大晦日

おお味噌か

 さて、大晦日が過ぎた。書いてる時点でもう元日なのだがな・・・。K−1見たあと、ロマサガやっておったら時間を忘れてしまった。

ちなみに、年が明けた瞬間くらいに確か、タイガーブレイクをアスラ道場でひらめいていた。ロマサガ3で最強の技をひとつ選んでくださいと言われたら、私は間違いなくタイガーブレイクをあげる。防御無視で自分のステータスアップまでついているとか、鬼・・・いあ、虎である。

 幸先良い幕開けであるが、来年は虎じゃなくてネズミなのだがな。

 まあ、それはそうと、今年一年を振り返って総括である。

 激動の年であるな。豊橋行ったし。豊橋でいろいろな人に出会った。 本当にいろいろな人だ。そしてその中には私を信頼してくれる人もいた。 自分が死んだら、ネットの友達への連絡とかHPの後処理とかその他諸々を頼む・・・と、そんな生まれて初めてな頼まれごとをした。

 死んだ人の両親に請われてやったことはあるが、生きている人に頼まれたのは初めてだ。

 私の今最大の目標は、彼女を死なせない事である。その上で、生きる楽しさを見つけてもらいたい・・・。これは来年への抱負でもある。

 まあ、そんなこんなで今までとは全く違った人間関係を構築しつつある豊橋。

 豊橋に来てから薦められて、新たなジャンルの音楽も聴き始めた。

 ガゼット、アリスナイン、彩冷える、Dir en Gray、MoiDix Mois、それから北出奈々。

 早い話がV系と、ゴスだな。北出奈々は昔から知っておったが、しばらく見ないうちにゴスロリになっておってびっくりである。ゴスロリが趣味とかは言っておったが、出た頃は普通な格好で歌ってた気がする。

 そんなわけで、聞いてる音楽が軽く中2病ちっくであるが、まあそこは楽しいからOK。

 ああ、そうそう・・・今年知った漫画。ブリーチ。ありゃ面白い。

 私に死後を頼むと言った娘から薦められて買ったのだが面白かった。そういえば、その子から電王も薦められて見たが、大いにハマり中である。

 自分で挑戦した新規分野としては、闇金ウシジマくんとか面白かった。

 まあ、いろいろあったわけだが、そんな2007年は去った!というわけで、2008年もよろしくおねがいします。 

12月29・30日

アサシネーション

テキストエディタで日記を書いておる。びっくりだ。

そんな事情があるので、実は今日は<P>タグでのみ改行してるから、ちょっと読みにくいかもしれぬ。

これはこれで新鮮でよいのだがな。段落スペースが無いのも、同様の理由による。  TTTEDITOR使ってもよかったのだが、別にあれ、一からタグ組むときに便利なだけで、こういう編集では大して楽にならぬので、使わなかった。

さて、そりゃそうとだ・・・。

昨日は、ビックカメラでアサシンクリードを買った。これ面白い・・・が、何か慣れてきたら時代劇ばりにバッサバッサと 切り倒しながら剣戟アクションができる・・・というか無双気味になるので、これはちょっと自重気味に暗殺に徹する方が良さそうである。

ただ、なんと言うか・・・戦い方がすごい勢いで、時代劇ちっくなのである。囲まれながらも同時に切りかかってくるのは一人のみ。バッサバッサと 切り結びながら、カウンターでバッサリ切り捨てる。 その際のアングルとか演出が限りなく時代劇ちっくである。ナンダカナー。 とはいえ、このゲーム。おそらく、この戦い方はゲーム苦手な人用であると思う。やはり、ソーシャルステルスからの隠し武器によるアサシネーションこそが最大の醍醐味である。

その意味の違いは大きい。暴れん坊将軍と、必殺くらい違う。

ゲーム苦手な人は、暴れん坊将軍プレイでバッサバッサ切り捨てていけば良い。得意な人は、いろいろ工夫しての必殺タイプのアサシネーションにこだわった方が良い。

暗殺時の音とかはすばらしいの一言に尽きる。ついでに、町を駆け巡る爽快感もすばらしい。とにかく、作りこまれた町をただ歩くだけで楽しいというゲームである。

このクオリティでネトゲとかあったら楽しそうだなぁとか思えるほど、最高に作りこまれた街である。

ただ、気になるのが、いくらなんでも敵が間抜けすぎる。明らかにこいつアサシンだろ!みたいな展開でも気づかぬし、さっきまでおっかけてた相手が一瞬視界から消えた後、ベンチに何気なく座ってるだけで素通り。

確かに、敵を欺く快感としては良いのかもしれぬが、ちょっと間抜けである。

できれば、変装アイテムとか使えたらよかったと思う。木箱に入って移動とか・・・。

まあ、とはいえだ・・・このゲームのすばらしさはやはり街の作りこみである。

歩いているだけでうれしくなっちゃう町並みにはため息すら出る。

人の生活音が聞こえてくる仕様に、感動しまくりである。

とにかく街は、中世の中東を見事に再現しておるという点で、本当にすばらしい。広報が美人だとか、そういうの抜きにしてもよいゲームである。

ちなみに、買いに行ったとき、なぜかビックカメラで同じゲームコーナの棚で、新作ゲームソフトとして一緒に、鏡音リン・レンが並んでて謎だった。 DTM系のソフトの横に並べてあげなさいよ・・・。ゲームじゃないし、ましてゲームみたいに軽い気持ちで買って使いこなせるものでもない。

だが、パッケージ的にもゲームっぽいので、違和感が無いのがすごかった。本当に溶け込んでおる。ソーシャルステルス。

きっとこういう事なのだろう。アサシンの隠れ方も。

12月26日

パクり日記。

 携帯の機種変更をした。

 FOMAになった。

 ちょっと敗北した気分だがな・・・。
 でも、古い携帯のバッテリがもう、ぜんぜんもたなくなったので、これは!と思って、一念発起して買い換えた。

 といっても2世代前のヤツだがな。SO704iに変えた。
 やっぱ、二つ折りタイプじゃないと何か不安だ。

 口元にマイクがあってほしいと願うオールドタイプである。

 

 まあ、それはそうと、実は探しておるゲームがあるのだ。

 ただ、見つからない。

 クレイジータクシー3 ハイローラーであるが、見つからん。
 ただでさえ旧X箱ソフトという点で、扱っておる店が皆無に等しいというのに、そんな中でも最高クラスの良作だからめったな事では見つからない。

 是非、狂ったようにクレイジータクシーをやりたいワケである。あれはもう最高のゲームだ。
 が、ちょっと練習すると1時間プレイとか余裕なので、ゲーセン的には最悪のゲームだがな。

 

 さて、明日東京に帰る!

 で、明日は焼肉大会忘年焼肉会である。焼肉大会をしているメンバーで忘年会として焼肉である。意味不明な感じだがな・・・。

 で、明後日は、焼肉である。

 彼女にフられたてホヤホヤの可哀想な友人に、焼肉をオゴってあげつつ、話を聞いてあげるのだ。
 一応、心理療法カウンセラーの講座を卒業しておるので、話を聞いて・・・励ましてやるのだ。という名目の元「キミを・・・笑いに来た」とか言ってあげようと思っておる。

 今、傷心の彼のバイトは何かというと「ジャングルクルーズ」。お前ちょっと面白すぎである。

 最大の目的はディ●ニーランドの裏側のリサーチである。
 食堂の様子を聞いてみたり、どんな感じで働いているのか・・・裏はどんななのか!

 そんな話を聞いてこようと思う。

 現時点でも様々な話を聞いて居るが、直接聞いてあのキチガイ王国の秘密を知ろうと思う。

 ・・・ちなみに、ミッキーマウスマーチを聞いていると私はいっつも、フルメタルジャケットのラストシーンを思い出してしまうので、あまりディズニーは好きではないのだがな・・・。

 

 天の神様

 裏を知りたい。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月26日

パクり日記。

 山猫軒という、すごく美味いレストランに行った。

 初回は予約しないといけなくて、なおかつ料理も指定できない・・・が超美味いのである。

 まず、最初のオードブルは生ハムからなのだが・・・それから、今度は超美味いゴルゴンゾーラに蜂蜜をかけたものを、チビチビやりつつ酒を・・・。
 このゴルゴンゾーラが一般的なゴルゴンゾーラと違って、滅茶苦茶マイルドで塩辛さが無いのである。

 このとき、甘口のスパークリングワインがまた美味い。チーズにスパークリングって微妙?とか思って居ったが、そんなこと無い!美味い美味い!

 すんごい美味かった。

 次に・・・チーズの盛り合わせと、イタリアパンとお酒。
 このチーズも異常に美味い。最高であった。

 一緒に出てきたマディラ酒が凄い。かなり強い酒ではあるのだが・・・チーズにもパンにもベストマッチ!一口飲むと、なんかリアクションとして、マディラからカナリア方面に出港して海賊行為しそうな香りである。

 で、次からが凄いのだが・・・カラスミであるカラスミ。
 自家製のカラスミの盛り合わせ。

 カラスミって、サルデーニャ島が発祥って知ってた?

 そこからヨーロッパを経由して日本に伝わったワケだが・・・カラスミパンと、ボラのカラスミと、スッポンの卵巣のカラスミと、ニワトリの卵巣のカラスミと、イクラのカラスミ。全て自家製。

 超・・・超美味い。美味すぎて感動した。

 特に、イクラのカラスミとかが凄かった。
 美味しくて〜美味しくて〜言葉に〜できなぁい〜。ら〜ら〜ら〜らら〜ら〜言葉にできなぁい。

 ここで出てきたお酒が、ギリシアワイン。白ワインに松ヤニを加えてある独特の香りが美味しい古代からのワインである。
 飲んだ瞬間、エーゲ海に思いを馳せつつ、オスマン帝国艦隊と一緒にガレアスで出港するようなリアクションが取れそうだった。

 その後、白子である。
 シソの上に白子が乗っており、その下には、やわらかめに炊いた黒米である。食べ方指定である。
 白子を絶対に裂かないように、一口で全部食べて、モゴモゴして、「白子ぉおおお!」って味を味わったら、黒米を一気にもご!って行って、一緒モゴモゴする。そうするとまた、米の香りと甘みが合わさって・・・。

 で・・・ここで・・・白子を調理するときに、白子をすすいだ焼酎・・・これをくいっ!っと一気に煽る。

 美味さが脳天直撃セガサターン!

 そしてまた、店主の話が面白い。
 メディチ家の話しとか、カトリーヌド・メディシスとフランス料理とイタリア料理の関係とか、知ってはいたが、実際に料理人から聞くのとは重さが違う。

 

 で。。。次。

 今度は・・・フォアグラである。

 フォアグラの下に、やわらかーく煮たカブがあって、その下に黒米である。
 で・・・これを食う。

 うまーーーーーーーーー!

 さらにここでお酒登場。ボージョレなのだが、まあ安くて軽いワインの代表選手ともいえるボージョレだが、実はレア物のボージョレ。
 樹齢45〜120歳という古木の果実のみで作ったボージョレで・・・これが物凄く面白い味をしている。

 果実的な酸味や甘みはほとんどなく、ワインを飲んだときに飲み込んだ後に来る臭いみたいのが全く無い。
 ただ、ワインとしての心地よい渋みやら味わいやらは非常に濃厚で、ボージョレなのにフルボディみたいな味わいをしている。でも香りはスっと引いて、すごく飲みやすい。

 これがこのフォアグラ料理と超絶マッチ。

 最高すぐる・・・。リアクションで脂肪肝とか肝硬変になりそうだった。

 

 続いて〜、今度は・・・また凄い。

 焼いたパンの上に、フォアグラを混ぜ込んだレバーペーストをたっぷり盛って焼いたものである。
 これがまた美味い!

 で、ここで登場する酒がなんと!石川県で有名な、菊姫酒造の濁り酒!
 菊姫ならではの香りと、にごり酒の甘さ、そして飲みやすさ・・・これがレバーの強烈な味わいと非常〜〜〜にマッチしておってだな。

 金沢港あたりから倭寇船に乗って海賊行為に出港してしまうリアクションが取れそうだった。

 

 続いて〜・・・まだまだ続くんだ。実はすごーくもう満腹気味なのだが、どれもコレも美味い上に、飽きない程度の量ずつ出してくるから超美味い。

 今度はパスタである。
 最高のトマトを使って、極力香辛料を使わずに作ったサッパリして、少しピリ辛なトマトパスタ!
 「うちではアルデンテという出し方はしないので、ちょっと普通とは違いますよ」と、店主が言っておったが、確かにやわらかい。だが、食べやすくてとても美味しいのである。平麺なのも面白い。

 美味い、美味い、美味すぎる。

 次に・・・チーズペンネであるのだが・・・。
 最初のほうに出てきたチーズを使った美味しいペンネである。ここでまた・・・出てくるのがちょっと変わった赤ワイン!Zin of ZENとかいう名前だったと思うが、これがまた古木系ワインなのである。

 味わい深く、チーズペンネにもマッチ。美味い。美味すぎる。

 で・・・今度は、サラダ。七面鳥のサラダなのだが、これも美味い!七面鳥というと、パサパサしていてクランベリージャムを塗りたくって食べるイメージだったのだが、そんなのは無い。滅茶苦茶美味いのである。七面鳥をジューシーに焼くって何したんだ。どんなチョンボ!?

 

 で・・・締めくくりが凄い。

 お茶漬けなのだが、ただのお茶漬けではない。まあ、お茶じゃなくてスープであるしな。

 九州にある、稲作発祥の地である霧島で、ずーーーっと古代から使われておる田んぼで、古代からの米を使って作ったという米。
 これをまず、お茶碗に盛ってくれる。

 まずは一口食べて米を味わう。

 で・・・次にスープが来るのだが・・・。

 何と、スッポン!スッポンの下甲羅でとったスープ!コラーゲンだらけ!

 味付には、コショウやショウガを一切使わず、醤油だけで味をつけたというスッポンの味がダイレクトに伝わるスープ。これをご飯にダバダバ!っとかけて、さらさらさらっ!っといただくのである。

 うまああああああああああい!

 なんかもう、ガメラになって店を破壊しながら回転してやろうかと思ったくらい美味かった。

 最高だ・・・最高すぎる。
 また行きたいお店である。

 天の神様

 美味すぎ。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月26日

パクり日記。

 今日の日記はさやさやのパクりです。全力でパクりです。

 

 まあ、4GAMERで世界不思議大戦に出会ってから数ヶ月。
 悩んで悩んで、買うか買わないか考えつつ、買おうかな・・・という決意に辿り着いたHOIであるが、まだ買ってない。

 しかしHOIは歴史ゲームで、既に基本となる史実は高校で学ぶので、本道のストーリーを知ることはできるのです!

 せっかくなので、画像を使いつつキャラクタ紹介を!


 アドルフ・ヒトラー (1889年4月20日 - 1945年4月30日)

 まずは主人公の男の子、アドルフ・ヒトラーくん。

 芸術家を志したロマンチストで、新しく総統に就任したばかりだそうです。
 愛称は「ヒゲの伍長」

 伍長!伍長!伍長!

 まさに総統に相応しい愛称です。

 連合国とは対照的に、アクティブな方ですが、過激で政治経済知識ゼロな人格のため、周囲から突っ込まれるという属性は万全です。
 ボケ(ポーランド併合)もツッコミ(電撃戦)もこなせるハイブリッドなキャラクターは物語的にも大活躍でしょう。


 フィリップ・ペタン (1856年4月24日 - 1951年7月23日)

 おっとりとして、宥和的な雰囲気が漂うペタン元帥。(うそぉ!?
 髪型といい、ヒゲといい、服装といい、第一次世界大戦がが思い起こされます。

 政治家的な服装のヒトラーさんと、ガチガチムチムチの軍人な服装、ポマードカッチリとのオサレちょびヒゲと、全時代的なヒゲ、国家社会主義者な総統と、傀儡政権の首相と、あらゆる面が対照的な二人。

 電撃戦を食らう事で、自然と領土が近づき、侵されまくっていきそうです。

 ヒトラーくんが総攻めととすると、ペタンくんが総受けで普段から言いなりにされまくりという妄想が浮かんでしまいます。

 もしくは、フランスが軍人的にマジノ線とか気に入っちゃって強烈に誘っておいて、ベルギーから一気に攻められて良くわからないまま受けという考え方も!

 なんにしても、首相ではありながらも主導権はヒトラーが握るという展開が予想されます!ていうかそうなるよ。

 


 ベニート・アミルカレ・アンドレア・ムッソリーニ(1883年7月29日 - 1945年4月28日)

 最初っからドイツと組んでいるところからして、ヒロイン候補の筆頭とも考えられる謎のファシスト、ムッソリーニちゃん。

 ドイツと組んでいたと思ったら、いつの間にか勝手に降伏していた!という謎に包まれた国の指導者です。ファシスト仲間のヒトラーくんに懐いているとか。

 やたらと格好良い軍服や、イメージ優先ナ雰囲気といい、軍隊的には弱そうです。今度も見掛け倒しか!

 見た目と、世間的な噂から、自分ではどこにも勝てないヘタレ的な感じが漂います。それを守る、武士的なヒトラーくんと、微妙な立場のペタンくん。

 ヒトラーになつくヴィシー政府を見つつ、自分も仲良くしたいと悶絶しているムッソリーニちゃんが目に浮かびます。まずはしっかり戦え。

 なんか見掛け倒しなスタイル。あんまり戦局に影響しない雰囲気。ヤバそうになったら速攻で降伏する思い切りの良さ。レイホウ的オススメキャラNo1です。

 

  


 ヨシフ・スターリン(1879年12月9日 - 1953年3月5日)

 全身からあふれんばかりの雄を感じさせる、ヨシフ・スターリンさん。
 最初は傍観していたのに、いきなりヒトラーにケンカを売られた謎の男性。

 ヒトラーよりもポマードなオールバックの髪型に、赤系統の思想、不適な表情、圧倒的にシリアスな独裁政治といい、主人公というよりライバルキャラでしょうか。

 しかし、ライバルキャラにはライバルキャラの絡み方というものがあります。

 最初は中立的な行動をとりつつも、個々の力量ではかなわない強大な敵を前にして、弱ってきたあたりで参戦し成り行きで戦勝国になり・・・そして・・・という感じで。

 一見強気キャラで近代的な展開はなさそうな雰囲気もありますが、どっこい、そんな事はありません!
 詳説世界史研究さんで紹介されていたのだが・・・もういいや。

 こいつはクセ者だ!


