十月三十一日

明日から牛丼祭り

 安部総理という人は、超阿修羅級の轟運の持ち主ではないだろうか・・・。

 拉致関連の流れの中で、小泉総理人気にまたがって一気に台頭。そのまま加速し続けて総理大臣の座まで登り詰め、上り詰めたら上り詰めたで、北朝鮮の核実験問題によって、左巻き政党を黙らせた。

 さらに、日本としての姿勢を貫きつつも、中韓との関係は割と良好で、民主党はぐうの音も出ず、小沢は中国に「安部はウソツキですよ」と、下らん妄言吹き込みに行く始末。

 そしてトドメが、教育改革という今ひとつピンと来ないものを旗印にしてきていたところに、今回の大量履修漏れ問題である。

 

 何か、ものすごい運の持ち主なのではないだろうか。

 今まで、内閣総理大臣といえば、旧帝大系の国立大、あるいは早慶上智あたりがギリギリラインというようなものだったが、二段階くらい落として成蹊大学から初の内閣総理大臣となった。

 何かものすごい幸運の持ち主なのではないだろうか。

 超阿修羅級の功徳兵器とかを装備しているとしか思えないツキである。

 この機会に、自民党員を増やして、支持基盤をさらに磐石なものとするのはどうだろう。

 宣伝塔はもちろん安部総理。
 「自民党に入る前は、職場でも、ひ弱なお坊ちゃんなんてバカにされてたけれど、自民党に入ってからは運がうなぎ上り。森永の社長令嬢を奥さんにもらって、今度はついに内閣総理大臣にまで上り詰めちゃいました。本当に、自民党に入ってよかったです。みんなにも自信を持って薦めたいですね。」

 コレでイケる。

 主な広告媒体は青年誌の裏側らへん。
 安部総理が水着の美人をはべらせて、国債がいっぱいのお風呂に入ってるとかで・・・。 

 天の神様

 安部総理に絶対何か、怪しげな力がついております・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月三十日

学問の徒

 履修漏れ高校の校長が自殺した。

 それにしても、大学受験で要らないからといって、世界史やらなんやら…そういうのを省いてしまうのは本末転倒も良いところである。

 大学入ってから、要るわけなのに…。
 こういうインチキ臭い高校教育をしておるから、工学部で微分積分教えるような、ここ高校ですか?みたいな授業をやらざるを得なくなってきてしまうわけである。

 経済を学ぶにはマーケットというものの性質の地域格差を知るためにも、その地域の貨幣社会がどのような歴史的な段階を踏んで成立して行ったかを知らねば始まらない。

 法律を学ぶにしても、シビル・ローやコモン・ローが、いかなる文化的、歴史的背景から生まれたかを知っているべきである。

 文学を学ぶにしても、文学と歴史は切り離すことができない。

 物理を学ぶにしても、ナノテクノロジーなどの分野は、物理と化学の両方の知識が求められる。

 建築を学ぶにしても、風土や歴史を知り、建築様式を知らねばならない。

  

 受験で要る、要らないという発想自体が貧困である。
 心が貧しい。私の豊かな心を切り分けて、施してやりたいくらいに貧しいと思う。

 というわけで、とりあえずはもっと、修身の授業・・・じゃなくて、えーっと道徳?あるいは礼拝などをやって、何のために勉強しているのかというのを、知らしめてやる必要があるであろう。

 学問とは即ち道具であり、武器である。

 扱いづらいが使えれば強い槍のような数学や、便利に扱えてさまざまな場面で威力を発揮するククリナイフのような英語に、難しく実用性も無いように思えるが、意外なところで役立つ暗器のような物理。トンファーキックや、トンファー頭突きに、トンファータンヤオなど、千変万化の応用性を持つトンファーの如き化学。

 誰でも知っているメジャーなものだが、その道を極めようとすれば深い日本刀のような国語に、それはそれは膨大な学問に御座いますと言わんばかりの内容量をもつ中国拳法の如き世界史。

 

 などなど、挙げていてはキリがない。

 学問の道のスタンスというのは「〜の役に立つ」というものではない。
 「持ってりゃ、いつか何かの役に立つかもね?」というようなものだ。

 目的意識を持ってはいけない。
 登山家が「そこに山があるから」と、言ったのと同じように、「そこに未知の知識があるから」学ぶべきなのである。

 あるいは「学問を!一心不乱の学問を!次の学問のための学問を!次の次の学問のための学問を!」と、まるでイカれた代行殿のようにあるべきである。

 道徳の授業で、戦争の項を学問に置き換えてヘルシングを読ませたら良いんじゃないだろうか。
 学問は手段ではない。それ自体が目的である。

 私が世を忍ぶ仮の高校生だった頃などは、世界史は自慢だが在学中の通産平均点は100点であったが、物理も科学もやったし、挙句の果ては数学V・Cまで学んでいた。なので、今でも一応、Σとかlogとか、覚えてるし極限とかもやった。

 だからといって、世界史も西欧に紙が伝わったのがタラス河畔の戦いだというのも覚えているし、大秦王安敦などというマイナー単語も覚えている。

 

 知ってて損する事じゃないのだ。
 そして、習ったけど忘れた。と、習ってないには百億光年くらい距離がある。

 

 それにしても、校長も被害者であろう。
 受験制度の中で学問の意味を見失った社会の被害者である。

 ついでに、文部科学省も・・・社会科の履修形態に関しては、必修にしておいたのを、選択にしてみたり、選択必修にしてみたり、ゆとり教育をしてみたり、すぐにやめたり、などなど解りづらいくらいに仕様変更している。

 そういう姿勢がダメなのであろう…。

 まあなんというか、自殺した校長が哀れでならない。
 自殺する事など無かったのだ…。堂々としていれば良かった。

 結局、学問を奴隷にするのではなく、学問に奴隷にされた挙句に彼は死んでしまったのであろう。かわいそうに。

 天の神様

 間違った教育システムの中で殺された校長の冥福を。
 あと、安部総理の教育改革をしっかりよろしくお願いします。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二十九日

イベ・フェイント常時維持、LS連打白豚。

 それは、友人との些細な話だった。

 たまには、ラグナロクな画像をつくろうじゃないか。
 そういわれて、とりあえず、じゃあ今までにやったことがないので行こう・・・となって、騎士娘の画像を作ろうということになった。

 RAGNAROK ONLINE 騎士 とか書いておいて、スキル解説を画像内に入れておけば、初心者も楽しみつつ学べる素敵な画像になるではないか!

 と、どうでも良い話をしつつ、私は騎士の画像つくりを開始した。

 なんとなく、フィーリングで…確か騎士の服装ってこんな感じだったな・・・と、うろ覚えで始めたのがマズかったのである。

 

 

 

 

 

 

 たーしか、騎士の服装ってこんなんだったような気がしたのに!
 公式の絵を確認してみたら、こんな感じどころか、全く全然違かったのである。なんということか・・・。

 ちなみに、友人の言であるが「首らへんあたり…あのチェインメイルゴルゲットみたいなやつだけ、正しい気がする」と、言われた。あと「なんかちょっとロードナイト混ざってない?」である。
 「あとなんか、クレインクレイン(ジェネレーションオブカオスに出てくる女騎士)も混ざってる気がする。」

 散々な言われようだが・・・。

 そういわれればそんな気もする。

 公式の絵を確認してみると、なんと…女騎士は鎧じゃないのである。
 鎧じゃないと言ったら変だが…変な、スマキにされてるような鎧を装備しておった。ついでに、ニーソックスなんて欠片もなかった。

 

 どうせインチキなら、インチキを貫き通してやると思って、スキル解説も全部ウソになった。

 ついでに、武器は何が何でもファキールズ・ホーンズにすると心に誓っておったのだが、武器の解説もふざけてウソを入れておいた。1STがダブストで2NDがフェイントが、いかに最強かは知っている人なら判るかもしれない…。

 ちなみに、髪型はアコ髪デフォ金のつもりである。

 なんだか、激しくしょーもないものを作ってしまった気がする、秋の夜であった。おしまい。 

 天の神様

 この娘は、白豚にございます…。どうかご加護を。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二十八日

ソン

 明日は礼拝である。
 朝十時から、アルベルタのテーブルの上で、元気にやろうと思う。

 ガンスリンガーやらニンジャやら実装されたものの、スロットに余裕がないので作ることができない。
 ちょっと悲しい現実である。

 そろそろ、スロット増加してもらいたいものだが・・・。

 そう思いませんか?ガンホーさん。

 

 さて・・・ソフトバンク携帯だが・・・いろいろと安い安いと法螺吹き孫のヒヒ爺が(ジジイなのに孫とはこれ如何に!?)吹聴しておるわけだが、ほんとは安くないわけである。

 だが、ふと思った。

 ヤツが安い安いというほどに、どんどん胡散臭くなっていく。
 あんまり安い安いいわない方が良いと思うのだ…。

 だいたい、基本料金を210円安くしたところで何だと言うのだ。誤差であろう。
 そんなものは…コンビニでペットボトルのジュース一本と、五円チョコ30個買ったら相殺である。重要なのは、通話料である。

 仮に、ソフトバンクがシェア一位なら、ソフトバンク同士通話無料はとても魅力的である。

 

 現状で、ソフトバンク同士なら通話無料!と、言うのはエスペラント語が話せると世界中で話ができる」と、言うのと同じである。そんな、マイナー同士で話してどうするというのだ。

