、ビョン、ビョウ、ボン、ボウ、ボョウ(読めないけど)の組み合わせなので49通りくらいはいけるはずである。

 

 で・・・そんなマンギョンボンギョンビョンボウギョンビョンチョン号が日本海にいるのに、景気良くミッソーが発射されたわけである。ミッソー。

 思うに、あれは対外的なアピールでは無いように思われる。
 いくら彼らが阿呆でも、バカでも、あんなもの連発して何も得が無いことはわかるはずだ。

 だから、たとえば現体制の不満を持っている軍部が暴走して、ジョンイルへの嫌がらせとして勝手に発射した。これで、お前の立場が悪くなれば万々歳だぜ!というような状況かもしれない。

 

 ちなみに大穴で、いい加減拉致問題がダルくなってきたので、拉致関係の証拠全部集めて弾頭につめて発射という説もありかもしれない。

 

 なんにしろ、独立記念日の祝砲じゃない事だけは確かなようである。
 

 天の神様

 バンケイホウ号というチキン逃げはありでしょうか?

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月四日

それはアビス

 アビスに謝りたい。
 弱くなったなんて言ってごめんなさい。君はとても、より立派になった。アビスガンダムは私の片腕として充分に働いてくれた。

 

 

 今日、導入された…テコン系のスキルを見ていて思った。
 なんだかAOE2の朝鮮系ユニットみたいだね!
 
注:AOE2の朝鮮は異常に強い。信じられないほど強い。一説によると、朝鮮を強くしろ!とMSにメールを雨嵐のごとくに送ったとか・・・。さすがFIFA公式をダウンさせるお国である。

 スキルメインで戦う系職業を想定してるんだろうけど…だからといって、攻撃力が上がるほどに使用SPが下がるとか…。

 それよりガッカリなのは、なんか知らんがテコンドーが出てきたことだ。
 なんでテコンドーなんだ・・・。

 ファンタジー世界ぶちこわしも良いところである。そろそろ馬脚を現したか?みたいに思えてくる。

 このまま、サファーデ、カポエラ、ドラッカ、ムエタイなど追加して行くならばまあ、良いのだが。ポツンとテコンドーだけあると違和感がありすぎてイヤな感じである。

 あと、テコンキッドのスキル名はちょっと・・・普通にローカライズして欲しかった。確かに、ハングルは表音文字だからカタカナにするのは楽だろうが…。

 タイリギ!とか、フェオリチャギ!とかイヤだ。引く。軽く、いや、ドン引き。

 世界観ぶち壊しも良いところである。
 武器要らないみたいなんで便利ということでBOTがテコン使い始めたら、ただでさえ見たらイヤな気分になるテコンがいっぱいとかいう状況になりかねないので、考えただけで吐き気ものである。

 可愛いキャラと、ファンタジーな世界観が最後の砦とも言えたゲームなのに…。

 まだなんか、朝鮮系の戦士みたいなヤツのがよかった。
 中国の属国時代だから(今でもそうだけどさ)、散兵とか。

 たとえば、ファンタジーなゲームにサムライが出てきてもまだ許せるかもしれない。ニンジャもぎりぎり許せるとしよう。だが、空手家が出てきたらどうなるだろう。ぶち壊しだ。

 それとおんなじ理屈でだな、ファンタジーじゃないのだ。剣と魔法のファンタジーであって、拳と魔法じゃないのだ。モンクは怪しいラインだが、かなりファンタジーに仕上げてあるので許せる。

 そこらへんを理解できなかったのだろうか。

 盲目的で馬鹿げたナショナリズムがゲームを壊した。

 私のラグナロクオンラインを返せ!と、叫びたくなってしまう。
 別に韓国のものを出すなとは言わぬのだ。私は。だがな…出すにしたってせめて、借力じゃないか。

 だいたい、テコンドーの歴史なんてものは、今年で51年目くらいであるぞ。そんなもの、ファンタジーになじまない。今じゃ国技の座に鎮座しておるが、歴史は浅い。

 もともと、韓国空手を名乗っていたわけだが、いろいろ社会情勢とナショナリズムの関係でテコンドーになった。昔からある武道では断じてない。

 空手はテコンドーからの発祥ニダとか、バカを言うにもホドがある。こればかりは、歴史的な資料と証拠を完璧にそろえた上で、空手からテコンドーが生まれたと言える。

 というか、空手だった。

 いうなれば、ブラジリアン柔術と柔道の関係みたいなものである。
 で、ある日突然ブラジリアン柔術が全く違う名前に改称したと思えば良い。コリアンカラテからテコンドーになってしまったわけだ。

 というわけで、歴史もクソも無い。
 空手が、唐手であった事を標榜し、遠くは中国拳法に通ずることを言っているのとは大違いである。日本人と言うのは発祥により深遠さを求める。遠い距離を伝わり、洗練され、時代を経て今の形になったということを誇る傾向がある。

 だが、なぜか韓国は自分が発祥ニダを重視する。

 民明書房の心がけが足りない。
 何でも、古代中国を発祥にすると非常に奥深いものに思えてくるのである。

 