 アンクル・サム (第一次世界大戦当時のもの)

 怪しい帽子でウサン臭い雰囲気が漂うサムさん。

 見た目は完全に人間の男性なのですが、実はこの方「アメリカ」なのだそうです。
 鬼畜米英だとかいう比ゆ表現ではなくて、正真正銘のアメリカさんです。その証拠に、彼のお友達で同じようにイギリスなジョン・ブルという人もいました。

 「ピカドン」と呼ばれる、大規模破壊を専門とする武器を、どのような方法でか手に入れたそうで、たぶんどっかに持っているのいでしょう。

 白髪に、突き出した指と、明らかにWASPを髣髴とさせるサムさんですが、永遠の繁栄を失い、世界の主導権を握ることに全てを賭けているような、ある種の傲慢さを感じさせる雰囲気。豊かさに惹かれるのも人の性です。

 幾度も実線を切り抜けていそうなサムさんも、ボス的なノルマンディーの要塞に一歩及ばず満身創痍。イギリスに武器を託して・・・じゃプライベートライアンが映画化できないので、余裕で存命。

 生きるためには需要創出が必要という建前のもと、修正資本主義を選ぶ。とかいう展開ないかなっ!(あるよ!

 

 
 東条英機 (1884年7月30日 - 1948年12月23日)

 時代がかった軍服と、重そうな勲章の英機さん。

 一見、温厚な人のように見えますが、今のところ諸説紛々です。

 怪しく輝くメガネと、多すぎる勲章の数、特異過ぎる雰囲気から見ても、どう考えても帝国軍人の類ではないでしょうか。

 しかし、ヒトラーさん、ムッソリーニさんとの違いは、思想が不明という所です。
 メインキャラクターという以上、ファシスト的なのだと思いますが・・・もし、ユダヤ人を人道的な立場から保護しちゃったりしていると、第二次世界大戦的には攻略不可じゃないですか。(意味不明)

 左派的な歴史観にもあるとおり、「対ファシズムの戦争」というのが第二次世界大戦の最大のポイントです。

 ユーザーはファシズムが自由主義の数の暴力に押しつぶされていくのを望んでいるんです!(断言
 それらの事を考えた結果・・・英機さんの大日本帝国もファシズム的国家だと断定します!(したくないよ・・・

 アレです。

 その格好から、ユーザは英機さんを軍人だと思い込むと思うんですよ。内閣総理大臣兼務なのに。

 「なんだファシズムじゃないのかー」と、アウトオブ眼中にしておいて、色々とアメリカにちょっかいをかけていって、「ええい、しゃらくさい!真珠湾攻撃だ!」と、宣戦布告をうっちゃっておいて、唐突に奇襲をすることが明かされるのです!(アメリカの陰謀っていうけどね・・・)

 「え!?ファシズムだったの!?」という驚きと、大本営発表のいいかげんさがバレてうろたえる英機さんの落差によって、ユーザも英機さんも一瞬にして死して虜囚の辱めを受けずの境地に達するでしょう。

 そう考えると・・・なんだか写真の表情もわずかに悪意が見え隠れすようにも思えてきます。

 

 

 

 ・・・すみません。ごめんなさい・・・もうムリ。けっこういっぱいいっぱいです。

 

 

 

 とりあえずHOI買わないとナ。

 

 天の神様

 意味が・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月25日

AC

 FEZで最近思ったこと。

 キャラの転職をして気づいたことが色々・・・。

 

 単発ガードブレイク
 短スカの頃:へっへっへ、ガードブレイク入れてやった!ざまぁwww
 片手になってから:単発のガドブレなら怖くないな。一応下がってガードレインかけなおして・・・っと。

 

 アームブレイク
 短スカの頃:へっへっへ、攻撃できまい。
 片手になってから:ん?蚊にさされたかな・・・。(前線を強気にウロウロしてるとアムブレされていても敵は警戒する)

 

 ヴォイドダークネス
 短スカの頃:さあ!惑え!フラフラしろ!
 片手になってから:落ち着いてバッシュ・・・。慣れると全然平気。特に、ステップにヴォイド当てられてダウンして方向見失うのが危険だが、エンダーペインのおかげでその心配は皆無。

 

 パワーブレイク
 短スカの頃:微妙に地味な対召還スキルだなぁ。
 片手になってから:なんか超うぜぇ!アムブレと違って目立つので下がるしかない。

 

 バッシュ中のガドブレ
 短スカの頃:攻撃かぶって怒られたらどうしよう・・・
 片手になってから:まじ死ぬ!たすけて!やめて!さわらないで!変態!あっちいけ!

 

 パニ:
 短スカの頃:びみょぉ。
 片手になってから:なぜか片手ヲリの私にパニをしてくる愚か者が居る・・・。

 

 レッグブレイク
 短スカの頃:さあ逃がさんぞ!
 片手になってから:スラムで逃げよ・・・・。つーかむしろバッシュしてやんよ!

 

 ポイズンブロウ
 短スカの頃:近づけまい!近づけば毒にかかるぞ!
 片手になってから:ゴミみたいなダメージだな。リジェネ飲んで突入。

 

 

 

 実は、短剣の頃有効だと思っていた攻撃の殆どが、食らう側になってみると役立っていないという驚愕の事実。
 特にアームブレイクに至っては一番意味が無い気がする。

 効果時間短いし・・・。

 

 

 とはいえ、意味があると思って頑張っておった自分が恥ずかしい。

 

 天の神様

 意味が・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月24日

ピクロス

 イベントはありがとうございました。(挨拶

 

 イベント終わってから、2時間ほど、床で爆睡しておった。

 ワイン一人で一本はやっぱ強力だ。
 何ていうか「礼拝スペシャル」だった。

 当初の予定とは打って変わって、飲みまくりながらでも、案外何とかなる事が発覚。
 多数の「ココだけの話」を連発しながら2時間はあっという間に過ぎていった。

 結局、私が話しっぱなしである。

 

 軽く、「あの人は今!」コーナーになっておったのが恐ろしいところである。

 中身としては、さやさやの今・・・。
 Yuyuの今。
 れなさんの今。

 などなどである

 怖い怖い。「ここだけの話」であるからな。

 そんな恐ろしい時間であった。
 終始皆でくだらない話しをしっぱなしである。

 

 クリスマスイブを楽しく過ごすには、本当に最高のイベントであった。私がみんなに言いたい。ありがとう!

 

 それはそうと、最後にみんなでトール火山に行ったのだが、強いとか弱いとか、生き延びられるとか、そういう次元のお話じゃなかった。

 まるで、刈り取りのような。
 収穫というか。
 稲刈りというか。

 とにかく、何が起こったのかわからないまま、カーサに刈り取られておしまいである。あんな場所があるとは!

 

 どうやったら生き延びられるのか、皆目見当も付かなかった。
 ROというゲームが恐ろしくなった瞬間である。

 アスムプティオかかってて即死って・・・。

 

 

 ちなみに、聖餐式でも言ったが。
 今頃、貴様らの初恋の純真そうなあの子も、現在好きなあの子も、彼氏と一緒にホテルで種の繁栄に貢献中である。

 

 天の神様

 良き日でした。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月23日

誕生日

 朝はごめんなさい。(挨拶

 イベントに向けて、しっかり再インストールを行ったので安心である。

 

 で、明日は凄惨なる聖餐式である。

 正直なところ、マトモな予定などこれっぽっちも無い!ただ、飲み、ただダラダラするだけである。
 クリスマスイブをそんな風に過ごすあたりに物凄い贅沢さを感じてもらえればと思う。

 クリスマスは、家で心安らかに過ごすのが常道である。出かけるなんて、このクソ寒い時期に常軌を逸しておる。

 ちなみに、お金があまり無いので、枝はちょっとしか買えなかった。残念。
 久々にROをしてみると思うのは、レベルやダンジョンの難易度の上限は上がった変わりに、逆にそこに適応できる型以外が淘汰されていった感がある。

 鷹匠、罠師、クリアサ、AGI両手剣などなど・・・挙げていたらキリが無い。

 新しい仕様の度に、この職はこういうもの!という、ある種のステロタイプ的なイメージを含んだテンプレート以外が淘汰されていく。

 

 今のROは、決まった装備で、決まった構成で、決まったステータスで、決まった狩場を順を追って進み、決まった時間を頑張るとレベルが上がる。そんな仕組みになっているように思える。

 狩りをしていても、昔のほうが狩場で「え!?」っていうキャラを多く見かけた気がする。

 VIT殴りプリ。

 やたらパツンパツン音のする鷹匠。

 ドカンドカン景気の良いクリアサ。

 ストームナイトをやっつけちゃう罠師。

 一撃の威力で勝負な氷雷。

 華麗に戦うAGIWIZ。

 クァグマイヤで回避しまくる殴りWIZ。(これはカウンターダガーで未だに頑張れるが・・・)

 

 

 今はプリと言えば支援か支援MEで、二極かINT若干振ったハンター、STR槍・・・。

 などなど。

 定番キャラばかり見かける。
 何かこう・・・世界は広がったが、選択肢は狭まったように思える。

 ・・・とはいえ変わらないのは人と、このプレイしやすさである。

 なので、明日はみんなでそんな愚痴をこぼそう!話しをしよう!

 ROは最強のチャットゲーなのである。
 それを最も活用できるのが明日のイベントである。参加を待っておる。

 

 天の神様

 聖餐式を執り行います。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月22日

天皇誕生日が近い

 なんかログインがうまくいかない・・・ちょっとまって・・・。

 

 

 それはそうと、クリスマスシーズンという事で、クリスマスらしい素敵な短編を書いてみた。何かもう、ROである部分が地名くらいしか無いのだが・・・。
 今回のはROというより、クリスマス記念!という事なので問題ない。

 で、テーマは・・・「スイーツ(笑)」。である。あと、昼ドラ風味。

 ある種のクリスマス死ね死ね的な皮肉を込めて書いた割にはちょっと真面目になっちゃってアレである。

 

 ちなみに・・・先に言っておくが、この作品はフィクションであり、私の実体験とかそういうのは関係ない事を明記しておく。

クリスマス向け特別スイーツ(笑)短編
現在の贈り物

 天の神様

 スイーツ・・・までは行って無いつもり。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月21日

いかん

 閉店1分前にスーパーに滑り込んで10分も買い物してごめんなさい。(挨拶

 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000008-oric-ent

 

 ところで、こんなニュース。
 最も感動したゲームという事だが・・・何かこう微妙。

 ちなみに、私的に最も感動したゲーム。

 1位:
 フロントミッション:色んなところが凄い。カレンデバイスが性能的には最高ではないのに、どうしてもロイド機に装備させてしまう・・・。あの衝撃と感動は忘れられないトラウマゲー。ついでに、地味なところだがモーラとかも好き。サカタと家族の確執も秀逸。

 2位:
 タクティクスオウガ:「被害者でいる方が楽なのだ。弱者だから不平を言うのではない。不平をこぼしたいからこそ弱者に身を置くのだ。」など、あまりに名言が多すぎる。エンディングは衝撃。お姉ちゃん自殺も衝撃的。民族紛争について考えちゃう一作。ロウルートが好き。

 3位:
 ヴァッケンローダー:全体的に悲壮感の漂う進行。パート間の歌姫の語り。何もかもが感動的だった。ゲームとしては難易度微妙だが。

 

 ・・・その他

 ガンハザード:急に別物になってて、正直焦った。ある意味感動。

 FF6:色々感動した。シャドウを待てない人多数。

 ロマンシングサガ3:ゆきだるま・・・その一言に尽きる。

 聖剣伝説2とか3とか・・・:リングコマンド魔法短縮が無ければ良いゲーム。でも、使いたくなくても、アイテムなどの関係でどうしてもリングコマンド開かざるを得ないのが問題。でも良いゲーム。

 ラングリッサー5:感動の完結。究極的やり込みゲー。強襲型魔光剣とか感動。ヴィラージュの声が好き。マリアンデールの生い立ちとかシグマの生い立ちとか。

 ラングリッサーミレニアム:あまりの壊れっぷりに感動した。感動した・・・。

 クレイジータクシー:存在自体が感動。ていうかオフスプリングスのALL I WANTが神すぎる罠。

 バロック:感動・・・というか何というか。感銘?

 風のリグレットとか、エネミーゼロとか:ゲーム界の風雲児に感動した

 シェンムー:あまりの尻切れ打ち切り具合に感動した。全8章の予定では?一時期はNHKでも特集されてたのに。キラータイトル予定だったのに。

 斑鳩:ストーリーに感動する。理想の器、満つらざるとも屈せず。これ、後悔とともに死すこと無し。

 

 

 

 ラングリッサー3:戦闘のテンポの悪さと、ストーリーの気になり具合が絶妙。プレイはダルい。されど先が気になる。究極。

 ソード&ソーサリー:好き

 ブラックマトリクス:単純に好き。ゼロとかな(違

 

 

 

 そんな感じである。
 とりあえずクレタクが好き。

 

 天の神様

 FF10って悪名が高すぎる・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月18日

世が世なら敗北主義者として

 佐川さんごめんなさい。

 不在票もらって再配達の申し込み→翌日帰宅が遅くて受け取れない→不在票→再配達・・・

 もう四日も繰り返してます。

 

 まあ、そんな事は気にしない。良くあるすれ違いだ。こうして、会えない日々が続くほどに商品への思いが募り、届いたときの感動も増すというものだ。気にしない。

 むしろ、会えないことで私のワクワクは増し、佐川のイライラも増す。

 それは申し訳ないが・・・まあ、しゃーないだろ。

 

 それはそうと、最近買おうと思っておるゲームがある。

 ハーツオブアイアン2ドゥームズデイアーマゲドンである。
 まあ、早い話が第二次大戦ゲーであるが・・・マイナー国家でのプレイが可能というあたりが素敵である。

 マイナー国家で、どうしようもないプレイをして、どうしようもないままに戦いを終えたりもできるわけである。

 

 中国の軍閥でプレイしてみたり、東欧の弱国でロシアの脅威に立ち向かったり。
 あるいは、ドイツで頑張ってみたり・・・。

 

 もしくは、イタリアで腰抜け国家の汚名を晴らすために善戦してもよい。そんなゲームである。戦略ゲーをやりたいのだが、ヘックスは何だか嫌いだし、AoEは・・・忙しくて嫌いである。

 AoE3はハマっておったのだが、拡張パックで複雑になりすぎて、ちょっと嫌気が差した。
 ついでに、年末の頼みの綱だったシムシティもクソゲー臭がプンプンすると来ておる。

 もう、ついカっとかなってHoIを買うしか私には道が残されていないように思ったのだ。

 

 

 ところで、第二次世界大戦っていうと、歴史の教科書に載って居るが、割と最近である。ほんの数十年前の出来事なワケだ。
 それを考えると、今の世界と言うのはずいぶんと平和になったものだ。

 

 平和ボケしすぎて無防備宣言とか出そうとしておる地域もあるわけだが・・・これって実は仮想敵国をしっかり考えないと、無意味だと思うのだ。

 

 たとえば、単なるイデオロギー的な対立とか、同盟関係による仕方ない干渉戦争だとか・・・そういった政治的な部分に起因する戦争の場合は、無防備宣言も大いに意味があるかもしれない。

 条約に基づいて保護されるだろう。

 

 だがな、仮想敵国とまでは言わぬが、日本が戦争になる可能性のある国と言えば、北朝鮮、韓国、中国がトップ3と言える。

 彼らは日ごろから、たゆまぬ半日教育を行い、日本憎しの精神を植えつけられている。
 で・・・そんなある種の憎しみによって戦うであろう相手ばかりの状況で、無防備宣言に意味があるだろうか。

 無い。

 戦争の勝利ではなく、日本人を殺すことが目的になりかねないからである。

 だとしたら、無防備宣言年は第二次世界大戦のドレスデンのような末路をたどるであろう。悲惨な目に遭うであろう。

 

 平和とは妥協によっても、降伏によっても得られない。
 平和とは、戦争あるいは外交によって勝ち得るものだ。

 

 天の神様

 敗者は・・・どうなるのでしょうね。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月17日

ウメハラ

 通販で買った服が、予想通りの形をしていると嬉しい。(挨拶

 

 2D格闘ゲーム好き(しかもちょっと古くから)の人に良くある事。

 1:リバーサル
 という言葉をよく使う。ガードリバーサル。起き上がりリバーサルなど。

 2:空中コンボを
 エリアルと呼ぶ。シェークスピアに感謝しろ

 3:ディレイ
 という言葉をよく使う。「一瞬ディレイかけてやる感じで」

 4:連続技より
 連携が好き。連続技はアホでもできる。連携は心理戦。

 5:気に食わないゲームは・・・
 「これだからコンボゲーは」とか非難するが、好きなゲームはギルティだったりする。

 6:侍魂は
 真が最高傑作だと信じている。

 7:モリガンのチェーン強制キャンセル
 が、昔得意だったことを、いまさら得意げに語る。
 ただ、チェーンコンボ強制キャンセルのファラオマジックだけはマスターできなかった!と、ちょっと嬉しそうに語る。

 8:通常技キャンセルで
 レイジングストームを出せるのが自慢。でもギース使うのはヘタ

 9:月華の剣士では
 技なんて初心者が使うもの。玄人は力でコンボをつなぐ・・・と、信じて疑わない。さらにそこから一周して技に辿り着く者も居る。

 10:やっぱ格闘ゲームは心理戦だよねー
 と、楽しげに語り、月華の剣士の弾きシステムを熱く語る。

 11:あんなの格ゲーじゃねぇ!
 格ゲーが普段はヘタな友達に、マーブルVSカプコンとかで、マグニート・センチネル・ジャガーノートの凶悪チームで永久コンボとか食らってフルボッコにされたとき言うセリフ。

 12:見てから余裕でした。
 偶然でも神プレイしてしまったときに言う、気の聞いたジョーク。

 13:違うって、キャラ萌えとかそういうんじゃなくて、技のクセのあるところとかキャラの特性が好きなんだって。
 ディズィー使いとかに多い。そして、そういう友人を知っている。

 14:ただしブリジット使いだけは・・・
 男の子でも良い。と、開き直っている。

 15:メルティブラッドは
 超好き派と、最高に嫌悪派の二つに分かれる。中立は居ない。
 曰く、「何でエロゲーマーに混じって格ゲーしねぇといけねぇんだよ」

 16:餓狼MoTWの続編がいつか出るとまだ信じている。
 ほたるちゃんに馬乗りにされて喜んだり、牙刀に燃えたり、ジェニーで「はいほー!」とか「やっふるー」とか「ひゅーひゅー!」とか言ったりするのが楽しかった。
 236236236コマンドは最早伝説。

 17:ダストアタックを普通になど使わない。
 打ち上げて中断して拾って・・・。そんな美学。

 18:何あのぶっぱソル。超ウザいんだけど。
 ダッシュヴォルカばかりやるソルに遭った時に言う。

 19:〜は凶悪だから使わない。
 あるキャラが強すぎるという事で使わないようにしてういる風を装いつつ、実際はその強キャラを使う人を暗に非難する意図を持っている場合が多い。

 20:ウメハラだったら〜
 「全段ブロッキングしてたな」
 「見てから潰されてたな」
 「全部ホチフしてたな」 
 「全部直ガしてたな」

 雀士の仕事はまだやってるのかな・・・。

 天の神様

 仕事が忙しいんですけど・・・半分やってくれません?