 しかも、夜は時間制限つきだし…。

 そして、スーパーボーナスやら、新スーパーボーナスは…あれ、虚偽表示だと思うのだ。

 消費者契約法による、契約無効判決の相次ぐ昨今、これはそのうち、勘違いしたユーザが訴訟起こした場合に、ソフトバンク側はものすごく勝ち目が低いようにすら思われる。

 消費者契約法の判例でこんなものがある。

 

 原告Xが、ある建売住宅を購入した。
 そこには、被告であるY社のLPガス設備があり、 (注:都市ガス圏にすんでいる人には馴染みが無いだろうが、LPガスのタンクを契約したガス屋さんが定期的に補充にきてくれて、それを家の中に引き込む設備を用いて、ガスコンロなどを使う。東京とか、大都市圏以外は基本的にこの方式である。)

 その建売住宅には、ガスの引き込み設備(50万円くらいだったかな)が、据え付けられている。
 この状態で家を買ったのだが、このガスの引き込み設備の50万円は、一定期間(確か15年とかそんくらい)のあいだ、そのガス会社と契約することで、無償貸与ということで消費される。

 で、途中でその原告Xが、ガスの契約会社をかえると言ったところ、ガス会社がその引き込み設備に関して、契約の残り年数分の値段を請求してきたため、びっくりして訴訟を起こしたというものである。

 

 結論としては契約無効。ガス会社の全面敗訴。同じような判例が、五個も六個も出ている。

 

 原因としては、建売住宅の購入時に、しっかりと説明責任を果たしていなかった。また、設備はタダというような言い方をしていたようである。

 

 全機種0円!と、言うのと大差が無いように思えるのだ。

 これ、しばらくした後に、集団訴訟でも起こして、ソフトバンク側の全面敗訴で、どんどん解約されて携帯代が回収できないとかなったら楽しそうである。

 

 そんなバカな契約無効があるのか?と思うかもしれないが・・・。

 ちょっと、守りすぎじゃない?っていうくらい、消費者を守っちゃうのが、消費者契約法である。
 ソフトバンクなんてもう、クリティカルヒットではないだろうか。

 実際には月賦払いをさせているにもかかわらず、全機種0円と声高に叫んで、意図的に誤信を招きかねない説明をし、契約に至らしめる・・・。あのCMの仕方では、「0円だと思ったんです!」って言われたら、普通にどんな裁判官でも、契約時に錯誤があった事を認定してくれると思うのだ。

 

 先ほどの、LPガスの判例でも、不動産屋とガス会社が提携して、設備埋め込みで販売するのは業界の常識ではあったが、そんな常識は消費者が知っているワケないんだから、やっぱりダメだよというような旨が、主文にも書かれている。

 

 だから、元来携帯電話会社は、端末を安く売って、毎月の料金でペイしているというのが常識で、ソフトバンクもそれを過剰にしたものに過ぎないんだよって言われても、そんな常識は消費者は知っているはずがないし、知っている必要もないと言われるだろう。

 

 何かこう、孫正義は地雷原を歩くのが好きなのだろうか。

 天の神様

 早く訴訟がおきないか楽しみです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二十七日

ゾンビ

 さやさやが、ゾンビゲーにハマっている。

 これはつまり、私も対抗して・・・爆炎覚醒ネバーランド戦記ZEROをプレイせよという天啓なのだろうか。
 まかいしょーごーえん!とか、叫びながらプレイせよということだろうか…。

 

 さすがにそれはヤメておこう。
 爆炎覚醒ネバーランド戦記ZEROは、アイディアファック信者ですら、その名を出すとイヤな顔をするゲームである。ゾンビゲーと三国無双が流行ってた頃に、うっかり出しちゃったゲームなので仕方ないといえば仕方ない。

 アイディアファックでも珍しいアクションゲームである。

 

 アイディアファック信者にも、種類があって・・・本気の妄信的になって洗脳されきっている信者以外は、有る特定のワードを言うとイヤな顔をするので、それで信者レベルを判別することができる。

 「学園都市ヴァラノワール」「爆炎覚醒ネバーランド戦記ZERO」ここらへんを言ってイヤな顔をするのは、比較的軽度の信者である。この二本が楽しいと言い出すとそうとうヤバい。

 さらにワンランク上の踏み絵として「ミュウのドキドキ初体験」とか言ってみると良い。何を血迷ったのか出してしまったアニメである。これは、アイディアファック信者の中でも、相当にヤバい黒歴史として語られており、万が一にも会話に出してしまうと危険である。

 ちなみに、これが楽しいとか萌えたとか言う人間とは、付き合い方を考え直した方が良い。

 そもそも、アイディアファック信者とは付き合い方を見直した方が良いというお話もあるのだがな・・・。

 

 そういえば、最近、ソーシャルネットワーキングサービスが流行しておるわけだが、我らがアイディアファックも負けていない。

 ネットゲーム界で燦然とその名を轟かせるアイディアファックの貴重な収入源にして、信者の隔離施設「キングダムオブカオス」。
 今年で六周年で、ROより先輩である。

 しかし、混沌の王国とは良く行ったもので、並みの精神でプレイしてみると眩暈すら覚えるであろう。

 そのキングダムオブカオスが、ソーシャルネットワーキングサービスになった。
 ほんとにこれはもう・・・考え方からしてイカれている。既存のゲームを、強引にSNSに換えたのである。とってつけたような、訪問記録とかそういうシステムによって変貌したわけである。

 どのネトゲも考えないことをやってのける!そこにシビれる憧れる!ってやつだ。まさに。

 アイディアファックは本当に凄い。
 私の友人の信者で、キンカスのヘビーユーザーである人間は「まるで脳をレイプされているようだ」と、語っていた。

 彼は毎晩毎晩、キンカスで戦闘チャットとかいうのに興じている。
 まあ、戦争するわけであるな。掲示板で・・・それぞれなりきりながら・・・。私がいちいち、塗り方を教えてやった自作の顔絵を使いながら・・・。

 考えただけでイタタタタタな世界であるように思えるが、真の意味で・・・RPGなのかもしれぬ。
 さぁ、そんな心の闇とか病みとかが潜んでいそうな混沌の王国へ君も行ってみないかい?

 夢と魔法の王国よりも、一億倍くらい病んでいる王国である。

 ちなみに、やるならネバーランド一択である。それ以外ありえないと言っても良い。
 信者たるもの、ネバーランドで第二の人生を歩むことこそ、本懐である。

 ちなみに、ネバーランドっつっても、マイコーとかいないし、ムーンウォークも出来ないので勘違いせぬように。
 ただ、病み具合は両者とも良い勝負である。 

 天の神様

 キンカスの長寿を祈っています。せいぜい祈ってます。
 案外、ROより長生きしそうですが・・・。もっとも、アイディアファックはガンホーよりはるかに良い会社ですから当然ですね!アハハハー!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二十六日

それは・・・粘膜

 佐賀県。佐賀を探そう。佐賀県民。魔界塔士佐賀!(挨拶 特に意味はナイ

 嬉しいことが有る。
 
今回のフィゲルパッチで、今までずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずーーーーーーーーーっと、ベータの昔から皆が待ち望んでいた事が実装されたのである。

 何かって?

 それは、東オーク村の北マップ。あるいは、旧ミストレスマップ(現カエルマップ?)の西。

 つまるところ、カタシムリマップの入り口付近の高台の横の崖に空いていた大穴である。
 昔から、ここにダンジョンできるんじゃないか?と、ずっとずっとずっとずっと何年も言われ続けて来た穴である。

 それが、この度ついに、クエストの一部であるとはいえ、ダンジョンへの入り口として利用されたのである。

 これは本当に嬉しいことである。
 ついに、悲願がかなったのである。

 もう、何もROに思い残すことは無い。さようなら。

 

 

 と、いうわけには行かないが・・・。まあとにかく嬉しい。

 

 

 さて、昨日は実は、やっつけ仕事で夕方に更新したわけだが、実は友人の誕生日を祝う会へと行っていた。
 で、その祝いの席でだ…。私が、タバスコを料理に大量にかけて食べていたところ、負けじと対抗してくるヤツがおった。で、彼に私は言ってやった。「私と同じように、タバスコをかけて食べるだけでは、勝てないよ?」と…。

 そこで、さらに余計なことを私の親友が言った。

 「コイツに辛いもので勝とうと思ったら、粘膜に塗るくらいしないとな」

 

 この一言が…その友人の男の尊厳をかけた戦いへの幕開けであったことを、誰が予想しただろうか。

 そう言われて彼は、手のひらにタバスコを数滴とって、それをもう一方の手ですくって…ズボンとパンツの中にゴソゴソと入れ始めた。

 「う、これは…あれ?俺鈍いのかな。割と大丈夫だよ」

 どこに塗ったかは知らんが、割と平然としている。
 そんなもんなのだろうかと思って私が安心していると、親友がまた言った。

 「普通に塗ってもだめだぞ?ちゃんと尿道のとこの粘膜にいった?」

 そういわれて、彼は「もいちどやってみる」と・・・リトライ。

 そして、尿道にタバスコを塗った・・・らしい(見えないし)。

 一瞬、彼は大丈夫だよ?というような顔をしたが、見る見るうちに表情がかわって行った。

 その表情の変貌たるや、たとえるならば・・・ある日家に帰ると、なぜか両親、姉、妹が揃って家族会議ばっちこーい!の状態で、何かと思って席につくと、父親がおもむろに「これは何だ?」と、本を数冊取り出す。

 姉もの、妹ものの、隠しておいたはずの秘蔵の濃厚な近親相姦系エロ漫画を目の前に突きつけられて言葉に詰まる。

 むせび泣く母親、汚物でも見つめるような目の姉に妹、その日から彼女らは自分と口をきかなくなり、二人の部屋にはいつの間にか、鍵がすえつけられていた。

 

 ・・・そんな表情へと彼は変貌したのである。

 「痛い!痛い!痛い!痛い!」
 悲痛な叫びがみなの心を引き裂く。

 彼は悶絶しながらトイレへと走って行った。恐らくそこで、洗うのだろう。

 私はそのとき…昔、幕張で読んだ、奈良が粘膜に七味をふりかけるシーンを思い出していた。あの漫画と、全く同じ反応だ…。

 その後、彼はトイレから帰還をしたものの、終始「痛い痛い痛い」と、つぶやきながら、貧乏揺すりを続けるという苦境に陥っていた。

 そこで私は「そんな事、お母さんが聞いたら…悲しむよ。」と、トドメの一撃を入れてやった。

 「いやあああ!そんな事いうなぁああ!」と、崩れ落ちる彼。

 私はそのとき、勝利を確信したのであった。

 天の神様

 尿道にタバスコ・・・なんと残酷なことで御座いましょう・・・粘膜のご冥福を祈っております。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二十五日

あける

 ザ!突発自分企画!