 武露倶:
 現代ではブログと呼ばれている日記の一種であるが、これはこの発祥は中国の五胡十六国時代に遡る。
 当時、武芸自慢であった延徒吏(エントリ)が行い始めたと言われており、当時、武芸に長けたものは仕官するためにその力を示す必要があった。
 ゆえに、延は自ら毎日試合を行い、その結果を家の前においた巨大な石版に刻み込んで残しておいたのである。

 武を露するという意味が、武露の部分である。
 倶とは供という意味であり、誰かと共同でと言うことである。

 つまり、この家の前を通りかかった官吏などが、彼の戦跡などを読んだ上で、そこにコメントを書き込み、雇用しようとした。

 そのため、武露には、書き手とコメントなどを入れる側が必要であり、供に作ることから倶という字がつけられ、武露倶と呼ばれるようになった。

 この習慣は近代中国にまで続き、元々はケンカ自慢の男がインターネットを用いてこの武露倶を行い始めたのが、現在のブログの発祥である。

 また、ウェブログという言葉から転じてブログになったという説もあるが、学会においては現在、中国発祥説が通説となっている。

 

 民明書房刊:中国武術〜その発展と栄光〜第二巻より

 

 

 というような具合だ・・・。
 韓国もこの精神を養うと良い。 

 天の神様

 属国だから得意なはずなんですけどね・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月三日

おビール

 付き人の日記:前編(後編は1・2週間のうちに完成予定)

 

 プシュ・・・
 まただ。また空けている。
 今日で何本目かの缶ビールをレイホウさまはあけたのだ。突然、暑いから海に行くなどと言い出し、大聖堂の前に本日の営業は終了しましたなどとふざけた張り紙を張る。その上で、聖職者を片っ端から引き連れて、こうして海にやってきたわけだが・・・。

 この人は、1・2度海に踏み込んだだけで、全く泳ごうとしない。
 そのあとは、ロケット花火を人に向けて撃って遊んでいた。それに飽きると今度は、今の状態でひたすらビールである。あんたはどこのチンピラなんだ・・・。

 交際費という名目で経費で落とした水着は何のためなんだ。

 「ぷはー、やっぱ海は良いねぇ」

 喉を鳴らしてビールを飲み干し、気持ち良さそうに言う。
 泳いでないくせに何を言うんだ・・・。

 だいたいそのビールも、遠征用の物資と言う名目で経費で落としている。

 そして、そのビールは何本目なんだ。そもそも、聖職者が飲んだくれてて良いのか?
 その事をだいぶ前に注意してみたら、この人はとんでもないことを言う。

 「なんだ?よく見ろ。このビールはアルコール度数5%未満と書いてあるだろう。つまり5より下だ。四捨五入してみろ0%じゃないか。つまり、これはアルコール度0%とも換言できるわけだ」

 弁証法にしたって無茶苦茶だ。AはBであるBはCであるからAはCだと言うならまだしも、AはBであるの論理展開からして破綻している。
 悪魔の論法と言うより、あんたが悪魔だと言いたいような強引な理屈だ。

 だいたい、なんでビールのアルコール度数に対して、四捨五入と言う処理が必要になるのだ・・・。

 それを言うとまた大変だった。

 「そういえば、ウンバラの奥地で立てた教会の司教が死んで欠員が出たって言ってたなぁ。なんでも、原住民に食われちゃったって。どお?未開の部族へ布教活動に行く情熱とかあるんじゃない?そんなに口うるさく言うならサ」

 なんて事を言いはじめるのだから始末に終えない。
 これは間違いない、脅迫だ。大司狂が脅迫なんてして良いのか?と問うとこういった。

 「脅迫じゃないよ?栄転のススメ。一国一城の主になれるよ?」

 処置なしだ。そんな場所で人を食う部族に殺されるくらいなら、人を食ったような態度のアンタの付き人のがまだマシだ。
 プシュ。

 次の缶があいた。

 彼女に文句を言える者は居ない。
 海辺でビールを飲んでいようとも、聖餐式のとき、主の血である赤ワインを受ける器が、彼女だけ大ジョッキでも、誰も文句をいえない。彼女が大きなネコだといったら、サーベルタイガーだってネコになる。

 カラスがショッキングピンクだと言ったらカラスはショッキングピンクだ。

 そんな立場がとても気に入っているらしく、最近彼女は終身大司狂という立場を作れないかと模索しているらしい・・・。どこの独裁者なんだ。

 プシュ・・・「プハー」

 景気のいい音だ・・・。

 もういい、バカらしい。仲間達と泳いでこよう・・・。

 天の神様

 こんな人に、徳あるんですか?

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月二日

夏だ

 ミスターポマードのご冥福を心よりお祈りいたします。
 100円の買い物をしてお会計が105円になるそのたびに、貴方の顔を思い出すでしょう。

 夏だ!

 連日暑い。梅雨だけど気分は夏である!