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月16日

仕事

 大日本飲み会の二次会はカラオケじゃなくて飲みにしろ協会を作りたいと思う。

 飲み会の後、二次会カラオケというのが何かこう許せない。
 一次会は夕食をかねつつ酒を飲み、二次会からがさあ本番!というのが世の常であろう。だのに、二次会からカラオケなどという暴挙に出るのは許しがたき蛮行である。

 カラオケは三次会以降にするべきである。

 

 というのを、年末の忘年会シーズンに向けて主張していきたいと思う。

 

 さて、それはそうともうすぐ・・・楽しい楽しいクリスマスがやってくる。今年のクリスマスイブは休日が入り込んできている。世の中には幸せそうなカップルがあふれ、街がなんかいつもと違う雰囲気になったり、ラブホがどこも満員になったりするわけだ

 

 そして、来年の10月あたりには、可愛い赤ん坊がオギャアと生まれるわけである。おめでとう。

 

 諸君らは、不屈の闘志と鋼の精神に支えられて、誰に依存することも無く、聖夜を粛々と厳かにモニタの前で過ごしてくれるものと期待して止まない。
 私は諸君らが、その義務をまっとうすることを期待する。

 

 私も今年は故郷を遠く離れて一人暮らしなので、クリスマス特別更新でもやってしまおうか!という勢いである。何をやるかって?そりゃぁ、色々だ、色々。あんなことから、こんなことまで。

 

 まあ、クリスマスの中、私は強く生きてますよ!というのを、もうクドいくらいに数時間おきに更新してやろうかとか思ってしまう勢いである。 

 

 とりあえず、ケンタッキーに行って、ゴキブリの入ってないチキンでも注文しようかと思った次第であるが、一号線のケンタが遠い。

 

 そういえば、よくクリスマスとかになると、チキンをテーブルにおいて、画面にはエロゲの画面みたいな写真が上がる事が多い。
 あれはあれで、不屈の鋼の闘志を感じさせてくれて嫌いではないが、毎年少し発展性に欠けるようにも思われる。

 

 どうせなら・・・「連れ出せ」

 モバイルPCで連れ出せばさらなる勇者である。

 外で、あの画面を表示しながら食事。一緒に電車に乗り・・・とかやるヤツおらんだろうか。

 

 昔、オッサンが抱き枕持って歩いてるヤツならどこかで見た事があるが・・・。

 天の神様

 仕事が忙しいんですけど・・・半分やってくれません?

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月15日

がめぽっぽ

 昨日・・・ミスタードーナツで、「この、一番右上から、そっちの一番左下まで全部一個ずつ」という注文をした。(挨拶

 一度やってみたかった「ここからここまで買い」である。
 ていうか、店にあるドーナツ、全部一種類ずつよこせ宣言である。

 周りの人が引きまくっておったが、店員は「大人買いですねぇ〜」とか笑って楽しそうだった。
 ちょっと恥ずかしかったけど。

 まあ、それはそうと 

 こんばんは!面白ニュースのお時間です!

 

 欧州議会が慰安婦非難決議 「20世紀最大の人身売買」

 とまぁ、鬼の首をとったかのようにご立派なタイトルである。
 

 中身を見てみると・・・

欧州連合(EU)の欧州議会は13日の本会議で、日本政府に公式の謝罪などを求める決議案を賛成多数で可決した。議会の定数は785だが、決議案への投票数は57で、賛成54、棄権3だった。決議に拘束力はない。

 との事で・・・。

 議会の定数が785で、投票数57・・・。

 

 十分の一にも満たないワケであるな。
 議論するのもバカバカしいという事だろうか・・・。でも、反対票を入れてイメージダウンも何なので、そもそも決議に出席しないでおこう的な・・・。

 

 調べたところ、オランダでも同様の決議がなされておるが、そもそもオランダの場合は日本と仲が悪い国であるので、仕方ない所もある。
 第二次世界大戦で、オランダ領東インド・・・つまり東南アジア各国を占領された上に、戦後には独立させられてしまって、帝国主義列強のメインを張れるポジションにいたのに、戦後はヨーロッパの小国に成り下がってしまったワケであるからな・・・。

 

 まあ、どこの議会にでも左派ってのは居るわけである。
 その一部が、何か血迷ってうっかり出してしまった決議案が通ったのを、嬉しそうに報道してしまうのもどうかと思うのだがな・・・。

 そういえば、ネット流行語大賞も獲得しておったな。
 つつしんでお喜び申し上げます。

 日本の誇るゴシップ紙として、応援していきたいと思う。

 

 そういえば、戦時中も朝日新聞は全力で大日本帝国を後押しする記事を書きまくったりとか、流行に敏感であるな。
 敗戦後も素早く立場を変えて・・・。

 

 まさに、昔から流行の最先端を行っていた会社というわけだ。

 

 天の神様

 大本営を松代に。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月14日

和の心

 お菓子のお家というととても、夢がある。

 しかし、私はそこで、日本のお菓子の可能性を考えてあげたいと思う。
 たとえば、日本のお菓子のお家。

 屋根は瓦せんべい。これは当然であろう。
 柱とかは、ふ菓子でできている。

 トイレには、かりんとうとか落ちておるであろう。流れてくる水は青いラムネとかソーダ水。

 サラダせんべいだとか、辛子せんべいだとかで家の中が構成されている。ざぶとんとか良いだろう。

 あんこをたっぷり塗りこんだ壁とか。

 生八橋のカーテンだとか。

 らくがんのフスマ。

 フローリングだと思ったら、のしイカ。

 

 カリカリ梅の枕とか・・・。

 酢コンブのじゅうたんとか。

 

 

 ・・・なんか微妙だ。 

 天の神様

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月13日

今年も残すところ18日と、あいなりました。

 ネットの匿名性を叩き、ネット=匿名みたいなイメージがまず最初に蔓延した。

 その後、MIXIが実名登録を推奨し、普及した。

 名前くらいで特定されないだろうとMIXIでバカな事を書くバカが出てきた。

 炎上多発。

 

 SNSは衰退期に入った。
 何だかんだ言っても、MIXIも所詮はインターネットの一部分であり、そしてそこに求められるメディアリテラシも大差ない。むしろ、実名である分、より高度なバランスと情報の取捨選択、そして何より発信する際の責任を認識しなければならないだろう。

 私がここで、いい加減な与太を書くのとはワケが違うのである。

 情報発信にかかる責任と言うものを甘く見ている人間が多すぎる。
 ついでに、仕事に関わる責任を甘く見ておる人間が多すぎる。

 

 自分のやっていることを振り返って、その分の自給に見合う事をしているか、よーーーーーく考えた方が良いだろう。

 テラ牛丼とか、ゴキブリフライだの、ゴキブリラーメンを作っている場合じゃない。

 しかも、公言するとか意味不明である。
 MIXIとはいえ、インターネット上で発言すると言うのは、世界に向けて発信することと同義語である。

 

 そもそも、インターネットにおける情報発信は最初は、HTMLを扱える人間に限られていた。掲示板が出来たとはいえ、発信と言うよりは寄り合い的な場所になっており少し違った。

 それが、ブログやらMIXIやらの普及で、情報を発信するという事の意味を全く理解していない連中が情報を発信するようになってしまったため、現状のような事態に陥っているのであろう。

 最近のガキども・・・特に中高生。携帯で、お互いのHPとか見ておる。

 

 学校で話し、メールで話し、さらに何を言うというのだろうか・・・。

 

 まあ、このままネットでの無責任な放言の危険さが広まれば良いと思う・・・。
 かつて、匿名での叩きを非難してきた連中が居る。

 ネットは匿名で何でも中傷できるから卑怯だとかなんだとか語ってきた人々が望んだ現実が今である。

 これが望みだろうか・・・。

 

 ネットの危険性は昔も今も変わっていない。
 ただ、昔はみんな匿名だった。だからこそ、玉石混交の情報の中で、いかがわしい噂やら、無責任な話を笑う事ができた。

 匿名の危険性を語り、実名を促してきたMIXIの生み出した現実が今である。

 そして彼らは自爆を始めた。

 

 結局・・・ネットが中途半端に現実と混ざり合わさってしまったのであろう。不幸だ。限りなく不幸だ。

 

 

 

 天の神様
 責任。

 変な言葉はやりますね・・・。

 えいめん! 

12月12日

1212

 さやさやのアドレスが変わった。
 www.を入れると表示できないんだそうな。潰れちゃいないので安心召されよ。

 

 ウェブマネーアワードに、ROがカスりもしていないのが、なんだかちょっと寂しげである。
 アワードのサイトが間違ってフライング発表しちゃったので解っておるのだが、優勝はFEZである。

 そこに、FFやらモンハンやらが続く。

 ROはカスりもしていなかった。盛者必衰というヤツであろうか。

 

 色々ネトゲを見ておって思ったのだが、ゲームのアップデートというのは、どういう方向性が最も正しいのだろうか。

 

 たとえば・・・RO。
 マップ、アイテムの追加、クエストの追加を淡々と続けるタイプである。

 FEZ・・・新要素を加えつつ、バランス調整。

 UO・・・バランス調整に終始。

 大航海・・・とにかく上限撤廃方向。

 

 どれが良いとも言いがたいのだが・・・。

 それぞれに欠点がある。

 ROの場合、確かに楽しみではあるが、現状で問題となっている部分の改善に完全に無頓着であるのが問題である。

 FEZはゲームシステム的に、それしか無い気がする。

 UOは、とにかくプレイヤの混乱が見ていてかわいそうである。いたずらに引っ掻き回しているだけのように見えてくる。

 大航海は、まるで果て無き道を進むかのような・・・アップデート。

 

 さあ、どれが良い!と、言われると選べないのが正直なところである。

 UOには落ち着きが欠けている。

 FEZには、新しいワクワクがちょっと欠けている。

 ROには既存の問題修正が欠けている。バランス修正が忘れられている。

 大航海は、新しい要素が果てしなさ過ぎてあまり楽しみじゃなく、不安のが多い。

 

 という感じになっている。

 つまり、UOはもうちょっと落ち着いてRO寄りのアップデートを。
 ROは、もう少し今の問題を把握してUO寄りのアップデートを。

 FEZは、もうちょっとマップ追加とかを視野に入れてRO的な拡大策を。

 大航海はもういいから、FEZくらい落ち着いたアップデートを。

 

 という事になる。

 

 ただ、どいつもこいつも、言えるのは・・・違反行為への断固とした処置をしっかりしないと見捨てられていくという事である。
 ウェブマネーアワードの上位をとったFEZとFF。どちらも違反行為への断固たる処置を明言しているゲームである。

 

 アップデートや内容より、通貨と同じで自分のステータスが無意味にならない信用こそが大事である。

 

 

 天の神様
 ROももう長いなぁ。

 変な言葉はやりますね・・・。

 えいめん! 

12月11日

クソゲー?違うな、限りなく美しい、流すのがもったいない一本グソゲーだ。

 スペクトラルフォース3をやった。

 しょっぱなから、傭兵団の団長が・・・なんか戦闘は余裕勝ちしてるのに死亡する謎ストーリー。
 ついでに戦闘は、ヒーラーをフル稼働させないと死ねるバランスの割りに、ヒーラーが自分にヒールできない仕様なので、何か事故ってヒーラーが死ぬ可能性が高く、ついでにそうなると・・・もうそのマップのクリアは絶望的となる。

 あまりの鬼畜バランスに噴出しそうになった。

 ストーリの吹き飛び具合も、バランスのヤバさも、そして・・・ゲームシステムも、どこを切っても完璧なアイデアファックである。

 慣れると、この単調さがたまらなく好きになるらしいが、私には今ひとつまだ解らない。ていうか、あんまり面白くないやコレ
 XBOX360である必要性を、微塵も感じさせないあたりがすばらしい。

 XBOX360でも、PS3でも、PS2でも、PSPでもDSでも、どんなハードでもコンスタントに、同じクオリティで、同じような作品を、同じような感じで出し続ける、ある種の模写とか写経とかにも似た、求道的リリースを続ける会社である。

 どうして、そんな事ができるのかが不思議である。
 彼らには、およそ人間にある煩悩とかが無いようなのである。

 最新のハードの描画能力を生かそう!とか、そういう欲というものが感じられない。
 たとえ、どんな素晴らしい能力のあるハードでも「自分は自分の仕事をこなすだけです」というようなスタンスで、限りなくストイックに、いつも通りの仕事をするわけである。

 目の前に、最高に美味しい料理が置いてあっても、いつもの自分の料理を作って食べる感じとでも言えば良いだろうか。

 最高に洗練されて、最高にシェイプアップされた、まさにコアの部分を徹底して磨き上げた、余分なものの無い、完璧なゲームを出してくるのである。

 

 

 ・・・と、書くと褒めてるように見えるであろう。うん。褒めてる。きっと、たぶん。

 

 でも・・・一つ言いたいんだ。ザコ敵とか装備の名前とかは、もっと考え直した方が良い。ヒヨコ虫とか。

 

 

 天の神様
 ディアスがどう見ても女。声も女。

 変な言葉はやりますね・・・。

 えいめん! 

12月10日

PK ぱんつくいこんでるの略

 最近、KYという言葉を使う人が多いが、使い方がおかしい。

 自分にとって都合の悪い事をする人をひっくるめて、全部それらをKYという単語で押し切る人が多いのが気になる。
 ただ、ここまで世間で「KY」という言葉がはやると、
朝日新聞は気が気でないのではないだろうか。

 まあ、とりあえず使い方がなってないとしか言いようが無い。

 

 少なくとも、かつては空気嫁というのは、暗黙の了解的なものを解れという程度の意味で、個人の利害関係に根ざした問題への言葉ではなかったと思う。いつの頃からか、この言葉が使われるようになって、私はこの言葉を聴くたびに、非常に不愉快な気分になる。

 

 使い方がなってない。

 

 自分にとって不利益になる全てを、簡単にそんな一言で片付けておるような、そんなヤツこそ空気嫁であると思うのだ。
 世の中には不利益も不快な事も色々ありつつも、そんなのお互い様なので口に出さずに美味いこと世界が回っておるのだから、お前はその空気を読んで口を出すな!KYとかほざいてんじゃない!と、思うことしきりである。

 

 言葉が普及の段階で、変な方向に捻じ曲げられた感じである。不愉快だ。

 

 

 だいたい、空気嫁っていう事は口に出して言った時点で、何かこう興ざめである。
 あるしゅの機知とでも言うのだろうか。

 阿吽の呼吸や、相互理解がなしとげられている状況で成立する、ある種の間と空気を持った会話ややり取り。これに参加できている状態が、空気を呼んでいる状態であろう。

 壊すヤツは空気読めだが・・・あまり口に出して言う事でもない。

 それを口に出してしまった時点で、すでに阿吽の呼吸でのやりとりの意味は失われる。

 

 つまるところ、どうにもならんのだ。

 

 まあ、とにかく・・・空気なんて読もうと思って読むもんじゃない。できるかできないか、それはその人にかかっている。ムリなもんはムリ。
 そして、読めというのも割りとムリ。

 

 天の神様
 明日から惨殺ライフ。

 変な言葉はやりますね・・・。

 えいめん! 