 スクリーンショットフォルダから無作為に選んだ一枚を語ろう!

 

 無作為に選んだ一枚はコレ!

 

 二ヶ月以上前であるな。
 突然、何か啓示のようなものが空からやってきたのである。

 「レイホウよレイホウよ。私だよお前の神様だよ。マジ私いま、ありえないくらいハイになっててな、今ならお前に超幸運をもたらすんじゃないかって想うんさ!つーわけで青い箱なんてどうよ?一気に開けようぜ!きっとロックだぜ!へい!ロッキュー!」

 

 とか、天啓が聞こえてきたのである。

 私はそこで、素早く青箱を連続開封。
 ちなみに、これは大負けだった。

 ほとんどハズレだった。

 その後、神様は気まずかったのか、声は聞こえなくなった。

 

 このように、私は財産に余裕が出てくると、定期的に青箱を用いて、自らの所得を一定ラインに戻すという非常に高い財産上のスタビリティを持っている。

 安定している。

 だから、突然にマジェスティックゴートとか出して大金持ちになったは良いけれど、悲しいかな一時の所得に過ぎず、その年は良くても、翌年度の所得税の源泉徴収額にヒィヒィ言う(前年度の所得を規準に決定されるため)と言うようなことは無いのである。

 安心安心。

 

 偉い人が言った。
 「青箱の損失など恐ろしくは無い。なぜならそれは経費だからだ。  ---熟達の聖職者レイホウの手記」

 

 青箱から良いものが出ないだとか、紫のがまだマシだとか、そういう事は良い。レアが出る出ないではないのだ。青箱は開けることにこそ、意義がある。

 これは、私が今まで幾度と無く開けてきた青箱人生の中で学んだことである。

 レアが出るから開けるのではない、そこに青箱があるから開けるのだ。

 売るという選択肢はありえない。

 

 「人には青箱を開けねばならない時が必ず来る。だが開けられない奴もいる。…お前は開けられる人間になれ。   ---------ハーロック」

 天の神様

 私は開けられる人間であり続けます。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二十五日

ソフト土手

 ソフトバンクの基本パターン。

 誰かが育ててきた美味しいマーケットに目をつける
 ↓
 強引に参入する
 ↓
 バカみたいな価格と初心者を食い物にする商売でシェアを上げる
 ↓
 アフタサービスやサービス自体の質の低下
 ↓
 業界全体にユーザの不信感を植え付ける
 ↓
 結局マーケット全体が勢いを削がれる。

 

 これが基本パターンであると思う。

 携帯市場も同じような末路をたどるのではないだろうか。
 予想外割引に見られるさまざまな縛り、例外、ペナルティを見ていると、最初のうちに一気に強引に売りつけて、後は機種変更やキャリア換えで数万取られるシステムを利用してユーザを拘束。

 強引に金をむさぼるというのが目に見えている。

 

 しかしまあ、他がさらに安いプランを出したら、さらに安くするとは、随分と大人気ない提案である。
 ここは一つ、ドコモとAUが協力して、ソフトバンクつぶしに行くというのはどうだろうか。

 

 まず、ドコモが通話に関して、ソフトバンクよりも圧倒的に安いプランを提示する。

 次にAUがメールに関してソフトバンクよりも圧倒的に安いプランを提示する。

 

 そうすると、ソフトバンクはドコモよりも通話を安くして、AUよりもメールを安くしなければならない。ドコモとAUは片腕くらいしか痛まないが、ソフトバンクはそれが両腕に直撃するという形である。

 

 あの孫のはしゃぎ方を見ておると本当にイライラしてくる。

 たとえば、ふと見た掲示板に現れた空気の読めない子とか…やたらと煽る子とか…そういうものを見つけた時の感情にとても近い。

 つまり、早い話が孫正義は厨房ということであろう。

 どこにでも居るであろう「ボクがボクが!」と、ウザいやつ。「ボクがいってやっつける!」って感じであるな。この場合、主人公補正が無いと犬死する。

 孫には主人公補正は無いので、このままいけば倒れてくれるやもしれない…。

 

 そもそも・・・ドコモより、AUよりと言うあたり、自分の立ち居地が解っていない。
 他者を基準にしないと自分を固定化できないのであろう。今回の予想外割引は、ソフトバンクが今後の路線を見失って迷走している事のあらわれであると思う。

 だいたい、ソフトバンクがやってるんだから、良いサービスであるはずがない。

 これはもう、定理というより、公理と言っても良いだろう。
 ソフトバンクが顧客のことを思って商売することはない。これは公理だ。

 

 この公理を用いて、ソフトバンクの携帯もロクなものにならないという定理を導くことも可能であろう。

 

 だいたい、孫は「予想外割」を使うには、「新スーパーボーナス」という契約が義務付けられているが、「26日に店頭で明らかになる」とかほざいておる。

 そんなに言いづらいことなのか・・・。

 ちなみにスーパーボーナス契約は24回払いで買わせて、換えるときに残りを一括で支払いさせる恐怖のシステムである。

 それに新がつくなんて…。
 48回払い契約でもさせるつもりだろうか…。

 それとも、まだ検討中なのだろうか…。

 

 何にしろ、ソフトバンクの今後の動向から目が離せる。

 え?離せないじゃないかって?

 そんなはずないだろう。仮に乗り換えるとして、そもそも候補に挙がらないので目なんか離しちゃってOKである。 

 天の神様

 孫に天罰でも軽く一本いっときましょう。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二十三日

柔らかい銀行

 ナンバポータビリティが始まる。

 というわけで、私の身の回りのボーダフォンユーザたちは続々と、他へと乗り換え始めている。
 いくらなんでも、ソフトバンクじゃイヤであるからな。恥ずかしい。

 ヤフーボタンとかついておるのが、もう見てられぬ。

 しかも、ボーダフォンユーザが今までずっと積み重ねてきた、累積使用期間を全てゼロにリセットするという暴挙に出ておるから、もう迷う必要はないわけである。

 さようなら孫正義。

 

 人間の第一印象と言うのは基本的に外見で決まる。

 孫は最低最悪の外見をしている。
 まず外見でアウト。次に、名前を知って、あれ日本人?じゃないよね?という印象でさらに低下、そんな不遇の人と言えるであろう。

 まあ、不遇ではあるが、因果応報だから仕方ない。

 

 どうしてこんなに、悪名がついてしまったのか不思議である。
 アコギな商売ばかり続けておったからだろうか。

 少なくとも、ソフトバンクと聞いて良いイメージは無い。
 十年以上前ならば、そうではなかった。

 ソフトバンクと聞くと、ああ色々雑誌出してるよね?と、いうようなイメージであったのを覚えている。

 今のように、あぁん?あのクソ会社か。と思うようなことは無かったような気がする。

 

 たしか、私が買ってたサタマガかサタファンのどっちかがソフトバンクから出ておった気がする・・・。

 なので、嫌いではなかった。当時は。
 だが、今はその名前を聞いただけでご飯が不味くなってしまう。

 

 ズタボロに叩かれまくっておるソフトバンクであるが…不思議と信者はいない。

 系列ではあるが、ガンホーには癌畜と呼ばれる我々のような信者がいる。

 クソゲー会社として君臨するアイデアファックには、沢山の信者がいて、ファックファック言いながらシットなゲームを楽しんでいる。ファックファック。

 が、ソフトバンクは本気で嫌われるのである。

 つまり、ガンホーは腐ってても、一応ROはつまらなくは無い。

 アイディアファックは恐ろしいことをたまにするが、基本的には面白いゲームを出している。

 というように、利点が多少ある。

 ソフトバンクの利点?
 そうだな・・・思いつくことと言ったら、IT企業の中でも特段に輝いているということではないだろうか。

 

 社長の頭が・・・な。

 乗り換えキャンペーンとして、孫の頭をスリッパで一回すっぱたけるとかやったら、絶対ユーザ増えると思うのだが・・・どうでしょう?ソフトバンクさん。

 天の神様

 ハリセンでも可です。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二十二日

クソゲの境界

 良くないパターン。

 スペクトラルソウルズ2をやる→最初はシビアなバランスが楽しい→レベル上げのやりかたを覚える→気に入った強いキャラをそだてる→単騎で敵陣突入させて壊滅させる虐殺プレイを始める→育ちきったキャラで敵を蹂躙して遊ぶ。