 そんな暑さを乗り切るために、私からみんなに素敵なニュースのプレゼントである。
 
http://www.asahi.com/politics/update/0701/003.html

 これ。

 熱さも吹っ飛ぶような爽やかな笑顔である。

 

 小沢のな・・・。

 背筋が冷たくなるような、恐ろしさを秘めた笑顔である。
 まさか小沢が笑うなんて・・・。

 でも、目が笑いきれてない。

 多分、もう笑顔を作る際の顔の筋肉の動かし方を忘れたのではないだろうか。ぱっと見笑顔なのだが、よーく見ていると、笑顔という言葉がゲシュタルト崩壊を始めるような笑顔である。

 どうせなら、オッサン・・・最後まで強面で居ればよかったのに。
 いまどき珍しい政治家らしい威厳ある顔つきがウリだったのに・・・これじゃ

 「パパァ〜、これ(F-15Eストライクイーグル)買って〜ぇ」
 「ハハハ、仕方ないなぁ」

 みたいな顔じゃないか。

 どうせなら、ポスターのフレーズも「間違った国政を叱れる雷オヤジ!」とかにして・・・。怖いオッサンであることを前面に出せばよかったのに、これじゃもう・・・ダメダメだ。

 「パパァ〜、あれ(竹島)ちょうだい〜」
 「ハハハハハ、仕方ないなぁ」

 「パパァ〜ン、ちょっとそれ(ガス田)私にも飲ませて〜」
 「おおい、コラコラ、全部すっちゃだめだぞぉ。仕方ないなぁ、ハハハ」

 「もぉ!パパと一緒に洗濯物洗わないでって言ったでしょ!謝ってよ!」
 「ご、ごめんなさい…私の過去の過ちのせいで多大な迷惑を…」
 「じゃあ、一緒に洗ったぶんの服、新たに買ってよね!」
 「も、もちろんさ」

 

 そんな顔。

 こんな顔じゃ、ダメだね。小沢。

 小沢から強面をとったら、不気味さしか残らないじゃないか。
 怖くて何か陰謀を企んでそうで不気味というイメージだったのに…これじゃ、ただの不気味なオッサンだ。

 カムバック!怖い小沢!

 

 

 天の神様

 小沢をもっとブスっと不機嫌にしてください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

七月一日

今日から七月

 そうだ、アルベルタに行こう。
 というわけで、明日は朝十時から礼拝である!

 最近知ったのだが…いつの間に、ROは"/チネ"のコマンドが使えなくなったのだ?
 
"/w"も勿論使えなかった・・・。

 ログインしつつ接続者数を見れて楽しかったのに…今では見ることができない。
 かつて、ログイン鯖が死んで、鯖移動で鯖キャンするというような状態になったとき、生き残った数名で最後の最後まで狩りをしたりしていた。/wコマンドで見ていると、一人また一人と人数が減少して行く。

 10人くらいまで減った事もあった。

 その、思いで溢れる/w(または/チネ)コマンドが潰されたのは非常〜〜〜〜〜〜〜〜〜に残念である。

 

 それどころか、なんか今日、ログインしてみたらローディング画面が・・・キモイジェットガールとかいうのと、ソウルエッジボーイとかいうのになってた。勘弁して欲しい。

 

 どちらのバンドも、あまり私の好きなタイプじゃないので勘弁して欲しい。
 で・・・私の大好きなのと言えばメタル!

 で、非常に興味深い映画が現在上映されている。

 http://www.metal-movie.com/

 その名も、メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニーである。

 内容は、ドキュメンタリーでメタル好きの人類学者が世界中に突撃取材という話である。
 ブラック・サバスとか、スレイヤーとか大御所訪問の旅を描いた人間ドキュメンタリー(?)のようである。

 とても見たい!
 私はメタル大好きっ子だが、残念ながら私の友人のれななんかはメタルニガテっ子である。

 思うに、メタルという音楽への印象と言うのは「超好き」か、「嫌い」に、完全に二分化しているように思う。どうでも良いと思っている人は少ない。それだけ、イヤでも耳についてしまう音楽であるとも言える。

 正直、浜崎とかは嫌いであっても、その曲が街中で流れていても聞き流せる。
 だが、街中で突然チルボドとかかかったら…嫌いな人は眉をひそめ、足早にその場を立ち去るだろう。好きな人はヘッドバンキングしながらエアギターを奏で、うざがる人に「ファッキュー!」と中指を突き立てる・・・わけがないが、とりあえず聞き惚れるだろう。

 どうして、メタルは嫌われるのか。どうしてメタルは野蛮だと思われるのか!
 たとえばHelloweenなんかは、古典的な音楽理論を取り入れた、クラシカルとも言える曲を多く書いていた・・・。でもメタルというだけで、卑下されてしまう。野蛮で低俗な音楽だといわれてしまう。

 ちょっと急がしてく見に行くヒマがないのだが、時間が出来たらぜひとも見に行きたい映画である。  

 天の神様

 メタルに愛を!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!