12月9日

スペクトラ

 ナイナイをクリアした。

 面白かった・・・。非常に面白かった。
 最後、ラスボスでちょっとだけ苦戦して、ラスボスで一度死亡。道中で一度死亡。もいちどラスボスで死亡。で、四回目で勝利した。面白いゲームであった。爽快感と難しさを美味い具合に両立させたラストだったと思う。

 

 バサバサと切り捨てる感じが非常に気持ちよくできておった。画面もきれいだし。

 

 さて、次はスペクトラルフォース3だ・・・スペクトラルフォース3。
 どうして、この会社はこんなに思考停止しているかのごとくに、同じようなものを作ろうとするのだろうか。

 そこにはある種の、様式美すら感じてしまう。

 それほどに繰り返され、様式となったスタイルのゲームである。

 

 逆に、ユーザとしては安心して買えるわけである。
 ゲームシステムはおろか、キャラまで同じだったりするわけであるからな。

 

 ついでに、ユーザもそれをわかっていて買うのである。信者というヤツであるな。

 アイデアファック信者だ。

 

 ちなみに、毎回毎回、路線変更やらシステムが全然違うとかで振り回されるFF信者とは違って、アイデアファック信者はいつも淡々としている。だって、同じだし。

 安心というものを得ているわけだ。

 

 そして、私も割りとそんなアイデアファックがすきだったり・・・。

 

 

 何が面白いというワケでもなく。
 まさにSRPGの定番としての作りであるのだが、その割と大雑把なダメージとか、戦略性=いかに効率的に敵を惨殺するか。という彼我のパワーバランスの悪さから、単調ながらもある種の麻薬的な面白さを持っておる気がする。

 連携を駆使して、いかに短時間で虐殺するかというゲームである。

 

 勝つための戦略ではない。

 勝つのは前提で、より効率的惨殺をするゲームなのだ。

 

 天の神様
 明日から惨殺ライフ。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月8日

アバロン大学

 礼拝はお休み。

 ナイナイが楽しかった。

 爽快である。
 これ、無双より楽しい。無双やったこと無いけど。

 

 なんだかんだで、初期のゲームのくせに、マップは百年戦争なんかより圧倒的に綺麗である。
 ちゃんと作りこんである。

 マップの端っことかに、森テクスチャ壁とか作る百年戦争とは大違いである。

 アホみたいに、ザクザクと斬り刻んで遊んでおった。楽しいぃ〜。

 

 百年戦争はもう忘れよう。

 

 それはそうと、ロマサガ2好きにありがちな事。

  1:ジェラールを
 極限まで使う。犬死などさせない。

 2:カンバーランドは
 崩壊させたくない。

 3:ソウルスティール見切りを
 あえて封印した事がある。

 4:ワグナスで
 あっさり全滅した事がある。

 5:逃げすぎて
 詰んだ事がある。

 6:人魚との
 愛は王位に勝る。

 7:陣形は
 インペリアルクロスが好き。

 8:皇帝を
 謀殺しまくった経験がある。鳳天舞は重宝しました。

 9:ゼラチナスマターを
 ゼラチナマスターだと思っていた時期がある。

 10:ボクオーンを
 素手で倒した事がある。

 11:退魔神剣+冥術
 これ、常識。

 12:乱れ雪月花は
 大好きだが使わない。

 13:ラピッドクイックなど
 許さん。

 14:金剛ムーフェンスも
 許さん。

 15:ネレイドが
 女じゃなくて性別不明なのが納得いかない。

 16:ワグナスにあこがれて
 サイコバインドを使ってみようとして、あまりの使えなさにやめた事がある。

 17:コッペリアは
 なんか嫌い。

 18:伝説の
 石化皇帝「来来来来来来来来来来来来来来来来来来来来」を見たことがある。

 19:分子分解は
 育成に重宝した。

 20:七英雄
 正式名称じゃなくて駅名で呼ぶ。「上野は第一形態のが強いんだよ」とか。

 

 

 15個以上当てはまると、あなたは立派にアバロン大学博士課程後期くらい卒業レベルである。

 天の神様
 アバロンアバロンうるわしの〜♪

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月7日

岡村

 正直に申し上げます・・・私はあのときのレイホウさまの目が恐ろしくて仕方ないのです。
 スペクトラルフォース3やディアーリオを手に取っているときのあの目が・・・。

 「このゲームは楽しいぞ」と、ドロりと濁った目でこちらを見つけて言うのであります。
 ああ、あれが世に言うアイディアファッカーなのでございましょうか・・・。

 とにかく、この世のものとは、正気のものとは思えぬのでございます。

 ・・・

 

 

 まあ、スペクトラルフォース3を買った。

 ふふふ・・・スペクトラル・・・スペクトラル・・・。

 

 

 とりあえず百年戦争・・・地雷だ。すごい地雷。
 面白くない。

 同じマップで延々と戦争を繰り返す。
 マップが美しくない。割と建造物とか手抜き気味。
 ストーリーが割りとどうでも良い感じ。
 無双から爽快感を奪った感じのゲーム内容。

 

 という感じで凄く地雷。

 このゲームはダメだ・・・。

 

 で、なんか無双をやりたい気分になったので、プラチナコレクションのナイナイを買ってきた
 ん?あれは無双であろう?

 

 とりあえず、なかなか良いゲームに出会えない。アサシングリードは死ぬほど楽しそうだが、何かこう・・・何かこう一歩引いてしまうところがある。

 

 まあ、ナイナイで爽快に敵をぶった切りながら考えるとしよう。無双がしたいんだ、無双が・・・。

 天の神様
 無双ですよね。。。ナイナイって。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月6日

なかなか好みのゲームにめぐり合えない

 百年戦争雑感。

 

 なんか、大雑把なゲームだな・・・。
 アクションゲームというかは、大雑把なAOEみたいな雰囲気。

 ああ・・・なんだろう、しいて言うならAOE無双とか、そんな名前が丁度良い気もする。そんくらい、大雑把である。つまらなくはないのだが、戦場ごとの違いが今ひとつわからないのが欠点である。

 なんだか、どの戦場でも同じ気がしてきた・・・。

 悪くはないのだが、味付に失敗してしまった感の溢れるゲームである。

 

 思い通りに行かないので、中途半端な戦略性と、戦略が微妙に重視されているので、微妙なレベルで停滞している爽快感という、かなりマズい仕上がりに思える。これは微妙ゲーだ。微妙ゲー。

 

 まあ、しばらくやってみるつもりだが・・・。

 これは失敗したか!と、久々に思ってしまう仕上がりである。
 良くも悪くも、KOEIらしいゲームと言えるであろう。

 

 AC4は、やっと判ってきた。
 昔みたいなポンピングブーストは不要という事である。

 フルスロットルで飛ばしまくってOK。熱量オーバーとか、ヒートとかも無いので、オーバードブーストも平気で使える。

 つまるところ、昔の歩行→ブースト移動。昔のブースト→今のクイック・OB。という感じで、役割が高機動な感じにシフトしたのであろう。動かしづらいけど。慣れてくるとそこまで酷くも無い気がするが、、、操作が辛い。

 

 なんかもう、ゆっくりプレイするためにディアーリオ リバース ムーン レジェンドでも買っちゃおうか・・・とか思い始めておる。

 天の神様
 ファックですね。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月5日

ラ・ピュセル

 360買った!

 理由?理由など簡単だ。スペクトラルフォース3と、ディアーリオ リバース ムーン レジェンドの為に決まっておるだろうが。
 
んなわけない・・・。わたしゃアイデアファック信者じゃないしな。

 それに、元セガ信者の私である。みんながPSやってるときサターンやって、PS2やってるときドリキャスやってた私である。だったらPS3を買うという選択肢があろうか?(反語表現

 それはそうと、AC4が、あまりに高機動戦闘すぎて、私のようなオールドタイプでは付いていく事すら出来ない件について・・・。
 敵を中央に捕捉できません。。。

 なんというか・・・早すぎる。

 

 で、それはそうと百年戦争を買おうと思う。凄く面白そうなのでワクワクである。

 何に萌えるかって、そりゃぁ・・・ラクダ兵とか、マムルークとかイェニチェリとか、侍とか忍者を駆ってフランスを駆け抜ける事ができるという、素敵なゲーム内容である。さすがKOEI様は、判っていらっしゃる。良いゲームだと思うので買う。

 何か、ジャンヌが物凄く微妙な顔をしておって、そこはアレなのだが・・・エドワード黒太子が何故か、微妙に性格悪そうで、鎧だけじゃなくて性格まで黒そうなキャラになっておるあたりが燃える。

 あと、明日発売だが評判がよければ、年末のヒマ潰しにロストオデッセイであるな。これは外せない。

 植松だし。

 

 とりあえず、AC4は・・・そのうちやろう。

 同梱のフォルツァはソコソコ面白かった。ピニャータはやってない。

 まあ、とりあえず今夜はやるゲームもないので寝る!さらばである。

 

 天の神様
 どうせなら、もっとマイナーに三十年戦争とかにすればいいのに。ドイツ農民戦争とかでもいいけど。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月4日

実は日付が数字になった。

 大聖堂でボーナスをもらったので、X箱360か、PS3を買おうと思う。

 どちらにしたものか・・・。

 とりあえず、両者の利点を考えてみた。
 アーマードコアはどちらでも出来る。

 ヘイローとロスプラで、X箱のがちょっと有利。アイマスはスルー。

 百年戦争はどっちでもOKだし、面白いほうのAC(やったことないけど)も、どちらでもOKである。

 

 難しい・・・。

 問題は、今後PS3やX箱で、ロマサガ2とかのリメイクが出るか出ないか、そこだけである。そこが最大のネックである。DSで出してくれるなら悩みどころは全く無いのだが、どうなるか判らんのが怖いところである。

 FFは、どーでも良い。見捨てた。

 ただし、僕の夏休みは魅力的である。

 

 ただ、現状でどちらともつかない状況である。
 アクションゲー好きなら、X箱とも一概に言い切れない。

 X箱はコントローラがあまり好きではないのが欠点であるが・・・。PS3も好きとは言いがたい。

 どっちだ!どっちが良いのだ!

 

 そこで、アイディアファックを中心に考えてみた。そーするとX箱である。アイディアファクトリーを中心にして、ハードを選ぶと言うのも甚だバカらしいのだが、嫌いじゃないのでここで選ぶのもアリであろう。

 良くも悪くも、ユーザを裏切らない。

 同じものを淡々と作り続ける職人魂には敬意を表する。

 というわけで、それを考えるとX箱かなぁと思う私であった。

 

 でも、アガレスト戦記を考えるとPS3だな!子作りRPG!本気で最低なRPGだと思うけど・・・。

 天の神様
 アイデアファック鳥の糞。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月3日

絶望は死に至る病・・・私が希望を与えてしまったから、また絶望も生まれるのだろうか

 死にたい死にたいと言っているうちは死なないというのは判ってはいるのだが・・・死ぬ予定の日を明言されると私としても・・・。

 全力を挙げて救わないとならない。

 

 それはそうと、昨日の小説の話だが、実はタイトルを考えてなかった事に気が付いた。何と言う失態。
 タイトルが思いつかなかったりするのが怖いところである。何だろう・・・。

 

 昔、私は文芸部とかに居た事もあったのだが、そのときも小説が完成してもタイトルが思いつかない病に罹った事がある。けっこう、世の中タイトルを先に思いつく人が多いようなのだが、私はどちらかというと思いつかない系である。

 

 ところで、最近ショックを受けたのだが、ラノベって最近はどうも、電撃文庫に王座を奪われてしまったような感じなのがびっくりである。
 私の頃は、オーフェンやらフルメタやらがあって、富士見の一人勝ち状態で、電撃といったらゲーム系のちょっとキワモノ系の本が多いというイメージで、買って読んだのを覚えておる本など、クリスクロスくらいしか無いわけである。タイムリープもそうだったろうか・・・。よく覚えておらんけど。作家は同じハズ。

 それが何故か、久しくラノベから離れて、どれどれどーなっておるかな?などと思ったら、電撃の一人勝ち状態である。富士見はずいぶんと没落してしまった感がある。

 山田洋行・・・もとい、ヤマモトヨーコとか、カイルロッドとか、ドラゴンズウィルとか好きだったのだがな・・・。

 ドラマガとか買っていた時期が私にもありました。

 

 あれはあれで面白かったのだがな。今はどうにも、電撃文庫の一人勝ち状態のようである。盛者必衰というヤツだ。
 当時、富士見の本ばっかりアホみたいに持っておった私としては悲しい限りである。

 電撃文庫とか、買ったこと殆ど無いのだ。最近など当然買ったことも無い。
 電撃で買っておるのといえば「電撃ファンタジーアースゼロ」くらいである。

 とりあえず、ゆっくり玄米茶でも飲みながらタイトルでも考えようと思う。

 

 当初思いついたタイトルが「青線の女」。
 昭和の歌謡曲とか、あるいは日活ロマンポルノあたりにありそうなタイトルである。ヤバすぎる。このセンスは危険だ・・・。

 でも主人公が青線の街娼なんだから仕方ないだろうに・・・。

 天の神様
 日本近代史が大好きです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月2日

大将

 先々週あたりからだろうか・・・電王のOPが変わったであろう。

 今まで、あの国立公園に落書きしたDQNグループが歌っておったのだが、曲はそのままで、イマジン5人が歌うようになった気がする。
 いつから変わったか定かではないがな・・・。

 物凄く良くできておるので、私は今のOPの方が好きである。

 

 関係ないが・・・実は、HDDの奥から、今年の頭に書き上げたラノベが出てきた。
 何かどっかに投稿でもすっかーと思って書き始めて、そのまま勢いで書き上げてしまったものの、どこにどーやって投稿するものなのか、よくわからん上に、四月から豊橋に引越しなのですっかり忘れていたという品である。

 で、さきほど友人と相談した結果、あまりに酷いので投稿してみようという事になった。

 何がどう酷いかって・・・。

 時代背景や舞台や、登場人物。一番若くて22歳くらい・・・。
 時代は1945年の戦後の歌舞伎町。

 

 出てくるセリフ一つとっても・・・

「戦争が終わって、俺はずっと復員船の中で考えていた。理由はどうあれ、俺は人を殺したんだ。修身の授業で習うだろう?人に迷惑をかけちゃぁいけねぇ。人を殺しちゃぁいけねぇってな。
 俺はそれすら守れなかった訳だ。
 俺にはもう、教育者としてやっていく資格なんざ無いと思った。お国のために死ぬのが良いことだ、お国のために鬼畜米英を殺せと言って、教え子の男をどいつもこいつも焚きつけて、同じ人間を殺しに行かせて、片っ端から三途の川に叩き落したわけだ。
 そして、俺だけが不幸にも生き残っている。
 いまさら、どの面下げて教師なんてできるかよ」

 

 こんな有様。

 別に、左翼思想にまみれてるとかそういうわけじゃなくて、「靖国で会おう」みたいなセリフも出てくるので、どちらかというと限りなく右寄り。

 友人の評価は「これは酷いw」「お前、ラノベ読んだことある?」「誰が感情移入するんだよw」「中高生を主人公にして、萌え要素満載にしないとダメだよw」「なんで戦後を舞台にしたんだよ」「萌えねぇ」「なんか自称ラノベの割りに重いんですけど」などなど、厳しいものである。私もそう思う。

 

 で、最終的に「なんていうか、終わり過ぎてハジマタ的な感じで投降しなさい」というお言葉を頂いたので、投降しようと思う。せっかく書いたのに眠らせっぱなしってのもバカみたいであるからな。

 折を見て、サイトにも乗せていこうと思う。

 まあ、我ながら酷いもんである。

 

 天の神様
 弓スカに戻ります。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

12月1日

らー

 明日は朝から礼拝をしようと思う。朝十時にアルベルタである。久々だ。

 もうすぐ、シムシティソサエティーズの発売日なのだが、限りない地雷臭が漂っておって怖いのである。
 シムシティは街づくりゲームとは言うが、実際はインフラを整備して、街自体はシム市民が作るゲームである。が、ソサエティーズでは、街づくりに主眼を置いて、プレイヤの好きなように街が作れるそうなのである。

 

 あの、工事中の区画を見て、ワクワクするのが良いってのに!

 何か勘違いしておるのではないだろうかと思えるのが怖いところである。

 まあ、確かに好き勝手に作るのも楽しいのだがな。
 当たり前だが、私は市長官邸を作るときは、ロータリーとかが付いてて、広い庭があって・・・街を見下ろす高台の上にあってと、理想的な環境で作ったりして遊んでおるわけだが、だからといって、街全域がそれでは面白くない。

 税率を個別に調整して、公害産業を駆逐してみたり、あるいは一大公害地区を作ってみたり。

 そんなプレイが面白かったのだが、ソサエティーズはずいぶんと楽になってしまうようである。

 

 買うのはちょっと待っておこうかと思ってしまうのう。

 

 火事が発生したり、教師がストライキしたり、そんな光景はもう見られなくなってしまうのだろうか。
 あのシム市民の「お前らちょっと根気なさ過ぎ」って思うくらいの短気さが面白かった。

 ちょっと気に食わない→デモ。
 ちょっと職場が遠い→NEET化。

 そんな流れが良かったのに、台無しである。
 街づくりゲームというよりは、街に栄養を与えて成長を見守るゲームだったのに・・・。それを根底から変えてしまうとは恐ろしい。

 

 そもそも、今までのラッシュアワーでもMODによってさまざまな施設を好きなように建築したりという遊び方はできていた。
 なので、いまさらソサエティーズでそんな事をしても、新鮮さが見えないのだ。

 

 どうせなら、軍事国家とか作れるようにして、災害で戦争とかあるようになれば面白いのだがな。

 天の神様
 シムシティ4は突然落ちるのがイヤですけどね。心折れます。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

11月31日

魔王の盾

 中途半端なRO好きによくある事。

 1:テンプレ。
 の、通りのプレイはしたくない。VIT殴りアコとかを作ろうとして挫折する。

 2:チャットは徹底的に。
 狩りよりもチャットに命を賭けている。

 3:天才運営。
 ガンホーの悪口を垂れまくる。運営論を語りまくる。

 4:プレイヤースキルは・・・
 昔のものを好む。モーションキャンセルDSとか、ワープFWとか、あの頃は良かったと言いまくる。

 5:ボス狩りは
 しない。あんなのは廃人連中の遊びだろう?くらいに思っている。

 6:何かを
 封印する。つまりテンプレ禁止。殴りアーチャーは一度は挑戦する。

 7:強キャラはダサい気がしている
 強キャラの恨み言を言いつつも、ダサいと思って、つくりはしない。2極ハンタや、VIT INT STR騎士などがその典型。

 8:パーティプレイも
 好き。もちろん非公平。

 9:養殖
 自分でするのは大好き。他人がするのは卑怯。

 10:使わないのに、弱いのに
 グランドクロスやスパナなどのレアを欲しがる。

 11:AGI型の無意味さを
 語るのが、好き。

 12:ハンター、騎士などは何かダサい。
 使いやすい初心者向きなところが嫌いらしい。

 13:使わないけど
 固有名武器が欲しい。オーガトゥース、フォチュンソードなど。

 14:めったに使わないけど
 消費アイテムを持っている。

 15:あえて
 人の使わないダークとか、グレイトボウを使ってみる。

 16:一度は
 発光に挑戦する。

 17:ヒュッケを
 「たん」付けで呼ぶ。ヒュッケたん。

 18:ほかのことをしながら・・・
 モンスターレースをしている。

 19:最終狩場
 と、呼べる場所が最低三箇所はある。

 20:神器
 当たり前だが、存在に対して文句しか言わない。


 例「ダブルメギンとか酷いわ」

 天の神様
 ダブルメギンしたいんですが・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

11月30日

エクセルガード

 ロマサガ3好きによくある事。

 

 1:長剣は使わない。
 メイスや、小剣などのマイナー武器を愛する。

 2:トレードは徹底的に。
 目的など最早どうでもよく、世界の市場をすべて掌握するまでやめない。

 3:天才軍師。
 マスコンバットに命を賭けている。

 4:ビューネイは・・・
 一度巣に行ってアイテムを回収してから、グウェインと戦って倒す。ツインスパイクに並々ならない想いがある。というか、あのビューネイ戦はRPG史上に残る最も格好よい燃える戦闘だと思っている。その後、涙ながらにグウェインを倒す。グウェインから得た竜鱗は本当に何に使うか一生懸命考えて、剣や鎧にして、これはグウェインの・・・とか想いながら大事に使う。

 5:分身技は
 使わない。分身剣、ヨーヨー、ラウンドスライサーなどは基本的に使わない。

 6:何かを
 封印する。〜禁止プレイが大好き。

 7:大剣は何かダサい気がしている。

 8:コマンダーバトルも
 大好き。

 9:ゆきだるま
 溶解させるのは許せない。

 10:ラウンドスライサーを使わないのに
 必死でスマウグを出そうとする。ドラゴンルーラー緑と戦うのが大好き。

 11:ウォーターポール
 が、好き。

 12:白虎術は何かダサい。
 使いやすい初心者向きなところが嫌いらしい。

 13:使わないけど
 七星剣は増殖する。

 14:めったに使わないけど
 トリプルソードを集める。

 15:あえて
 マスカレイドを使ってみる。

 16:一度は
 一人旅に挑戦する。

 17:ミューズを
 「様」付けで呼ぶ。ミューズさま!