 

 IF患者パターンにハマりはじめている。

 新生シンバ帝国のレイリアと、ローゼス解放軍のリューンエルバがぶっちぎりの強さを発揮してしまっている。強い→倒しまくる→他キャラにEXP入らない→さらに一人だけ強くなる。

 という悪循環である。

 恐ろしいことに・・・何が良いゲームで、何が悪いゲームなのか規準が曖昧になってきた。

 

 ど、どこが悪いゲームなんだろう。
 何がクソゲーで、何が良いゲームなのだろうか。

 同じシステムを流用して、同じ世界観で何度も何度も作品を出すのが悪いことなのだろうか。

 本だと思えば良いではないか。シリーズものの本なのだ。

 

 絵だって綺麗だし、ストーリーだって割りとしっかりしているし。

 

 BOTゲーみたいなFF12とかとくらべたら、一億兆万倍(小学生単位)くらい良いではないか。と、思えてきてしまったのである。これは危険な末期症状である。

 ちなみに、そのことをIF信者の友人に話したら、現実に帰れるゲームを今度貸してやると言われた。

 「学園都市ヴァラノワール」をプレイすれば、クソゲーがいかなるものか貴様は理解できるだろうと言われた。
 信者である彼ですら、途中で投げ出したと言う伝説的な逸品であるらしい。

 公式サイトを見ても、全体から漂う地雷臭が鼻を突く。

 これは危険だ・・・。とても危険だ。

 

 IFはSRPGは割りと面白げなものを作るが・・・ひとたび、そこに恋愛ゲー要素を入れると、一気にクソゲの老舗と化すらしい。確かに、純情で可憐メイマイ騎士団も、スペクトラルフォース2を流用しただけという酷いゲームである。

 

 というわけで、病が信仰してしまったら、抗生物質としてヴァラノワールをやってみようかと思う。 

 ちなみに、さらにもう一つ、黒歴史とまで言われるゾンビゲー、爆炎覚醒ネバーランド戦記というのもあるが・・・それはまだとっておこう。

 天の神様

 ソウルズ2が楽しいんです・・・クリアしたらブレイジングソウルズをやろうかと思います。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二十一日

ばかばっかばか

 明日も礼拝はお休み。

 Hellow Hellow How Low?(挨拶)

 

 ひっさびさにカラオケ行ってきた。
 私はとりあえず、RAPE MEを歌っておいた。ニルヴァーナは英語が簡単だから歌いやすくて良い。

 

 さて、世の中には頭のおかしい、救いきれない連中と言うものが居る。

 http://www.asahi.com/national/update/1022/TKY200610210287.html

 彼らである。
 頭おかしいというか、イカれている。

 行くなら、アメリカ大使館にデモに行け。
 落とす必要もないのに、大金をつぎ込んだ原爆を使わねば、議会を納得させられないので原爆を落としたアメリカ大使館にでも文句を言いに行ったら良いのだ。

 盗人猛々しいとはこの事である。

 

 世間の親たちは、子供達にしっかり教育せねばならない。彼らを指差して「あいつらは、泥棒よりも悪いやつなのだよ」と。

 

 かの、安倍総理も、幼い頃に祖父の岸信介から教育を受けていた。
 彼は安保闘争のデモ隊の人間を指差して「あいつらは、泥棒よりも悪い奴らなのだよ」と、幼き日の総理に諭したそうである。

 

 くだらない。
 こうして、金ほしさにデモをして、何が悪くて、何が正しいか、クソもミソも見分けがつかないような、耄碌した死にぞこないどもが、街中で老害をはき散らかすのは、空襲並みの被害である。 

 賠償金せしめて、立派な自分の墓でも建てるつもりであろうか。
 棺おけに片足突っ込んでおるくせに。

 

 謝罪を求めるのは私は許そう。

 それは自由だ。

 だが、謝罪と賠償を求めるのは不愉快である。
 だから、国はここで一つの試金石として選択肢を出したら同だろうか。

 「謝罪はしても構わない。その場合賠償金は出さない。賠償金を出すのはやぶさかではない。その場合、こちらの非は認めないし謝罪もしない。」

 さあどっち!?

 とでも言ってやれ。

 あるいは「何ウォン欲しいのですか?」「ピョンヤン行きの飛行機は必要ですか?」

 

 まったく、くだらない。
 戦争の被害は全員が受けた。国民全員が受けた。そしてまた、国家の暴走は民主国家においては国民の責任でもある。ならば、そこに賠償を求めるのは筋違いである。

 

 老い先短い、賠償しても三途の川の渡し賃にするしかないような老人どもが跳ね返りおって、不愉快である。

 

 文句を言っておるうちに、マトモな連中はぐっとこらえ、被害の悔しさをバネに働き、財を成してきた。
 結局、中途半端な連中だけが、自分の人生が悪くなったのは自分のせいではないと、老境に至っても目覚めずに責任の転嫁先を探して吠えておるだけである。

 そのうち死ぬ。放置しておけば良いであろう。

 人生とは謳歌するものである。
 くだらぬ過去に縛られて、みっともなく振舞って金をせびっている間にも、彼らに残された人生の時間は刻刻と過ぎていくのである。

 そして、死に際にいたって気づくのだろう。私は何をしていたのだ・・・と。

 エイメン。可哀想に。

 天の神様

 救いきれない者達にせめてもの慈悲を。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二十日

うちはメタル系サイトです

 今日、凄い酒を飲んだ。

 しそ焼酎のたんたかたんというのを知っているだろうか。しその香りのする不思議な焼酎である。

 そこと同じ会社が作り出した・・・La Tomatoという恐ろしい焼酎である。なんと「トマト焼酎」。

 飲むと不思議なことに、トマトの甘みと香りと、あの微妙な青臭さがあって、とても爽やかな味だった。そして、何より、びっくりするほどトマト味。

 びっくり具合が凄まじかった。

 冷やしトマトとかをつまみに、あのトマト焼酎を飲んだら、ワケ解らなくなりそうで面白かった。
 最近は技術の進歩で、何でも焼酎になるのだなぁと思い知らされたのである。

 便利な世の中になったものである。

 

 ちなみに、本日は西麻布にある、プレオープンの肉と焼酎の店「花より団子」という店に行ったのであるが、なかなか面白い店だった。

 男性店員が…全員、長髪を後ろで束ね、あごヒゲをはやし、その上で着流し姿という、どう見ても浪人なスタイルなあたりが非常に好感が持てた。

 店長がその姿で巨大な十字架ネックレスをつけておったあたり、彼は恐らく元々はキリシタン大名か何かに仕えていたのだが、キリシタン大名ということで主君がお家取り潰しの憂き目に遭って、浪人となったのやもしれぬ。

 だからと行って、女性店員が街娘というわけでもなく、普通に綺麗な着物姿であった。何か納得行かない。

 店内に、和甲冑が飾ってあるのも、帯が無意味に飾ってあるのも、何故かBGMが浪花節なのも、どう見ても外国人ウケ狙いな内装なども、面白かった。

 BGMの浪花節はヤバかった。
 店長も認めるほどの「ちょっとやりすぎた」具合であって、いくらなんでも浪花節聞きながらメシを食う気分にはならぬであろう。もうちょっと、他のBGMにしたほうが良いであろう。

 浪花節は語りが多すぎて、BGMとして機能していない。

 と言っても、店員が浪人なので、あまり気取った和風の曲もよろしくないであろう。

 そうなると何なんだろう・・・難しい。

 浪曲とか…。演歌は何か方向性が違うし、民謡なんかはみっての他。漁師歌とかも違うし…。

 

 ただ、力いっぱいお店の内装と店員の服装と何もかもが勘違いミスマッチオシャレ系(私が今考えた系統)なので、ここはミスマッチを狙っていったほうが良いかもしれない。

 音量小さめでうっすらとスカトログラインドとかゴアグラインドとか、ポルノグイラインドとかが良いようにも思える。

 スラッシュメタルも良いやもしれぬ。

 

 で、メガデスとかテスタメントとかスレイヤーを思い浮かべてて…ふと、恐ろしい言葉が思い浮かんだ。

 

 メタリカ音頭

 

 さあ、君は全部のバンド名がわかったかな!?