 18:怪傑ロビンの登場シーンで。
 セリフをモニタ前で一人で読み上げる。

 19:先生
 と、呼べる敵キャラが最低3人はいる。

 20:破壊するもの
 当たり前だが、四魔貴族は倒さない。

 

 

 15個くらい該当すると、あなたは立派なロマンシングサガ3プレイヤです。

 天の神様
 スマウグは白ルーラーが一番楽ですね。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

11月28日?

久々にこれ使うワ

 掲示板で看過できない内容があった。

 はんぺんってのは元来白いものであろう。
 黒いはんぺんなど、あってたまるか。

 はんぺんと言えば、普通は白いものであって、黒いはんぺんがあるなど見たことも聞いたことも無い。私は生まれてこの方、ずっと白いはんぺんをはんぺんだと思って食してきたのだが、違うのだろうか。

 食文化の違いというのは、かなり恐ろしいものがある。

 たとえば、愛知県民。
 あまりソバを食べる地域ではないので、愛知県民の中には、蕎麦湯を知らない人間がゴロゴロ居るのである。蕎麦湯って何?ってな。

 恐ろしい事実だ。

 そして、ミソカツとかについてくる甘いミソを、ご飯にかけて食う人もいるとかいないとか。信じられない。

 料理への砂糖の投入もけっこう多い。
 甘い=美味い・・・とか、生茶の広告みたいな事を思っておるのだろうか。

 愛知県の料理は甘いことが多い。

 

 とはいえ・・・そんな不思議な地域だから、面白おかしく取り上げられることが多い。

 異常にボリュームの多い料理だとか、あんかけスパとか、マウンテンとか、エビフライだとか・・・・まるで、それが愛知県の常識であるかのようにメディアに取り上げられておるのは、明らかに妙なのである。

 恣意的に変な情報を流しておるだろう!と、思わざるを得ない。

 

 だいたい、こっちに来てから一度も、エビフライなど食べないし、エビフリャーなんていう人を見たことが無い。

 

 だまされるな!愛知県は普通である!

 天の神様
 疲れ果てました。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

11月27日

あああぅぅぁぁ

 この文章を読んでいるということは、きっと今頃は私は豊橋には居ないのでしょうね・・・(挨拶

 

 当たり前である。

 良くある文章としては、「この手紙を読んでいるということは、きっともう私はこの世に居ないのでしょうね。貴方に一つだけ伝えておきたかった事があります・・・」

 というタイプであるな。

 

 まあ、今日は予定ならばソバ打ちをしつつ、茨城最後の夜である。明日には豊橋に帰る。
 きっともうイヤになってて、早く帰りたい早く帰りたいって言っておるところであろう。

 三日間で、通常とは別に手当てが18000円ほど付くとはいえ、さすがに疲れるものがあるであろう。

 

 ところで、最近・・・FEZのSNSなど始めてみた。何を書く気も無いが、ヒマなヤツは見てみると良いであろう。私の華麗な戦跡とかは見ることができないけれど、何か限りなく意味のなさそうな文章とかが見られるかもしれない。

 

 関係ないのだが・・・

http://ohpai.com/

 こんなものを教えてもらった。
 さやさやとか入れてみたら「あーあーあー」みたいな感じだった。

 

 で、これの気持ち悪いところは歴史上の人物を入れてみたりしてこそ発揮できると思う。

 伊藤博文とか、「タレチチ」だった。
 想像するだけで気持ち悪い。

 リットン調査団とかは貧乳。

 大隈重信は釣鐘。

 アイゼンハワーは巨乳だった。

 ゴルバチョフも同じく巨乳。

 

 いや、なんとも気持ち悪い・・・。

 天の神様
 神様・・・とか入れてないから。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

11月26日

あああぅぅぁぁ

 実は、自動更新の文章を書こうと思って、適当な自動更新の日記を開いたら、韓国旅行のときのものだった。

 懐かしいな。そして、また行く。韓国旅行へ。
 実は、案内してくれる心優しい韓国人のヒェミのツテで、どこか行ってみたいゲーム会社があったら、見学に連れて行ってくれるらしい。

 そんな適当に行けるもんなのかぁ・・・と思いつつ、グラビティの時もそうだったので、ケンチャナヨの精神で行ってみたいと思う。

 ・・・あれ?

 どこ行こう。

 グラビティ新社屋でも見に行こうか・・・。
 いや、それもどうしようもないな。

 何か今やっておるゲームで韓国ゲーがあったかなぁとか思うと、あまり無かったりするのである。残念!

 

 それに、何か触れてはいけなさそうなものが色々であるであろう?KOFオンラインとか・・・

 とりあえず、JSAとかは行ってみたいかもしれぬ。

 

 それはそうと、時間通りならば私は今頃・・・茨城県に居るわけである。遠い。そして寒い。イヤだ。
 で、ひぃひぃ言いながら働いておる頃であろう。労働とは美しき哉。

 と、言いつつも、明日は確か蕎麦打ちができるはずなので、ちょっと楽しみである。そっば打ち!

 

 天の神様
 無事に豊橋に戻ってこれますように、

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

十一月二十四日

ミソ

 面倒くさいっていうか、多分死ぬから東京行くのやめた。面倒だもん。

 さて・・・本日は、意味も無く豊橋を紹介したいと思う。うん。豊橋は良いところであるぞ。そんな私が豊橋周辺の素敵なスポットを商会してあげよう。

 

 ・ボンとらや
 美味しいお菓子屋さん。ピレーネというヤツがとても美味しいので好き。駅のカルミアの中にある。
 季節ごとに違うフルーツのピレーネがあって、それも楽しみ。

 

 ・名前忘れたけどチーズケーキ屋
 棒状のチーズケーキを売っている、同じく駅の中のお店。一本百円。死ぬほど美味い。滅茶苦茶美味い。このチーズケーキは本気で好き。

 

 ・つくね屋グループ
 美味いんだけどさ・・・。非常に美味しいよ。つくね屋は好きであるぞ。でもね、メイド居酒屋を経営しておるわけだ。
 豊橋という辺境の地にあって、メイド居酒屋を営んでおるグループである。夏場は、デパートの屋上でメイドビアガーデンまで催す気合の入れっぷり。
 何か知らないけど、店の前に昔仕事で塗ったエロゲ作品のポスターが貼ってあって、通るたびにグラフィッカー時代を思い出して何かイヤ
 ちなみに、メイド居酒屋とメイドビアガーデンは、不味くは無いのだが、メニューがやたらと貧弱なのが欠点。
 一応、ほら、視察ってことで・・・行ったのである。ビッチがいっぱいである。

 

 ・松美屋
 大聖堂の近くにあるお弁当屋さん。
 オバちゃんがすごく怖い・・・。

 お弁当を頼んで、「あ・・・やっぱお米、十穀米でお願いします」って行ったら「え゙ぇ?チッ」って、舌打ちした。客商売という意識に欠ける。
 ついでに、あまり頼まれない物だと、値段設定をしていない事がある。

 特に、うどんと丼のセットメニューは未設定が多い。
 「これは未経験の値段だな・・・」とか、オッサンがつぶやいて、プチ店員会議開催。値段を決定。・・・いい加減過ぎ。

 揚げてないコロッケ等、玄人向けの裏メニューが大量にある。

 ちなみに、カレーが美味しい。が・・・カレーは大量に作ってあって、保存してあり、時折それを鍋に継ぎ足して煮込んでいるのだが・・・ストックしてあるカレーが青いバケツに入っているのが最悪。
 オバちゃんが、冷蔵庫から青いバケツに入ったカレーを持って厨房へと移動していく。

 申し訳ないが肥溜めからウンコ運んでるようにしか見えない。

 あと、弁当(大)、弁当(小)があるのだが・・・「大弁当」とか「小弁当」とかいう単語が店内で飛び交うのはどうかと思う。
 前述のカレーバケツを運んでるオバちゃんが「大弁当ちょっと待っててね〜」と、客に言った時には本当にどうしてくれようかと思った。

 ウンコみたいのをバケツに入れて運びながら「大便等ちょっと待っててね」とは何事か。

 

 ・カク一
 大聖堂の近くにある、てんぷら屋。
 異常に美味い。てんぷらに限らず、和食全般、片っ端からとにかく美味い

 

 ・丸栄
 つぶれないのが不思議なデパート。
 地下のお弁当は色々美味しい。つくね屋が入っていて、そこのお弁当も美味しい。
 パン屋のミニクロワッサンも美味しい。
 ときおり実演販売している、丸いミニカステラも美味しい。
 地上のフロアは全面的に店員>客という人数構成。
なぜつぶれない。

 

 ・丸源ラーメン
 地元人は美味い美味いと言う。私は普通だと思う。

 

 ・謝謝
 死ぬほど辛い麻婆豆腐が食べられる中華屋・・・だが、私が満足できるレベルではなかった。
 ていうか、単純に辛いだけで、愛を感じない。もっと色々なスパイスを使ってほしいものである。

 

 ・大清水駅
 渥美線の駅。
 何?って、温度設定が「ぬる〜い」の自販機があることで有名。私も先日行って、写真を撮影してきた。ぬる〜い。

 

 ・大聖堂の自販機
 おしるこがCOLD設定で入っていたりする。誰かの陰謀だろうか。私を苦しめるための!

 

 ・アピタ向山店
 よく買い物をするスーパー。いろんなお店が入っておって便利な反面、国産のネギが高い。
 いつも、中国産のネギを売ろうと必死なように見えるが、売れていない。ぱっと身、国産ネギに見えるような値札の位置関係で売ってた事もある。案外悪いヤツである。コンプライアンスがなってない。
 牛角キムチを買うならこっち。
 バローと比べて、魚介類が優秀だが、肉はちょっと品揃えが今ひとつ。

 

 ・バロー
 同じく、よく買い物をするスーパー。
 牛角キムチは扱っていないが、逆に安定して、国産ネギを入手することができる。
 カゴメの野菜ジュースは、アピタより安い。アピタより魚介の品揃えが弱いが、逆に肉の品揃えが優秀。

 

 ・エイデン
 電気屋。
 自作PCパーツコーナーがあるので、たまに行く。
 店員の9割がズブの素人なので、シリアルATAケーブルの置いてある場所を聞いて、何用のケーブルなのか聞き返されたりする。
 タブレットの換え芯を注文したかったのだが、店員がまったく判らない感じだったので(いくらなんでもマイナー商品過ぎたか・・・)あきらめたお店。
 全体的に商品が高い。

 

 ・アニメイト
 駅の地下にある。知り合いに見つからないように息を潜めてスクリーントーンとデザインナイフを買いに行ったことがある。

 

 ・MEIHOU
 何かつづりに親近感を覚える名前。読みはメイホウ。

 地下にオタクショップがあるらしい。しかし、地方のオタクショップの例に漏れず、どうしても腐女子寄りになりがち。ちなみに、このビルはたまにイベントとかやってたりするのが怖い。レイヤーとかがけっこう集まるみたいでさらに怖い。

 

 ・中部コンピューターパティシエ保育専門学校
 名前が限りなくカオスな専門学校。大丈夫なのか?オイ。と、思ってしまう。ちなみに、トリマーのコースもあるので、そのうち中部コンピューターパティシエ保育トリマー専門学校になるかもしれない。
 経営母体がチクワ屋なのがさらに意味不明。

 

 ・でんでん
 豊橋の名門チクワ屋、ヤマサだかマルサだか、ヤマハだかの直営おでん屋。
 関係ないが、ファミマでおでんを買ったら、カラシと味噌どちらをお付けしますか?と問われてキョドった私。意味がわかなくて「そ、それなりに」と、言ったら両方くれた。何でミソだよ。

 

 ・赤から
 手羽先とかも美味いけど、赤から鍋がまた美味い・・・うーん、良い店だと思っていたら、なんかこの間帰郷したら実家のすぐ近く、西麻布の交差点を六本木方向に数十メートル上ったあたりに建ってた。・・・何か優越感が消えた。

 

 

 

 

 というわけで、食べ物関係が異様に多いが、豊橋の紹介である。
 悪くないところであるが、何かこうカオスな空気を感じる。

 なんで、おでんにミソなんだ?????

 

 

 天の神様

 ミソカツは好きですけどね。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月二十三日

それは

 週明けから、泊まりでお仕事に行くのだが・・・。

 

 なぜかそこに、内閣府の視察が同行することになった。
 怖っ!内閣府ってどういうつもりであろうか。

 

 内閣情報調査室は内閣官房の方だから、関係なさそうだが・・・。

 一瞬、法条まりなとか思い出しちゃったワケである。
 むかーしむかし、セガサターンでプレイした事がある。CD入れ替えるのがダルいけど面白いアドベンチャゲームであった。

 確か、元はエロゲーなのだが、普通に一般声優を使っていると言う恐ろしい作品である。確か、エロいシーンは喋らないという面白仕様だった気がするが。

 

 キャラを変えながら、交互に進めていくというゲームだったように思う。今となっては良く覚えてないし、犯人とかも覚えておらんがな。

 

 まあ、何にしろ、内閣情報調査室というと、ものすごーく格好良い組織みたいなイメージがある。
 情報機関というと、どうしてもそんなイメージが先立ってしまう。

 が、私についてくるのは内閣府である。

 ただの官僚だ。つまらん。

 

 やっぱり、内閣府の視察官というと、イメージで言うと黒スーツとか着てるのだろうか・・・今からちょっと楽しみである。
 私も対抗して、何か威圧する服装で行こうかとか思ってしまう。

 ミイラズボンとか。

 が、仕事なので、さすがにそんなパンクな感じでは叱られる。

 

 とりあえず、内閣府の人が来るのがちょっとワクワクである。

 サインとか貰おうか。

 

 記念撮影とかしようか。

 自民党のポスターとかにサインしてもらおうか。

 今から夢がひろがりまくりである。

 

 関係ないが、明日、ダメ人間的生活をするために、さきほど味玉子の仕込を完了した。明日が楽しみ♪

 

 天の神様

 コーチンです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月二十二日

ロマンスの神様

 第一回・ロマサガ3の魔法と武器を勝手に評価する会!

 

 魔法編

 朱雀:
 名前とその性質とは裏腹に、攻撃力は乏しい。ファイアウォールも使い勝手は微妙。
 ただし、防御的な性能はピカ一で、リヴァイヴァは一人旅には欠かせないお供。玄人向けのいぶし銀の強さを誇る魔法。

 ボルカノが仲間になれば良いのに!と、思っている人が多い。
 また、そのイメージからついつい初心者が習得しがちな魔法。

 

 蒼龍:
 育てるのが面倒ならバイメイニャン。

 攻撃力は高く、一人旅でも重宝する、準リヴァイヴァとも言える(場合によってはリヴァイヴァより強力)、龍神降臨を持つが・・・ビューネイを倒さないとダメなので、どうしても終盤での習得となるので、一人旅でこれをチョイスすることは少ない。

 ダンシングリーフという強力な防御魔法もあるのだが、そもそも地相変化能力があまり強くないので、玄武ほどは使えない。

 バイメイニャンの脳内イメージが、私の中では野村 沙知代。
 
細木までは行かない。

 

 白虎:
 非常に強力な魔法である超重力を持つ。
 ストーンバレットも、クラックも強く、アースヒールもあり、攻守ともに優れている。
 また、ストーンスキンは特殊な一人旅プレイでは重宝する。

 また、一人旅で月・太陽禁止の魔法限定プレイとなると、白虎を選ばざるを得ない。
 4属性中、最も地相変化能力が乏しく、攻撃属性が物理属性であるため、四魔貴族を倒すためには、白虎でアラケスを倒す必要がある。蒼竜でビューネイや、玄武でフォルネウスに挑むのは無謀中の無謀。アウナスに至っては無理。

 使い手が居ない魔法だが、私の中ではトーマスなイメージ。
 アースヒールというと、前作の影響でやたらと強力な回復魔法だと思っている人が多い。タッチゴールドが限りなく地雷

 ストーンスキンで自滅は、誰でも一度は経験する苦い思い出。

 

 玄武:
 間違いなく、四属性中最強の万能性能を誇る。
 攻撃としてはスタン性能を有する強力な全体攻撃、サンダークラップ。
 回復として、HP回復の生命の水。状態回復の神秘の水。
 そして、最強コンビと言えるのが、全属性、全技中、最強最大の地相変化能力を有するスコールと、防御魔法のウォーターポールである。

 この二つで、物理攻撃はほぼ無力化できる。後述する真・ウォーターポールでさらに強力に。

 ウンディーネが使い手。
 昔、私の脳内ではウンディーネは若く美しい、清らかな女性だったのだが、よくよく調べると、うっかり年齢を聞けない感じの、妙齢の行かず後家。

 性格が悪そうなのが欠点だが、魔法は強い。

 

 月:
 シャドウサーバントは最強。
 その他、便利魔法多数。が・・・やっぱり、シャドウサーバント+ウォーターポールで物理攻撃をほぼ無効化する真ウォーターポールが最強。
 個人的には、シャドウサーバントは戦闘時の演出が冗長で嫌い。長いって・・・うにょねねねね・・・って出てきて攻撃するのが。

 ヤンファン将軍が使い手らしいが、仲間にしたことが実はほとんど無い。お前は陽動作戦でもやっとれ!という事だ。

 

 太陽:
 最強技の幻日が実は強かったりもする。
 そんな悪い魔法じゃない。個人的には、月よりも好き。特に、デイブレークは魔法限定プレイだと非常に重要な全体除去。

 使い手不在・・・と、思ったら、よく考えたらあまり友達になりたくないキャラNo1のティベリウスが使い手。

 アイツ絶対、仲間に入れると、パーティ内で布教行為とかしはじめる。
 今度、セミナーあるんだけど参加しない?自己改革になるんだよ!みたいな事を言う。

 集団内に創価的なものが入ると厄介。仲間にするな。

 

 

 剣:
 万能と言える。扱いやすい。
 分身剣は閃きやすい割りに凶悪な強さを誇る。オープニングでお馴染みの、エフェクトが格好良い黄龍剣は激しく地雷。

 銀の手での2刀流もできるので、最強の名に相応しい。

 

 大剣:
 2からのイメージで、多くの人が最初に選びがちな武器。
 序盤は威力の高さが目立つが、その威力のまま終盤まで変動が少なく、終盤では威力の弱さが目立つ武器。

 カウンター系の一風変わった技が揃っている。

 けっこう地雷武器。剣装備者にサブウェポンとして氷の剣を持たせる程度。

 魔法騎士まじかる☆カタリナの、マスカレイドまじかる☆ウェイクアーップ!は、あまり強くない。っていうか弱い。マスカレイド自体ゴミ。

 

 斧:
 イメージに反して片手武器。威力が高いうえに、全体除去のブレードロール、次元断と、一通り揃っている。
 最強技のヨーヨーはひらめき難さも最強なので注意が必要。

 銀の手で斧を2本持つミューズ様や、モニカ様を想像するだけで楽しい気持ちになれる。

 

 棍棒:
 特殊効果の多い武器。
 一人旅では欠かすことのできない相棒。特に、振り逃げと、生命の杖は必須と言っても良い。
 武器としては武器性能も技性能もパンチ力不足。
 エアロビートは悪くないけど、不安定。

 ただし、抜刀ツバメ返しだけは別格。

 

 小剣:
 種族特攻が多いのが特徴。サザンクロスなどは重宝する事も多い。
 とりあえず、スクリュードライバー欲しさにデブロビンを仲間にする人が多かったりする。

 ファイナルレターは閃き難いが、強い。マタドールも便利。

 だが・・・イメージからか、使う人が少ない。

 マスカレイドはやっぱりゴミ。

 

 槍:
 おそらく、単発攻撃力としてはスマウヴのラウンドスライサーが最強。
 全体攻撃力としても、大車輪は破格の威力を誇る。
 技が少ないので、高威力技を閃く確立が高かったりする。間違いなく第一線級の武器だが、スマウグを手に入れるのがダル過ぎるので、一般人は手に入れない。スマウグさえあれば良い。

 

 弓:
 弱い。ガイコツ相手に手も足も出ない。
 弱い。良い弓がない。
 弱い。後ろから攻撃する意味が少ない。

 素手:
 かなり強い。全体攻撃である練気拳や、回復の集気法など、美味しい技が多い。

 ナイアガラバスターやタイガーブレイクの威力は破格。

 

 天の神様

 個人的には、太陽術が好きです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月二十一日

ゲロを食らう

 オートミールを朝食に食べたい。無性に食べたい。
 オートミールに砂糖を入れて、甘いヤツを食べまくりたい。

 ああ、もう寝ても醒めてもオートミールである。

 この思いを詩にします!

 

 あなたはいつも、すこしだけゲロみたいに微笑んでる。

 朝の日差しの中、テーブルの上でゲロみたいに微笑んでる。

 でも、ゲロじゃないあなたを知っている。

 砂糖を入れて、甘くして食べましょう。

 もんじゃ食べてるときにゲロの話はいけないけど、あなただったら少し優しい気持ちになれる。

 ゲロ ゲロ ゲロ カエルみたいに可愛い。

 ゲロ ゲロ ゲロ オートミール。あなたを食べてしまいたい。

 

 ・・・これはダメだ・・・。

 まあ、オートミールが食べたいワケだ。ありゃ美味い。

 もっとも、なじみの無い人も多いかもしれぬがな。オートミールの場合は特に。
 私は幼いころから、アレが好きで好きでたまらなかったので、いまだに食べたくなるわけである。最高のテイストだ。

 燕麦は栄養も、水溶性食物繊維も豊富であるから、健康にもよろしい。

 ただ、売ってない店があったりするという、マイナーな食品なのが欠点である。

 ぜひ、みなも食べてみると良いであろう。オートミール。ちょっとゲロみたいなオートミール。
 甘くして食べると最高。ジャムなんて入れてもOK。

 オートミールを食べると、朝からテンション上がっちゃって最高であるぞ。

  

 天の神様

 買う!買うよ!オートミール。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月二十日

壬午軍乱

 最近は・・・担任がいて、毎朝ホームルームをする大学がある。

 恐ろしい事実である。
 しかも、この時期にボロボロとAOやら推薦やらで、合格するわけである。しかも、模試で判定CとかDの連中が受かっていくのである。もう、世間の大学というのは、生徒獲得に必死で、一定水準以上の大学以外は、ほとんどボーダーフリー状態なワケである。

 大丈夫なんだろうか・・・大学という場所は。

 

 それはそうと、来年の頭あたり、また韓国に行くかもしれない。まだ、未定だが・・・。
 微妙に、お仕事繁忙期と被りつつあるが、普通に休みが取れたので多分行くのは間違いない。楽しみである。

 韓国はメシが美味いので嫌いではない。

 国自体もゴチャゴチャしておって、面白げであるしな。カオスな雰囲気がある。

 で、辛い料理が美味いわけだ・・・。

 辛いで思い出したのだが・・・。
 「超暴君ハバネロ」を、食った。

 

 辛いか?これ・・・。

 確かに遅効性の辛さというのは、かなり強めにある気がするが、ハバネロのような判り易い威力が無くて、むしろ暴君ハバネロよりも辛くないという印象すら受けて、だまされた!と、思ってしまった。

 ほんとに、大して辛くないのだ。どういう事だろうか。

 大魔王ジョロキアの方は、かなり強力だという評判なので、今度チャレンジしてみたいと思う。

 辛い料理というのは、何かこう・・・チャレンジする魂を揺さぶるものがある。
 なぜ、辛いものを食べるのか。それはそこに辛さがあるからだ。

 辛い物が平気な人には二種類がいる。

 一種類目は、感覚が鈍磨している人である。
 彼らは、一種の味覚異常的に辛さに対して鈍感になっている。つまるところ、辛さを感じにくいタイプである。

 二種類目は、辛さを感じる人である。
 激痛のごとき強烈な辛さを感じ、苦しみ悶えながらも、その刺激に魅入られてしまった人である。

 私は後者だ。
 滅茶苦茶辛さを感じる。痛みすら感じる。だが、それが良い。

 口の中を陵辱されているような、あの強烈な味わいこそが辛さの醍醐味である。
 涙やら鼻水やら垂らしつつ、ひぃひぃ言いながら食うのが良いのだ。ゆえに私は、途中で水を飲んで口の中をリセットしたりする。

 そうすると、新鮮な刺激が強力である。

 

 まあ、そんなわけで辛いもの大好きな私としては、楽しみな韓国旅行である。
 さやさやも行くらしいよ。ていうか行くから。イヤとは言わせない。

  

 天の神様

 私が新時代の江華島事件となる!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月十九日

痛い?

 病院に行ってきた。

 とりあえず、肩の痛みを取るためにリハビリなのだが・・・ぐるんぐるんとテーピングをされた。
 なんかすごく重症っぽく見える。

 それから・・・ついでなので、その場の勢いでインフルエンザの予防接種を受けてきたわけである。

 

 リハビリ場で思ったこと。
 じいさんばあさんばっかりである。私がここに居てはいけない気がした。

 なんか、婆さんから・・・「若いのに大変ねぇ」なんて声をかけられた。
 なんという事か。

 まあ、何はともあれリハビリである。車に轢かれた後から、肩の痛みがひかんわけである。
 右手でミラーをつかんだせいで、思いっきり引っ張られたのも影響しておるだろう。

 で、寝転がって物理療法とかいう、レザー照射を10分ほどして終わりである。良くわからなかった。何か意味があるのだろうか。

 

 ところで、インフルエンザの注射をしたわけだが、時期的にインフル注射は大賑わいである。

 で・・・泣き叫ぶ子供とか、悲鳴を上げる子供とか。
 凄かった。

 あれこそが、人間の生きようとする本能である。危険から、痛みから逃げようという本能の現われであろう。ロマサガで言うと、テラーボイスな感じにギャーギャーギャー!と、泣き叫ぶ。

 そして、注射が終わった後も、待合室で恨み言を言いつつ泣き叫ぶ。

 さらに、負の連鎖。

 泣き叫ぶ子供を見て、ほかの子供が戦慄する。

 危険だ!ここに居ては危険だ!
 そういう様子を察して、顔がこわばっておった。

 ちなみに、私は注射とか得意である。
 痛いのは特に慣れておるので、ぜんぜん大丈夫。刺すところをじっと見ておった。

 一発では注入できないらしく、リズムをもって、ニュッニュッニュッと注入しておった。

 

 で・・・突然の閃きでやった予防接種だが、終わってから驚愕の事実発覚。

 「重症化を防ぐ」予防接種らしい。

 私は「かからなくなる」予防接種だとばかり思っておった。なんだか3150円損した気分である。
 重症化を防ぐだなんて!そんな!そんな志の小さいワクチンであったなんて

 

  

 天の神様

 インフル注射・・・子供泣きすぎです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月十八日

師走も近い

 もし・・・ロマサガオンラインができたら・・・。

 

 1:マスコン厨

 ひたすらマスコンバットオンラインをやっていて、普通のプレイをしない人たち。
 往々にして、お互いに全軍防御しているので、非常に試合展開が冗長。

 ちゃららっらちゃらりら♪ちゃららっらちゃらりら♪ちゃらりら〜♪プオー!
 「全軍防御!」(ふぉん!)
 「全軍防御!」(ふぉん!)

 「前列交代!」(ふぉん!)

 

 2:トレード厨

 ひたすらトレードをしている連中。
 ジャングルフィーバー、ナジュの熱き血、静海工房、クラウディス、造船あたりを持っている人が一人勝ち状態だが、たまに自己資金投入と、フルブライト召還で場を突き崩す人がいたりする。

 

 3:閃き厨

 閃きに命をかけている連中。
 まだ弱い新キャラで強敵に臨んで、一気に高等技を閃こうとしていたりする。

 また、アスラをタンク役が引っ張ってきて、回復魔法でしのいでいる間、皆でアスラに通常攻撃をしまくって閃こうとする、アスラ養殖が横行。

 

 4:合成魔法厨

 PTプレイでの合成魔法・技に命をかける連中。クリムゾンフレア、ギャラクシィ、高速ナブラ、シヴァトライアングル、マーヴェラスカノンなど、非常に発動条件が厳しく、少しでも立ち位置を間違うような連中がいると激しく糾弾する。

 

 5:指輪転がし厨

 ドフォーレ商会のおかげで、レアアイテム転がしが可能。
 特に、店売りアイテムに魅力などないのに、ただひたすらにお金を貯めている連中。今日もひたすら、売って買って売って買って。

 

 6:ロビン厨

 ロビンのようなセリフをいいながら戦う痛い人たち。

 

 7:ロマサガ知らないよ厨

 ロマサガをプレイしたことがない世代のネトゲプレイヤ。
 あまり世界観を判っていない&パリイやディフレクトを甘く見ている。エロゲのキャラ名をつける。

 

 8:ロマサガ厨

 いちいち、ロマサガセリフを入れて戦う人々。
 死亡時には「流し斬りが完全に入ったのに・・・」とか「な なにをする きさまらー!」とか言う。
 端々にいろんなセリフを入れてくる。

例:
 「うっそぉ!マジで?詐欺師にマスカレイドをパクられたの?レアだったのにぃ。でも、どんな方法で詐欺られたの?」

 「・・・それだけはっ!」

 

 

 なんだかとてもカオスだ・・・。 

 天の神様

 それだけはっ

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月十七日

仕事

 たまたま、昨夜はメシを作るのが面倒だった。

 なので、モスで菜摘みフィッシュのサラダセットを買ってきたわけだが・・・。
 何か重いと思ったら、店員が何を勘違いしたのか、サラダを・・・ガラスのサラダボウルに入れて、上からフタしてあった。

 サラダボウル一個ゲット!と、ちょっとうれしい私である。

 しかし、洗い物とかしたくないからモスにしたのに、何故かサラダの皿を洗っているという理不尽さ。理不尽だ・・・。

 これはモスに一本とられたな。
 なんだか、嬉しいようで嬉しくない。

 さて・・・中国の蛮行が目に余るものがある。
 そもそも、軍閥を御しきれていないのが、今の中国政府である。これも、そういった軍閥の暴走とも言える。

 とはいえ、歴史的に見ると領土を膨張させていく国というのは危ないところが多い。

 先日、ミカエルの話でもしたが、国内不満を反らす最大の手段は外征である。
 外征の成功によって、国民の不満を反らすことができる。

 そんな感じの動きに中国を見ていると思えてくる。

 

 一度、何かガツンと言った方が良いであろう。

 こういう脅しに屈さずに、しっかり掘れば良い。
 負担ばかりがかさむ日米安保が、しっかり機能しておるかどうか、確認する機会としても良いであろう。

 中国が軍艦を出すなら、アメリカも第七艦隊くらい派遣してくれないと困る。

 トマホークの一発でもご馳走して差し上げるのも良いやもしれん。

 

 というか、こういう時のために、アメリカというケツ持ちが居るのだから、日本は毅然とした態度で臨まねばならない。
 宥和政策は最悪の結果しか生まないというのは、第二次世界大戦で世界中の国が知っておるはずなのに!

 なのに宥和政策である。

 領土をなぁなぁで掠め取られていて、文句も言わぬのでは示しがつかない。

 ある程度のところで、武力行使も辞さない構えは見せなければならないだろう。

 

 

 天の神様

 中国・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月十六日

取り返しのつかない運

 ロアリング道場を早回ししたら飽きました・・・orz

 何か、苦手武器とか関係ない気がしてきた。
 
確かに、魔力10の魔法はショボいが、タチアナの流星蹴りは強いし、エレンのプラズマショットも強烈だ。

 夢魔を瞬殺してしまって、そう思った。苦手武器でも何でも、鍛えれば使えるあたりは、ロマサガの自由度の高さゆえであろう。
 かなりムチャな編成でも、ムリゲーにならないあたりは、素直に驚嘆に値する。

 

 

 そこで!色々考えた挙句、チョンボの難しい、やりこみプレイを考えた。

 何かというと・・・。

 まず最初の縛り。

「魅力20以上の女性キャラ限定」

「片手武器禁止」(つまり、大剣・槍・弓のみ使用可能。巨人道場がぶっちぎりの辛さになる)

「武器固有技禁止」

「一度閃いた技は封印禁止」(見切りに限り、封印可。極意化している場合、再度習得は禁止。当然ロードしなおしで閃く前にも戻れないように)

「魔法使いは主人公と、最後に仲間にするキャラのみ」
(後半に仲間になるキャラの使用武器が重複すると、弱い技が極意化されていて、強い技ばかり閃くので)
(ぶっちゃけパーティは カタリナ(魔) タチアナ エレン ミューズ モニカ(魔))以外は不可能。

「各属性最強術禁止」(シャドウサーバント、幻日、超重力、リヴァイヴァ、龍神降臨、クイックタイム)

「武器は店売り以外禁止」
(つまり、大剣は東方不敗、槍はアーメントゥーム、弓はあずさ弓が最強」

「魔法使いの誰かに魔王の盾。物理攻撃タイプの誰か一名に魔王の鎧装備強制」(手に入り次第)

 

 まさに運任せのプレイである。
 特に、見切りの封印が痛いところである。

 うまい具合に技を閃いてくれれば、楽になるかもしれないが、大変である。
 幸いにも、大剣はスマッシュやブルクラッシュなど威力が十分高いものがある。とはいえ、中間帯の技が少なく、初級技と最強技の二極化が激しい武器である。

 槍はどうかというと、コンスタントに使えるが、ボスに通用する技を覚えられるかどうかが問題。

 弓・・・本当に困る。影縫いとか、でたらめ矢とか、そこらへんばかり覚えると地獄。せめて、プラズマショットか、ショットウェイブが欲しいところ。

 

 とりあえず、そんな感じでプレイしてみたいとおもう。
 割と、難しくは無いだろうが、本当に運任せである。

 たとえば、槍でも「足払い、石突、二段突き、エイミング、かざぐるま、脳削り、ミヅチ、チャージ」あたりで埋まると、多分泣きたくなる。

 スパイラルチャージとまではいわないが、せめて双龍破は欲しいところである。

 まあ・・・がんばろう。

 ちなみに、巨人道場に、タチアナとエレンを連れて来てみた。

 タチアナ「影縫い・イドブレイク・ビーストチェイサー・瞬速の矢・ショットウェイブ・でたらめ矢・フラッシュアロー・プラズマアロー」となった。これで技はすべて埋まったので、エンディングまでの最高威力の主力兵器はプラズマアローに決定である。

 エレンは現在「巻き打ち・スマッシュ・スマッシュ見切り・みね打ち・ブルクラッシュ・地走り」である。
 威力的には非常に美味しいが・・・。範囲攻撃もあるので今後にも期待できる。

 とはいえ、残りの技枠はあと一つ。スマッシュ見切りを封印しての、あと一つに賭けるしかない。
 せめて、乱れ雪月花あたり欲しいが・・・地ずり残月は非常に難しいだろうな・・・。

 期待しているのはミューズである。後半参入なので、槍で良い技を閃くと良いが・・・。

 