 というか、だいぶというか、ほとんどスラッシュメタルじゃないバンド名だったり個人名だがな・・・。
 あと、ジューダスプリーストの名前間違えないで・・・。メタルの神様ですよ・・・。

 天の神様

 私はスラッシュならメガデスが好きです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月十九日

Rape me my friend

 「んん〜ん。良・い・カ・ン・ジ」

 大聖堂の廊下を歩いていた私はその声に足を止めた。何の恥じらいも無い、発情した動物のような、鼻にかかった女の声である。そんな声を出すものはここには居ないし、居るべきではない。

 ここは信仰の砦たるプロンテラ大聖堂なのであるから。

 建物全体が喪に服しているような、耳の痛くなる静寂で満たされた聖堂の廊下。そこで、その淫猥とも言える声は一層際立って聞こえた。

 だから私は足を止めたのである。
 その声がどこから聞こえてきたかと言うと、紛れも無く大司狂の執務室からであった。私は恐る恐るドアに近づいてみる。ドアは小さく開いていた。そして、執務室で画面に向かう大司狂の姿があった。

 私はそっとドアを開けて一歩を踏み込む。

 「失礼します」

 そう言って踏み出した一歩は、まるであの忌々しいヒドラなどという化け物に絡め取られたかのように重く感じられた。それほどに、この部屋に踏み込む意味は重いのだ。

 だが、レイホウ様は私になど気づきもせず、画面に見入っている。

 彼女の顔には画面の光が当たり、それは定期的に赤くなったり青くなったり、激しく瞬いたりとしている。とても聖堂には似つかわしくない光景だ。

 「バニラに任せといてよ」

 また声がした。
 今度はこれでもかという程、胸焼けのするほどに甘い甘い少女の声である。

 どうやら、先ほどの痴女のような声も、このゲームから発せられたものらしい。

 私は胸糞が悪くなってきた。

 一歩、一歩と執務机に近づく。

 「失礼します」

 返事は無い。
 ただ、彼女は一瞬私に視線を向けて、そして再び画面へと視線を戻した。それが返事だったのだろうか。
 ずしりと、部屋の空気の比重が一層重くなるのが感じられる。

 沈黙の中で、私は自分の鼓動の音が耳障りにすら思えるほどに緊張していた。
 たとえ、大地に根を張った大樹であったとしても、根を脚にして逃げ出したくなるような緊張感である。だが、私はそこに立っていた。

 否、逃げ出すと言う選択をする度胸すらも無かったのかもしれない。

 ただただ、無機物の如くに体を硬くしてその場に立ち尽くすことが最善にすら思えた。

 「ぐあああ!リューンエルバが殺られた!クソッタレ!即死ってなんだ即死って!ダメージいい加減すぎだぞ!ファック!アイデアファック!」

 レイホウ様はひとしきり画面に罵詈雑言を掃きつけると、コントローラーを机の上に投げ出した。そして、コホンと咳払いをすると、まるで何事もなかったの如く、さながらこれから説教でも始めそうな表情で私へと向き直った。

 「何か用か?」

 「い、いえ…廊下を歩いておりましたら、はしたない女性の声が聞こえたものですから…」

 「ああ、リューンエルバか」

 「は、はぁ…リューンエルバさま、ですか?」

 「人じゃない。ゲームだ。コレ」

 レイホウさまは画面を指差した。

 「これが…件のゲームにございますか。適当なダメージ調整のために、ちょっと運が悪いと即死してゲームオーバーしかねないという」

 「その通り。近頃の生ぬるいゲームに飽き飽きした身には、この程度の不親切が心地よくてな」

 シミターみたいに鋭く口を曲げて、レイホウ様は笑った。

 「ゲームにございますか…そういえば、先日はさやさや様がX-BOX360を買われたそうで…。皆様ゲームにご執心のようで御座いますな」

 「そうだな。私も買おうかと思っている」

 彼女は腕組みして天井を仰ぎ見た。

 つられて私も天井を見る。
 何も見るところの無い、石造りの殺風景な天井である。壮麗な壁画が施された聖堂とは違い、居住区は無駄な装飾を限界までそぎ落とした、ただの器に近い状態である。

 そんな無愛想さが私は嫌いではない。
 結局建物は器に過ぎない。いくら華美な装飾を施そうとも、底に穴が開いていたら意味が無いのだ。どんなに壮麗な箱をつくろうとも、収納として役に立たねばそれはゴミに過ぎない。

 だから、大聖堂としてはこうして何もない…ただ、信仰を守る場所としての機能さえあれば、装飾など不要なのだ。

 だが、そんな考えすら私は大司狂を前にするとくだらない、俗世的な事に思えてくる。

 こうして目の前で堂々とゲームをしているのが普通ならば信じられない。俗世的だとか言うかもしれない。だが、彼女はそんな事は考えていない。そもそも、俗世的だのなんだのとこだわること自体が、俗物なのかもしれない。

 私はまた天井を睨みつけた。

 「X-BOX360をお買いになられてどうなさるのですか?」

 「そこなのだ。欲しいゲームは実は一本しかない」

 「左様で…して、そのタイトルは?」

 「スペクトラルフォース3だ。他に何がある?」

 そう答えた大司狂の目は、粘性のヘドロのように、どろりと濁っていたようにすら思える。

 私は急に恐ろしくなって、気のない返事をして部屋を後にした。

 十字軍を編成する必要があるだろう。
 異端審問。いや、そんなものではない。これは病なのかもしれぬ。病を流布させし罪は重い。

 すぐにでも、十字軍を送らねばならないだろう。原宿竹下通りへ…。

 天の神様

 大聖堂に幽霊が出る。アイディアファックという幽霊である。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月十八日

ゼロサムからコモンセキュリティへ

 本日、なかなか良い映画を見た。

 韓流映画なのだがな…。

 実は、韓流映画見るのって初めてである。

 何かと言うと、JSA。ジョイントセキュリティエリアである。
 南北の国境地帯の警備所で起きた謎の事件を巡って話が進んでいくのだが…。

 良かった。
 非常に面白かった。

 割と、南北というものの対立がどういうものなのか、とてもよく解る作品である。結局、同じ民族なわけである。同じ言語を話し、同じ文化を有する同じ民族が、自分たちの所属する国家のイデオロギーによって対立しているという事が良く解る。

 結局、敵とはいえ、心から憎むことは出来ないのだろう。

 物語の終盤の見せ場のシーンの銃撃戦で流れる曲の歌詞が滅茶苦茶その場面にあってて、ちょっとグっとくるものがあった。

 

 韓国映画というと、どうしても恋愛系のばかり取りざたされるが、JSAはそんな中にあって異彩を放つ作品である。ただ、若干私としてはラストが納得行かなかった。

 ネタバレになってしまうので、抽象的に言うが、どうしてそこで主役が死なねばならなかったのか。それが理解できない。最後に彼が自殺するシーンには、言い知れぬ儒教思想の呪縛を感じたようにすら思う。

 その自殺のラストシーンが、どうにも私には安っぽく感じられてしまって、それがマイナスだった。

 それ以外はなかなか面白い作品である。

 

 ただ・・・一つ。何が何でも・・・言いたい事がある。

 

 南の兵士:イケメン俳優。
 北の同志:野暮ったい俳優。

 

 このチョイスはどうなのであろうか。
 どう贔屓目に見ても、南の連中のが格好良いのだ。それとも何か?これは南の整形手術ブームを自虐した人選なのだろうか。

 そんな風に思ってしまうほど、南北の顔面の具合が違った。

 が…しかし。
 北の兵士のが圧倒的に格好良い。本気で渋カッコイイおじさんで、北側のが良かった。南の主人公達はどちらかというと、ノリが軽かったり、ちょっとDQN気味だったり…。

 人格的にはあまり評価できない。

 北の人は本気で凄かった。人間が出来ていた。

 

 ちなみに、映画の中で印象的なセリフがあった。もし、戦争になってアメリカが本気で乗り出してきたら…開戦すぐに、北も南も全滅してハイお終い。みたいな事を言っていた。

 そういう戦力差というのは、この監督はしっかりと認識しているのだな・・・と、思わされた。

 

 まあ、とりあえず、一見の価値はある映画であった。 

 

 ちなみに、主役ではないのだが、メインの捜査官の女が凄い。

 一応、ミステリ仕立ての作品なので、彼女が探偵役なのだが…。
 ウソ発見器は知ってる?とか、脅迫して自殺に追い込んだりする。

 なんというか…彼女は物語をかく乱しただけにしか思えない。というか、浮いてた。一人だけ、空気詠み人知らずな雰囲気をギュンギュン出しながら好き勝手動き回っていた。

 彼女が居ると・・・こう、話が微妙に感動系からイライラ系へと変わっていく。

 どんな団体でも一人は居るであろう?言ってることは正しいんだけど、今は正論言う場面じゃないよ?って言いたくなる人。それがメインなのである。

 それがちょっと不満であった。

 ちなみに、ミステリとしてみた場合、トリックも何もかも下の下なので、ミステリとしては期待しないほうがオススメである。

 天の神様

 南北問題の難しさを学びました・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月十七日

殺害

 ログに関してだが・・・。
 
実は、九月分をまだ引きずっているのは意図的なものである。

 お休みしていた期間のを補充したのに気づいてもらえないままログ落ちさせると意味が無いので、休んだ?ナニソレ?という誇示のためにまだ引っ張っている。

 あと数日でログ行きになる。

 

 さて、実はすっかり買うのを忘れていたコミックスを買ってきた。
 デトロイト・メタル・シティである。コミックス買い忘れてたなんて言ったら、SATSUGAIされかねないので、本屋でとっととゲットしておいた。

 非常に面白い漫画である。

 最早、説明はホトンド不要かと思うが、知らぬやつのために言っておくと、オシャレ系スウェディッシュポップ好きなミュージシャン志望の主人公が、悪魔系デスメタルバンド、デトロイト・メタル・シティのボーカル、クラウザー二世として大活躍する話である。

 彼にはやりたい音楽の才能は無いのだが、デスメタルに関しては天才的な才能が・・・。

 そんな話である。

 実際はそんなにメタルな人間ではないのに、彼はすっかりデスメタルの偶像に仕立て上げられて、色々苦労するというギャグ漫画なのであるが、これを読んでいるととても共感してしまう。

 恐らく、この楽しみ方をしているのは、世界でもほとんど私くらいなものだろうが…共感してしまうのである。

 

 普段はデスメタルバンドのボーカルとして、カゲキな発言を繰り返していても、プライベートでは温和な青年なのである。

 

 気持ちが良く解る。
 私も普段は…世を忍ぶ仮の姿で人間社会に溶け込んで暮らしておるわけだが、そこで図らずも、知り合った人間などから「ホームページはかくあるべし」みたいな話を聞かされることが稀にあるのである。

 こういう風にしたら、けっこー人気出たんだよ。みたいな自慢話をタラタラと聞かされてイライラしてくる事がある。
 貴様のそんな自慢を聞いていたら、美味いメシが不味くなってしまうではないか・・・と。

 こんなとき、俺が本当のレイプのやり方を教えてやるという気分になる。

 

 あるいは、ソウルリンカーで臨時公平に行くことがある…。
 なぜリンカかというと、名前が違うので、万が一にも臨時で私の名前をなんとなく知ってる人に当たってしまって気まずいのを回避できるからである。

 で…「よろしくおねがいします^^」とか言って和やかに臨時公平で遊んでいると…。

 仲間が・・・私のギルドなどの仲間が私をMPKするためにトレインして、そ知らぬ顔でやってくる。
 MPKするのもされるのも、とにかくハプニングが大好きなレイホウさんにMPKトレインをプレゼントだ!みたいなノリで、やってくるのである。

 普段なら嬉しいが・・・り、臨時!臨時だから!