 天の神様

 タチアナってOP楽で良いですね。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月十五日

まりょく

 閃きもある程度充実して、ロアリング道場に通って、一瞬でミューズイベント終わらせて、ミューズが仲間になった。

 これであとは、モニカを残すのみである。自分で描いた定石通りの進み方である。
 まあ、ロマサガをやるたびに思うのは・・・つくづく名作だなぁという事であるな。BGMやストーリー展開。戦闘。どれをとっても色あせる事の無い魅力を持っておる。

 普通に面白い。

 さて・・・前々から思っておったのだが、このゲーム・・・オープニングは君主への反乱から始まる。
 実は、知っておる人は知っておるのだが、ミカエル王は実は信じられないほどの暴君であり、また愚王なのである。

 彼が内政に手を出せば手を出す程に、国家の財政は傾き、国民の不信も高まっていく。

 税収は先細り、国民の生活はつらくなる。

 そんな中で、彼は国内の不満を外にそらすべく、外征へと励むわけである。

 

 ダメな王様の典型である。
 そもそも、ロアーヌ領主である彼だが、国民の生活はお世辞にも良いとは言えない。

 町は、ピドナやリブロフ、ファルツ、ツヴァイクに比べても廃れており、良いところが無い。

 また、トレードで手に入る物件から察するに、基幹産業は、農業などの一次産業と、メッサーナ織などの伝統工芸となっている。
 ツヴァイクや、バンガード、ピドナに見られるような、海運、造船、鉄鋼などの重工業が発達しておらず、経済的に非常に未発達な状態に置かれているわけである。

 そもそも、国王であるミカエルが政治に手を出せば悪い方向へと流れ、かといって政治をしないときは城を空けて遊び歩いておるわけである。

 また、彼がひとたび内政に着手すれば、高い税が国民を苦しめる事となる。

 そんな状況であるから、国内の商工業者が流出してしまい、発展を妨げておるのであろう。
 聖王の名前の上にあぐらをかいていた報いであろう。

 身内から裏切り者が出ているあたり、その根は深い。

 また、ポードルイの吸血鬼伯爵とも関係が深く、まっとうな国家経営がなされているとは思えない。
 全時代的な絶対君主国家がロアーヌである。

 また、ミカエルの行っているマスコンバットの頻度や、傭兵という別枠がある事から察して、「常備軍」が要る事になる。
 内政の様子からも、官僚に命令を出しているのかもしれない。

 また、聖王の末裔だから・・・という感じでの王権の使用は、一種の王権神授説であるとも言える。

 常備軍と、それを支える重商主義政策、そして王権神授説。

 見事なまでの、絶対王政である。
 あの反乱は起こるべくして起きたのだろう・・・。

 

 

 天の神様

 魔力10の魔法が弱すぎます。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月十四日

サザンクロス

 久々にロマサガを再開した。
 今回のプレイのテーマは・・・

 魅力が20以上の華やかなパーティ。ただし、得意武器禁止で、一番似合わない攻撃方法をチョイス。

 である。

 とりあえず、カタリナでスタート。魅力20で、魔力10という酷い調整をする。彼女の攻撃手段は術だ。魔力10という、全キャラ中でも特筆すべき低さを持つ彼女ならではの攻撃手段である。がんばれ。技ほど、得手不得手は出ない。

 続いて、パーティ二人目。
 タチアナ・ラザイエフだが、実は彼女はステータス面で見ると、フラット型で、特に向いている攻撃手段はない。
 閃き特性の高い得意武器は小剣なのだが、器用さとすばやさがイマイチというあたり、タチアナが一部の私のようなファン以外からは脚光を浴びない理由であろう。

 家出娘だし・・・。

 よし、君は徒手によって、敵を殴打せしめなさい。つまり、素手。

 

 続いて、3人目。
 エレン。彼女は体力バカの斧使いである。

 実は、出てくるすべてのキャラクタ中でも、最も潜在的な魅力が高いのがエレンである。最大で、素で26に行く。これはミューズを上回る。
 まあ、それはそうと・・・体力バカで不器用な彼女には「弓」を、使ってもらう事にした。

 

 さて・・・PTは三名である。
 なぜかって?

 あとの2名は、モニカとミューズなのだ。中盤以降まで仲間にならない。

 ミューズは斧予定。

 モニカは大剣予定である。

 三名で、サクっと昨日書いた定石にそって、指輪転がしまでは行った。
 ドフォーレ商会は、やりこみプレイヤの強い味方である。毎回毎回トレードでM&Aするのは忍びないものがある。

 で・・・巨人道場へ。

 

 そこで、痛感。

 流石・・・流石、特性の無い攻撃手段。
 1時間やって、エレンが閃いた技・・・イド・ブレイク、ビーストチェイサ、瞬速の矢、サイドワインダ、でたらめ矢、挑発の矢。

 同じく、タチアナが閃いた技。キック、サミング、集気法、空気投げ、流星蹴り(かなり奇跡的閃き)、練気拳。

 タチアナは案外、物理攻撃手段に対して特性は悪くない様子・・・。

 とはいえ、この閃かなさ具合は初めてである。
 で・・・外の悪魔系で極意化とか思ったら。弱すぎて羅刹が倒せないというさびしい罠。これは・・・。

 仕方が無いので、アラケスで全滅して帰ろうとしたところ、タチアナがブレードロール見切りを閃いた。良い子だ。理想的だ。

 

 が・・・タチアナなんて、WP1、エレンでも11、カタリナもJP5である。これでは、ロクな戦いができない。
 というわけで、ひとまずレベル上げに励む一行であった。

 巨人道場を使える強さに至ってない・・・。

 天の神様

 ロアリング先生は遠いです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月十三日

破壊するモノ

 久々にロマサガ3をやりたくなった。

 

 さて、ロマサガ3には、定石というものがある。
 
とりあえず、A定食と言っても良いくらいの定石である。

 

 まず、プレイを開始するわけだが、このとき目的によって選ぶキャラは変わる。
 たとえば、振り逃げダイナミックを使っての、主人公変更プレイなどの外道プレイが目的の場合、早くオープニングイベントを終わらせるという目的で、カタリナ・ミカエル、あるいはハリードを選ぶ事となる。

 ハリードの場合は、利点として諸王の墓に行けるので、真カムシーンをゲットできるという特典がある。

 面倒なのは、シノン田舎者チーム+モニカである。こいつらは、レオニードのお使いをこなさねばならない。まあ、ちゃちゃっと終わらせるとしよう。

 そしてら、ついに自由に動けるようになるわけである。

 動けるようになったら、とりあえずピドナへ向かう。

 私の場合、なぜかとても、ものすごく、タチアナが大好きなので、真っ先にタチアナを回収してピドナへと向かう。
 で、ピドナへ行ったら、まずはノーラに話しかけ、その後は速攻で数名の職人を集めて、とりあえず武器と防具を共に開発開始させる。

 次に、トーマスの家に行ってミューズさまイベントを発生させ、魔王殿にゴンを探しに行く。
 で、発見したらついでに魔王殿の奥深くまで行き、「指輪を・・・」の扉まで行く。ここは、熟練した敵回避のテクニックがモノを言う場面である。心して臨まねばならない。場合によっては未熟な者が挑むと、詰む可能性があるので注意である。とくに、指輪を・・・の扉まで行って、戻りは危険を極める。

 ちなみに・・・ここで実は最も気をつける事がある。

 つい、うっかり、どうでも良いクソガキの「ゴン」を見つけ忘れて奥へ行ってしまう事があるという点である。数回やったことがある。特に慣れてくると発症する症状なので気をつけてもらいたい。

 最小限の動きでダッシュを駆使して移動しなければならない。

 間違っても、敵と戦おうとか思ってはいけない。倒せるわけがない。死ぬ。っていうかイヤになる。無理。逃げろ。敵に背中を見せて良い。今は逃げるのだ。

 さて・・・ここで問題がある。帰りなのだが・・・。
 そのまま帰っても良い。ただ、キャラによってはデイブレークを事前に覚えておいて、ピドナジュエルを少量買っておくとだな・・・デイブレークを一発打てるだけのJPになるわけである。

 で、ショートカット道のモンスターを一撃で葬り去っても良いのだが・・・それはさすがに時間がかかりすぎるので、後々でも良い。

 で、すぐに魔王殿を出たら、ランスへと赴いて、指輪をいただく。
 指輪を貰ったら、奥義・・・指輪転がしを発動させて、資金を限界まで貯める。貯めたら今度は、ピドナジュエルとかを限界まで買い込み、それから装備をしっかりと買い込む。

 そしたら今度は・・・魔王殿に再び赴き、ピドナジュエルを消費しつつ、巨人相手に閃きに励むのである。ある程度ひらめいたら、外にいる羅刹相手に、技を使って奥義化を目指す。

 とりあえず、あると便利な技としては、ブレードロール、練気拳、でたらめ矢、アローレイン、次元断あたりは、あると格段にプレイが楽になる。

 対ボス用としては、あまり高レベルの技の閃きまでは望めないので、スクリュードライバや、龍尾返しくらい閃けば上出来である。私は以前、ここでタイガーブレイクを閃いた事があるが・・・。

 で、一通り閃き終えたら・・・今度は、巨人部屋を出て南の、ミノタウルスコンビを倒す。次元断で一発KOがオススメである。

 その後は、適当に魔王殿内の財宝回収タイムである。ドラゴンはとりあえず放置。

 で、最後にアラケスに挨拶をして全滅をしていく。といっても、捨ててはいけない。ブレードロール見切りをゲットしたり、さらなる技を閃くチャンスである。

 ここで実は、エ●ュレータの場合は、クイックセーブ・ロードを駆使して・・・カウンター技だけで完封勝ちをするという外道の道もあるのだが、それはさすがに何ていうか、お天道様が許しても、自分の心が許せないと思うのでやらない。やってはダメだぞ!私との約束だ!絶対に!

 

 その後は、アラケス戦で死んだら帰る手間も省けるので一石二鳥である。
 で、今度は・・・ランスへ再び向かい、聖王家でお話を伺う。で、試練に向かう。

 中央のつらい試練で・・・ついに、ロマサガ3の4大師匠の一人である、ロアリングナイト先生に教えを請う事になる。
 ロアリング先生は、王家の指輪でノーダメージであるので、それを利用して倒しまくる。何度も何度も何度も何度も何度も何度も。奥義化もかねているし、高い技術ポイントがあるので、スキルアップも望める。一気に強くなれる。HP500台までは、ロアリング先生で行ける。

 ここでの最大の敵は眠さ。ダルさである。
 このダルさこそが修行である。良いか!エ●ュレータで数十倍速とかでロアリング先生と戦うなんてするんじゃないぞ!それは、さすがに修行としてどうかと思う。私との約束だ!

 まあ、このロアリングナイト先生あたりまでが、定石である。ここまではほぼ、定番のパターン。

 ちなみに、4大師匠は・・・巨人道場の巨人先生。ロアリング道場のロアリングナイト先生。滝の洞窟の奥に住まう、玄龍先生。そして最強最高のアスラ大先生である。

 特に、ハリード以外の場合は、面倒くさいので、アスラ大先生のお世話になる事は少ないのだがな・・・。

 

 その先、究極の道場として、無限ゴールデンバウム道場というのもあるのだが・・・。
 パッドを固定して、エ●ュレータで数十倍速にして、一瞬で最高クラスの強さまであげるとか、絶対にしてはいけないぞ!してはだめだ!

 これをやると、どんな苦難のプレイでも楽勝である。ミューズで殴りとかでも、最高レベルまで鍛えれば楽勝だ。

 私との約束だ!

 せっかくのやり込みプレイが台無しだ!それをやるくらいなら、チートでHPとかいじった方がまだマシだ!

 私との約束だぞ!やったらダメ!絶対。私?私はやった事ないよ・・・きっと。
 やると、なんかくだらなくなってきて、クリア目前なのにプレイしなくなるらしいぞ!ほんとほんと、私の友達がそう言ってたんだもん。

 久々にロマサガしたいな・・・。

 天の神様

 破壊するものの曲は神すぎます。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月十二日

趣味嫌がらせの人の漫画

 清新って気に参ってない!夕食が不味くてショックだっただけ!

 アーカードが可愛すぎてどうしようかと思った。(挨拶

 

 今月末の予定。

 17日・・・もろもろの事情で出勤。名古屋へ。

 18日・・・やむをえない事情で出勤。名古屋へ。

 19日・・・休日。

 23日・・・東京へ、友人と焼肉。

 24日・・・昼間は都内の某大学の学園祭へ。で、ゴスロリ絵を改造したものをあげる。「漫●研究会と軽音楽を兼部している●●君のライブは〜時からです」という説明とかを入れて、張り出す嫌がらせ。万歳。

 去年、ライブ時間を張り出す嫌がらせが公表だったので、今年は絵入りでやるわけである。わざわざ、ギター持たせたのにはそんな意味がある。

 夜は別の友人と焼肉。

 25日・・・焼肉。(おい!)学園祭が終わった連中と、打ち上げで多分焼肉。本当は焼肉以外が良い
 25日・・・夜。最終の新幹線で豊橋へ帰宅。

 26日・・・早朝。ガキどもを連れて二泊三日の旅へ。

 28日・・・豊橋着。死んだように寝る。

 29日・・・誰がなんと言おうと休日。休んでやる。意地でも。欠勤すら厭わない。
 30日・・・魂が抜けたような感じで働いてやる。飲み会。

 12月1日久々の休日。

 12月2日久々の連休。

 

 すごいや!何という過密スケジュール。これはヤバい。死ねる。

 特に25日のギリギリ帰宅から、26日の早朝からの連泊コンボが凶悪である。即死コンボである。いくら三日間で18000円ほどの特別手当が出るとは言え、あまり行きたくない。

 

 というわけで、18日と、25日は礼拝はナシで、次の礼拝は2日というわけである。超ハード。

 とりあえず、私が体を壊さないようにみんなで祈るのが今月の目標であるぞ!
 ちなみに、一番強く祈るべきところは、3日連続で焼肉食って、どうにかならないか!ここだ!

 脳にプリオンが!プリオンが! 

 天の神様

 嫌がらせ楽しい・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月十一日

1111

 自分の作った夕食が不味くて驚愕した・・・。
 
豊橋に引っ越してきて以来、最悪の味だった。

 うげぉっぷ。

 ハンバーグを作っていたのだが、なんか皿に盛るのが面倒くさくなってしまって、よっしロコモコにしよう!って思って、ご飯の上に盛ったは良いが・・・うまく火が通ってなくて、どうしたものかと思いつつ、そのままレンチンしてみたりとか・・・もう思い出したくない。

 不味かった。軽くショックである。

 さて、本日は電王が非常に面白かった。
 ゼロノスが新しい形態に変わったりと、盛りだくさんだったのだが・・・。

 見た感じだと、ついに自分の記憶までを消費して変身しはじめたように見えた。
 戦えば戦うほどに自分が追い詰められていく悲壮感が漂っておって、大好きである。

 最近のライダーの中では、最高峰の出来ではないだろうか。

 

 さて、今日はなんと、午前中朝10時くらいから、ビールを飲んでおって、1時間ほどで4本飲んだ。1.4リットルだ。

 で・・・そのあとFEZったのだが、割とフラフラである。折りしも戦場はボロ負けムード。ゲージ一本目で既に・・・私はドラゴンへと変貌を遂げていた・・・。
 そこから先・・・酔った頭で考えて、私は適度に前線を押し上げて・・・その後、仲間と一緒に裏オベをボッキボキに折って、前線が押されるとまた戻って・・・押してオベ折ってを繰り返し・・・気がついたら逆転勝ちしておった。

 獅子奮迅の働きぶりとは、まさにあの戦いっぷりを言うのだろうと自分で思った。

 負け戦の象徴であるドラゴンだが、立ち回り次第では、逆転もできるのだと言う事を思い知ったわけである。
 戦闘終了後、仲間に称えられたり、敬礼されたりしたのだが・・・なんか戦闘中の事は良く覚えていない。

 とにかく、オベリスクを破壊してやろう。あの虫けらのような歩兵を焼き尽くしてやろう・・・ただそれだけである。

 キルやらPCダメージやら建築ダメージがトップクラスだったので、それなりの立ち回りをしていたのだと思うが・・・よくわからない。破壊衝動に任せて暴れ狂ったというだけである。

 

 我ながら不思議な戦いであった。

 まあ、ドラゴンは機動性の高いジャイアンみたいなものとして、建築破壊に回るのが有効であるな。前線は押し切っちゃえば、しばらくはドラがいなくても維持ができるようである。

 

 ただ・・・酔った状態で飛んだり回ったりしたので、その後かなり視界がグルグルした・・・。
 酔った状態でドラゴンは強いかもしれないが・・・その後が大変である。

 で、酔ったまま息抜きに・・・恐怖のロコモコの材料となるハンバーグを捏ねたのだ。
 みじん切りどころか、二段切りとか、パリイくらいで刻んだいいかげんな玉ねぎ・・・あと、何入れたかよく覚えてない肉・・・。

 思えば、失敗料理の布石はあの時点からだったのだ。

 それにしても不味かった・・・。

 午前中からお酒はやめましょう。

 天の神様

 ドラきもちぃ。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月十日

ゴート族式ロリータ

 体力切れにつき、明日は礼拝はお休みである。

 疲れ果てた・・・。

 昨日のうちに、スキャンは済ませておいて、下準備は完了していたのに・・・今朝、8時から作業にとりかかった・・・。で、23:30に完成。
 昼にうどんを食べた数分と、夕食の30分以外、今日はずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、このゴスロリの作成をしていた。

 ちなみに、作成中、ゴスロリの心を知り、ゴスロリの魂を降ろして作成すべく、ガゼット・moi dix mois・彩冷える・dir en grey・アリス九號などを、ひたすらエンドレスで聴いておった。

 これはなかなか・・・来る。色々来るものがある。

 というわけで、久々にもてる技術全部を使って作った作品である。
 普段は時間を浪費しすぎるので手抜きをしまくっておる。特にFEZ系。で、たまにブリーチで言うところの限定解除を行って作成するわけである。

 所要時間はいつもの五倍・・・。フライングVに時間かけすぎという話が・・・。

フライングVを、この後床にたたきつけたりするわけだ。

 

 というわけで、初めて、このサイト用で本気でゴスロリを着た気がする。ちなみに今回は髪に、エクステを入れておる。当初、青いエクステだったのだが「誰から無理やり引っこ抜いてきた髪の毛ですか?」とか言われる気がしたので、紫にしたという事情が・・・。
 当初、予想していなかったのだが・・・マイケル・シェンカーと同じモデルのモノトーンカラーのフライングVが・・・持ってみると、同じモノトーンカラーのゴスロリ服に実にマッチしておった。

 ちなみに、フライングVは元来は股に挟んで使うのであって、多分・・・この姿勢だと弾けない

 というわけで、一息ついてみて・・・ゴスロリも悪くない。
 やりがいはあるが・・・ただちょっと、いくらなんでもハードだ。

 とにかく、今は休みたい・・・おやすみ。

 天の神様

 Mana様に洗脳されそう。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月九日

UFO!MSG!