 と、なってしまう。

 「なんか迷惑な騎士がいますね><」とか、先手を取って言うのがミソである。私が命を狙われているだなんて口が裂けても言えない。

 

 クラウザーさんだから!と、デスメタル的に素敵な事をされて、喜ぶはずのところが苦しんでいる彼を見ていると、そんな苦悩を感じ取って共感してしまうのである。

 ああ、クラウザーさん大変なんだな・・・と。

 

 ただ、クラウザーさんの場合は、不幸にもあんな状態なので可哀想なのだが、私は望んでこんな状態なので同情の余地が無いあたりが違うのだがな。

 天の神様

 SATSUGAIです!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月十六日

YO!SAY達が!

 クソゲーたちが 夏を刺激する ロゼ脚 へそヒロ リューンエルバ〜♪ バグにかまけて お留守になるのも アイエフ的にも オールオッケー!
 I!F!クソゲ誰とシたくなる マトモなゲームに you can say good bye〜♪ 後の方まで飽きる間無いほど、IFのクソゲしま鮮花〜♪(挨拶

 

 さて、とても話は変わるのだが、バ亀田のあのガン少年騒動の良い対策を思いついた。

 非常に素晴らしい方策を思いついたのである。
 応援する会を作って、みんなでカンパを集める。千羽鶴を折りまくる。少年への励ましのメッセージなどを書きまくる。

 その上で、それを亀田陣営に送りつけて「これ、みんなお話に感動して、何かできないか!って、考えて必死で集めたものなんです。是非、その子に渡してあげてください!」

 とか言ってやれば良い。

 もし、少年が居るならば、我々の好意は彼らに届く。

 そして、居ないならば…。
 ここまでされれば、はねつけるワケにもいかない、その上渡すとなれば、少年に渡すシーンを有る程度公開する必要が出てくる。さらに言えば、ここにカンパなど現金系のものを入れておくことで、渡したことにしてそのまま有耶無耶にしようとすると、横領になるように仕向ける事ができる。

 完璧だ。

 非難するのではなく、応援することによって踏み絵とすることができるのである。

 どちらに転んでも、大きな利益がある素晴らしい作戦である。 

 

 まあ、亀田はそろそろ賞味期限切れであろう。

 そこで、亀田の末路を考えてみた。

 

 勘違いして総合転向を宣言→亀田嫌いなプロモーターがマッチメイク→仲良し家族対決と銘打って、一試合目からグレイシー一族の者と当てられる→グラウンド持ち込まれるまでもなく、パンチの打ち合いで良いのを貰って泡吹いてKO。

 これがベターじゃないだろうか。

 あるいは…。

 勘違いして総合転向を宣言→キワモノ勝負ということで曙との対戦カードを組まれる→グラウンドに持ち込まれて敗北。

 

 もしくは・・・

 勘違いして総合転向を宣言→さらに勘違いして山本KIDを挑発→対戦→即死。

 酷いのとしては・・・

 ガッツ石松を挑発→テレビ局がそれにつけこんで、特番でガッツとの試合をマッチメイク→階級が違うとはいえすでに老境に入りつつあるガッツのパンチをモロに食らって1RKO負け。

 

 これもありかもしれない。 

 天の神様

 バ亀田のギャグを楽しみにしております。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月十五日

悲しい歴史の生んだ子

 大変なことに気がついてしまった。

 

 アイディアファック鳥の糞の信者と、森ミステリ信者は非常に近い。

 何が近いって、その作品の性質である。ちなみに、森ミステリがクソだと言っているわけでもなければ、アイディアファック鳥の糞が良作を作っているというわけでもない。

 両者の質という点では雲泥の差が有る。

 だが、ベクトルでは同じなのである。

 ネバーランドを舞台とした歴史をストーリーの中核に据えて、そのサイドや裏やらを固めていくというのが、アイディアファックの基本姿勢である。

 で、森ミステリも同じように、真賀田四季の野望を中核に据えて、そのサイドや裏やらを固める、それぞれの話や血縁関係やら、あるいはアカい思想の人々とか…。そういうお話である。

 

 さらに、基本のスペクトラルフォースと2をやってないと、他作品…たとえば、ソウルズだとか、メイマイだとか・・・どういうもんなのかサッパリ解らないのと同様に、森ミステリにおいても、たとえば四季冬などは女王シリーズと両方読んだ時に初めて納得できる作品である。

 どちらか最初に読んだときは「ん???」となる。

 

 そういう意味で非常に近い。

 

 ところで、最近私がアイディアファック信者になったんじゃないかと思っている連中が居るかもしれないが、実は、私はそんなに嫌いじゃない。

 スペクトラルフォースは「劣化ドラゴンフォースである」

 wikiからの転載になるが、
「スペクトラルフォースの主要スタッフは、スペクトラルフォース開発以前はソフトハウスJフォースでドラゴンフォースの開発を行っていた。 ドラゴンフォース開発途中でJフォースが倒産、職場を失ったスタッフはアイディアファクトリーでスペクトラルフォースの開発を行い、当初の構想を繋いだ。(開発規模は大幅に縮小) なお、1996年3月に発売されたセガサターン用ゲームソフトドラゴンフォースは、発売元であるセガが開発を引き継ぎ、新規のスタッフが大幅な計画の見直しを行い完成させたものである。 両作の共通のキャラクターデザイナー日野慎之助は、ドラゴンフォース完成後にスペクトラルフォースの開発に合流、その後のスペクトラルフォースシリーズ数作品(PC版含む)を手がけている。」

 というように・・・因縁の双子なのである。
 (インタフェースなど見てもらえれば解るだろうが、極めて類似している。)

 

 スペクトラルフォースは、ドラゴンフォース開発の途中で起きた悲劇の生んだ、忌まわしき子なのである。

 

 皮肉なことに、忌み子として、この世に生を受けたスペクトラルフォースはネバーランドシリーズの礎として、プレステの庇護のもとで今に至るまでアイディアファックの収益を支え続けている。

 

 一方、ドラゴンフォースは…正統たる血統を有してこの世に生まれながらも、時代の流れに翻弄され、セガとともにその身を滅ぼして消えて行ってしまった。

 

 この事実を、知ってしまった時から、私はアイディアファック鳥の糞を愛しかけてしまったのである。

 クソゲーだけど。

 天の神様

 ス、スペクトラルソウルズが楽しいです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月十二日

信者の愛を試す

 凄いゲームが出た。

 これである

 ネバーランド研究史。アイデアファック鳥の糞が今までに作ったゲームを何本かぶち込んだ作品である。ちなみに、リメイクではなく、全てPS時代のベタ移植である。

 信者から骨の髄まで吸い尽くすつもりである。

 ちなみに、収録内容としては、
 スペクトラルフォース :通称「アイジャ」
 スペクトラルフォース2
 メイマイ騎士団
 スペクトラルブレイド
 砂のエンブレイズ:穴掘りゲー

 

 という、ラインナップである。
 基本的にはほぼ同じゲームである。
 ちなみに、フォース2と、メイマイ騎士団はほとんど同じゲームである。メイマイの方が恋愛要素追加…というものだが、こちらのメイマイ騎士団・・・作品名を正確に言うのが超恥ずかしい作品である。

 ~純情で可憐~ メイマイ騎士団 スペクトラルフォース聖少女外伝 

 

 言えるか?貴様は「純情で可憐」って言えるのか?

 

 これはほとんど踏み絵状態である。
 これが出た頃、信者はゲーム屋に行って「~純情で可憐~ メイマイ騎士団 スペクトラルフォース聖少女外伝あります?」とか聞かねばならなかったわけである。

 先日本屋で「好き好き大好き超愛してるあります?」って聞いた私が言えたことではないがな・・・。

 ちなみにその時は、店員のバイトらしき小娘に「ハァ?何言ってんの?」みたいな顔された。
 で、その店員が社員らしき男に、物凄い不審者でも見つけたかのように「あの〜好き好き大好き超愛してるって本あったりします?」とか、聞いておるのである。

 殺意の意味をその時知った。

 もう少し、私が短気だったら、間違いなく種が割れていただろう。種が割れて、どこからともなく心の中に歌声が聞こえてくる「君の姿は〜♪ボクに似ている〜♪」って・・・。

 

 ちなみに最近、この曲を聞くと普通に「ヤバい…時間がない」って思うようになった。
 時間切れ曲であるからな・・・。

 天の神様

 アイデアファック鳥の糞信者に愛の手を。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月十一日

一ヵ月後は電気の日

 困ったことに…私にはこれが公開処刑か何かにしか見えないのです。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061008-00000313-reu-ent.view-000

 

 ・・・。
 えっと、これはきっと、落下して地面に激突するまでの間に異常に高まった精神が「ボクは鳥なんだ!だから、だからホラ!空だって飛べr(グチャ)」

 とか、そういう大会なのだろうか。

 鳥人間コンテストって・・・そんなバカな・・・。

 確かに日本のコンテストでも、航空力学的にそれはダメだろう?みたいなネタ機体が出ることは良くある。むしろ、飛ぶのより落ちるのをみんな楽しみで見ているコンテストである。

 だが、子供でも知っているはずだ。

 翼があるから、鳥だって、飛行機だって飛ぶんだ…。

 恐らく、この形状から察するに、パイロットが地面に対して水平になる角度、つまり、機体を真横にした状態で、数百キロの速度を出せれば、少なからず揚力が生まれるような気がしないでもないが・・・。 

 この後ろの人の姿勢から察するに、彼は飛ぶのではなく、跳ぶつもりだったのだろう。

 それなりの速度をもって射出されておるように見える。

 うん…。世を忍ぶ高校生の頃、物理の実験で台車を使ってこんなことやった気がする…。

 さらに、問題がもう一つ有る。
 この押していたと思われる男性と、パイロット(?)の男性。どちらがパイロットにふさわしいですか?と問われたときに、なんと答えるだろう。

 どう考えても痩せている方である。

 しかし、ここで一つの仮説が生まれる。
 痩せている方のが本当に良いのか・・・。

 彼らとて、これで飛べるとは思っておらんだろう。おそらく、射出による飛距離を稼ごうと思ったのではないだろうか。回りにロクに飛べそうな機体のヤツがおらぬので、だったら単純に前方に射出してしまったほうが距離が稼げるのでは!?とか思ったのかもしれない。

 その場合、運動能力的に、どちらが押すのもせいぜい出る速度は変わらないだろう。車輪がついているので、最初のトルクさえ得られれば、加速は容易である。

 そうなると、デブよりは運動神経が良さそうな方が押したほうが良い。

 さらに、重たい方がパイロットになる利点がもう一つ有る。

 等速直線運動をする物体の運動エネルギーは、質量と速さの二乗に比例する。

 射出後、機体は空気抵抗で徐々に減速しつつ、重力加速度を得て落下していく放物線運動を辿る。

 その際、運動エネルギーが大きい方が、仮に向かい風だったりした場合など特に、距離を稼げるハズなのだ…。考えてみて欲しい。吹きすさぶ突風に向かって、ゴルフボールを投げるのと、ピンポン玉を投げるのはどちらが飛ぶだろうか。

 というわけで、このデブが選定されたんではないだろうか。

 恐らく、下は湖か何かで、沖に向かって飛ぶものと予測される。
 その場合、湖面で空気は冷却され、冷たい空気は下へと向かって行き、逆に湖の外延部で温められて山に当たるせいもあって上昇気流となると考えるので、沖から湖岸へ向かう風が恒常的に吹いていたのではないだろうか。

 そのため、高い運動エネルギーを持って前方に射出した方が、距離を得られると考えたのだろう。

 

 ・・・ただ、こいつらの表情を見ていると、そんな事考えていたとは思えない・・・。 

 天の神様

 何も言わずに写真だけ見せたら、残虐シーンですよ・・・。彼らに知恵を。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月十日

ジークハルト

 ニンジャのスキルに、爆炎龍というスキルがあるらしい。

 それを知った瞬間に私は…「怒り爆炎龍→空中モズ落とし」

 という言葉が頭によぎった・・・。
 半蔵の誇る超美しいコンボである。

 C+D → AABBCCABCCCCCC という14連斬とか、今知っている子がどれだけいるのだろうか…。
 あるいは、半蔵だったらC+D→回り込み→C+D→回り込み*無限。

 とか…。

 個人的に、対戦は非常に冷ややかで全く盛り上がっていなかったが、サムスピは天草降臨が好きである。
 サムスピならではの大ダメージの攻防と、コンボの爽快感が上手くマッチした傑作であると思っている。

 ただ、コンボが…無限コンボに即死コンボにと、ヤバいのが溢れかえっていた。それも含めて好きである。

 で。。。ニンジャスキルの一閃とか見ていたらこう、ほんと懐かしくなってきた。

 

 一閃は念状態じゃないと使えません・・・とか。どこの怒り爆発だろう。
 どうして連ね斬りがないのか不思議である。

 (連ね斬り3段止め→中斬り)*3→武器飛ばしが、ほぼ全キャラで即死コンボだったこととか、本当に懐かしい。

 

 

 という栄光の日々ははるか遠く・・・もうサムスピもKOFも、可哀想なゲームになってしまった。

 KOFなんて、昔は対戦格闘のメインストリームだったのに、今じゃ…風変わりな人がプレイしているのを見て、マガキすげー!なんかシューティングゲームみたい!とか、感動するためのゲームである。

 まったく、やりたいと思えない。

 

 サムスピも結局、復権はならなかったし、ネオジオバトルコロシアムに至っては、黒歴史と呼んでも良いだろう。久々に、あかりが使えて嬉しいな、とか思いつつも、一度もプレイしなかった。

 世界観ブチコワシはゲーム衰退の第一歩なのであると実感させられた。

 

 と、いうわけで、本当にニンジャとガンスリは大丈夫なのだろうな・・・と、不安になってくるわけである。

 

 

 関係ないのだが、今突発的に頭の中に「マリアンデール」という単語が浮かんで、ラングリッサー5がやりたくなった。
 最近FFがDSでリメイクされたりと色々とリメイクが盛んだが・・・。

 ぜひとも、DSでラングリッサーシリーズ(何が何でもミレニアムは除く)を、リメイクしてほしいなぁと思う気がする。

 あれは、世界観を最後まで守り抜いた(何が何でも、神が許したとしてもミレニアムは除く)偉いシリーズだったなと、いまさらながらに思うわけである。

 FFより偉いよ・・・個人的にはそう思う。

 天の神様

 みなの記憶から!ラングリッサーミレニアムを消して!消して!!!
 エロマンガ家つながりで介錯使ったりしちゃって、大失敗なアレを!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月九日

体育の日

 復活しました。復活です。

 もっとも、復活したかのように見せずに復活するのが味噌だが・・・。

 こっそり?復活である。

 

 というわけで、世の中、さやさやのweb拍手で「どうして休止しちゃったんですか?」なんて聞く輩もいたようなので、色々と積もる話をしよう!

 Q.どうして休止していたのですか?

 A.月9ドラマごっこしていた。

 

 Q.それと更新できないのにどんな関係が?

 A.ヘタをすると殺人事件が起きかねない人間関係。

 

 Q.タイトルをつけるとしたら?

 A.「欺き、欺かれ」

 

 Q.今は?

 A.「誰も僕を責めることはできない」

 

 Q.アルカナで言うと?

 A.正義。何もかも不確かであるが故に、正しき答えを導かねばならなかった。

 

 Q.元気ですか?

 A.とても。

 

 Q.なんでそんな事に?

 A.そういう運命だから。

 

 Q.どうでした?

 A.楽しかった。

 

 Q.今後の活動は?

 A.何を言っている?休止?悪い夢でも見ていたんじゃないか?よく見てみろ、ちゃんと毎日更新しているぞ?

 

 天の神様

 まだまだまだまだまだまだまだまだまだまだ、頑張ってます!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月八日

それは

 好きなプロレス技はフルネルソンスープレックスである。

 あの、スープレックスの中でも、最も殺傷能力が高いと思われるところが素晴らしい。
 フルネルソン状態のため、受身も取れないし・・・。

 ちなみに、ドラゴンスープレックスと言ったほうがメジャーかもしれない。

 飛龍原爆固めでも同じだったかな・・・。

 

 さて、北のキムさんのところで、アズラエル理事長が入れ知恵したようである。「核は持ってて嬉しいコレクションじゃないでしょう?」ってな。

 核実験をしたとのことである。
 もったいない・・・。

 よくもまぁ頑張るものである。
 瀬戸際外交もここまでくれば偉い!よく頑張った。

 ちょっと褒めてやりたい気分になる。

 色々と最近は、話題づくりに必死な北朝鮮である。

 だが、みんなもう慣れてきて放置気味である。
 喩えて言うなら、SEED2で、590機体と組んだ200機体状態である。

 無視される。
 先日もミーアザクで友人のデスティニと出撃してみたが、見事に放置プレイを喰らった。

 悲しくて悲しくて…。
 クラッカーを投げて、必死で追いかけても、無視される。ホントに無害な私。

 仕方が無いので、ビルに登って歌ってみた。
 で、その時に仲間のデスティニが覚醒。

 なんと、横で見てて笑いそうになった。
 覚醒ゲージがぜんぜん減らない。

 こちらのミーアザクから、ギュンギュンと覚醒パワーを送り込んでいるため、覚醒が終わらないのである。これは素敵だ…。

 でも負けたのだがな…。

 だって、パワー覚醒だったんだもの。(終わらないのは自殺行為)

 天の神様

 まだまだまだまだまだまだまだまだまだまだ、頑張ってます!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月七日