 ただいま、ゴスロリ製作中である。
 といっても、さやさやみたいな方向性とは違う、リアルなゴスロリである。ちょっとリアルなゴスロリ。

 リアル?と、思うかもしれないが・・・リアルに存在するゴスロリ子の傾向を含めたゴスロリの製作中である。

 つまり、ゴスロリの格好でちょこん・・・と、座っているとかそういうわけではない。

 

 つまるところ・・・moi dix moisとか大好きで、MANA様ぁぁ〜!とか、アリス九號とか大好きで、沙我様ぁぁ〜〜!とか・・・。
 ガゼットが大好きだったり、ラルクが大好きで「ハイドさまー!」とか・・・そういうレベルのゴスロリ。

 なので、ギターとか構えちゃってるような、そんなゴスロリを目指して製作中なのである。
 だから、服にプスプスと安全ピンが刺さってたりとかするわけだ。まあ、ネットで見かける二次ゴスロリで見かけることはほとんど無いが、ゴスロリ服と安全ピンには切っても切れない関係があるわけである。

 というわけで、リアルなゴスロリというのは、そういう痛々しい子ばかりである。
 男とか嫌い!汚いし!でも、MANA様みたいな人とだったら結婚したいな!

 マリリン・マンソンとかも超大好き!

 みたいな子。

 V系にあこがれて、意味も無くベースを買ってみたりするような・・・。

 ゴスロリっていうのは、そういうのばっかりだ。

 

 と、いうわけで、そんなゴスロリを製作中なわけである。

 で・・・当然だが、ギターを意味も無く装備したりしてみるのも、ちょっとリアルなゴスロリのためには必要不可欠である。

 かといって、私・・・moi dix moisは好きだけど、MANA様大好きとか・・・そういう事無いし、ハイドとかも身長とか何センチでも良いし、なので、そこらへんのバンドのギターに合わせるという発想は無いわけである。

 と、なると・・・。

 装備するギターを選ばねばならん。

 とりあえず・・・フェンダーかギブソンかという重大な選択肢がある。
 しかしここで、私はとりあえずギブソンを選ぶことにした。

 フェンダーはなんだか、優等生過ぎるような、エレキの基本形みたいな形が多くて微妙である。ストラトキャスターなんて、優等生の代表格である。

 

 となるとギブソンである。ギブソンもレスポールとかは優等生的だが・・・エクスプローラとか、なかなか良い形をしている。

 しかし、レスポールではまだ甘い・・・。

 

 そこで、神とか、ゴッドだとかいわれた、あの男の使っていた「座って弾けないギター」として有名な物にしようと思ったわけである。

 

 ギターの中でもっとも美しく、格好良い形であると思っている。
 そして何より、あの艶やかなモノトーンカラー。何をとっても洗練された美しさである。

 そういえば・・・神はあの美しいギターを何度も破壊しておったな・・・。

 

 天の神様

 世界中のギター難民をお救いください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月八日

けいたろ

 最近ヴォーカロイドが人気のようである。

 でも、二作目も女性ボーカルである・・・。
 男があっても良いのではないだろうか。

 景山ヒロノブを起用して作ったら、売れそうな気がする。そして、DTM界の平均気温が2度くらい暑苦しくなってくれると思う。

 超熱い曲が量産されるのを考えると、ワクワクする。

 

 ブーメラン注意報。

 鳩山の発言について追求→事が鳩山家自体に及ぶ→兄にも波及→民主が不利になる。

 

 という、美しいブーメランの図が脳裏に思い浮かぶのだが、どうだろうか。
 鳩山法相はそもそも、次男なので、なんかこう家自体どうでも良いやとか思ってて、自爆気味に鳩山家と兄貴を始末するつもりなのではないかと疑ってしまう。

 アルカイダ発言も、自らが兄と民主党に対して自爆テロ的な攻撃を仕掛ける暗喩かもしれぬ。

 この男、油断できない。

 

 だいたい、アルカイダ発言やら国防総省発言やらも、自分にとって不利益であることは、明らかに普通に大人なら判っているハズである。それであえてするというのは、鳩山家ごと兄を葬ろうという陰謀ではないだろうか。

 そもそも、彼は田中角栄の秘書などを勤めている。権謀術数は間近で見てきたハズである。

 それが今、発動するのやもしれない。

 

 

 それはそうと最近、心に響いた言葉を最後にひとつ。

「桂太郎(けいたろう)内閣総理大臣って、苗字何なの?ていうか、なんでこの人だけ名前しか書いてないの?」

 

 それは・・・桂 太郎だ・・・。 

 

 天の神様

 太郎・・・。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月七日

安田とか三菱とか、三井とか

 小沢が辞めるのをやめた。

 というわけで、四日の日記の続編。

町村「総理・・・よろしいのですか?小沢のやつを捨て置いて」

福田「構わんよ・・・この程度は想定内だ。それに、ヤツめ当時の自民党の関与を示す資料を、どこぞから持ち出してきおった」

町村「そ、それでは」

福田「いや、心配には及ばん。公開すればヤツも我々と心中だ。互いに公開しないという事で決着した。私としても、そんな事で小沢と心中はご免だ」

町村「安心いたしました」

福田「何より、こんな些事で、自民党の磐石たる政権体制を忽せにするような事があれば・・・先生方の逆鱗にも触れよう」

町村「先生・・・方?どこのどいつなのです?」

福田「口の聞き方に気をつけたまえ!町村君!ここでの会話も、全て、聞かれているのだぞ」

町村「え!?」

福田「戦後の日本を作ってこられた先生方だ。私も結局、彼らの使い走りに過ぎん。歴代総理の人事も、彼らの手によるものだ」

町村「そんなバカな話が!私は聞いたことがありません!」

福田「あの、岸の孫。安倍と言ったか。ヤツがなぜ総理になれたか解るか?」

町村「そ、それは国民の信任が・・・」

福田「おいおい、冗談はやめてくれ。メディアは愚民を煽動するためにあるのだよ。我々のような選良まで、それに影響されてはならない。バカバカしい。あんな人気はあくまでメディアに作らせたまでだ」

町村「で、では・・・」

福田「あんな、ロクな大学でもない男がなぜ・・・と、思うだろう?安倍の出た大学を知っているか?」

町村「せ、成蹊大学と聞いておりますが」

福田「では・・・帰って調べてみると良い。その大学を作ったのが誰なのかをな・・・そういえば、ずいぶんと昔の首相・・・あのポマード臭い男。消されてしまったが、橋本なんたらと言ったな。あの男の肉親も、その大学で常務理事をしておるな・・・」

町村「な・・・なぜ・・・そのようなことが」

コンコン(ノック音)

秘書「総理。お話中失礼いたします。岩崎様からお電話が。今回の件について説明をしろとの事ですが・・・」

福田「そうか、さすがに先生方にもご心配をかけたろうからな。わかった、すぐにこちらから直接お伺いさせていただくと伝えておいてくれ」

秘書「かしこまりました」

福田「そういうわけだ・・・この件はまた今度話すとしよう・・・それから、今日のことは他言は無用だ。話せばお前も・・・あの橋本や小渕と同じ道を辿る事になるぞ。小沢も、それを解っているから大事にせんのだ・・・。まだ、孫や子が恋しいだろう?町村」

 天の神様

 いくらなんでもフィクションすぎ。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月五日

一つの物語の終焉

 去年の今頃・・・。

 くっついたり離れたり、奪い合ったりと死闘を繰り広げ、その中心となっていた人物からメールが来た。

 争いに最終的に勝利した、私の親友と結局別れちゃった。

 という、内容だった。まあ、律儀にありがたいもんである。
 なのでさっそく、親友に電話してみた。「今日、私の誕生日なんだけどさ、何か私が喜ぶ話とか無いわけ?アッハッハー。実は、風の噂で聞いたんだけど、お前別れたんだって?なんか2chのお前を観察するスレに書いてあったらしいよ?アハハハー。ウソウソ。誰から聞いたか?しーらないっと。まあ、凹んでる?凹んでるよねー。ざまぁみろ。まあ、お前には過ぎた相手だったってことだよ。年末に東京戻ったら、酒でも飲みながら傷口に塩を塗りこんでやるから、楽しみにしててね♪」

 という、話をしてあげた。

 私って優しいな・・・。
 まあ、普通にご愁傷様電話とか、そういうのよりも、明るく、バカにし倒して、アホみたいな話して終わってやったので、多少はマシであろう。うん。やさしさが身にしみる。

 敵の傷口に塩を送る。ってやつであるな。あれ・・・?ちょっと違う?

 まあとにかく、ディズニー好きの夢見る人間を相手に、吸うわ打つわの人間は合う訳が無いわけで・・・。
 まあ、かといって私のごとき現実の側面をナイフでえぐり込む発言をする者もアウトだろうがな。

 

 とりあえず、慰めてやろう・・・。曲がりなりにも戦友であるしな。

 

 一時間とか電話してしまった・・・。

 

 

 まあとりあえず、これで三人の関係は元通りになるわけだろう。くっついたりは離れたと、いろいろあったわけだが、元々三人とも、数年来の友人であるので、別に離れた後も普通に友人として接していけるわけで・・・。

 

 まあ、めでたしめでたしであろう。物語の終着点としては、綺麗に決まった感がある。私の誕生日を終着点にしてくれたあたりは神に感謝してもし足りない。

 

 

 天の神様

 親友と・・・一日12時間もギルティを練習していた日々。それもまた懐かしい過去。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月四日

暗闘

 小沢が辞意・・・。

 何があったのだろうか、この数日間で・・・。
 福田が、老練の手管を駆使して、小沢を追い込んでいったのだろうか・・・。

 密室での会談で何があったのかが気になる。

福田「小沢君・・・実は連立なんてものは正直どうでも良いんだ・・・この書類を見てくれるかい?」

小沢「はい?・・・こ、これはっ・・・」

福田「ふっふっふ。人間悪いことはできないもんだねぇ。我々自民党は、その件について、次の委員会で君と、民主党を糾弾していくつもりだよ」

小沢「は、謀ったな!これは元はと言えば、私が自民党時代にお前たちが指示しt」

福田「はんっ!そんな与太話を誰が信じる?証拠は?自民党が悪いって言っても、言い訳にしか聞こええんよ」

小沢「貴様ぁ〜」

福田「はっはっは、小沢くん。どうするかね?その事が明るみに出れば、君だけでなく家族にまで累が及ぶ事になるのは解るよねぇ?」

小沢「くっ・・・私を、ゆするつもりか!?」

福田「おやおや、人聞きが悪い。一つ、取引をしようと提案しているのだよ。それに応じるなら、この事は私の胸の内にだけしまっておこうじゃないか」

小沢「な、何をすればいい」

福田「党首を辞めるんだ。ついでに民主党を引き裂いてな。どうせ、流れ流れてたどり着いた政党。ロクな愛着も無いだろう?」

小沢「く・・・」

福田「事が上手く行けば、ほとぼりが冷めた後に自民党で拾い上げてやっても良い。なんなら、大臣の椅子の一つも用意してやろう」

小沢「断る・・・と、言ったら?」

福田「私はどちらでも良いのだよ。どうせこれが明るみに出れば、民主党は早晩崩れ去る。自分の家族までを犠牲にして民主党と心中するのがお望みかね?小沢君?」

小沢「く・・・わ、解った・・・党首を・・・辞任しよう」

福田「口の聞き方を忘れてしまったのかね?辞任させていただきます・・・だろう?」

小沢「・・・党首を、辞任させていただきます・・・」

福田「あっはっはっはっは!賢い、君は賢いねぇ小沢君。私は賢い人は嫌いではないよ。今夜のニュースを楽しみにしているよ。あっはっはっはっは」

 

 と、いう展開を考えてしまった。

 絶対なんか脅されたりしてるんじゃないだろうか・・・。
 まあ、小沢は生まれついて運の無い男なので、仕方ないといえば仕方ないがな。

 天の神様

 小沢可哀想に。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月三日

ミニ

 明日は礼拝であるな。れーいーはーいー。Re;遺灰。である。礼拝。
 朝十時からアルベルタのテーブルを踏みにじりながら行うのである。

 睡眠というのは、人生の中でも至高の快感であるというのに、睡眠の快感というのは眠っている故に味わう事ができないというパラドックスを如何にして解決したら良いのだろうか・・・私には解らない。

 究極の命題であろう。

 ソレゆえ、人々は理性と夢の狭間たる二度寝という堕落をしていくのである。二度寝。
 睡眠の快楽を、覚醒と睡眠の狭間で味わう二度寝である。

 RO中の居眠りとかも、そんな快楽の一種である。

 

 ところで・・・このネトゲやばい。

 なんかもう、ブルブル来る。
 よだれがダラダラ出てくる。

 ミニ四駆だよ・・・。すごくやりたい気がしてくる。
 でも、ミニ四駆は私としては、ピンバイスで穴をあけてみたり、メッシュ張ってみたり、前にモータついてるシャーシと後ろにモータついてるシャーシで、2個1して、モータ二個のシャーシを作って、電池4個詰んだりとかの改造をするのが楽しいわけである。

 今でも覚えている・・・エアロソリチュードの前面と、それから適当に余ってたシャーシの後部で、モーター二個の改造をしたら、当たり前だがハンパじゃない速さだった。

 改造の途中で派手に指を切ってしまって、4針縫ったこともある。いまだに覚えておる・・・。あれはトラウマだ。

 ちなみに私は殆どの場合に、ミニ四駆ではなく、ミニ二駆にしていた。特に、フロントにモータを積む車種が増えてからは、完全に二駆派だった。要らんパーツを減らせる上に、あのフロントとリアをつないでいる長い棒のギア・・・。あれが前輪と後輪のピッチをちゃんと合わせてるかろうか、信じられなかったので、使っていなかった。

 回転速度違ったら、遅い方がボトルネックになるうえに、摩擦や抵抗が増えるので遅くなるではないか。

 だから、私は繋がない。

 

 とはいえ、ミニ四駆の改造というのはそもそも「モーターが全て」みたいな所があった。
 モータ制限の無い野良レースでは、当然ながら高いモータ使ってるヤツが勝つわけである。

 

 ネトゲもそんな調整になってないか、ちょっと不安である。

 ところで、いまだに良くわからないのだが、空転するタイヤがあったであろう。あれの意味が良くわからない。

 ネトゲのミニ四駆も悪くないけど、大人の技術と金と力を動員して、ミニ四区をフル改造してみたい気もする今日この頃である。
 今だったら、LEDとかつけちゃう気がする。

 天の神様

 なんか、ペラペラのセロファンみたいなボディもありましたよね。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月二日

眠すぎる

 こんばんは。軍神レイホウである。
 私が愛知県に越してきたとたんに、ドラゴンズが日本一になったわけである。ファンは感謝するように(挨拶

 

 まあ、これでドラゴンズ優勝セールなどに期待できるわけである。嬉しい嬉しい。
 それにしても、今のプロ野球は微妙な事になっておる。

 巨人のナベツネも怒っておったが、巨人が弱かった時代にリーグ優勝できなくても日本一になりたいから作ったCSとかのせいで、なんだか勝ち星の意味が下がった気がする。

 そもそも、野球というのはある種の地域的な狭いナショナリズムに裏打ちされた応援であって、自分たちの地域の勝利を望むという、ある種戦争的な派閥を生むことになる。

 サッカーみたいに気軽にチームが増えまくるのもどうかと思うが、野球ももうちょっと門戸開放をしたほうが良いであろう。

 今の1.5倍くらいいても良いであろう。
 だが、野球人口は下降線なので、あまりそうしても、今後困ってしまう。

 そもそも、今の時代、友達と野球をやるという子供も少ないがな。

 

 しかしまあ。テレビとかを見ておると、ドラゴンズ優勝で名古屋方面に焦点が当たることが多いが・・・。

 メディアは名古屋に対してて偏見を持っている。

 変人だとかなんだとか、酷評である。
 つまり、私もそれに含まれるという事だろうか・・・。

 エビフリャーとか言わぬし。

 ぎゃーぎゃーがやがやも、言うほどいわないし。

 ミソとか言うほど使わない。

 

 なんていうか、名古屋について放映する民法からは、ある種のエスノセントリズムを感じる。

 天の神様

 眠いんです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん! 

十一月一日

冬が来る

 20歳までに、セカンドライフに傾倒しないものは情熱が足りない。
 20歳を過ぎても、セカンドライフに傾倒しているものは、知能が足りない。

 

 というパクりセリフを考えたのだがどうだろうか。

 まあ、それはそうと、今日のよくわからないニュース。

 

 何が良くわからないって・・・

 「市民を守るためには核兵器廃絶しかない」と結論づけている。

 という一文である。
 そもそも、核兵器なんざ廃絶したほうがマシだというのに・・・。

 だが、現実は核に頼っている。

 核兵器を廃絶するしかないと言うが、なんという意味不明かつ、非現実的な発言であろうか。
 すでに開発されてしまったものを、どうこうするというのはナンセンスである。

 たとえば、種子島の伝来直後に、古来からに武士道精神にのっとった戦いが失われるから、種子島を廃絶すべきだ・・・と、言うようなものである。

 ムリなのだ。 

 そもそも、核兵器を廃絶しようという志が小さい。

 戦争を発生させないという、そんな努力が必要であろう。

 とはいえ、最近の国際社会は、再び勢力均衡的な安全保障に傾きかけておるので不安である。

 

 天の神様

 ベロベロなんです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!