それは

 実はいま!まさに休止してからの日記を一気に書いている。
 十日分くらいだろうか…。

 で、あと二日!とか思いながら書いているわけである。

 私の計画としては、こうして穴になってる部分を全部しっかり埋めて、何事もなかったかのように平然と更新する方向で進んでいる。

 元々、夜中に動くことが多い状況に陥り、帰れない可能性があるため(シーは本当に危機だった)、一時的に休止したのだが、比較的落ち着いたので大丈夫である。

 

 最近、ROの横殴り問題について、不思議に思うことがある。
 どうして、ROって…いつからこんなに、横殴りに対して過敏になってしまったのだろう。というか、横殴りという言葉自体がおかしいように思える。

 確かに、殲滅力の低い防御ステキャラが一生懸命どついていたら、後ろから高威力のDSがすっ飛んできて持っていかれたりしたらそれは、まあとても大変である。

 随分昔にROは進むべき方向を間違えたのだと思う。

 一緒に殴ると不快に思う人が居るから、それを禁止する。
 そんな風に、ルールで縛ってしまったのが間違いの始まりであろう。

 一緒に殴っても問題ないシステムにすれば、大丈夫なはずなのだ。

 AI面の強化であるな。
 あとEXPの入手システムの改善。

 当時のROはまだまだ、システムも固まっていなかったし、色々な進化の方向はあったと思うのだが、安易に横殴り禁止にしてしまった事が・・・なんともまぁ・・・。

 

 それはそうと、最近ちょっとソウルリンカーが楽しかったりする。
 GD2で狩りをしておったら、ドラキュラ狩りPTの方々が、探し回って猛ダッシュしたりして、トレイン気味になったり、一気に敵がこっちに来たり大変であった。

 なので…ドラキュラと交戦中の彼らを見つけたので、私はソウルリンカーで、とっととボス狩りが終わるように支援をしてあげたのである。

 ドラキュラに対して、防御力を1/2にするスキルをかけてやったら、どういうわけで前衛でタゲを持っていたVIT(?)ロードナイトさんが、あっさり死んでしまって、そのままボス狩りPTは全滅。私はノピティギで壁の向こうに脱出したわけである。

 世の中、何が起こるか解らなくて恐ろしい・・・。

 支援してあげたのに、全滅しちゃって残念である。
 そういえば、防御力を半分にするスキルは、確かその代わりに何か代償があった気もするけど・・・まぁいっか。 

 天の神様

 まだまだまだまだまだまだまだまだまだ、頑張ってます!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月六日

それは

 BOTというのは悲劇的なものである。

 世界における富の偏在化の生んだ、負の側面であろう。
 チャンコロやチョンなど、貧しい国家の人間が、簡単に外貨を獲得して稼ぐ方法として定着してしまったわけである。

 非常に良くない事である。

 ただ、RMTが無いとBOTやチートが無いかというと、そういうわけでもなくて、パンヤなんぞはRMTできないが、その代わりに愉快犯的なチートやBOTが横行するという有様である。

 誰だってイカサマして楽をしたいという気持ちはあるだろう。

 それは否定されるべきものではない。あるんだから仕方が無い。楽したい、楽して強くなりたい。

 それは正しい欲求である。
 そうした欲求の実現によって、人間は今の便利な文明社会を産み出してきたワケである。

 だが、それがこと娯楽となると、悪いことになってしまう。

 一つ、対策があるとすれば、それはゲーム内のアイテムや通貨に対して、過度に高い換金性を持たせることである。もっとも、この時点で賭博開帳罪でアウトなわけだが・・・。

 現行法では、そうでもしないと法律で捌くことが難しい。

 RMT対策として、アイテムの所有権はゲーム会社にあるとする方向に進むのが理想と言う考え方があるようだが、実は案外逆なのではないだろうか。

 それがゲーム会社に帰属する以上、やはりそのアイテムは架空のデータの域を出ない。

 個人の財産として、所有権を認めてやると状況は変わるのではないだろうか。
 所有権を認めることによって、現行で、著作権法くらいでしか対応できないRMTやチートなどの問題に対して、刑法の窃盗罪などを適用していくことが可能になる。

 何にしろ…プログラマが頑張るのは当たり前だが、法整備は最優先ですべきであろう。

 天の神様

 まだまだまだまだまだまだまだまだ、頑張ってます!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月五日

一日で日記書いてる

 さて、深夜にやっている特撮が面白かった・・・。

 ライオン丸Gとかいうやつである。

 公式サイトはコレ。
 http://www.starchild.co.jp/special/lion-marug/

 特撮なのだが、放映時間のせいもあり、明らかに対象を大人に絞ったような、面白い作品であった。
 偶然テレビつけたらやっておって、つい見入ってしまったわけである。

 なかなか良い。

 特撮って、普段は全く見ないのだがな。

 そういえば、特撮といえば大槻ケンヂである。

 で、大槻ケンヂといえば、筋肉少女帯である。

 なんでも、仲直りして復活したそうで・・・。

 これからまた、筋肉少女帯の活動が見られるのかと思うととても嬉しい。
 サブカル系コメンテーターになりかけていた大槻ケンヂが、またイカれた歌を歌いまくってくれる日もそう遠くない…かもしれない。

 天の神様

 まだまだまだまだまだまだまだ、頑張ってます!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月四日

いいかげんネタがないぞ

 さて、ニンジャとガンスリンガーが、そろそろ実装されそうである。

 なんかもうお腹一杯感があるが…。
 ついでに言うと、キャラスロットも足りない。

 リアルマネーサービスで良いから、アカウントキャラスロット拡張をやってほしい。

 ま、育てる気力なんざ無いわけだが…。

 だんだんと、世界観が壊れてきた。
 ニンジャ・ガンスリンガー。もう大変であるな。

 ここまでブチ壊しなのも珍しい。なんかもう、何でもありな雰囲気が出てきた。
 テコンとソウルリンカーの時点で、かなり危険なのであるがな…。

 ガンスリンガーという単語がちょっと気になる。ガンナーで良いではないか。
 ガンナーなら許せる。

 もっと古臭い銃で戦うキャラならかっこよかったのに…。
 フリントロックとか、マスケットとか。

 ガトリングはちょっとやりすぎである。

 だいたい、手持ちガトリングガンはハリウッド映画が発祥の架空兵器だし…。

 何にしろ、加減が大事であるな。
 やりすぎて雰囲気壊れないことを祈っている。 

 天の神様

 まだまだまだまだまだまだ、頑張ってます!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月三日

バカだ

 そういえば、ACCSの理事とか、CESAの理事とかやっている、産業所有権法の偉い人から聞いたのだが、喫煙しても黄色人種は肺癌にはならないというのが、最近の国際胸部外科学会の通説らしい。

 基本的にアングロサクソンとかとは我々は体のつくりが違う。

 で、タバコによって引き起こされる肺癌というのは、扁平なガンで肺に広がるようにできる。
 だが、黄色人種は基本的にこの種の肺癌にはならないそうなのである。
 なるのは突起になるタイプのガンである。
 この種の突起になるタイプのガンは喫煙によっては発生しないらしい。

 というわけで、黄色人種はタバコで肺癌には、なりにくいそうなのである。

 でも、血管内壁とかは傷つくので、体に悪いことは確かである。

 ちなみに、前にも書いたが私は間接ヘビースモーカーである。
 吸わないけれど、嫌煙じゃない。

 別に嫌いじゃない。

 最近、間接ヘビースモーカーも割りと多い事を知ってびっくりしたものである。
 吸わない=嫌煙じゃない!

 というのは、嫌煙家の連中はよーく留意しておいて欲しいものである。

 嫌煙家の態度を見ていると、嫌嫌煙になってしまいそうなことが良くある。

 タバコより空気悪くしてることがあるのだ…。

 天の神様

 まだまだまだまだまだまだ、頑張ってます!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月二日

バカだ

 昨日、マルキに行ってきた。

 一緒に行ったのは、随分昔に仲良くしていた女の子である。
 私が世を忍ぶ高校三年末期くらいに、中学二年生だったと記憶している。

 当時は滅茶苦茶に年下というイメージだったが、なんか久々に会ったら、そんな風には感じなくなってしまった。年齢差が現年齢に締めるパーセンテージの減少のせいだろうか。

 それとも、互いに一通り、成長する時期が終わっているためだろうか。

 不思議なものである。

 会うのは四年ぶりくらいだったが、私のほうがぜんぜん変わってないので、スムーズに待ち合わせできた。

 で、あとは肉肉肉。肉が美味い。

 バレーボールをやっている子なので、良い食いっぷりだった。

 そういえば、先週もマルキに行った気が・・・。
 先週の日曜。ディズニーシーの翌日。私は友人とマルキに行っている。

 二週連続である。

 そういえば、15日にも行く気が・・・。なんだこれ・・・マルキラッシュ!

 天の神様

 まだまだまだまだまだ、頑張ってます!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十月一日

バカだ

 正義:何もかも不確かであるがゆえに、正しき答えを導かねばならぬ事を…。

 

 というわけである。
 正義と言うのは、不確かな中から、自らの意思と責任において、正しいとするものを決める行為を言うのだろう。

 だから、どうというわけでもないのだが、ふと言ってみたくなった。

 

 さて、「人身事故見ちゃった」というタイトルで、友人から写メがきた。

 さあ、見られるか?貴様は大丈夫か?

 私は五分ほど悩んだ。
 見るべきか、見ないべきか。

 悩んだ末に見た。

 そしたら、友人が「ウソ!ビビってんじゃねぇよ!」って書いた紙を持って自分撮りした画像だった。

 軽く殺意が…。

 天の神様

 まだまだまだまだ、頑張ってます!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!